よかミカンの三国志入門
はじめての三国志コミュニティ




はじめての三国志

menu

はじめての変

顔良と文醜の裏話、顔良って実はいい奴?

この記事の所要時間: 315




ファミコン 三国志

 

私、kawausoは、ファミコンの三國志でSLGとしての

三国志とは出会いました、三国志は、いくつかのメーカーが

競って出していたのですが、私のは正統派の光栄の「三國志」で御座います。

 

光栄の三國志は他の三国志と違い、武将の顔が劇画調で重厚感があり

プレイ感覚もリアルで武将の集め甲斐があったのです。

 

さて、そんな渋―い光栄三國志でもインパクトのある顔と言えば、

袁紹軍の猛将である顔良(がんりょう)と文醜(ぶんしゅう)です。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:顔良(がんりょう)ってどんな人?袁紹軍の勇将として名をはせた剛勇

関連記事:【官渡の戦い前哨戦】文醜はどうして敗北することになったの?

 

 

顔良(がんりょう)と文醜(ぶんしゅう)の特徴

顔良&文醜

顔良(がんりょう)は、横顔ながら渋い髯顔、

一方の文醜(ぶんしゅう)は目玉が飛び出したダルマのような醜男、、

 

しかも、当時の記憶では二人は兄弟と書かれていたような、、

こんな似てない兄弟ってアリか?

 

そんなこんなで、顔良(がんりょう)と文醜(ぶんしゅう)は、

名前と顔のWインパクトで忘れる事が出来ない二人になったのです。

 

 

実際は兄弟だったの?

三国志 華 写真

 

ただ、最近の研究では、顔良(がんりょう)と文醜(ぶんしゅう)は

兄弟ではないとの事で、たまたま同時期に袁紹(えんしょう)軍の

配下にいただけで、ドラマを面白くする為に義兄弟とされただけのようです。

 

【記事の見落としゼロ】はじ三配信スケジュール
配信スケジュール

 

関羽(かんう)と戦った顔良(がんりょう)だが、実際はどうだったの?

関羽 男だち

 

さて、この顔良(がんりょう)と文醜(ぶんしゅう)は

仲良く揃って関羽(かんう)の青龍堰月刀のサビになってしまうのですが、

実は顔良(がんりょう)は関羽(かんう)と戦うつもりは

無かったという説があるのです。

 

時は、西暦200年の官渡の戦いの前哨戦である白馬・延津の戦い。

戦闘に赴く前に顔良(がんりょう)は今は同僚になっている

劉備(りゅうび)から、以下のような頼まれ事をしています。

 

劉備(りゅうび)が顔良(がんりょう)に伝言を伝える

劉備 だらしない

 

曹操の陣営には、敗戦で離ればなれになった関羽という男がいる。

私と関羽は義兄弟であり、死ぬ時は一緒と誓った仲だが、

敗戦のどさくさで私がどうなったかも知らずさぞ心配して探している事だろう。

もし、戦場で関羽に出会ったら、劉備袁紹様の下にいると、

一言伝言して欲しい。

関羽は身の丈2mを超える大男で顔は棗の実のように赤く、

胸まで届く濃い髯を蓄えている見れば直ぐに分かる筈だ、、」

 

顔良(がんりょう)は、「それはお困りで御座いましょう、お安い御用です」

と請負い、それから戦いに赴きました。

 

すると、劉備(りゅうび)から聞いた人相、風体の武将が凄まじい形相で、

顔良(がんりょう)に向かってくるのが見えます。

 

 

顔良(がんりょう)、遂に関羽(かんう)と相対する

関羽 大暴れ

 

あれこそが関羽(かんう)に違いないと思った顔良(がんりょう)は、

武器も構えず、関羽(かんう)に話しかけようとしますが、

関羽(かんう)は目を血走らせて全く、聴く耳を持ちません。

 

「おいおい、待て、関羽、お主に劉備殿から伝言が、、」

 

「やかましい!!合戦の最中に敵に話しかけるな!!」

 

気迫に押された顔良(がんりょう)は、防戦が遅れてしまい

関羽(かんう)に斬り殺されてしまいました。

 

もし、これが本当なら顔良(がんりょう)は、

劉備(りゅうび)と関羽(かんう)のコンビプレーで

まんまと倒された、イヤイヤ、劉備(りゅううび)から

伝言を引きうけたばかりに貧乏くじを引いた事になりますね。

 

それじゃ、文醜(ぶんしゅう)はどうなの?

英雄 雷

 

もう一方の文醜(ぶんしゅう)は、名前から醜男のようにイメージされますが、

正史三国志では、顔良(がんりょう)と同じく容姿に対する記述はありません。

 

ただ、三国志演義では、身の丈8尺(2m40cm)

顔は獬(かいち)という獣のような容姿だったと書かれています。

 

 

獬豸(かいち)って何?

狛犬 三国志

 

獬豸(かいち)とは、日本の狛犬の原型になったとも言われる

伝説上の怪物ですが、要するに狛犬顔だった訳です。

 

何だか正月に咬まれると縁起が良さそうな顔ですが、

100歩譲ってもイケメンとは言えません。

 

正史の文醜(ぶんしゅう)はどうだったの?

魔王曹操

 

実は正史の文醜(ぶんしゅう)は、関羽(かんう)には斬られておらず、

曹操(そうそう)軍の計略の前に戦死したとしか書かれていません。

 

しかし、蜀贔屓(ひいき)な演義の脚本家達は、

どうせ同じ白馬・延津の戦いで戦死しているなら

両方とも関羽(かんう)に殺された事にしようと

物語りを組み替えてしまったのです。

 

こうして、顔良(がんりょう)同様に狛犬ならぬ

関羽(かんう)の咬ませ犬になった文醜(ぶんしゅう)、、

ですが、もし、正史のままの扱いだったら、物語にも昇らず

ゲームでも地味な扱いだったかも知れませんね、、

 

じめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:42話:袁紹には悪夢、顔良、文醜が関羽に斬られる

関連記事:天下の袁紹軍の組織図はどうなってたの?袁紹陣営をミエル化してみる!

 

【漢のマイナー武将列伝】
漢のマイナー武将列伝

 




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 西郷隆盛が西南戦争を起こした理由とは?
  2. 大奥も目じゃない?曹操の妻達の人生まとめ6選
  3. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第5部
  4. 曹操が董卓に歌をプレゼント?イミシンな董卓歌
  5. 荀彧と曹植はオシャレ男子だった?三国時代の男子は化粧をしていた
  6. 劉備の蜀攻略戦で活躍したのは武将ばかりではなく、みんな知っている…
  7. 禁断の比較!蜀の五虎大将の忠義・実行力・容姿を比較してみた
  8. 【悲報】孔明の発明品で戦死した人物が実在した。鎧を過信した南朝宋…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 勝海舟はホラ吹き?そのホラは実際にどうなったのか?
  2. 【新社会人必見】諸葛恪と孫権、上司に気に入られる技術
  3. 田斉に時代最高の名君である威王の逸話【春秋戦国時代の斉の名君】
  4. 劉備の人肉食は何故美談になったのか?よかミカンが考察
  5. 曹操が皇帝に即位していたら三国志はどうなったの?
  6. キングダム休載スペシャル!楊端和完全勝利シナリオを解説

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

115話:蜀キラー陸遜、火攻めで劉備を打ち破る!夷陵の戦い完結編 kawauso編集長のぼやきVol.7「記事では書けないネタ」 おデブは一日にしてならず董卓を肥満させた儒教の教えとは? 情報も貴重な戦力!天候は戦場の勝敗の行方を左右する天候事情 司馬懿の人柄は?計算高い策士だった? 【キングダム】信が王騎の矛を受け継いだのには隠された意味があった! 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第3部 第4話:袁術くん、時間の使い方を上手くなるため「タイムマネジメント」を学ぶ

おすすめ記事

  1. 2分で分かる合肥の戦い その4 張遼の猛攻
  2. 武才だけではない!?先見の明を併せ持つ甘寧
  3. 孔子が理想とした王朝・周はどんな王朝だったの?
  4. 初心者にも分かる!陸遜と諸葛亮孔明の関係性
  5. 西郷どんの恩返し奄美大島貿易拠点構想
  6. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第20話 「罪と罰」の見どころ紹介
  7. 公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その2
  8. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース19記事【11/21〜11/27】

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP