うぐ、どうしても董卓と呂布に勝てない……!


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

董卓えらそう 独裁

献帝を手に入れ、猛将呂布を従えた董卓は、洛陽にデンと座し、恐怖政治を始めました。諸侯たちは、単独で戦いを挑んでも、ぼろぼろに負けてしまいます。そこで、みなで手を組み、反董卓連合軍を立ち上げて、束になって戦いに挑みました。


合従策で挑め!

反董卓軍010

「合従策」とは、三国時代に先立つ戦国時代、蘇秦という人によって考えだされた戦略です。

 

キングダム 戦国七雄地図

 

当時の中国は、秦、楚、斉、韓、魏、趙、燕の七か国で争われていた時代で、その中で抜きんでて秦が強国でした。

 

蘇秦(そしん)は合従連衡を行った

 

そこで、諸国は勢いのある秦に攻め滅ぼされる前に、みなで協力して秦と戦うべきだと、蘇秦は唱えたのです。

 

橋瑁が決起文を送り反董卓連合軍結成

 

董卓対袁紹率いる連合軍の図式も、合従策であることがわかります。さすがの董卓も、これにはかなわないかと思いましたが……。連合軍はなかなか苦戦します。これはなぜなのでしょうか。董卓と呂布が、強すぎるからなのでしょうか。

 

関連記事:秦の始皇帝ってどんな人だったの?幼少期編

関連記事:戦国四君 元祖男気ジャンケン、魏の信陵君

関連記事:キングダム 楚の宰相、春申君の最後が残念すぎる

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき!


実際の戦いは

董卓&呂布

 

董卓は、先に述べたとおり、西部軍閥です。そして、反董卓連合軍としてそろった諸侯たちはみな、東部の豪族たち。言うなれば、「西の辺境のやつなんかに負けてたまるか」といって奮起した人たちでした。

 

朱儁(しゅしゅん)の名声を利用しようと近づいてくる董卓

 

董卓の悪政をなんとしても止めようという熱意がある人たちはごく少数で、実際は、派閥争いの延長だったとも言えます。

 

董卓

 

状況が不利だと悟った董卓は、洛陽を焼き払い、長安に移りました。これは、自分の本拠地である西の地域により近い方が、守りやすいと思ったからです。廃墟となった洛陽を見て、連合軍は意気消沈し、ばらばらになってしまったといいます。

 

董卓

 

しかし、どうなのでしょうか。いくら董卓が、自分に有利な西側の都に移ったとしても、遷都したばかりでは、隙だらけのはずです。それに、洛陽と長安はそこまで遠い場所でもありません。あともう少し、しぶとく追いかけてもよかったのではないかと思います。

 

反董卓軍

 

つまり、諸侯たちは、洛陽を見て初めて、「もうやる気なくなったー」と思ったわけではなかったのでしょう。もっと早いうちから、もしかしたら、最初から、連合軍の心はばらばらだったのではないでしょうか。

 

君主論 董卓

 

董卓はまだまだこの後、2年間も、国の中心に居続けるのです。長安に移った董卓は、20年分の食料と、金銀財宝、美女を独り占めし、ますます暴虐無道なふるまいをします。みんな……もう少し頑張ってほしかったです!

 

関連記事

  1. 曹操を見捨てない丁氏と卞氏
  2. 張飛、劉備、関羽の桃園三兄弟
  3. 徐庶
  4. 周瑜
  5. 張昭、孫権、孫策、周瑜

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP