編集長日記
ビジネス

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

14話:宦官を容赦なく皆殺したカリスマ袁紹の過激なデビュー

この記事の所要時間: 353




袁紹が宦官を惨殺に行く

 

三国志の英雄、曹操の初期の最大のライバルとして、登場するのが袁紹(えんしょう)です。

袁紹は、西暦154年頃の生まれでほぼ、曹操と同じ年齢ですが、
出自は三公、(司徒、司空、大尉、漢王朝の要職)を4代に渡って輩出した
門閥である、汝南袁家の本宗家の出身でした。

お金はあっても宦官の孫と言う曹操とは、血筋と毛並みにおいては
天地の差があると言ってもいいでしょう。

 

前回記事:霊帝の後継者争い、劉協と劉弁、二人の皇子を巡り蹇碵と何進は争う




黄巾族の乱後に登場した袁紹

暴れる黄巾党008

さて、この袁紹は三国志演義では、黄巾賊の乱の後に登場します。
当時、宮廷では霊帝の後継者をどうするかで外戚と宦官が勢力争いを
繰り返していました。

皇位継承者は、宦官の蹇碵と霊帝の母、菫皇太后が押す、
王美人の産んだ劉協と、霊帝の妃、何皇后が産んだ劉弁の二人でした。

袁紹は、何皇后の産んだ、皇子、劉弁を支持し、皇后の兄、何進に
積極的に接近していました。




誰が次の皇帝になろうが興味がない袁紹

三国志 人材 劉邦

 

実際の袁紹は、誰が次の皇帝になろうが、興味はなかったのですが、
その家柄から宦官がのさばる王宮を嫌悪し、外戚の何進の力で、
宦官勢力を駆逐してしまおうと考えていたのです。

 

霊帝が逝った後の袁紹と何進の計画

袁紹と何進

そんな折、西暦189年に霊帝が33歳で崩御します。
霊帝は遺言で、王美人の産んだ劉協を後継者に指名しますが、
それを聴いた宦官蹇碵(けんせき)は、必ず反対するであろう何進を
暗殺しようと企てます。

しかし、計画を察知した何進は宮廷に入らず、
遺言を反故にして、年長である事を理由に劉弁を立てました。
これが後漢13代皇帝 少帝になります。

治まらない何進は、蹇碵(けんせき)を逆に誅殺しようと考えて、
誰か逆賊を討伐するものはいないか?と呼びかけると
真っ先に警察長官の地位にあった袁紹が応じます。

何進は喜び、袁紹に五千の兵を与えました。
宦官勢力は恐れをなし、蹇碵(けんせき)を見限り、何進になびいたので、
蹇碵(けんせき)は孤立し、袁紹に討たれてしまいます。

しかし、袁紹は蹇碵(けんせき)を討っただけでは満足していませんでした。

 

蹇碵を殺害しただけでは満足いかない袁紹の理由

dd8bbcaa1d3c2de8acba3c13dbff7ff6_m

 

「蹇碵(けんせき)を討っても、まだ宮廷には、腐れ宦官共がゴマンといる、、
こいつらを駆逐しなければ、意味がない」

 

「どんだけ宦官が憎いんだよ、、」とも思いますが、ここから、
袁紹が宦官を根絶やしにするのに執念を燃やした事が分かります。

 

そして、何進に対し、宦官を一人残らず排除すべしと何度も
進言するのでした。

 

何皇后にプレゼントなど贈り物をする宦官勢力

何皇后 プレゼント

 

ところが、宦官勢力も侮れないもので、敵である何皇后に接近し
多額の贈り物をし何進の背後にいる袁紹を牽制しようとします。

何皇后は宦官に取り込まれ、兄の何進に宦官を滅ぼすのは、
見合わせるように嗜める有様でした。

妹の要請に何進は決心を鈍らせて宦官の排除を躊躇します。
そこで袁紹は、何進の決意を再び固める為に、
禁じ手の奇策を伝授しています。

 

袁紹の奇策の手とは?

董卓 はじめての三国志 ゆるい

 

それが、黄巾賊討伐に活躍した丁原や菫卓という地方の軍閥を
洛陽に招き入れて何皇后に軍事的なプレッシャーを掛けるという策です。

これには、曹操や、盧植のような武将に大反対を受けました。
特に菫卓は野心が高く、洛陽に入れては大きな禍を招くというのです。

しかし、何進は、袁紹の策を入れて軍閥に対して洛陽に上るように
命令を出しています。

袁紹も、大将軍何進の名義で勝手に命令を出しているので、
彼の宦官嫌いも筋金入りという所でしょう。

ところが、追い詰められた宦官勢力は、再び、何進を暗殺する計画を立てます。
抱きこんだ何皇后の命令と偽り何進を宮廷に呼び寄せたのです。

 

関連記事:霊帝の後継者争い、劉協と劉弁、二人の皇子を巡り蹇碵と何進は争う

関連記事:十常侍ってなんぞや?

 

宦官勢力に暗殺される何進

黄巾賊 道徳 落ちた

 

妹の命令と聞いて、のこのこ出かけた何進は哀れ、あっさり暗殺されます。
治まらないのは袁紹です、ここで再び、宦官共に勢力を握られてたまるかと
武装蜂起し、何進の配下の兵と共に宮廷に乱入し二千名とも言われる
宦官を皆殺しにしてしまうのです。

ところが、袁紹は、この事態を収拾する能力は持っていませんでした。
宦官勢力から何皇后だけは無事確保したものの、少帝と劉協は
宦官の張譲に拉致され、宮殿から逃げられてしまうのです。

大混乱に陥った洛陽に、保護した少帝と劉協を擁して入ってきたのは菫卓の軍勢でした。

菫卓は、曹操や盧植の心配通り、横暴な暴君の本性を剥きだしにしました。
少帝を勝手に廃位すると、弟の劉協を帝に擁立します。
これが、後漢最期の皇帝、献帝となります。

菫卓は軍事力を背景に逆らうものを殺戮し洛陽は恐怖政治の巷と化します。
ここで袁紹は、少帝を廃した菫卓に異を唱えた後、直ぐに洛陽を脱出して、
本拠地に逃げ去ってしまうのです。

 

関連記事:黄巾賊の反乱を平定した漢王朝と残念なくらい無能な霊帝

関連記事:何皇后はなぜ宦官の味方をしたのか?

 

袁紹の誤算

三国志 裏事情 闇

 

結局、袁紹は宦官を除くという目論見は成功したものの、
同時に菫卓というより性質の悪い怪物を洛陽に招くという
皮肉な結果を招いてしまいました。

ですが、ここで終わる袁紹ではなく、やがて血筋の良さから、
反菫卓連合軍の総司令官に祭り上げられます。

本格的な群雄割拠の三国志は、まさに袁紹によって幕が開けられたのです。

 

関連記事:後漢を滅ぼす原因にもなった宦官(かんがん)って誰?

 

 

耳で聞いて覚える三国志

 

 

次回記事:神をも畏れぬ暴虐非道後漢をブッ壊した独裁者・菫卓




こちらの記事もよく読まれています

 

袁紹VS袁術

よく読まれてる記事:貴族はみんな兄弟げんかをする!袁紹VS袁術、曹丕VS曹植,孫和VS孫覇

 

袁紹VS袁術(犬猿)

よく読まれてる記事:三国志でも有名な異母兄弟喧嘩・袁紹と袁術の遠交近攻の計

 

曹操&袁紹花嫁泥棒

 

よく読まれてる記事:世説新語に書かれている曹操と袁紹の花嫁略奪がシュールすぎ(笑)

 

よく読まれている記事

曹操頭痛

 

よく読まれている記事:頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹操の見た幻覚の原因は何だったの?

 

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 【シミルボン】孔明も騙した?蜀に似合わないテキトー人間 何祇の人…
  2. 天地を喰らうという漫画があまりにもカオス!裏三国志入門書 Par…
  3. 麃公(ひょうこう)は実在したの?龐煖と李牧に挑んだ秦の将軍
  4. 【5分で読める】ビジネスマン必見!崩壊寸前の組織を建て直すなら司…
  5. 50話:捨てる神あれば、拾う神、劉備、趙雲と再会
  6. 龐統(ほうとう)ってどんな人?|孔明とは頭脳以外全て正反対
  7. 実は、かなりの極悪人徐州牧の陶謙(とうけん)
  8. 意外!?金持ちの息子の曹操は貧乏症だった?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 驚愕!蜀漢の塩の精製が意外にハイテクだった!
  2. 【袁術特集】孫家に吸収された袁術の子孫たちはどうなったの?
  3. 中国四大美女のひとり貂蝉
  4. 韓当(かんとう)ってどんな人?程普と共に呉を支え続けた呉の勇将
  5. はじめての三国志 4コマ劇場 「祝融夫人の日常」
  6. なんと○○を食べていた!三国志の驚異の食生活

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

夏侯覇(かこうは)の妻は誰だったの?蜀に亡命した魏の夏侯一族 【シミルボン】自分を褒めまくり、曹丕の自叙伝が意識高い系でウザい 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース9記事【7/25〜7/31】 キングダムに乗り遅れた人必見!!戦国時代をざっくりと紹介しちゃいます! 三国志時代の字体とは?現代でも通じるの? 蜀ファンに衝撃!実は関羽は劉備の部下ではなく群雄(同盟主)だった!? 【ネオ三国志】第8話:新たな人材と張繡軍との再戦【蒼天航路】 秦の始皇帝が造り出した伝国の玉璽

おすすめ記事

  1. キングダムで活躍している名将・李牧は実は臆病者だった!?
  2. なんじゃこりゃ?とツッコみたくなる三国志時代の職業別ユニフォーム
  3. 松本清張も注目!邪馬台国(やまたいこく)はどこにあったの?
  4. 蒋済(しょうさい)とはどんな人?曹魏四代に仕えた宿老の生涯
  5. 三国志時代の笑い話は腹がよじれるほどシュールだった!?
  6. 106話:関羽 傲慢すぎて魏と呉の秘密同盟のきっかけに
  7. 劉備だけじゃない、漢王室の末裔 劉虞
  8. はじめての三国志企画 – エイプリルフール特集

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP