呂布特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

はじめての変

顔良と文醜の裏話、顔良って実はいい奴?

顔良と文醜




ファミコン 三国志

 

私、kawausoは、ファミコンの三國志でSLGとしての

三国志とは出会いました、三国志は、いくつかのメーカーが

競って出していたのですが、私のは正統派の光栄の「三國志」で御座います。

 

光栄の三國志は他の三国志と違い、武将の顔が劇画調で重厚感があり

プレイ感覚もリアルで武将の集め甲斐があったのです。

 

さて、そんな渋―い光栄三國志でもインパクトのある顔と言えば、

袁紹軍の猛将である顔良(がんりょう)と文醜(ぶんしゅう)です。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:顔良(がんりょう)ってどんな人?袁紹軍の勇将として名をはせた剛勇

関連記事:【官渡の戦い前哨戦】文醜はどうして敗北することになったの?

 

 

顔良(がんりょう)と文醜(ぶんしゅう)の特徴

顔良&文醜

顔良(がんりょう)は、横顔ながら渋い髯顔、

一方の文醜(ぶんしゅう)は目玉が飛び出したダルマのような醜男、、

 

しかも、当時の記憶では二人は兄弟と書かれていたような、、

こんな似てない兄弟ってアリか?

 

そんなこんなで、顔良(がんりょう)と文醜(ぶんしゅう)は、

名前と顔のWインパクトで忘れる事が出来ない二人になったのです。

 

 

実際は兄弟だったの?

三国志 華 写真

 

ただ、最近の研究では、顔良(がんりょう)と文醜(ぶんしゅう)は

兄弟ではないとの事で、たまたま同時期に袁紹(えんしょう)軍の

配下にいただけで、ドラマを面白くする為に義兄弟とされただけのようです。

 

【記事の見落としゼロ】はじ三配信スケジュール
配信スケジュール

 

関羽(かんう)と戦った顔良(がんりょう)だが、実際はどうだったの?

関羽 男だち

 

さて、この顔良(がんりょう)と文醜(ぶんしゅう)は

仲良く揃って関羽(かんう)の青龍堰月刀のサビになってしまうのですが、

実は顔良(がんりょう)は関羽(かんう)と戦うつもりは

無かったという説があるのです。

 

時は、西暦200年の官渡の戦いの前哨戦である白馬・延津の戦い。

戦闘に赴く前に顔良(がんりょう)は今は同僚になっている

劉備(りゅうび)から、以下のような頼まれ事をしています。

 

劉備(りゅうび)が顔良(がんりょう)に伝言を伝える

劉備 だらしない

 

曹操の陣営には、敗戦で離ればなれになった関羽という男がいる。

私と関羽は義兄弟であり、死ぬ時は一緒と誓った仲だが、

敗戦のどさくさで私がどうなったかも知らずさぞ心配して探している事だろう。

もし、戦場で関羽に出会ったら、劉備袁紹様の下にいると、

一言伝言して欲しい。

関羽は身の丈2mを超える大男で顔は棗の実のように赤く、

胸まで届く濃い髯を蓄えている見れば直ぐに分かる筈だ、、」

 

顔良(がんりょう)は、「それはお困りで御座いましょう、お安い御用です」

と請負い、それから戦いに赴きました。

 

すると、劉備(りゅうび)から聞いた人相、風体の武将が凄まじい形相で、

顔良(がんりょう)に向かってくるのが見えます。

 

 

顔良(がんりょう)、遂に関羽(かんう)と相対する

関羽 大暴れ

 

あれこそが関羽(かんう)に違いないと思った顔良(がんりょう)は、

武器も構えず、関羽(かんう)に話しかけようとしますが、

関羽(かんう)は目を血走らせて全く、聴く耳を持ちません。

 

「おいおい、待て、関羽、お主に劉備殿から伝言が、、」

 

「やかましい!!合戦の最中に敵に話しかけるな!!」

 

気迫に押された顔良(がんりょう)は、防戦が遅れてしまい

関羽(かんう)に斬り殺されてしまいました。

 

もし、これが本当なら顔良(がんりょう)は、

劉備(りゅうび)と関羽(かんう)のコンビプレーで

まんまと倒された、イヤイヤ、劉備(りゅううび)から

伝言を引きうけたばかりに貧乏くじを引いた事になりますね。

 

それじゃ、文醜(ぶんしゅう)はどうなの?

英雄 雷

 

もう一方の文醜(ぶんしゅう)は、名前から醜男のようにイメージされますが、

正史三国志では、顔良(がんりょう)と同じく容姿に対する記述はありません。

 

ただ、三国志演義では、身の丈8尺(2m40cm)

顔は獬(かいち)という獣のような容姿だったと書かれています。

 

 

獬豸(かいち)って何?

狛犬 三国志

 

獬豸(かいち)とは、日本の狛犬の原型になったとも言われる

伝説上の怪物ですが、要するに狛犬顔だった訳です。

 

何だか正月に咬まれると縁起が良さそうな顔ですが、

100歩譲ってもイケメンとは言えません。

 

正史の文醜(ぶんしゅう)はどうだったの?

魔王曹操

 

実は正史の文醜(ぶんしゅう)は、関羽(かんう)には斬られておらず、

曹操(そうそう)軍の計略の前に戦死したとしか書かれていません。

 

しかし、蜀贔屓(ひいき)な演義の脚本家達は、

どうせ同じ白馬・延津の戦いで戦死しているなら

両方とも関羽(かんう)に殺された事にしようと

物語りを組み替えてしまったのです。

 

こうして、顔良(がんりょう)同様に狛犬ならぬ

関羽(かんう)の咬ませ犬になった文醜(ぶんしゅう)、、

ですが、もし、正史のままの扱いだったら、物語にも昇らず

ゲームでも地味な扱いだったかも知れませんね、、

 

じめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:42話:袁紹には悪夢、顔良、文醜が関羽に斬られる

関連記事:天下の袁紹軍の組織図はどうなってたの?袁紹陣営をミエル化してみる!

 

【漢のマイナー武将列伝】
漢のマイナー武将列伝

 




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 曹洪と曹操 曹操が皇帝に即位していたら三国志はどうなったの?
  2. あるポンコツのせいで崔琰は死刑になってしまったってほんと!?
  3. 玉璽に興奮する袁術 洛陽から発見された玉璽は本当に価値があったの?
  4. 【真田丸】三谷幸喜ならやりかねない?実は生きていた真田信繁!!頴…
  5. 茶を飲む張角(太平道) 劉備も茶を求めた?中国茶の歴史
  6. 李典 【第2話】戦え!于禁文則ん「李典曼成」
  7. 東方明珠って、何者?
  8. 黄忠の様子を見に行く趙雲 黄忠と黄蓋は親族なの?黄忠と黄蓋の違いと共通点をわかりやすく解説…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 陸遜
  2. 仲の悪い魏延と楊儀
  3. 魏の占い師・周宣(しゅうせん)
  4. 坂本龍馬チビ説
  5. 明智光秀 麒麟がくる
  6. 三国志大学を目指す曹操
  7. 曹操と劉備

おすすめ記事

  1. 【壬申の乱の謎】天武帝は新羅と同盟を結んでいた?大海人皇子が予測した未来とは? コーノヒロさん(はじめての三国志ライター)
  2. あの子が欲しい♪三国時代のヘッドハンテング事情 株式会社三国志で働く劉備と孔明
  3. 戦国時代の騎馬隊は本当に弱かったの?その誤解を解く 武田騎馬軍団 馬場信春
  4. 荀彧は後漢グルーブor曹魏グルーブどっちなの? 光武帝を解説する荀彧
  5. 伝説が歴史となる!近年の発掘調査で発見された曹操の陵墓
  6. 【列子】どうしてオバチャンはいつも幸せそうなのか?恥も自意識もない生き方とは? 石亭の戦いで曹休が反応してドキッとする周魴(しゅうほう)

三國志雑学

  1. 西遊記 孫悟空
  2. 山頂に陣を敷いた馬謖
  3. スピリチュアルにハマる光武帝
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 孔明
  2. おんな城主 直虎
  3. 織田信長
  4. 南蛮
  5. 郭嘉

おすすめ記事

東京五輪のボランティア いだてん 東京五輪終了後、競技施設と選手村はどうなるの?【レガシー問題】 白眼視の元になった竹林の七賢の阮籍、三国時代の故事成語 劉備 孫権 ゆるキャラ 73話:孔明、大論陣を張り呉の降伏派を叩き潰す 三国夢幻演義バナー 龍の少年 第6話:三国夢幻演義 龍の少年「変遷」配信中 kawauso編集長のぼやきVol.28「ラヂオの時間」 キングダム564話フィゴ王トアクを瞬殺!「落日」ネタバレ&レビュー 小栗忠順の最期!なぜ小栗は明治政府に殺されたのか? 曹丕 馮煕(ふうき)とはどんな人?曹丕の脅迫に屈しなかった呉の外交官でもあり光武帝配下・馮異の子孫

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP