広告募集
北伐

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

諸葛亮孔明、司馬懿仲達、名前はどこで区切るの?

この記事の所要時間: 130




孔明 司馬懿 名前はどこで

 

劉備玄徳って、劉備が苗字で、玄徳が名前?

あれ、それなら、諸葛亮孔明は、どこで区切ればいいの?

 

そんなあなたに、〇三五三(ゼロから三国、五秒で三国)です。

こちら、はじめて三国志に触れる方も、小見出しを読むだけで、

五秒で三国志がわかったような気分になれるという初心者向けのコーナーです。




 ゼロからはじめる三国志、五秒でわかる三国志

ゆるい許褚

基本的にみんな姓は一文字

 

劉備(りゅうび)も、曹操(そうそう)も、孫権(そんけん)も、

姓(苗字)は一文字です。そして名前も一文字です。

 

それぞれ、劉さんちの備くん、曹さんちの操くん、孫さんちの権くんです。

 

でもやっぱり「備くん」は言いにくいですね。一文字なので。

「信長」とか「秀吉」なら呼びやすいですけれど。

そんなわけで、姓名を一緒くたにして、「劉備」「曹操」「孫権」と書くのが普通です。

 

そこで、姓・名で区切るとしたら、

まず、「劉・備・玄徳」と思っておいてください。




ときどき二文字の姓の人がいる

司馬懿

 

諸葛亮孔明(しょかつりょうこうめい)、司馬懿仲達(しばいちゅうたつ)は、

二文字の姓の人です。これを「複姓(ふくせい)」といいます。

 

複姓は、たいへん珍しいので、三国志の中でも、数名しか登場しません。

挙げてみると、

 

諸葛亮、諸葛謹といった「諸葛(しょかつ)さん」

司馬懿、司馬炎といった「司馬(しば)さん」

夏候惇、夏候淵といった「夏候(かこう)さん」

公孫淵といった「公孫(こうそん)さん」

太史慈といった「太史(たいし)さん」

皇甫嵩といった「皇甫(こうほ)さん」

 

このくらいです。

そんなわけで、こちらの区切るべき場所は、「諸葛・亮・孔明」となります。

 

 

 

姓・名・字の三つがつながっている

司馬懿対孔明

 

「劉・備・玄徳」そして、「諸葛・亮・孔明」

では、最後の「玄徳」と「孔明」はいったいなんでしょうか。

 

これは、「字」と書いて「あざな」と読みます。

かつての中国では、成人男子は実名以外に、こういうふうに呼んでください、

という別の名前をつけました。

あだな、と言ったらわかりやすいかもしれません。

あざなとあだな。冗談みたいですが……。

 

ちなみに本名は「諱(いみな)」と言われます。

親や主君など、ごくごく近しい目上の人のみが呼ぶことを許されていました。

つまり、彼らは「玄徳」「孔明」と、字で呼び合うのが通常だったのです。

 

字が一文字の人があまりいないのは、やはり一文字が呼びにくかったから?

かもしれません。

 

関連記事:字で考える三国志 「字(あざな)」について詳しく解説

 




この記事を書いた人:東方明珠

キリン(東方明珠氏)はじめての三国志

こんにちは。とうほう めいしゅです。

中国は上海の雰囲気が好きなので、テレビ塔の「トンファンミンジュ」を名乗っています。

もともと『水滸伝』の大ファンで、『三国志』に興味を持ったのは、アーケードゲーム「三国志大戦」がきっかけです。

当時はゲームセンターに通いつめました!

まだまだ中国史について勉強中ですが、精いっぱい面白いことを探してお伝えしたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 赤壁の戦いに曹操軍が敗北した原因って実は火計じゃなかった!?
  2. 【衝撃の事実】三国志演義はゴーストライターによって書かれた小説だ…
  3. 三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき…
  4. 【三国志作家】伴野朗のとんだ災難、事実は小説より奇なり?
  5. 【衝撃の事実】孫策の○○で孫呉が滅びる原因となった!
  6. 【赤壁の戦いの裏側】劉備軍は周瑜に深く関わろうとしなかった!
  7. 【袁術の戦いを振り返る】徐州・豫州の戦いには人間ドラマが盛り沢山…
  8. 三国志の時代でも副業が流行っていた!サイドビジネスの種類を紹介!…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 三国志史上で一番絵が上手なのは誰だ!?ヒント、姓は曹です
  2. 誘引の計にかかった関羽、ブチ切れる。
  3. 【祝】はじめての三国志!月間50万PVを達成!
  4. 楊端和率いる山の民連合軍が列尾攻めで大活躍!山の民の生態とは?
  5. 【新サービス】はじめての三国志メモリーズを始めました
  6. 若し頃の劉備は暗殺されそうになったり、カッコ悪かったりと散々だった!?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.3 【後漢王朝はこうしてダメになった】外戚VS宦官の争いってどうして起きたの? 始皇帝が求めた不老不死は現代科学ではどれだけ進展したの?権力者が追い求めたアンチエイジングに迫る! 10話:実は、最初から作戦に失敗していた黄巾賊 国士無双の韓信が滅びるきっかけを作ったのは劉邦のせいだった? 譙周(しょうしゅう)とはどんな人?劉禅に降伏するのが得策であると説いた政治家 え?曹操が荀彧に三顧の礼?民間伝承の三国志が面白い! 仰天!三国志の時代にはナビゲーション技術があった!?

おすすめ記事

  1. 呂蒙(りょもう)ってどんな人?男子三日会わざれば刮目して見よ
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース20記事【12/12〜12/18】
  3. 三国大戦スマッシュ!(さんすま)とはどんなアプリゲーム?
  4. 絶対ダメ!三国時代に流行していたドラッグ!?漢方薬を違法ドラッグにした何晏
  5. コーエー三國志の李儒は何であんなにパラメーターが高いの?
  6. 0話:歴史は繰り返す!三国志エピソード ゼロ
  7. 三国志|前半戦のまとめその3(長坂の戦いまで)
  8. はじめての三国志 4コマ劇場 「長坂橋を死守する張飛くん」

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP