うぐ、どうしても董卓と呂布に勝てない……!

2015年1月28日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

董卓えらそう 独裁

献帝を手に入れ、猛将呂布を従えた董卓は、洛陽にデンと座し、恐怖政治を始めました。諸侯たちは、単独で戦いを挑んでも、ぼろぼろに負けてしまいます。そこで、みなで手を組み、反董卓連合軍を立ち上げて、束になって戦いに挑みました。

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【レポート・論文で引用する場合の留意事項】 はじめての三国志レポート引用について



合従策で挑め!

反董卓軍010

「合従策」とは、三国時代に先立つ戦国時代、蘇秦という人によって考えだされた戦略です。

 

キングダム 戦国七雄地図

 

当時の中国は、秦、、韓、、趙、燕の七か国で争われていた時代で、その中で抜きんでて秦が強国でした。

 

蘇秦(そしん)は合従連衡を行った

 

そこで、諸国は勢いのある秦に攻め滅ぼされる前に、みなで協力して秦と戦うべきだと、蘇秦は唱えたのです。

 

橋瑁が決起文を送り反董卓連合軍結成

 

董卓対袁紹率いる連合軍の図式も、合従策であることがわかります。さすがの董卓も、これにはかなわないかと思いましたが……。連合軍はなかなか苦戦します。これはなぜなのでしょうか。董卓と呂布が、強すぎるからなのでしょうか。

 

関連記事:秦の始皇帝ってどんな人だったの?幼少期編

関連記事:戦国四君 元祖男気ジャンケン、魏の信陵君

関連記事:キングダム 楚の宰相、春申君の最後が残念すぎる

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき!

 



実際の戦いは

董卓&呂布

 

董卓は、先に述べたとおり、西部軍閥です。そして、反董卓連合軍としてそろった諸侯たちはみな、東部の豪族たち。言うなれば、「西の辺境のやつなんかに負けてたまるか」といって奮起した人たちでした。

 

朱儁(しゅしゅん)の名声を利用しようと近づいてくる董卓

 

董卓の悪政をなんとしても止めようという熱意がある人たちはごく少数で、実際は、派閥争いの延長だったとも言えます。

 

董卓

 

状況が不利だと悟った董卓は、洛陽を焼き払い、長安に移りました。これは、自分の本拠地である西の地域により近い方が、守りやすいと思ったからです。廃墟となった洛陽を見て、連合軍は意気消沈し、ばらばらになってしまったといいます。

 

董卓

 

しかし、どうなのでしょうか。いくら董卓が、自分に有利な西側の都に移ったとしても、遷都したばかりでは、隙だらけのはずです。それに、洛陽と長安はそこまで遠い場所でもありません。あともう少し、しぶとく追いかけてもよかったのではないかと思います。

 

反董卓軍

 

つまり、諸侯たちは、洛陽を見て初めて、「もうやる気なくなったー」と思ったわけではなかったのでしょう。もっと早いうちから、もしかしたら、最初から、連合軍の心はばらばらだったのではないでしょうか。

 

君主論 董卓

 

董卓はまだまだこの後、2年間も、国の中心に居続けるのです。長安に移った董卓は、20年分の食料と、金銀財宝、美女を独り占めし、ますます暴虐無道なふるまいをします。みんな……もう少し頑張ってほしかったです!

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

はじめての三国志

「ゆるく、たのしく、わかりやすく」をコンセプトにした 歴史エンタメメディアです。
(®登録商標:第5800679号)

-三国志の雑学, 董卓
-,