諸葛亮孔明、司馬懿仲達、名前はどこで区切るの?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

孔明 司馬懿 名前はどこで

 

劉備玄徳って、劉備が苗字で、玄徳が名前?

あれ、それなら、諸葛亮孔明は、どこで区切ればいいの?

 

そんなあなたに、〇三五三(ゼロから三国、五秒で三国)です。

こちら、はじめて三国志に触れる方も、小見出しを読むだけで、

五秒で三国志がわかったような気分になれるという初心者向けのコーナーです。


 ゼロからはじめる三国志、五秒でわかる三国志

ゆるい許褚

基本的にみんな姓は一文字

蜀の皇帝に即位した劉備

 

劉備(りゅうび)も、曹操(そうそう)も、孫権(そんけん)も、

姓(苗字)は一文字です。そして名前も一文字です。

 

それぞれ、劉さんちの備くん、曹さんちの操くん、孫さんちの権くんです。

 

でもやっぱり「備くん」は言いにくいですね。一文字なので。

「信長」とか「秀吉」なら呼びやすいですけれど。

そんなわけで、姓名を一緒くたにして、「劉備」「曹操」「孫権」と書くのが普通です。

 

そこで、姓・名で区切るとしたら、

まず、「劉・備・玄徳」と思っておいてください。


ときどき二文字の姓の人がいる

司馬懿

 

諸葛亮孔明(しょかつりょうこうめい)、司馬懿仲達(しばいちゅうたつ)は、

二文字の姓の人です。これを「複姓(ふくせい)」といいます。

 

複姓は、たいへん珍しいので、三国志の中でも、数名しか登場しません。

挙げてみると、

 

諸葛亮、諸葛謹といった「諸葛(しょかつ)さん」

司馬懿、司馬炎といった「司馬(しば)さん」

夏候惇、夏候淵といった「夏候(かこう)さん」

公孫淵といった「公孫(こうそん)さん」

太史慈といった「太史(たいし)さん」

皇甫嵩といった「皇甫(こうほ)さん」

 

このくらいです。

そんなわけで、こちらの区切るべき場所は、「諸葛・亮・孔明」となります。


姓・名・字の三つがつながっている

司馬懿対孔明

 

「劉・備・玄徳」そして、「諸葛・亮・孔明」

では、最後の「玄徳」と「孔明」はいったいなんでしょうか。

 

これは、「字」と書いて「あざな」と読みます。

かつての中国では、成人男子は実名以外に、こういうふうに呼んでください、

という別の名前をつけました。

あだな、と言ったらわかりやすいかもしれません。

あざなとあだな。冗談みたいですが……。


ちなみに本名は「諱(いみな)」と言われます。

親や主君など、ごくごく近しい目上の人のみが呼ぶことを許されていました。

つまり、彼らは「玄徳」「孔明」と、字で呼び合うのが通常だったのです。

 

字が一文字の人があまりいないのは、やはり一文字が呼びにくかったから?

かもしれません。

 

関連記事:字で考える三国志 「字(あざな)」について詳しく解説

 

関連記事

  1. 孔明
  2. 厳顔と張飛

    はじめての変

    91話:張飛の大手柄 蜀将の厳顔を味方にする

    龐統(ほうとう)の死を知り、片腕をもがれた…

  3. 呉蜀赤壁の戦い
  4. 陳宮
  5. 茶を飲む張角(太平道)
  6. 賈詡

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA



はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

“つながるはじめての三国志"

“赤壁の戦い"

袁術祭り

春秋戦国時代

PAGE TOP