朝まで三国志悪
まだ漢王朝で消耗してるの?




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

東方明珠のへなちょこ長安旅行記 その4

この記事の所要時間: 37




旅馬 三国志

 

中国の歴史には興味があるけれども、さすがに中国旅行へ

行くほどの情熱はない。治安も衛生も不安だし。

そんなふうにお考えの方に、

行ってみると、意外と楽しいですよと別の視点をお知らせする、

へなちょこ旅行記第4弾です。

ヘタレすぎてなんの参考にもなりませんが、

読まれた方に、勇気を与えられたら本望です。

 

前回記事:東方明珠のへなちょこ長江旅行記 その3




11王朝の都、長安

董卓えらそう 独裁

 

献帝を手に入れた董卓(とうたく)は、洛陽で悪事の限りを尽くすと、

191年に長安へ遷都してしまいます。

菫卓亡き後は、今度は李傕(りかく)と郭汜(かくし)の悪政によって

長安は壊滅状態になってしまいます。

 

そんな長安に残っている三国志関連の遺跡は……ありませんよね……。

すみません。

 

長安=西安から行ける三国志関連の遺跡といえば、

五丈原(ごじょうげん)でしょうか。




五丈原(ごじょうげん)って何?

2011040954251657

(写真データが紛失している為、中国旅行エージェンシー・西安館から写真を引用しています)

http://www.otcxian.com/news_view.asp?id=464&BigClassname

写真引用元:中国旅行エージェンシー・西安館

 

234年、諸葛孔明と司馬懿による五丈原の戦いが繰り広げられた遺跡で、

そこには諸葛孔明を祀った諸葛廟もあります。

 

五丈原(ごじょうげん)への行き方

五丈原

(写真データが紛失している為、イメージ写真を利用しています)

 

 

五丈原へのアクセスですが、

西安からバスを乗り継いでいく方法と、

電車とバスを乗り継ぐ行き方があります。

所要時間はざっくりと見て2時間くらいといったところでしょうか。

 

これなら行けそうですね!

でも……行かれなかったのです。へなちょこなので。

 

秦俑博物館で美少女にナンパされる

800px-兵馬俑博物館P7110267

(写真データが紛失している為、wikipeia:兵馬俑の写真を引用しています)

 

 

やはり西安に来たので、兵馬俑は見てみたいという気持ちが強く、

まずはバスで秦俑博物館へ行きました。

 

バスを降りた場所がなぜかお土産屋さんのど真ん中で、

どこに行ったらいいのか迷っていると、

美少女に声をかけられました。

 

彼女は英語を勉強中の大学一年生。両親と西安旅行中だったけれど

両親は兵馬俑はもう見飽きたらしく、

一人で博物館に来たようでした。

 

心細いから女の子同士一緒に巡ろうと提案されました。

 

実は1人でじっくり見たいんだけど・・・(涙

800px-Xian_museum

(写真データが紛失している為、wikipeia:兵馬俑の写真を引用しています)

 

いや私、兵馬俑とかマニアなんで、じっくり見たいんだけど……

という心の声をうまく伝える語学力のないヘタレな私は、

そのまま彼女と仲良く兵馬俑を見ることに。

 

想像以上にさらっと博物館を見て、一緒に出口へ出てくると

今度は美少女の両親とも合流しました。

 

関連記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

関連記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

関連記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

関連記事:東京国立博物館の特別展「始皇帝と大兵馬俑」を楽しむ!秦の時代の武器(兵器)を徹底紹介!

 

美少女の両親と出会い、そして

505b55a3c6b5266d88d97606dbaaae9e_m

(写真データが紛失している為、イメージ写真を利用しています)

 

「なに!? 女ひとりで中国旅行だって?」

 

「まあたいへん、旅は道連れ世は情けというから、

 

ぜひ我が家の娘として一緒に西安観光しましょう!」

 

と、家族の一員に引き込まれ、自家用車で西安を巡ることに。

 

すみません、私、これから五丈原へ行くんですが……

とは決して言えませんでした。

 

 

■楊貴妃の美肌の湯を飲んでみる

上马图

(写真データが紛失している為、中国四大美人の楊貴妃のwikipeia:楊貴妃の写真を引用しています)

 

 

あたたかいご家族の厚意で、ランチをご馳走になり、

寺院などを巡りながら、華清池(かせいち)へ。

 

ここは、中国四大美女のひとり、楊貴妃が

玄宗皇帝と愛をはぐくんだ温泉地です。

 

入園チケットまで家族料金でお父さんに買っていただいて恐縮でした。

 

華清池は緑が生い茂る美しい景観の観光地です。

途中、温泉が湧き出ているところで、

 

「これを飲むと楊貴妃みたいに美しくなれるのよ」

 

とお母さんにものすごくすすめられました。

 

飲むと美しくなる温泉湯・・・・

温泉 三国志

(写真データが紛失している為、イメージ写真を利用しています)

 

内心(これ飲んだらたぶんお腹をこわす……)と戦々恐々としましたが、こんなによくしていただいたのに、

ここで雰囲気を壊すようなことはできないと思い、笑顔で飲み干しました。

 

……その後のことは聞かないでください。

 

 

五丈原には行けませんでしたが、

西安旅行は、とても得難い素敵な思い出になりました。

 

次回はじっくり兵馬俑を見ることと、五丈原へ行くことが目標です。

 

シリーズ記事:東方明珠のへなちょこ洛陽旅行記 その1

シリーズ記事:東方明珠のへなちょこ黄河旅行記 その2




この記事を書いた人:東方明珠

キリン(東方明珠氏)はじめての三国志

こんにちは。とうほう めいしゅです。

中国は上海の雰囲気が好きなので、テレビ塔の「トンファンミンジュ」を名乗っています。

もともと『水滸伝』の大ファンで、『三国志』に興味を持ったのは、アーケードゲーム「三国志大戦」がきっかけです。

当時はゲームセンターに通いつめました!

まだまだ中国史について勉強中ですが、精いっぱい面白いことを探してお伝えしたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

関連記事

  1. もうひとつの宗教団体、五斗米道(ごとべいどう)ってどんな宗教だっ…
  2. 34話:女好きの英雄曹操、危機一髪の大失敗
  3. 魏延(ぎえん)ってどんな人?|裏切り者?それとも忠義の士?
  4. 劉備暗殺計画|甘露寺の婚儀と錦嚢の計 その2
  5. 三国志:前半戦のまとめその1(董卓登場まで)
  6. 華麗なる中華世界を彩る武器~羽生結弦選手の武器
  7. 曹操「なんでも上手に使えばいい!屯田制と兵戸制じゃ!」
  8. 夏候惇と言えば独眼竜?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 王朝交代の背景には中国の五行思想があった!?
  2. 【シミルボン】三国志と彗星達の不思議な関係
  3. 92話:劉備を徹底的に追い詰める張任
  4. 潘濬(はんしゅん)とはどんな人?劉備から孫権に主を代えるも孫権に忠義を尽くした硬骨漢
  5. 軍師連盟を100倍楽しむ!何で司馬仲達は魏の重鎮として出世できたの?
  6. 呉範(ごはん)とはどんな人?当たる占いをご所望なら私にお任せください!風占いの達人

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

面白いのに何故かアクセスが少ない記事まとめ【2016年総集編】 【列異伝】なんと!曹丕は中国初オカルト小説の作者だった? 26話:弟を殺された事が袁紹VS公孫瓚の抗争の原因 周宣(しゅうせん)とはどんな人?夢を占わせれば、九割の精度を誇った魏の夢占い師 「燕」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介 【ネタバレ注意】キングダム538話レビュー「まさか、あのお馴染みキャラが死ぬの?」 三国時代にも「ザ・たっち」は存在した?後漢時代に存在した双子についての記録が凄い! 124話:曹休、憤死!!石亭の戦いと孫権の即位

おすすめ記事

  1. 袁術祭り秘話|袁術をkawausoが取り上げた理由
  2. 李陵(りりょう)とはどんな人?キングダムの李信を先祖に持つ悲運の将軍【前半】
  3. 西郷どんが奄美大島に行った理由は?西郷隆盛の妻・愛加那との出会い
  4. 張紘(ちょうこう)とはどんな人?張昭と共に孫策・孫権を支えた補佐役
  5. もし曹操が献帝を保護できなかったら三国志はどうなったの?
  6. 12話:黄巾賊の反乱を平定した漢王朝と残念なくらい無能な霊帝
  7. 【三国天武 攻略その1】全世界3000万人がプレイしている三国志の世界へ「内政編」
  8. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース12記事【4/10〜4/17】

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP