1800年前の古代中国に鉄軌道跡を発見、燃料不足解消か?長安から漢中までの鉄軌道

2015年4月1日




08_tory_railtrack_ubt

 

衝撃的なニュースが中国から飛び込んできました。

三国時代の遺跡を調査している、日本の稲井大学の研究班が、

古都長安の1800年前の遺跡から、

二本の鉄軌道が伸びているのを発掘したのです。

 

鉄軌道は、方角から見て、南方の漢中に向けて敷かれる予定だった

模様ですが、途中で頓挫し、完成した様子は無いとの事。




世界最古の貨車格納庫の可能性も

 

遺跡からは、この鉄軌道を走っていた貨車を格納していたであろう

建物の礎石の跡も、20数個見つかっており、

世界最古の貨車格納庫である可能性も指摘されています。

 

さて、この鉄軌道を何が通っていたのでしょうか?

稲井大学の考古学博士、有江氏と名井氏のコメントによると、、

 

「この長安から漢中までの鉄道は、

手押しのトロッコのような貨車が走っていた可能性が高い」

 

「仮に、馬車であれば、もう少し軌道は広いが、これはかなり狭い、

二人乗りで、中央の貨車に物資を載せて運搬しようとしていた

のではないか?」との事。

 

実は、三国志の時代は、100年の争乱で著しく農業生産力が低下

そこで、馬のような貴重な労働力は、極力運搬には使わず、

軍事と農業に従事させています。




諸葛孔明も人力で軍需物資を運ぼうと文献が残っている

孔明

 

例えば、蜀の諸葛孔明も、木牛や流馬を発明して、

人力で軍需物資を運ぶ試みをしているのが文献からも分かります。

 

おそらく、魏でも状況は似ていて、蜀との防衛ラインだった、

漢中の近くまで鉄軌道を延伸させて、貨車を使い人力で物資を

運搬しようと考えたのではないでしょうか?

 

古代ギリシャのパルテノン神殿でも発見されていた

パルテノン神殿

 

実際、鉄軌道の跡は、2000年前のギリシャのパルテノン神殿の下の

遺跡からも発見されていて、かなり古くからあった発想、

 

また、トロッコのような複雑な仕組みの手押し車に関しても、

魏には、馬均という孔明を凌ぐ発明家がいた事が分かっています。

 

何故、鉄道は完成しなかったのか?

540px-Paradiso_Canto_31

 

では、どうして、長安から漢中までの鉄道は完成しなかったのか?

これは推測ですが、鉄軌道が造られ始めた頃に、

蜀では孔明が死去し、積極的な魏への侵攻が起こらなくなった為

であると考えられています。

 

■追伸

※この記事は2015年4月1日のエイプリルフールなんです。嘘ついてごめんちゃい。




よく読まれている記事

孔明 出師

 

よく読まれている記事:諸葛亮の出師の表って、一体何が書いてあるの?

 

孔明過労死

 

よく読まれている記事:諸葛亮の死因は過労死らしいけど、一体どんな仕事してたの?

 

諸葛均 孔明の弟 ゆるキャラ

 

関連記事:諸葛孔明の弟、諸葛均ってどんな人だったの?

諸葛孔明

 

よく読まれてる記事:諸葛孔明の発明|伝説肉まんから紙芝居まで?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

はじめての三国志

「ゆるく、たのしく、わかりやすく」をコンセプトにした 歴史エンタメメディアです。
(®登録商標:第5800679号)

-はじめての変, 執筆者:kawauso
-, , ,