法正特集
官渡の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての変

三国志は2つある!正史と演義二つの三国志の違いとは?




騎馬兵 三国志

 

中国人に次いで三国志に親しんでいるのは、日本人と言って間違いないでしょう。

すでに江戸時代の黄表紙や浮世絵には、関羽張飛、孔明のような、

三国志のお馴染みの人物が写実的な筆致で活々と描かれています。

 

そればかりでなく、楚漢の戦いにおける、張良や、劉邦項羽

韓信のような人物も黄表紙の馴染みの人物でした。

 

江戸時代から日本人は、三国志を論じ、水滸伝を論じ、楚漢の戦いを

論じて楽しんでいたのです。

 

三国志ブームは現在だけのものではなく、歴史のあるモノだと言うのが

分かると思います。

 

さて、その三国志ですが、2つが存在するという事をご存じですか?




三国志は2つある!正史と演義二つの三国志の違いとは?

三国志演技 三国志正史

一つは「三国志演義」といい明の時代に羅貫中(らかんちゅう)或いは

施耐庵(したいあん)という人物が描いたものです。

 

演義というのは、元々「物事を分かりやすくする」

という意味で、難しい歴史を理解しやすくしたという意味です。

 

まあ、ちょうど、今三国志を解説している、

この記事のようなものですかねぇ(自画自賛)

 

三国志の話は、中国の元の時代になると大衆演劇として

人通りが多い通りで講談として語られるようになります。

 

そうなると面白くなければ飽きられてしまうわけでして、

講談師は、三国志が面白くなるように事実ではないフィクションを

くっつけて、難解な部分を簡潔にして大衆人気を博したのです。

 

関連記事:三国志の生みの親であり歴史家の矜持を悩ます歴史書編纂の裏事情 

関連記事:「危うく抹殺されそうになりました、陳寿さんのおかげです」卑弥呼より




劉備玄徳の元に集まる豪傑たち

劉備 関羽 張飛

 

こうして三国志は、劉備玄徳という情け深い仁義の武将が、

関羽張飛、孔明のような武将・知将の助けを得て、

漢を自分の思うままにしようとする、菫卓や曹操のような

憎むべき悪役に立ち向かうという筋立てになっていきました。

 

14世紀頃の中国は異民族のモンゴル人に支配されていたので、

漢民族は滅びゆく漢王朝の再興に命を懸けた劉備

不屈の闘志を持つ民族の英雄として賞賛したのでした。

 

その為、強大な悪の曹操に対抗する、劉備、関羽張飛、孔明は人間離れした

超人として描かれ話を迫力あるドラマチックな物にしています。

 

関連記事:劉備も関羽もイスラム教徒?中東シリアで流れる三国志アニメ

関連記事:『三国志』人気を数字から考えてみる

 

正史三国志について

魏軍・曹操軍

 

さて、もう一方の三国志は、正史三国志と言われます。

作者は、陳寿(233~297年)という歴史家で

魏を滅ぼした晋の時代の官僚、成立は280年頃と考えられています。

 

こちらは、全部で65巻からなる、本格的な歴史書で、

魏国志30巻、本紀4巻、蜀国志15巻、呉国志20巻で構成されています。

魏国志が圧倒的に多い事でも分かる通り、魏の視点に立って

物語が展開していくので厳密には公平であるとは言えません。

 

ですがフィクションが多い三国志演義と違い、正史は時代も三国志に近く

可能な限り信憑性の高い史料を採用しています。

蜀びいきではない現実の三国志を体験したい人には正史三国志はオススメです。

 

ですが、この正史三国志、三国志演義のように人気がありません。

何故かというと、これは辞書のように、登場人物の履歴が並んでいるだけで

物語の構成になっていない上に、時系列的な造りでもないからなのです。

 

もし、あなたが正史三国志を読むなら、それなりの知識を頭に入れて

読み進めないと、途中で話がこんがらがってしまうでしょうね。

 

関連記事:リアルな正史三国志の特徴って?ってか正史三国志は需要あるの?

関連記事:蜀と孔明を最大限称えよ!三国志演義




こちらの記事もよく読まれています

曹操 詩

 

よく読まれてる記事:曹操の魅力とは?武将アンケート同立2位

 

長坂の戦い 張飛

 

よく読まれてる記事:張飛に怒鳴られて落馬して死んだ武将、曹丕の粋な計らい等、三国志を彩る変わった武将たち

 

曹操 弱点 蟻

関連記事:曹操には弱点はないの?

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

 

自己紹介:

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

関連記事

  1. 呉の勢力を率いる孫策 孫策が生きていたら三国志はどうなったの?
  2. 孟嘗君 孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を及…
  3. 【魏の忠臣】王基が司馬家兄弟に噛み付いたのは魏の国家のためだった…
  4. 獬豸冠(かいちかん)って何?とんがり帽子は正義のしるし!司法官が…
  5. 司馬懿と曹操 【軍師連盟】司馬懿は簒奪をいつから狙っていたの?
  6. 九品官人法(きゅうひんかんじんほう)は悪法?どうして曹丕は採用し…
  7. 龐統 劉備入蜀の立役者、龐統の全戦歴
  8. 【潼関の戦い】曹操軍の補給を担った杜畿(とき)を解説

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 裏切りそうな悪い顔をしている明智光秀
  2. 陸遜
  3. 龐統
  4. 典韋にボコボコにされる成廉
  5. 陸遜

おすすめ記事

  1. 曹操をザコ扱い!孔融が天子に禰衡を推薦した文章が毒舌すぎる 孔融と曹操
  2. 赤兎馬(せきとば)が活躍できたのは武霊王のおかげ
  3. 蜀と孔明を最大限称えよ!三国志演義 諸葛孔明019
  4. 東京オリンピックの暑さ対策としての打ち水は効果あるのか? 日本の猛暑に疲弊している海外のマラソン選手 いだてん
  5. 【将苑】諸葛亮の兵法-勝つ組織と負ける組織の違いとは 兵士と禰衡
  6. 【列子】信念があればなんでもできる?火に飛び込んでも無傷な人の話 程普

三國志雑学

  1. 太平道の祖・張角(黄巾賊)
  2. 羊コ 羊祜 魏と晋
  3. 魏から蜀に下る姜維
  4. 暴れまわる異民族に困る梁習
  5. ネズミで人生を変えた李斯
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 龐統
  2. 曹丕
  3. 織田信長
  4. 張飛、劉備、曹操

おすすめ記事

【5分で丸わかり】西郷隆盛とはどんな人?2018年の大河ドラマ「西郷どん」の生涯 呂不韋 【秦の宰相】呂不韋の人生をかけた計画に危機が訪れる 劉禅 【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どちらが優れていたのか。PART3 郭嘉を採用する曹操 曹操のテストを見事クリアした王族・劉曄(りゅうよう)の逸話 邪馬台国の卑弥呼はアイドル 衝撃の事実!卑弥呼はアイドル活動をしていた?通説・卑弥呼伝 【数奇な人生】三国志演義には登場しない臧洪(ぞうこう)と袁術の奇妙なニアミス! 皇帝に就任した曹丕 【魏の歴史事件簿】曹魏の4代皇帝曹髦の時代起きた事件をざっくりご紹介!? 諸葛一族 魏や呉にもいた諸葛一族の話

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP