日常生活

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

「危うく抹殺されそうになりました、陳寿さんのおかげです」卑弥呼より

この記事の所要時間: 22




陳寿029

正史三国志を書いた歴史家の陳寿は、日本の歴史にとっても、

たいへん重要な役割を果たした人です。




中国の書物の魏志倭人伝とは

みんなで魏志倭人伝(夏侯惇、典偉、夏侯淵、許長、張遼、曹操)

『魏志倭人伝』という名前を、日本人なら必ず聞いたことがあると思います。

そうです、日本史のあけぼの、邪馬台国の卑弥呼について書かれている

中国の書物の名前です。

 

もうお気づきの方もいらっしゃるでしょう。

『魏志倭人伝』は、歴史書『三国志』の中の『魏書』に書かれた『倭人伝』なのです!

 

関連記事:三国志の生みの親であり歴史家の矜持を悩ます歴史書編纂の裏事情

関連記事:初めてでも大丈夫!楽しい正史 三国志の読み方




卑弥呼の使者が訪れた魏

魏王

 

ここで、卑弥呼と曹操が文をかわした!などという劇的なロマンスがあったら

よかったのですが、残念ながらそういった事実はありません。

 

最初の卑弥呼の使者が魏に訪れたのは、238年のことでした。

魏は曹叡の代です。

 

この時、卑弥呼は金印紫綬を授かり、さらに「親魏倭王」の名をもらいました。

 

関連記事:【日本最大ミステリー遂に解明か?】邪馬台国・卑弥呼の正体につながる新たな手がかりを発見!

関連記事:倭国 「魏志倭人伝」 から読み取る当時の日本、邪馬台国と卑弥呼を分かりやすく解説

 

抹消された卑弥呼の存在

卑弥呼イラスト0008 kiki

 

奈良時代に成立した日本の歴史書である『日本書紀』には、

正式な歴史書であるのに、実は邪馬台国の名も、卑弥呼の名もありません。

 

これは、うっかり忘れてしまったわけではなく、故意に抹消されたと考えられます。

 

『日本書記』の成立の背景には、白村江の戦いという、対外戦争の敗北があります。

日本はこのとき、唐・新羅の連合軍に惨敗し、大陸の圧倒的な国力を

目の当たりにしました。

 

このままでは日本もいつか大陸に支配されるようになるという危機感を持ったのです。

 

国力の充実と、早急な文化水準の引き上げが必要でした。

そして、現在の大和政権が、古代から続く日本で唯一の正統な王朝であることを

証明しなければならなかったのです。

 

すると邪馬台国の卑弥呼という存在は、大和政権にとって目の上のたんこぶです。

大和政権以外にも女王がいて、しかも大国中国に認められているのですから。

 

そんなわけで、『日本書記』は、卑弥呼の存在を完全に無視して書かれています。

 

もしも陳寿が『魏志倭人伝』を書いていなかったら。

もしも散逸していたら……。

 

邪馬台国はどこだという論争ですら、起こりえない状態だったわけです。

 

 

耳で聞いて覚える三国志


関連記事:三国志は2つある!正史と演義二つの三国志の違いとは?

関連記事:蜀と孔明を最大限称えよ!三国志演義

関連記事:リアルな正史三国志の特徴って?ってか正史三国志は需要あるの?

 




こちらの記事もよく読まれています

魏武将 はじめての三国志 ゆるい

 

関連記事:曹真が余計な事をするから邪馬台国の場所が特定出来なくなった?

 

司馬懿 仲達

 

よく読まれてる記事:邪馬台国が魏と外交出来たのは司馬懿のおかげ?

 

司馬懿

 

よく読まれてる記事:司馬懿が三国志演義に初登場するのはどのタイミングなの?

 

この記事を書いた人:東方明珠

キリン(東方明珠氏)はじめての三国志

こんにちは。とうほう めいしゅです。

中国は上海の雰囲気が好きなので、テレビ塔の「トンファンミンジュ」を名乗っています。

もともと『水滸伝』の大ファンで、『三国志』に興味を持ったのは、アーケードゲーム「三国志大戦」がきっかけです。

当時はゲームセンターに通いつめました!

まだまだ中国史について勉強中ですが、精いっぱい面白いことを探してお伝えしたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 【意外と知らない?】孫子の兵法を読んだ偉人達!曹操やビルゲイツも…
  2. 劉邦や劉備も手本にした人物 「重耳」 とは?
  3. 的盧は名馬なの?凶馬なの?劉備と龐統(ホウ統)の死
  4. 【架空戦記】帝政ローマ軍と三国志軍が戦ったらどっちが勝つの?軍隊…
  5. 【三国志の素朴な疑問】蜀が北伐を止められなかった理由とは?
  6. 関羽千里行って有名だけど何なの?
  7. 郭嘉の先見の明が凄すぎる!?孫策が暗殺されることを予想して進言し…
  8. そんなカバな!!赤兎馬はカバだった?関羽は野生のカバに乗って千里…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 主人公になるべく登場した男、劉備玄徳
  2. 蜀のブサメン軍師、龐統は魯粛のスパイだった?劉備と龐統、仮面主従の真実
  3. 【月間まとめ】2016年5月の注目ニュース21選!
  4. 黒田官兵衛は本当に息子の活躍を苦々しく思っていたの?
  5. キングダム(春秋戦国時代)には核兵器は存在した?葵丘の盟とオバマ大統領の広島訪問
  6. 野心家の孟達(もうたつ)が時代を変えた!三国志の歴史に残る裏切り劇

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

【袁家ファン必見】袁家はどうやって名門になったの?汝南袁氏の基礎を築いた袁安(えんあん)が超苦労人だった 曹純(そうじゅん)ってどんな人?曹操軍の騎馬隊長として戦場を駆け巡る 太史慈(たいしじ)ってどんな人?孫策とマジで一騎打ちした勇将 何で陸遜は呉書の単独伝で記述されているのに蜀書の孔明の単独伝よりも地味なの? 背水の陣は韓信だけではなかった!項羽が使った悲愴の決意を示した行動とは? 豫譲(よじょう)とはどんな人?士は己を知るものの為に・・執念の暗殺者 凌統(りょうとう)ってどんな人?本当は甘寧と仲直りしてないよ 【軍師連盟】司馬懿は電光石火の行軍が得意だった?

おすすめ記事

  1. 実は無能では無かった?少帝が妃と交わした最後の歌が悲しすぎる
  2. 尼子晴久(あまごはるひさ)とはどんな人?毛利家最大の敵として立ちはだかった中国地方の戦国大名
  3. 凌統(りょうとう)ってどんな人?本当は甘寧と仲直りしてないよ
  4. エリート袁術が逃げ込んだド田舎の揚州に住む異民族とはどんな民族だったの?
  5. 蒋済(しょうさい)とはどんな人?曹魏四代に仕えた宿老の生涯
  6. 孫香(そんこう)とはどんな人?そんな人いたんだ!最期まで袁術に尽くした孫家の将
  7. 黄忠(こうちゅう)ってどんな人?華々しさとは真逆、家族に恵まれなかった人生
  8. 夏侯惇は本当に自分の目玉を食べたの?

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP