呂布特集
官渡の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての変

秦の始皇帝ってどんな人だったの?幼少期編

始皇帝 キングダム

 

中国を史上初めて、1人の皇帝によって支配される国にして、

後の中華王朝のモデルを造った秦の始皇帝(しこうてい)

 

しかし、輝かしい生涯を歩んだと思われがちな始皇帝の幼年期は、

想像を絶する過酷さと恐怖に満ちていました。

 

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき! 

 

 

父は秦の忘れさられた王子、母は身分の低い踊り子

趙政

 

始皇帝は、紀元前259年、正月、趙の都、邯鄲で生まれます。

正月に誕生したので、名前を政(せい)とし趙で産まれたので、

趙政(ちょうせい)と呼び習わされて育ちました。

 

秦の王子なのに、どうして趙で産まれたのか?

皆さんは不思議に思う事でしょう。

 

それは政の父である、異人(いじん)に関係があります。

異人は、後に秦の孝文王(こうぶんおう)となった

安国君(あんこくくん)の子供ですが、数十名もいる公子の1人であり、

また、後ろ盾になる母もいない、力のない青年に過ぎませんでした。

 

その当時、秦を支配していた、昭襄王はそんな子楚に目をつけ

趙に人質として送り込んだのです。

 

もちろん、秦と趙の間に戦争が起これば、みせしめに異人は

殺される運命になります。

昭襄王は死のうが痛くも痒くも無い会った事もない孫の1人

として異人を趙に送り込んだのです。

 

みすぼらしい異人に呂不偉が目をつける

呂不韋

趙にやってきた異人ですが、捨て駒のような異人に近づいてくる人は

誰もいません、秦からの仕送りも少なく、異人は公子でありながら、

毎日、食べるのが精一杯という貧しい生活を送ります。

ところが、この異人に目をつけた商人がいました。

それが、後に丞相として秦の政治を牛耳る呂不偉(りょふい)です。

 

呂不偉は、異人を自分が秦で成り上がる為の駒として利用しようと考え

貧乏な異人にお金を与え、趙の名士達とも交流を持たせようとします。

 

ルックスは悪くない異人は、寂しい名前を皇太子らしい子楚(しそ)と改めて、

次第に趙でも名前が知られるようになります。

一方で呂不偉も大金を使って、秦で工作を行い子楚が皇太子となれるように

必死の裏工作を行っていました。

 

関連記事:衝撃の事実!呂不韋は始皇帝の父だった?諸子百家のいいとこ取りの雑家

 

子楚、呂不偉の愛妾に一目惚れする

呂不韋

 

子楚は、ある日、呂不偉の愛妾の1人である趙姫(ちょうひ)に一目惚れします。

そして図々しくも趙姫をワシにくれと呂不偉に打ち明けます。

 

(手駒の癖に、俺の女に手を出すのか・・)

呂不偉は、一番の美女である趙姫をくれという子楚に激しく腹を立てます。

が、今まで大金を使って手なずけた子楚を、妾1人の為に失っては

採算が合わないと、快く譲り渡しました。

 

こうして、ほどなく男の子が生まれます、それが秦王政だったのです。

 

ページ:

1

2 3

関連記事

  1. 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 P…
  2. カイ良、カイ越、蔡瑁に初めて会う劉表 劉表の評価が高いのは三人の名士のおかげだった!荊州経営を支えた名…
  3. 荊州争奪戦 荊州争奪戦、荊州がどうしても欲しいんです
  4. 甘寧 裏切る ゆるキャラ 武才だけではない!?先見の明を併せ持つ甘寧
  5. 暴れる関羽 誘引の計にかかった関羽、ブチ切れる。
  6. 王莽 王莽(おうもう)史上初、帝位を簒奪した男 
  7. 【もう一つの三国志】司馬師暗殺計画の裏側
  8. 「魏」の旗を持った兵士 戦国策【魏策】人の心の裏表を把握せよの巻

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志編集長 kawauso
  2. 曹叡
  3. 牛金
  4. 曹操と荀彧の三顧の礼
  5. 曹丕
  6. 魯粛、周瑜、劉備
  7. おんな城主 直虎

おすすめ記事

  1. 劉備暗殺計画|甘露寺の婚儀と錦嚢の計 その2 劉備 結婚
  2. 【キングダムネタバレ】ちょ~先読み!桓騎(かんき)李牧(りぼく)に負ける!宜安の戦いを徹底解説! 敗北する桓騎
  3. 袁術が評価される日も近い?スーパー袁術の凄い所7連発!!
  4. 後漢の始祖・光武帝劉秀(りゅうしゅう)ってどんな人?青年期は貧しいが性根の優しい人物Part.1 光武帝(劉秀)陰麗華
  5. 劉焉(りゅうえん)ってどんな人?益州に独立国を建国した漢
  6. 蜀は古代から独立王国だったって知ってた? ダムが完成した蜀

三國志雑学

  1. 城 銅雀台
  2. 曹操の使者を斬り捨てる武闘派の孔明
  3. 蜀の外交官・鄧芝
  4. 曹操と夏侯惇
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 腐れ儒者気質な孔融
  2. 関興と張苞
  3. 何晏
  4. 大山巌

おすすめ記事

孔子が理想とした王朝・周はどんな王朝だったの? 韓遂と王国の反乱が後漢王朝の基盤を揺るがした 三国志時代のセキュリティはどうなっていたの?何でもかんでも機密保持じゃい! 幕末にサソリ固め!来島又兵衛の壮絶なアラフィフ人生 戦え于禁 于禁はチキン?その評価の妥当性について考えてみた 真田昌幸にとっての領土拡張戦略と沼田城の重要性 豊臣秀吉 戦国時代2 【センゴク】浅井・朝倉の滅亡と羽柴秀吉の出世を徹底分析 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース23記事【10/10〜10/16】

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP