東方明珠のへなちょこ長安旅行記 その4




旅馬 三国志

 

中国の歴史には興味があるけれども、さすがに中国旅行へ

行くほどの情熱はない。治安も衛生も不安だし。

そんなふうにお考えの方に、

行ってみると、意外と楽しいですよと別の視点をお知らせする、

へなちょこ旅行記第4弾です。

ヘタレすぎてなんの参考にもなりませんが、

読まれた方に、勇気を与えられたら本望です。

 

前回記事:東方明珠のへなちょこ長江旅行記 その3




11王朝の都、長安

董卓えらそう 独裁

 

献帝を手に入れた董卓(とうたく)は、洛陽で悪事の限りを尽くすと、

191年に長安へ遷都してしまいます。

菫卓亡き後は、今度は李傕(りかく)と郭汜(かくし)の悪政によって

長安は壊滅状態になってしまいます。

 

そんな長安に残っている三国志関連の遺跡は……ありませんよね……。

すみません。

 

長安=西安から行ける三国志関連の遺跡といえば、

五丈原(ごじょうげん)でしょうか。




五丈原(ごじょうげん)って何?

2011040954251657

(写真データが紛失している為、中国旅行エージェンシー・西安館から写真を引用しています)

http://www.otcxian.com/news_view.asp?id=464&BigClassname

写真引用元:中国旅行エージェンシー・西安館

 

234年、諸葛孔明と司馬懿による五丈原の戦いが繰り広げられた遺跡で、

そこには諸葛孔明を祀った諸葛廟もあります。

 

五丈原(ごじょうげん)への行き方

五丈原

(写真データが紛失している為、イメージ写真を利用しています)

 

 

五丈原へのアクセスですが、

西安からバスを乗り継いでいく方法と、

電車とバスを乗り継ぐ行き方があります。

所要時間はざっくりと見て2時間くらいといったところでしょうか。

 

これなら行けそうですね!

でも……行かれなかったのです。へなちょこなので。

 

秦俑博物館で美少女にナンパされる

800px-兵馬俑博物館P7110267

(写真データが紛失している為、wikipeia:兵馬俑の写真を引用しています)

 

 

やはり西安に来たので、兵馬俑は見てみたいという気持ちが強く、

まずはバスで秦俑博物館へ行きました。

 

バスを降りた場所がなぜかお土産屋さんのど真ん中で、

どこに行ったらいいのか迷っていると、

美少女に声をかけられました。

 

彼女は英語を勉強中の大学一年生。両親と西安旅行中だったけれど

両親は兵馬俑はもう見飽きたらしく、

一人で博物館に来たようでした。

 

心細いから女の子同士一緒に巡ろうと提案されました。

 

実は1人でじっくり見たいんだけど・・・(涙

800px-Xian_museum

(写真データが紛失している為、wikipeia:兵馬俑の写真を引用しています)

 

いや私、兵馬俑とかマニアなんで、じっくり見たいんだけど……

という心の声をうまく伝える語学力のないヘタレな私は、

そのまま彼女と仲良く兵馬俑を見ることに。

 

想像以上にさらっと博物館を見て、一緒に出口へ出てくると

今度は美少女の両親とも合流しました。

 

関連記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

関連記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

関連記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

関連記事:東京国立博物館の特別展「始皇帝と大兵馬俑」を楽しむ!秦の時代の武器(兵器)を徹底紹介!

 

美少女の両親と出会い、そして

505b55a3c6b5266d88d97606dbaaae9e_m

(写真データが紛失している為、イメージ写真を利用しています)

 

「なに!? 女ひとりで中国旅行だって?」

 

「まあたいへん、旅は道連れ世は情けというから、

 

ぜひ我が家の娘として一緒に西安観光しましょう!」

 

と、家族の一員に引き込まれ、自家用車で西安を巡ることに。

 

すみません、私、これから五丈原へ行くんですが……

とは決して言えませんでした。

 

 

■楊貴妃の美肌の湯を飲んでみる

上马图

(写真データが紛失している為、中国四大美人の楊貴妃のwikipeia:楊貴妃の写真を引用しています)

 

 

あたたかいご家族の厚意で、ランチをご馳走になり、

寺院などを巡りながら、華清池(かせいち)へ。

 

ここは、中国四大美女のひとり、楊貴妃が

玄宗皇帝と愛をはぐくんだ温泉地です。

 

入園チケットまで家族料金でお父さんに買っていただいて恐縮でした。

 

華清池は緑が生い茂る美しい景観の観光地です。

途中、温泉が湧き出ているところで、

 

「これを飲むと楊貴妃みたいに美しくなれるのよ」

 

とお母さんにものすごくすすめられました。

 

飲むと美しくなる温泉湯・・・・

温泉 三国志

(写真データが紛失している為、イメージ写真を利用しています)

 

内心(これ飲んだらたぶんお腹をこわす……)と戦々恐々としましたが、こんなによくしていただいたのに、

ここで雰囲気を壊すようなことはできないと思い、笑顔で飲み干しました。

 

……その後のことは聞かないでください。

 

 

五丈原には行けませんでしたが、

西安旅行は、とても得難い素敵な思い出になりました。

 

次回はじっくり兵馬俑を見ることと、五丈原へ行くことが目標です。

 

シリーズ記事:東方明珠のへなちょこ洛陽旅行記 その1

シリーズ記事:東方明珠のへなちょこ黄河旅行記 その2




この記事を書いた人:東方明珠

キリン(東方明珠氏)はじめての三国志

こんにちは。とうほう めいしゅです。

中国は上海の雰囲気が好きなので、テレビ塔の「トンファンミンジュ」を名乗っています。

もともと『水滸伝』の大ファンで、『三国志』に興味を持ったのは、アーケードゲーム「三国志大戦」がきっかけです。

当時はゲームセンターに通いつめました!

まだまだ中国史について勉強中ですが、精いっぱい面白いことを探してお伝えしたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

関連記事

  1. 甘寧 裏切る ゆるキャラ

    デザイン担当:よりぶりん

    71話:黄祖に邪険にされ、甘寧は孫権に寝返る

    甘寧(かんねい)が呉に投降してきたと聞いて…

  2. 袁術と孫策

    デザイン担当:よりぶりん

    孫策を自分の息子にしたいと思っていた袁術

    孫堅(そんけん)の子の孫策(そんさく)が、父の死後、袁…

  3. 北条氏康
  4. 現実主義曹操
  5. 曹操のムスコ達アイキャッチ2

    デザイン担当:よりぶりん

    集まれ曹操の25人の息子たち・その3

    曹操の13人の妻と25人の息子たちを、一挙…

  6. 曹操 女性の敵? 鄒氏

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP