ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
馬超


はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

趙雲は何で桃園義兄弟ではないのか?

趙雲子龍




趙雲 子龍

 

蜀の五虎将軍の一人であり、知勇兼ね備えた名将である

趙雲子龍(ちょううん・しりゅう)、

劉備(りゅうび)の配下になったのも、張飛(ちょうひ)や

関羽(かんう)に次いで位で古い、古参の武将と言っていいほどの人物です。

 

しかし、にも関わらず、趙雲劉備の義兄弟ではありません。

二君に仕える事なく忠義一筋に生きた趙雲が、それでは余りに浮かばれない

いくら三国志演義が史実をベースに交えているとはいえ、

これ位のサービスはあってもいいのではないか?

 

そのような質問を受けて、私kawausoが趙雲について調べましたところ

実に意外な事が浮かび上がってきました。




趙雲が劉備達と義兄弟になれなかった3つの理由

子供 桃園

 

① 趙雲が義兄弟になれない理由 ・・劉備より年上

超雲023

 

趙雲は、没年は西暦229年になっていますが生年は不詳となっています。

ですが、実際の趙雲の年齢は、劉備よりも上という説があるのです。

 

漫画やアニメでは、若武者のように描かれる趙雲ですが、

公孫瓚(こうそんさん)の配下になった頃には、一部隊を率い

落ち着き払った態度でいて、かなり大人びている印象を受けます。

 

つまり、桃園三兄弟の原則に従うと、劉備より年上の趙雲は、

義兄という事になって劉備を従える事になってしまうのです。

 

ここで三国志演義の作者は、難を感じて、趙雲を義兄弟としては、

スル―してしまったのかも知れません。




② 趙雲が義兄弟になれない理由・・死んだ年が劉備と離れ過ぎている

趙雲

 

趙雲が死亡した年は、西暦229年で、劉備の死後6年を経過しています。

これは、張飛の死後、9年で関羽の死後10年です。

 

桃園の誓いでは、同年、同月、同日に死のうという誓いを立てて

劉備、関羽張飛は、概ね、その誓い通り、2~3年の間に

相次いで死亡しています。

 

 

こうして考えると、仮に趙雲を義兄弟に加えてしまうと、

彼がただ、一人だけ生き残る事になり、誓いに反してしまいます。

そこで、演義の作者は、趙雲を義兄弟からは除外したとも

考えられなくもないのです。

 

③ 趙雲が義兄弟になれない理由・・クール過ぎた。

 

趙雲は、情熱的な関羽や張飛と比較して、とてもクールな印象があります。

 

例えば、公孫瓚は、趙雲が自軍に加わるのを喜び、

「冀州の人士は、皆袁紹になびいたのに、ワシを選んでくれて嬉しく思う」

とねぎらいの言葉を掛けました。

 

 

すると趙雲は、

「私は仁政が行われる国で仕えたいと思うまで、

別に貴方に惹かれたとか袁紹(えんしょう)が嫌いだとか言う理由ではない」

 

 

と素っ気ない返事を返しているのです。

 

 

また、関羽が呉の呂蒙(りょもう)によって討たれた時には、

張飛が劉備に同調して、直ぐにでも弔い合戦をするべきだと

息巻いたのに対して趙雲は極めて冷静でした。

 

 

そして、激情して呉に出陣すると怒り狂う劉備に対して、

 

「真に討つべきは、魏です、魏さえ討てば呉は自ら降るのです」

孔明のような冷静な意見を述べています。

 

 

趙雲の意見は正しいのですが、このクールさは、

張飛や劉備とあまりにも温度差がありすぎます。

 

 

以下の3点の理由により、趙雲は、劉備の義兄弟から外された

そのように推測する事が出来るのです。

 

趙雲は劉備から寵愛されていた

 

もっとも、実際の趙雲は、劉備に重んじられ、同じベッドで寝起きし、

同じ食事をし、どこに行くにも一緒というような

関羽、張飛にも劣らない待遇を受けています。

演義では水を空けられたとはいえ、実際の趙雲は、

関羽、張飛、孔明(こうめい)にも劣らない

劉備の信任厚い、重臣だったと言えるでしょう。

 

関連記事:誇りを失ってもなお……『史記』を書いた司馬遷の執念

関連記事:正史『三国志』と言うけれど……正史って、なに?

関連記事:後宮の美女達にも階級ってあるの?気になる~♪

関連記事:劉備も関羽もイスラム教徒?中東シリアで流れる三国志アニメ




よく読まれている記事

真田丸 劉備

 

よく読まれている記事:みんな大好きウ◯チの話!三国志時代のトイレ事情

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

 

関連記事

  1. 【架空戦記】時空を超えた対決!韓信VS 諸葛亮孔明の一本勝負
  2. 三国志時代のひざまくら 【誤解しないで!】男同士のひざまくらが三国志の時代に大流行!その…
  3. 裴潜(はいせん)とはどんな人?鳥丸の反乱を抑え、様々な政策を生み…
  4. 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼 張遼の武器は本当に双鉞だったの?遼来来に迫る!
  5. 犬も食わない夫婦喧嘩が皇帝に持ち込まれた?司馬炎、感涙の名裁きと…
  6. 周瑜 【出身州別】三国志キャラの性格診断 第五回:荊州(けいしゅう)、…
  7. 于禁 宛城の戦いで曹操に称賛された于禁という武将の性格を知ってみよう
  8. 馬岱 都会っ子・馬岱を考察!最後は平北将軍にまで出世

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

    • 張飛の子孫

    趙雲のクールさに惚れたぜ

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹植
  2. 馬にまたがって戦う明智光秀
  3. 病に倒れる始皇帝
  4. 孔明
  5. 曹爽と卑弥呼
  6. オオクニヌシ(日本神話)
  7. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
  8. 司馬懿
  9. 新選組の土方歳三
  10. 王允と呂布

おすすめ記事

  1. 西郷従道と西郷隆盛兄弟の関係は? 大山巌
  2. 【8月の見どころ】8/19公開予定:諸葛亮の危篤よりも五丈原の権力争い 姜維の地位を落とす文官
  3. 【男の嫉妬は怖すぎる】スーパーエリート袁術 VS スター劉繇(りゅうよう) 袁術と劉繇
  4. 桂小五郎(木戸孝允)剣豪から革命家、政治家に転身したイケメン志士 桂小五郎(木戸孝允)
  5. 蜀建国以前に劉備に仕えた歴代の軍師・参謀役を徹底紹介! 法正が亡くなり悲しむ劉備
  6. 土持政照とはどんな人?西郷どんの命の恩人に迫る 西郷隆盛像

三國志雑学

  1. 南蛮一の軍師・孟節(兵士を裏切る)
  2. 龐統
  3. 袁術
  4. 黄月英


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 李儒と三国志
  2. 特集バナー コミュニティのお知らせ 300×250
  3. キングダム53巻
  4. 于禁を虐める曹丕
  5. 楊儀
  6. 水月観音像(仏像)
  7. 張松

おすすめ記事

【第五回 放置少女】ケチ武将・曹洪倒すためガチャをぶん回してみた結果 2017年はじめてのストライキは、エイプリルフール企画でした! はじめての三国志からのお知らせ バナー 【不具合のお知らせ】コメント欄・不具合のお知らせ 関羽に惚れる曹操 もし関羽が曹操の元に留まり劉備の元に戻らなかったらどうなっていた? 司馬遷(しばせん) 『史記』のはじまりは三皇本紀?五帝本紀? 日本の猛暑に疲弊している海外のマラソン選手 いだてん 2020年東京五輪の猛暑対策は?なぜ7月・8月の開催にこだわる? 劉備に褒められる趙雲 【子龍一身これ胆なり】趙雲はどのような活躍をして劉備に褒められることになったの? キングダム キングダム585話ネタバレ予想外伝信の生まれ育った村はどんな感じ?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP