曹操孟徳特集
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての変

【日本最大ミステリー遂に解明か?】邪馬台国・卑弥呼の正体につながる新たな手がかりを発見!

この記事の所要時間: 239




絶世美女 貂蝉

 

貂蝉(ちょうせん)と言えば、『三国志演義』にのみ登場する架空のヒロインとして知られていますが、

実は昨年、彼女が実在したのではないかとする学説が発表され、注目を集めています。




実は存在した、貂蝉のモデルとなった人物とは。

貂蝉

 

架空の人物とされる貂蝉ですが、実は彼女のモデルとなった人物が存在していると言われています。

 

史書『三国志』には呂布(りょふ)董卓(とうたく)の侍女と密通し、その発覚を恐れて王允(おういん)に相談したところ、

逆に「この機会に董卓を倒してしまえ」とそそのかされた上、それを実行したとする記述があります。

 

この『董卓の侍女』という女性が、貂蝉のモデルとされているのです。




下邳城陥落後の貂蝉の行方は?

貂蝉

 

董卓の死後、呂布の妾となったとされる貂蝉ですが、結局呂布との間に子どもが生まれることはありませんでした。

 

呂布が立てこもった下邳城が曹操によって陥落された以降の貂蝉に関する記述はなく、

結局彼女がどのような運命をたどったかは明らかにされていません。

 

 

2014年に発見された竹簡に、驚きの記述が。

竹簡

 

2014年12月8日、北京市校外にある您好大学文学部の歴史図書館から、一巻の竹簡が発見されました。

放射性炭素年代測定法によって、この竹簡は今からおよそ1800年前、三国時代後期から晋の時代に作られたことが判明しています。

 

 

竹簡には、約3000字からなる文章が書かれていました。書き手が精神的にかなり混乱した状況で書かれたものらしく、その字体はひどく乱れているのが特徴ということです。

また、竹簡の一部には人血と思しきものが付着し、刀傷と思われる痕跡も確認され、これが戦場で認められた手紙であるという推測の根拠となっています。

 

 

同大学の歴史学教授、永降留教授が解読を行った結果、この竹簡は呂布が自分の妾に送った手紙であったことが分かりました。

 

 

呂布が妾を倭国に逃がす為に船を用意したとの事

太陽 三国志 写真

 

その文面には、呂布が妾を倭国に逃がす為に青州の港に船を用意したことが記されています。

また、この妾には占いの資質があったこと、倭国に渡った後は、その占いの才で生活をしていくようにという、呂布の助言も書かれていたといいます。

 

 

呂布直筆の文面が発見されたということも大発見ですが、その内容が貂蝉の実在を示す根拠になるということで、学会から熱い注目を浴びているこの竹簡。

 

永教授は「大変な発見だ。この人物は倭国に渡った後、卑弥呼になった可能性も考えられる」と興奮気味に語っており、今後の学術調査の結果が待たれるところです。

 

 

■追伸

※この記事は2015年4月1日のエイプリルフールなんです。嘘ついてごめんちゃい。

 

関連記事:1800年前の古代中国に鉄軌道跡を発見、燃料不足解消か?長安から漢中までの鉄軌道

関連記事:衝撃の新事実・・・諸葛孔明は実は二人いた!?

関連記事:はじめての三国志企画 – エイプリルフール特集

 

 

 

耳で聞いて覚える三國志




よく読まれている記事

みんなで魏志倭人伝(夏侯惇、典偉、夏侯淵、許長、張遼、曹操)

 

関連記事:倭国 「魏志倭人伝」 から読み取る当時の日本、邪馬台国と卑弥呼を分かりやすく解説

 

徐福

 

よく読まれてる記事:日中交渉は卑弥呼と魏だけではない!?

 

 

魏武将 はじめての三国志 ゆるい

 

よく読まれてる記事:曹真が余計な事をするから邪馬台国の場所が特定出来なくなった?

 

司馬懿 仲達

 

よく読まれている記事:邪馬台国が魏と外交出来たのは司馬懿のおかげ?

 

 

この記事を書いた人:石川克世

石川

 

自己紹介:

三国志にハマったのは、高校時代に吉川英治の小説を読んだことがきっかけでした。
最初のうちは蜀(特に関羽雲長)のファンでしたが、次第に曹操孟徳に入れ込むように。
三国志ばかりではなく、春秋戦国時代に興味を持って海音寺潮五郎の小説『孫子』を読んだり、
兵法書(『孫子』や『六韜』)や諸子百家(老荘の思想)などにも無節操に手を出しました。

好きな歴史人物:

曹操孟徳
織田信長

何か一言:

温故知新。
過去を知ることは、個人や国家の別なく、
現在を知り、そして未来を知ることであると思います。

関連記事

  1. 兀突骨(ごつとつこつ)は実在したの?悲しみの巨人に迫る
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【5/22〜5/2…
  3. 【シミルボン】孔明も騙した?蜀に似合わないテキトー人間 何祇の人…
  4. 曹丕、それはちょっとやり過ぎじゃね?孟達への溺愛っぷりがヤバイ!…
  5. なぜ関羽は神様になったのか?忠義神武霊佑仁勇威顕関聖大帝
  6. 将軍ハンニバルとはどんな人?韓信と同時代にローマを震撼させた漫画…
  7. 孫策、旧勢力に恨まれ無念の死を遂げる
  8. 曹操は周瑜も魏軍に取り込もうとしていた!孫呉の大都督・周瑜も欲し…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 天才軍師・諸葛亮孔明抜きの劉備はどこまで健闘できるの?
  2. 曹家の文才「三曹七子」って何?
  3. 78話:龐統初登場、連環の計発動!
  4. 関羽が打った囲碁は、今の囲碁と同じものだったの?
  5. 司馬徽(しばき)はどんな人?なんでも善きかな、生涯誰にも仕えなかった偉人
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース14記事【11/28〜12/4】

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【魯粛・朱桓・周魴の息子達】三国志後半を彩った呉の二代目武将はかなりの名将ぞろいだったことが発覚!! 邪馬台国最期の戦い(前編)神武東征と生駒の死闘 曹操の詠った漢詩を分析してみよう。いつのことかわかるかな? 魏(曹丕)呉(孫策)蜀(劉禅)の2代目君主は誰が一番優秀だった? 【三国志都市伝説】袁術は曹丕より先に禅譲を考えていた? 三国志の兵力は実際にどこまで本当なの?魏呉蜀の兵力の真実に迫る! 屁理屈から論理的に導く名家ってどんな人達? 【諸葛亮の北伐】精鋭部隊をミエル化

おすすめ記事

  1. 後漢末の貨幣経済を破綻させた、董卓の五銖銭(ごしゅせん)
  2. 現代ビジネスマンの必携の書?兵法書『孫子』とその作者について
  3. 【キングダム】イケメンな始皇帝の意外な最期を大胆に考えてみよう!
  4. 曹操「なんでも上手に使えばいい!屯田制と兵戸制じゃ!」
  5. 井伊直弼とは何者?英雄・冷酷な独裁者?
  6. 晩年の馬超が精神的にも燃え尽きていた事実が判明
  7. 曹家の文才「三曹七子」って何?
  8. 張儀(ちょうぎ)とはどんな人?合従策に対抗した外交策を立て歴史に名を残した遊説家 Part.2

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP