袁術祭り
北伐




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

東方明珠のへなちょこ洛陽旅行記 その1

この記事の所要時間: 416




西遊記 三国志

 

三国志は今から二千年近く昔の歴史ですので、なかなか遺跡が残っていなくて残念です。

また主要な遺跡も、アクセスのよい現在の大都市からわりと離れている場所にあったりするため、

三国志の遺跡ツアーなどに参加しないと、巡るのは大変です。

 

しかし、やはり歴史好きとしては、

実際の地をこの足で踏みしめ、その土地の空気を吸ってみたいと思うものです。




女性歴史ライター東方明珠、私が中国に行く理由

キリン(東方明珠氏)はじめての三国志

 

中国旅行というと、言葉の問題やトイレ・衛生事情などでハードルが高いイメージがあります。

そこで、その困難さを払しょくすべく、

中国語もろくに話せない女が度胸で行ってみた体当たり旅行記を

恥ずかしくも披露し、

みなさまに中国旅行をおすすめしてみたいと思います。

 

 

しかし、本当にヘタレすぎて、ろくでもない話しかありません。

こんな奴でも行かれるんだ~、と笑って中国旅行をぜひ企画してください。




三国志の都、洛陽

ChinaHenanLuoyang

 

(写真データが紛失している為、wikipeia:洛陽の写真を引用しています)

 

洛陽は北に黄河、西に山地を控えた、交通や軍坊の要地です。

古来より、西の長安とともに、様々な王朝の首都として栄えました。

 

洛陽は、東周・後漢・魏・西晋・北魏などの九王朝が

都をおいたことで、「九朝の古都」とも呼ばれます。

 

 

漢・魏時代の洛陽は、現在の洛陽市街地よりもっと東でした。

 

市街地からポプラ並木のおいしげる農村地帯をずっと東へ行くと、

漢・魏洛陽城址があります。

 

現存するのは、かつての洛陽城の西壁の一部のみで、畑の中に

数メートルの土塁が残っています。

 

また、漢・魏洛陽城址には古井戸もあります。

孫堅が伝国の玉璽を拾ったのも、こういう井戸だったのでしょうか。

 

 

また、洛陽には、世界三大関帝廟の一つ、関林廟があります。

 

世界三大関帝廟の一つ、関林廟

Guanlin

 

(写真データが紛失している為、wikipeia:洛陽の写真を引用しています)

 

敷地面積は12万平方メートルもあり、見回るのに2時間はかかります。

 

明清時代の建築物が中心ではありますが、漢代の石碑なども残っています。

 

廟の背後には、関羽の首塚もあり、関羽をしのぶ絶好のスポットです。

 

関連記事:なぜ関羽は神様になったのか?……忠義神武霊佑仁勇威顕関聖大帝

関連記事:関帝廟のご利益は……神様の名前は、「関聖帝君」

 

マイナス20℃の世界へようこそ

85ca24458a625d8e908a1efb6619221c_m

 

(写真データが紛失している為、イメージ写真を利用しています)

 

 

さてここからが、私のへなちょこ旅行記です。

洛陽旅行は、中国語が堪能な友人(女性)と一緒でした。

 

そんなわけで、なんの憂慮もなかったはずなのですが……。

 

行った時期がいけませんでした。

 

1月に行ったのですが、気温がマイナス20℃でした。

 

天気は吹雪……。

 

それでも雪国というのは、バスとか車とか、普通に走っているので

なんとかバスに乗って関林廟、そして龍門石窟へ行ってきました。

 

 

関林廟は前述のとおり、三国志関連の遺跡です。

 

龍門石窟は素晴らしかった

800px-Longmen-lu-she-na-1

(写真データが紛失している為、wikipeia:洛陽の写真を引用しています)

 

龍門石窟は、中国四大石窟のひとつで、北魏時代から唐時代まで栄えた仏教遺跡です。

 

 

最高に素晴らしい仏教美術を満喫しましたが、寒すぎました。

 

ト、トイレがないよー(涙

869dfd2323eabc7fdd3522f7b443be33_m

 

(写真データが紛失している為、イメージ写真を利用しています)

 

龍門石窟内では、雪かきが間に合わないのか、一部雪で通れない場所もあり

お手洗いが見つからず、付近にある「龍門石窟研究中心(センター)」で

 

お借りしました。すみません。勝手に入りました。

 

不審者二名は私たちです。

 

 

さて。宿泊先ですが、大雪の中、歩き回るのは得策ではないと考え、

 

洛陽駅周辺の宿を探しました。

 

とにかく屋根があればなんでもいいやと思っていたのですが、

 

これが大きな間違いでした。

 

 

暖房器具がほとんど効かず、室内も大変寒かったのです。

 

あまりの寒さに眠れないので、駅の売店で白酒を買ってきました。

 

中国でお酒というと、この白酒になります。

アルコール度数は50度近くあります。

 

友人と共に、これを一気にあおって、倒れるように眠りました。

 

 

……翌朝、風邪をひいて高熱を出しました。

 

 

洛陽博物館と洛陽牡丹大酒店

Luoyang_museum

(写真データが紛失している為、wikipeia:洛陽の写真を引用しています)

 

 

二日目は、洛陽博物館へ出かけました。

青銅器や陶器など多くの文物が展示されており、中でも唐三彩の輝きは本当に美しかったです。

 

 

しかし私はここで人生初、旅行中に高熱のため倒れました。

友人に支えられ、洛陽市内で一番高級なホテル、洛陽牡丹大酒店へ行き、カフェで休むことにしました。

 

 

 

牡丹は洛陽の花

洛阳红牡丹

(写真データが紛失している為、wikipeia:洛陽の写真を引用しています)

 

4月の洛陽は牡丹が咲き乱れて、とても美しいそうです。

 

次に洛陽を訪れるときは、絶対4月にしようと心に決めました。

 

また、ホテルは妥協しないでいいところを選んだ方がいいという教訓を得ました!

 

 

洛陽ちょっといい話

洛陽 りんご

(写真データが紛失している為、イメージ写真を利用しています)

 

 

へなちょこすぎる旅行記にも、ほんわかと心あたたまるエピソードがあります。

 

洛陽からの帰り、寝台列車で上海まで帰ったのですが、その日もまだ、私は高熱でふらふらしていました。

 

 

洛陽駅でりんごを売っている方がいて、りんごくらいなら食べられるかもと思い、一個くださいと言ってみました。

 

 

「そういう売り方はしない!」

 

と怒られました。

 

中国では、野菜や果物は量り売りなのです。(スーパーとかは違いますが)

 

 

普段であれば、私も「それなら〇〇グラム」と言い直したと思いますが

熱のために心が折れていたので、

 

「でも私りんご一個しか食べられない……」

 

としょんぼりしてしまいました。

 

 

すると、りんご売りのおじさん(お兄さんだったか不明?)は、

よれよれの私を見て哀れに思ったのだと思います。

 

 

「じゃあ一個やるから、もってきな!」

と投げてくれたのです。

 

 

「あ、でも、お金」と、もたもたしているうちに

電車の発車時刻になってしまい、別行動していた友人が呼びに来ました。

 

りんご売りの方は

「保重!(おだいじに)」と言って、去って行ってしまったのです。

 

 

残念すぎる洛陽旅行でしたが、最後にとても素敵なあたたかい

思い出が出来ました。

 

次回記事:東方明珠のへなちょこ黄河旅行記 その2




この記事を書いた人:東方明珠

キリン(東方明珠氏)はじめての三国志

こんにちは。とうほう めいしゅです。

中国は上海の雰囲気が好きなので、テレビ塔の「トンファンミンジュ」を名乗っています。

もともと『水滸伝』の大ファンで、『三国志』に興味を持ったのは、アーケードゲーム「三国志大戦」がきっかけです。

当時はゲームセンターに通いつめました!

まだまだ中国史について勉強中ですが、精いっぱい面白いことを探してお伝えしたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 魏や呉にもいた諸葛一族の話
  2. 曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part4
  3. 三国志の故事成語『苦肉の策』(くにくのさく)って何?
  4. 曹植の存在が曹丕を歪めた?何で曹丕はあんな性格になっちゃったの?…
  5. 東方明珠って、何者?
  6. 76話:孔明による材料も手間もなく矢を造る方法
  7. ひとりしかいない筈なのにたくさんいた? 『皇帝』のお話
  8. はじめての三国志 4コマ劇場 「三国志の英雄たちのアダ名」

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 朽井迅三郎(くちい・じんざぶろう)は実在したの?アンゴルモア 元寇合戦記の主人公に迫る
  2. 三国志の時代を彩った烈女たちの生涯を紹介!
  3. 武田信繁(たけだのぶしげ)とはどんな人?武田信玄の片腕と呼ばれた名将
  4. 長友佑都の「アモーレ」発言!後漢の時代でも普通に使われていた?後漢にやってきたローマ使節
  5. これはひどい・・関羽は深刻な方向音痴だった?迷走する関羽の千里行
  6. 全員主役級!三国志を日本で映画化するならキャスティングはこれだ!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

呂不韋の出世のきっかけはここから始まる! 122話:孟達の心変わり!孔明の失敗と司馬懿の復活 72話:劉琦の恩返し、劉備江夏城へ入る ホウ徳の叩き上げ人生録!関羽に降伏せず忠義の人と讃えられた関中の名将 2話:無敵の騎馬軍団を初めて軍に取り入れた趙の武霊王 【5分で分かるビジネス三国志】三言で田嬰(でんえい)を動かした男 【すこやか三国志】やばい!乗馬をやめてデブった董卓と劉備 三国志でイラク戦争を考えてみようじゃないか

おすすめ記事

  1. 蔡琰(サイエン)とはどんな人?翻弄された運命をたどった詩人
  2. ホリエモンが舛添都知事を庇った理由と晏嬰で考える政治家倫理
  3. 黄忠と黄蓋は親族なの?黄忠と黄蓋の違いと共通点をわかりやすく解説
  4. 周不疑(しゅうふぎ)ってどんな人?曹沖と並び立つ天才少年の悲劇
  5. 魏延を倒した楊儀は孔明が亡くなった後どうなったの?
  6. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部
  7. あなたが実際に兵士として戦場に行軍してみたらどれだけ大変なの?
  8. キングダム 515話 ネタバレ予想:司馬尚は、いつ三大天になるの?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP