春秋戦国時代

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

37話:人を信じられなかった豪傑呂布、戦場に散る

この記事の所要時間: 340




裏切り 呂布

 

軍師陳宮(ちんきゅう)の助言に耳を貸さず、

折角奪った兗州を曹操(そうそう)に奪還された呂布(りょふ)は、

今度は、徐州を陶謙(とうけん)から譲られた劉備(りゅうび)を頼り落ちのびます。

 

前回記事:36話:6人の英傑を裏切り最後を迎えた呂布




劉備は何故、呂布を受け入れたの?

劉備 だらしない

 

流石に世慣れた劉備(りゅうび)は、呂布(りょふ)の上辺だけの言葉を見抜き、

これを警戒しますが呂布(りょふ)の並みはずれた武力は、

今後、曹操(そうそう)、袁術(えんじゅつ)を相手にする上で必要と考え

これを客将として迎えました。

 

最初はおとなしくしていた呂布(りょふ)ですが、裏切りの人生の癖が、

再びうずき始めます。




呂布、遂に劉備を裏切る

劉備 呂布 裏切り

 

劉備(りゅうび)が袁術(えんじゅつ)を討伐する為に

本拠地である下邳を出発すると、留守を預かる曹豹(そうひょう)と謀り、

下邳を乗っ取ってしまうのです。

 

それを知った劉備(りゅうび)は、迂闊にも呂布(りょふ)を

信じた自分を悔みますが、このままでは、袁術(えんじゅつ)と

呂布(りょふ)に挟まれて全滅してしまいます。

 

困った劉備は呂布に和睦を提案する

劉備 食客

 

劉備(りゅうび)は煮えくりかえる腹わたを抑え、呂布(りょふ)に和睦を提案、

呂布(りょふ)は何を考えたのか、これを受け入れて劉備(りゅうび)を許し

今度は劉備(りゅうび)を自分の客将にしてしまいます。

 

劉備(りゅうび)は徐州の小沛という都市に駐屯していましたが、

ここに袁術(えんじゅつ)が攻撃を仕掛けます。

 

劉備(りゅうび)は呂布(りょふ)に援軍を要請し、

呂布(りょふ)はこれに応じて出陣し、袁術(えんじゅつ)を追い散らしてしまうのです。

 

ん?何で呂布は袁術を追い返したの?

呂布 最強 曹操

なんだかトンチンカンな呂布(りょふ)の対応ですが、

これが呂布(りょふ)の限界であり、目先の損得しか考えられず、

どんどん敵を多くしていっているのです。

 

こうして折角保護した劉備(りゅうび)ですが、

劉備(りゅうび)が下邳を奪い返す為に兵力を増強していると知ると、

呂布(りょふ)は怖くなり軍を派遣して劉備(りゅうび)軍を蹴散らしてしまうのです。

 

敗れた劉備(りゅうび)は曹操を(そうそう)頼り逃げてしまいます。

蹴散らす位なら、最初から見殺しにしていればいいものを、

呂布(りょふ)の行動には一切、一貫性がありません。

 

 

劉備は曹操軍として呂布に挑むよー

呂布VS劉備三兄弟

 

劉備(りゅうび)は、今度は曹操(そうそう)軍の武将として、

呂布(りょふ)に戦いを挑んでいきます。

 

呂布(りょふ)はこれに対して、袁術(えんじゅつ)と同盟を組み、

高順(こうじゅん)を先頭に劉備(りゅうび)の拠点沛城に攻撃を仕掛けて、

劉備(りゅうび)そして曹操(そうそう)軍の猛将、夏候惇(かこうとん)を撃破します。

 

曹操が直々に呂布討伐を開始

曹操軍

 

劉備(りゅうび)は敗走し、代わって曹操(そうそう)が直接に軍を指揮してきました。

相手は最強と謳われる黄巾賊の精鋭、青州兵です。

 

呂布(りょふ)と高順(こうじゅん)は奮戦しますが、勝てずに敗走し、

袁術(えんじゅつ)に再度援軍を要請しますが、

すでに弱体化していた袁術(えんじゅつ)は、援軍を出す力もありませんでした。

 

呂布は遂に捕らわれる

呂布 あっけない 最後

 

呂布(りょふ)は曹操(そうそう)軍に捕えられて、

縄を打たれて曹操(そうそう)の元に引き出されます。

曹操(そうそう)も兗州の戦いで煮え湯を飲まされた相手ですが、

呂布(りょふ)は、少しも臆せず悪びれる様子もなく言い放ちました。

 

「曹丞相と俺が手を組めば、天下は手に入ったも同然、、

どうだ、俺を大将軍として使ってみる気はないか?」

 

このあまりにも無邪気なPRに、曹操(そうそう)は人材コレクターの血がうずきます。

しかし、曹操(そうそう)が躊躇した瞬間に劉備(りゅうび)の一喝が飛びました。

 

「曹操殿、呂布に騙されてはいけません!!

こやつがかつて養父丁原を斬り、父と仰いだ菫卓を斬った事をお忘れか?」

 

呂布(りょふ)は、劉備(りゅうび)を睨んで言いかえします。

 

「黙れ大耳野郎、袁術から攻められた時に救ってやった恩を忘れおって!

曹丞相、一番信用できないのは、こいつですぞ!」

 

この醜い罵り合いで曹操(そうそう)は目が覚め、

呂布(りょふ)を処刑する事を決意したのです。

 

三国志の歴史、呂布はここで脱落

呂布 英雄石像

 

ここに呂布(りょふ)は、40年に渡る裏切りの人生に終止符を打ちます。

 

呂布(りょふ)は古今無双の武力を持ち、自分を信じる気持ちに厚く、

誰であっても俺の武力を欲しがる筈だと自惚れていました。

 

一方で、人を信じるという気持ちがなく、

少しでも良い条件を提示されると、元の主君を裏切っています。

 

この呂布(りょふ)の態度は、明らかに味方を失わせ、

一方で敵を増やしていきました。もし、曹操(そうそう)に討たれなくても、

遠からず同じ運命を辿ったでしょう。

 

個人としては弱い者を助ける男気を見せた呂布(りょふ)ですが、

最後には人を信じられぬ故に誰にも味方されず寂しい最後を迎えたのでした。

 

関連記事:呂布も関羽も愛した名馬:『赤兎馬』ってどんなウマ?

関連記事:呂布の裏切りについて考察

関連記事:菫卓を守った最強のボディーガード呂布

関連記事:うぐ、どうしても董卓と呂布に勝てない……!

関連記事:三国志の覇者・呆れるくらいの人材マニアの曹操

 

耳で聞いて覚える三国志


次回記事:38話:名門に生まれた策略家 袁術の非業の最期




よく読まれている記事

曹操頭痛

 

よく読まれている記事:頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹操の見た幻覚の原因は何だったの?

 

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 孫堅が伝国の玉璽を手に入れたわけ
  2. キングダム(春秋戦国時代)には核兵器は存在した?葵丘の盟とオバマ…
  3. 【日中清廉潔白対決】北条泰時VS諸葛亮孔明
  4. 試験に出ます!九品官人法(きゅうひんかんじんほう)の理想と弊害
  5. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第2部
  6. 【三国志の民話】世論に逆らうな!曹操の民心掌握術
  7. 1800年前に呂布がビーフバーガーを食べていた?気になる漢時代の…
  8. 本当は好きなんでしょ?一騎当千の最低男、呂布の最強伝説

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 漢の400年は、たった8年の激しい戦いから生まれた?三国志の前哨戦、楚漢戦争!
  2. 本当に病弱?実は健康に自信があった孔明、寿命を縮めた大誤算とは?
  3. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第10部
  4. 【袁紹と袁術の関係を正す】其の1・字からの考察
  5. 曹植の存在が曹丕を歪めた?何で曹丕はあんな性格になっちゃったの?
  6. 【意外】古代中国では犬やタヌキが鼠を捕っていた?

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

83話:劉備は荊州四郡をゲット!怒涛の快進撃 さよなら戦国BASARA!イケメン真田幸村の不細工伝説 極悪人の董卓の参謀・李儒は董卓以上の悪人だったの? 曹操の誤解を解く!荀彧を殺したのは本当に曹操なの? 超ネガティブな戦国武将・毛利隆元の偉大なる父を持ってしまった苦悩とは! 12話:黄巾賊の反乱を平定した漢王朝と残念なくらい無能な霊帝 張飛が長坂橋を落とした時、曹操はどうして攻撃しなかったの? 77話:老将黄蓋、身体を痛めつけて曹操を欺く

おすすめ記事

  1. 【キングダム】イケメンな始皇帝の意外な最期を大胆に考えてみよう!
  2. 劉備と呂布を仲たがいさせよ!駆虎呑狼の計
  3. 鄧艾(とうがい)ってどんな人?苦労人のド根性人生に迫る
  4. 架空戦記って何?いつから存在してどこでIF戦記ブームは過ぎ去ったの?
  5. 陶謙はどうして劉備を後継者にしたの?三国志の素朴な疑問に答える
  6. 曹操と孫権の合肥を巡る戦いが何度も行われていた Part2
  7. 赤壁の戦いは計略の宝庫
  8. 【王翦 vs 李牧】信は王翦により苦境に立たされる?

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP