コメント機能リリース
馬超


はじめての三国志

menu

はじめての変

衝撃の新事実・・・諸葛孔明は実は二人いた!?




成都武侯祠诸葛亮塑像

 

三国時代、蜀の天才軍師として活躍した諸葛亮孔明の名は、

三国志をあまり知らない人でも一度は聞いたことがあると言えるでしょう。

 

中国国内には孔明を祀った『武侯祠』(ぶこうし)というやしろがいくつもあり

今でも多くの人々が参拝に訪れています。

 

しかしながら『武侯墓』(ぶこうぼ)と呼ばれる孔明の墓は

陝西省勉県にしか存在しません。

死してもなお曹家、魏国をにらむようにと定軍山の上に建てられ、

享年である54歳にちなんで54本の木が植えられました。

 

近年、この武侯墓を調査した研究者から、とんでもない事実が飛び出したのです。




孔明の身長は185cmのはずが……

孔明

 

孔明はたとえ戦場にあっても決して兵士のように鎧をつけたり

武器を手にすることはせず、

輿に乗り、頭には葛巾をかぶり、手には白羽扇を持って戦の指示をしていたといいます。

その身長は八尺、つまり185cmくらいで、

変わった格好をした偉丈夫がドンと戦場に立っていたということになります。

これはそうとう目立ったことでしょう。

 

今回、武侯墓研究チームは最先端のビデオスコープを駆使して

棺の中を調査しました。

すると中には玉衣で包まれた遺体があることがわかったのです。

しかしこの遺体の大きさがどう見ても七尺(161cm)あまり。

玉衣に包まれた状態でこの大きさということは、

実際はもっと小さいということになります。

 

これでは史実と違います。

いったい武侯墓に埋葬されている人は誰なのでしょうか。




禁断の書がついに二千年の沈黙を破る

孔明 コペルニクス

 

 

浙江省滑稽市に自称諸葛孔明の子孫が住む「諸葛八百村」があります。

ここに住まう約800人の住人のうち、99%が諸葛姓を名乗っているそうです。

 

この村は、九宮八卦の陣をかたどって作られています。

中心に鐘池があり、そこから8本の小道が放射状に延びるという

不思議な形をしています。

また、村の外側には8つの小山があり、村を外界から隠し、

自然の要塞のようになっています。

 

村の8本の小道は、路地で結ばれているように見せかけながら、

ある所は結ばれたり結ばれていなかったり、行き止まりのように見せながら

そうでなかったり、突然袋小路に誘われたりと、迷路のようになっています。

また起伏が多いことも、方向感覚を失わせる要素となっていて、

完全に外部からの侵入者を拒絶しています。

 

実は、諸葛八百村にはここまでしても守らなければならない秘密がありました。

それは代々口伝として伝えられ書物には決して残してはならないという

きまりがあり、厳重に守られて来たものでした。

 

ですが21世紀を迎え、武侯墓の被葬者も暴かれた今、

ついに沈黙を破ったのです。

 

 

孔明は実は二人いた……!

孔明

 

二千年の間口伝で伝わって来た禁断の秘密とは、以下の通りでした。

 

諸葛家には長男の謹(きん)、次男の亮、そして三男の均(きん)がいました。

長男の謹は若いころから勤勉で優秀な自慢の息子で、

その才が認められ、呉の孫権に仕えました。

しかし次男の亮は、身の丈八尺、道を歩けばだれもが振り向くほどの美丈夫で

若いころから多くの女性たちと浮名を流すほどの遊び人でした。

また誰よりほらを吹くのが上手で、

見た目の立派さとうわべだけの甘い言葉にだまされる婦女子が後を絶たず

親戚一同で頭を抱えていました。

三男の均は、一を教えれば百を知るというほどの切れ者で、

三兄弟の中で最も賢く有能でしたが、ひとつだけ欠点がありました。

大変小柄な見た目を恥じ、人前に出ることが大の苦手だったのです。

 

そこで諸葛家は親戚一同で一計を案じることにしました。

 

「亮と均、二人を足して二で割ればいいじゃないか」と。

 

以来、二人は、ブレーンとして裏で戦略を考える均の言葉を、

見た目ばかりが立派な亮がもちまえのほら吹きの才能を駆使して

表に立って伝える、という形をとり、これが大成功します。

 

そう、実は諸葛孔明は、裏の孔明と表の孔明の二人が存在したというのです!

 

武侯墓に埋葬されたのは、最期まで裏方に徹した均の遺体だったのでした。

それでは亮の遺体はどこにあるのかというと……

こちらに関して関係者は、いまだ固く口を閉ざしているとのことです。

 

■追伸

※この記事は2015年4月1日のエイプリルフールなんです。嘘ついてごめんちゃい。




よく読まれている記事

孔明 出師

 

よく読まれている記事:諸葛亮の出師の表って、一体何が書いてあるの?

 

孔明過労死

 

よく読まれている記事:諸葛亮の死因は過労死らしいけど、一体どんな仕事してたの?

 

諸葛均 孔明の弟 ゆるキャラ

 

関連記事:諸葛孔明の弟、諸葛均ってどんな人だったの?

諸葛孔明

 

よく読まれてる記事:諸葛孔明の発明|伝説肉まんから紙芝居まで?

 

 

この記事を書いた人:東方明珠

東方明珠 三国志

こんにちは。とうほう めいしゅです。

中国は上海の雰囲気が好きなので、テレビ塔の「トンファンミンジュ」を名乗っています。

もともと『水滸伝』の大ファンで、『三国志』に興味を持ったのは、アーケードゲーム「三国志大戦」がきっかけです。

当時はゲームセンターに通いつめました!

まだまだ中国史について勉強中ですが、精いっぱい面白いことを探してお伝えしたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 逃げる劉備追う曹操 曹操の迅速な機動力VS劉備の逃げ足の速さ
  2. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.4
  3. 曹操50万の兵 孔明の罠初登場(笑)新野で曹操軍を翻弄
  4. ナポレオンと曹操 見た目で比較してもいいですか?曹操とナポレオン
  5. 古代エジプトのグライダー 「古代エジプトのグライダー」ニセモノ説は冤罪だった【HMR流◯転…
  6. 赤壁の戦いにモデルがあった?八陽湖の戦い
  7. 三国志の計略と孔明 諸葛孔明は北伐時に兵士達にとある約束をしたけど、どんな約束をした…
  8. 【三国志マナー】あなたは大丈夫?間違うと首が飛びかねない!?三国…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 幕末刀剣マニアの坂本龍馬
  2. 夜の五丈原で悲しそうにしている孔明
  3. 張良と始皇帝
  4. 魏延からの提案を却下する孔明
  5. 黒船(ミシシッピ号)
  6. 孔子と儒教
  7. 暴れまわる異民族に困る梁習

おすすめ記事

  1. 三国時代は荒療治が日常茶飯事だった? スーパーDr華佗
  2. 【真田丸】三谷幸喜ならやりかねない?実は生きていた真田信繁!!頴娃にある伝・真田墓に訪れてみた
  3. 若き日の曹操の優れた危機察知能力と後漢王朝への忠義心 三国志大学を目指す曹操
  4. 【三国志とお金】三国志の時代の市場はどんなだった? 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)
  5. 陸遜と趙雲は本当に有能だったの?英雄を徹底分析 陸遜
  6. 【センゴク祭り】織田家のトップに就任してから9年の歳月をかけた尾張統一 織田信長

三國志雑学

  1. 孫子の兵法 曹操
  2. 蜀の姜維
  3. 過労死する諸葛孔明
  4. 三国志 居酒屋


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 孫権と張昭
  2. 土いじりをする劉備
  3. 袁紹を説得しようとする沮授
  4. 貂蝉と呂布
  5. 楊貴妃
  6. 王平は四龍将
  7. 明治天皇

おすすめ記事

ボク皇帝の子孫です!人の名声を利用する借屍還魂とは? 勝海舟はどんな人?西郷どんの親友、幕末ちょい悪親父の波乱の人生 騎兵を率いる夏侯尚 夏侯尚とはどんな人?曹丕の親友でもあり数々の功績を残した夏侯尚 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.4 劉備と曹操 曹操の字はうそつき小僧?複雑な氏+名+字の成りたちを深く広く解説! 明治天皇 明治天皇とはどんな人?天皇に即位から西南戦争、人柄まで解説 成廉、魏越、呂布 呂布の逸話って伝説的にすごいって知ってた? 黄崇(こうすう)と蒋斌(しょうひん)はどんな人?蜀の名将・黄権の息子と蜀の名宰相・蒋琬の息子

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP