ライセンシー募集
項羽vs呂布

はじめての三国志

menu

デザイン担当:kiki

十常侍ってなんぞや?

この記事の所要時間: 241




三国志 月

 

霊帝の死後、宦官と外戚の勢力争いが一層激しくなります。

外戚のトップは、何皇后の兄、何進。

宦官は、十常侍(じゅうじょうじ)とよく書かれています。




 十常侍(じゅうじょうじ)って何?

十常侍0026 kiki

はて。十常侍って、なんでしょう。

人名?それとも役職名?

 

十常侍とは、霊帝の時代に権力をふるった12人の宦官をまとめた言い方です。

常時とは、「中常侍」という、皇帝の身の回りの世話をする役職のことです。

 

えっ。10なのに12人……。

だいたいの数で十常侍と呼ばれたようですね。

そういえば、中国のグループ、女子十二楽坊だって、12人ではなかったですし。




せっかくなので、十常侍の紹介

三国志 川

 

いつも一緒くたにまとめられる十常侍のみなさん。

ひとりひとりが注目されることはほとんどありません。

そんなわけで、せっかくなので、全員を並べてみたいと思います。

 

正史と『演義』では定義が違うようです。

ここでは、『後漢書』に記された12人を挙げることにします。

 

 

・張讓(ちょうじょう)135年~189年

 

豫州潁川郡出身。十常侍のリーダーです。

何進の妹を、自分の養子の嫁にもらっています。

霊帝からは「わが父」と呼ばれるほど敬愛されていました。

 

霊帝の没後、何進と対立し、暗殺に成功しますが、

袁紹らが宮廷に乱入して、多くの宦官たちが殺されたため、

皇帝とのちの献帝をつれて城外に逃げました。

しかし、追撃を受けて、入水自殺しました。

 

 

・趙忠(ちょうちゅう)?年~189年

 

冀州安平郡出身。張譲とともに、十常侍のリーダー格です。

霊帝からは「わが母」と呼ばれるほど頼りにされていました。

 

張譲とともに権力をむさぼり、私腹を肥やしました。

皇甫嵩に、規定に反する豪邸を没収されたことを恨みに思い、

皇甫数を免職に追い込みました。

 

袁紹が宮廷に乱入してきた際、多くの宦官と一緒に殺されました。

 

 

・夏惲(かうん)?年~?年

 

十常侍として私腹を肥やしていた宦官のひとりですが、

189年の時点では、亡くなっていたようです。

趙忠とともに、十常侍を斬るべきだと上奏した宦官の呂強を、

謀叛の罪でとらえました。

 

 

・郭勝(かくしょう)?年~189年

 

南陽出身。

何進と同郷で、何進の妹を霊帝の妃にする際になどに活躍しました。

当初は何氏と通じていましたが、のちに対立します。

袁紹が宮廷に乱入してきた際、多くの宦官と一緒に殺されました。

 

 

・段珪(だんけい)?年~189年

 

十常侍と何進が対立を深めた際、実際に兵を率いて何進を殺害しました。

袁紹により宦官たちが殺されたとき、張譲とともに、皇帝とのちの献帝を

つれて逃げますが、張譲と一緒に入水自殺しました。

 

 

・高望(こうぼう)?年~189年

 

司隷京兆郡出身。

太子劉弁の寵臣のひとりでした。

袁紹が宮廷に乱入してきた際、多くの宦官と一緒に殺されました。

 

 

・孫璋(そんしょう)?年~189年?

・畢嵐(ひつらん)?年~189年?

・栗嵩(りつすう)?年~189年?

・張恭(ちょうきょう)?年~189年?

・韓悝(かんかい)?年~189年?

・宋典(そうてん)?年~189年?

 

十常侍のひとりということはわかっていますが、彼らのあまり詳しいことは

残っていないようです。

 

袁紹によって殺された宦官の中に含まれているかどうかも、不明ですが、

その時殺された可能性が高いと思われます。

 

関連記事:後漢を滅ぼす原因にもなった宦官(かんがん)って誰?

関連記事:宦官を容赦なく皆殺したカリスマ袁紹の過激なデビュー

関連記事:何皇后はなぜ宦官の味方をしたのか?

関連記事:宦官VS外戚の争い 第二ラウンド

関連記事:袁紹に殺された2000人以外にも歴代の皆殺しに注目してみた。ちょっぴり不謹慎




この記事を書いた人:東方明珠

キリン(東方明珠氏)はじめての三国志

こんにちは。とうほう めいしゅです。

中国は上海の雰囲気が好きなので、テレビ塔の「トンファンミンジュ」を名乗っています。

もともと『水滸伝』の大ファンで、『三国志』に興味を持ったのは、アーケードゲーム「三国志大戦」がきっかけです。

当時はゲームセンターに通いつめました!

まだまだ中国史について勉強中ですが、精いっぱい面白いことを探してお伝えしたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 【シミルボン】三国志と彗星達の不思議な関係
  2. 始皇帝は不老不死を求めて何で水銀を飲んだの?
  3. 54話:劉備、再び曹操に敗れる
  4. 的盧は名馬なの?凶馬なの?劉備と龐統(ホウ統)の死
  5. 【怪しげな宗教団体】どうして多くの民衆が太平道に参加したの?
  6. 孫権VS張昭、その激しい君臣喧嘩の勝敗は?
  7. これは不公平!趙雲が五虎将軍でドンケツの理由とは?格差の現実を徹…
  8. cha-ngokushiコラボ企画|はじめての八宝茶

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 三国志の隠れた英雄・皇甫嵩(こうほすう)に起こった事件とは!
  2. 【コラボ企画】はじめての三国志 x レキシズル 3月25日開催決定
  3. 【中国の杯】三国時代ではどこで酒宴していたの?杯について徹底解説
  4. 張良(ちょうりょう)とはどんな人?高祖劉邦の右腕として活躍した天才軍師(1/3)
  5. 日中対決!後漢をぶっ壊した董卓と貴族政治を破壊した源義仲
  6. 【センゴク】鳥取城の飢え殺しはどんな戦略だったの?兵士の死亡率を最小限に済ませる戦術とは?

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

【シミルボン】とっても面倒くさい!三国志の時代の髪の毛のお手入れ 100話:奮戦する張遼、孫権を二度も追い詰める 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース15記事【5/1〜5/8】 徳川家康との対決と信長包囲網構築へ 【特別企画】関羽の最強の噛ませ犬は誰か?最強決定戦!! 賈南風(かなんぷう)とはどんな人?司馬衷の妃となって晋王朝を滅亡の淵に叩き込んだ悪女 【曹操孟徳の心に残る名言】姦邪朝に盈ち、善人壅塞せらる 6倍の敵に対して一歩も退かずに渡り合った名将・高橋紹運がヤバイ!

おすすめ記事

  1. 史書から見る曹操の評価がベタ褒めすぎてやばいってホント?
  2. 黄忠や厳顔のような老兵は実際に戦争では最前線に立っていたの?
  3. もし赤壁の戦いで曹操が死んだら歴史はどうなっていたの?
  4. 119話:孔明君のジャングル探検?南蛮討伐本戦
  5. 【祝】はじめての三国志!月間100万PV達成のお祝い
  6. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十話「走れ竜宮小僧」の見どころ紹介
  7. 三国志時代も男同士はチューしてたの?当時の恋愛事情を紹介
  8. 司馬家の皇帝殺害を正当化するための故事が存在した!?晋国を安定に導く文言

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP