キングダム
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

曹操の魅力とは?武将アンケート同立2位

現実主義曹操

 

曹操孟徳(そうそう・もうとく)は、

西暦155年、沛国礁県で生まれた人物です。

 

祖父は、宦官のトップを極めた曹騰(そうとう)で、父は夏候家から、

曹騰の養子に入った人で大金持ちの曹嵩(そうすう)です。

 

曹操の家系の事情

曹嵩

 

金銭的には恵まれていても、男性のシンボルを切除され皇帝の奴隷として

生きる宦官の孫という立場は、曹操にはマイナスに働きましたが、

それは、曹操に常識には囚われない柔軟な発想と身分ではなく、

才能によって人間を取り立てるという合理的な精神を育みました。

 

今回のアンケートでは、曹操は序盤こそ、票が無かったものの、

中盤から後半にかけて票が伸びました。

 

関連記事:曹操の曽祖父 曹萌(そうぼう)は元祖、萌えキャラだった?

関連記事:人々の鑑になった良い宦官達

関連記事:後漢を滅ぼす原因にもなった宦官(かんがん)って誰?

 

 

投票回答:人が好きなんでしょうね

関羽 曹操 ゆるキャラ

 

内訳は、男性票2票、女性票5票と女性ファンが多いようです。

 

30代男性のコメントには「人が好きなんでしょうね」とありました。

 

これは、曹操の代表的一面の人材マニアを言い当てています。

 

自分の部下の典韋(てんい)と息子の曹昂(そうこう)

甥の曹安民(そう・あんみん)を殺す策を授けた

軍師、賈詡を恨むでなく、配下に加えるなどは、その真骨頂ですし、

 

劉備(りゅうび)の義兄弟である関羽(かんう)を執拗(?)に

部下にしようとするなども曹操の人間大好きを裏付けます。

 

 

投票回答:多芸多才で何でもありな所

曹操 詩

 

40代女性の意見には、「多芸多才で何でもありな所」

という意見もありました。

 

 

曹操はただの人間好きなお人好しではなく、

 

 

「自分が人を裏切っても人が自分を裏切るのは絶対に許さない」

 

という自分本位を貫く所があり、敵に通じていると疑った、

知りあいの家族を皆殺しにしたり、徐州においては、

情け容赦のない大虐殺を繰り広げるなど、苛烈な一面を見せます。

 

関連記事:曹操の詩の世界を体験してみよう

関連記事:これはひどい。曹操の短歌行にパクリ疑惑が!?

関連記事:本拠地の兗州でクーデター発生!親友の裏切りにあった曹操

 

女性も大好きな曹操

曹操 女性の敵? 鄒氏

 

また、女癖も悪く、降伏させた敵の未亡人に入れ上げて、

絶対絶命の窮地に陥り、正妻に離婚されるなど英雄らしからぬ

無節操な一面も見せています。

 

関連記事:曹操が遺言で見せた女性への愛情

関連記事:曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その1

関連記事:曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part1

 

 

投票回答:その波乱万丈と合理的な人生が好き

曹操躍進

 

10代の男性読者からの意見としては、

「その波乱万丈と合理的な人生が好き」とありました。

 

 

三国志演義では、最強無比な敵役の曹操ですが、

その生涯においては、董卓軍の徐栄に討たれそうになったり、

呂布に謀られて焼け死にそうになったり、危ない場面が何度もあります。

 

 

三国志後半でも、赤壁の敗戦で築き上げた軍勢の大半を失い

命からがら本拠地へ逃げ戻り、潼関では、馬超の騎兵に追いまわされて、

あわやという所まで追い詰められるなど忙しい人生でした。

 

 

しかし、失敗に足を取られるでもなく、直ぐに体勢を整えるなど

合理的な精神を最期まで失いませんでした。

 

 

「今は戦時だから、葬儀は簡単でいい、葬儀が済んだら、

喪に服すまでもないから、急いで、持ち場に戻れ」

 

 

死の直前にも、こう遺言するなど、葬儀を重んじる当時の常識を

覆す合理的な態度を貫きました。

 

関連記事:曹操孟徳と織田信長の共通点!あなたはいくつ当てはまる?

関連記事:曹操軍の食料担当にはなりたくない!!その理由とは?

関連記事:曹操軍を支えた最強の青州兵

 

 

回答:多芸で武勇だけでなく頭も優れ 詩が上手く人間味に溢れているから

曹操 詩

 

10代の女性の意見には、

「多芸で武勇だけでなく頭も優れ 詩が上手く人間味に溢れているから」

というものもありました。

 

 

曹操は「文武両道」という50代女性の意見もある通り

彼は、武勇ばかりではなく芸術も愛好して文化を手厚く保護しています。

 

 

曹操は戦の傍ら、武器を傍らに置いてまで詩を竹簡に書いた

という程の文化人でした。

 

 

その詩も、一方的に自分のヒロイズムに酔うような自画自賛ではなく

戦乱で苦しむ農民の立場に同情し、一刻も早く太平の世を開きたい

という心情を詠んだり、戦塵に苦しむ、部下の苦労を労わったりと、

ただ冷血ではない曹操の内面の豊かな人間味が溢れています。

 

 

曹操は内政面でも、後漢の太祖、光武帝の屯田の制を採用して、

黄巾の乱や、董卓の争乱で荒れ果てた土地に流民を定着させて

農耕させながら、兵士としても動員できるように制度を整え、

他の群雄が、僅かに残された豊かな土地を奪いあっている間にも、

着々と国土の再生に取り組んでいました。

 

 

投票回答:誠の英雄

曹操 弱点 蟻

 

・「全てにおいてカッコ良すぎる」40代女性

・「英知溢れる誠の英雄」30代女性

 

 

常に時代の先を読み、どんな英傑よりも未来を見据えていた、

風雲児、曹操、その波乱万丈の人生が1800年後の人間の心を

捉えて離さないのも分かる気がします。

 

関連記事:曹操「赤壁で負けてなんていないんだからねっ」

関連記事:集まれ曹操の25人の息子たち・その1

 

 

 

耳で聞いて覚える三國志

 

こちらの記事もよく読まれています

射抜かれる曹操

 

よく読まれてる記事:何で曹操は漢中で劉備に負けたの?

 

曹操 鶏肋

 

よく読まれてる記事:曹操が呟いた「鶏肋(けいろく)」って何?楊修とばっちり

 

曹操 健康

 

よく読まれてる記事:曹操は健康オタク?三国時代のロングブレス健康法

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

 

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。
もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 【政界の怪物】田中角栄が日本に残した功績って何?
  2. 【はじめての君主論】第2話:愛されるより恐れられよ!董卓の恐怖政…
  3. 【シミルボン】驚愕!三国志の時代の酒のマナー
  4. 暴れる関羽 誘引の計にかかった関羽、ブチ切れる。
  5. 【まさにヤケクソ】最強の防御兵器はウ○チだった!?
  6. これはビックリ!三国志の時代にも曲芸があった!当時の娯楽がじわじ…
  7. 陸遜の孫・陸機も犬をかわいがっていた!三国志時代の犬と人との絆
  8. 103話:黄忠・厳顔の老将コンビ大活躍|年寄りをなめるな!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. オオクニヌシ(日本神話)
  2. 呂壱と孫権
  3. 生姜を買ってくる左慈と曹操

おすすめ記事

  1. 蜀のブサメン軍師、龐統は魯粛のスパイだった?劉備と龐統、仮面主従の真実
  2. 魏や呉にもいた諸葛一族の話
  3. 曹丕、それはちょっとやり過ぎじゃね?孟達への溺愛っぷりがヤバイ! 孟達に猛烈なラブコールを送る曹丕
  4. 季布(きふ)とはどんな人?一度承諾した約束は絶対に破らない事で天下に名を轟かせた名将【後半】
  5. 就職戦線異状だらけ!かなり大変だった三国志時代の就職
  6. 【kawausoミエル化計画】地味な劉表政権をミエルカしてみたよ!

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 猛暑に苦戦している観客達 いだてん
  2. 上杉謙信

おすすめ記事

公孫攅と劉備 三国志演義と正史で大違い?劉備の恩人、公孫瓚 はじめての三国志 4コマ劇場 「楽進と張遼の息子による父親の武勇伝自慢」 関羽と周倉 【出身州別】三国志キャラの性格診断 第一回:司隷(しれい)、豫州(よしゅう)編 あの張飛がデレデレ?張飛が愛した愛馬 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 Part.1 キレる息子孫権と頑固オヤジ張昭のケンカが激しすぎる 馬良(眉白) 三国時代の故事成語『白眉』と『泣いて馬謖を斬る』 茶を飲む張角(太平道) 【宋代の茶】お茶商人の娘の哀しき運命

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP