卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.2

2015年5月27日


 

最愛の息子、曹昂(そうこう)が戦死したと聞いた、

丁夫人は深い悲しみに襲われます。

しかも、息子の死が夫、曹操(そうそう)の不倫の不始末で起きた事に

彼女は、抑えがたい憎悪の念を抱いたのです。

 

こうして、丁夫人は、曹操の屋敷を出てゆき、戻ってこなくなりました。

今風に言えば、別居という事になります。

 

曹操は、負い目を感じ、丁夫人の自宅に行って謝罪しますが、

機織りをしていた夫人は、遂に一度も曹操と会おうとしませんでした。

 

 

曹操は、遂に丁夫人との離婚を決意し、正妃として卞夫人を迎えたのです。

ここに、丁夫人は、献帝を擁して事実上、天下一の英傑となった

曹操の正妻になったのです。

 

 

 

曹操の正妃になった卞夫人はどうなった?

卞夫人 曹操

 

正妃になっても、卞夫人の控えめで質素な性格は変わりませんでした。

曹操と別居した丁夫人の所にも季節の挨拶を欠かさず行い、

先妻である事の敬意を忘れなかった為に、最後には丁夫人も感激し

彼女を深く信頼するようになったと言います。

 

また、質素なばかりでもなく、卞夫人には才知もありました。

ある時、曹操が戦利品の幾つかの耳飾りを卞夫人に選ばせた事がありました。

 

すると、卞夫人は、安くも高くもない中位の耳飾りを選びます。

 

中位の耳飾りを選んだ理由は?

 

それを不思議に思った曹操が理由を尋ねると、

卞夫人は、以下のように答えました。

 

「上等の耳飾りを選べば、貪欲だと思われ、下等の耳飾りを選ぶと

普段の倹約は偽りであると思われるからで御座います」

 

曹操は、この解答に満足したと伝えられています。

 

 

卞夫人と曹操の間で生まれた息子は誰?

曹丕 曹植

卞夫人は、曹丕(そうひ)・曹彰(そうしょう)・曹植(そうしょく)・

曹熊(そうゆう)という曹操の息子達を産みますが

その中で曹丕は、曹操の跡を継いで初代皇帝魏の文帝に即位します。

 

ここに、卞夫人は皇帝の母という皇太后の地位に昇る事になります。

 

 

卞夫人は実の息子の曹丕に対して良い評価をしていない

正妃 卞夫人

 

しかし、実子である曹丕を卞夫人は、あまり評価していなかったようです。

 

それというのも、曹丕は曹操と違い、余りにも、女性に対する寵愛が

冷めるのが早く、そればかりか邪魔になった妃を讒言を信じて

殺してしまったりしたからでした。

 

 

曹丕が病で倒れた時の出来事

 

ある時、曹丕が重い病に罹った事を知った卞皇太后は、

宮殿にお見舞いにいきますが、そこで曹丕が父曹操の

側室達を全て、自分の側室として宮殿に置いている事を知ります。

 

「なんという恥知らずな事を、、あなたが食べ残したモノは、

鼠や狗でさえ見向きもしないでしょう」

 

間もなく曹丕は死去しますが、卞皇太后は墓に出向いても、

哭礼(こくれい)(嘆き悲しんで死を悼む儀式)をしなかったそうです。

 

自分の息子であっても、特別扱いはしなかった卞皇太后は、

曹丕の死後も生き続け、二代皇帝、曹叡の時代の西暦230年、

70年の人生の幕を閉じました。

 

 

 

こちらの記事もよく読まれています

13人の妻達(曹操)

 

よく読まれてる記事:三国志の覇者・曹操の妻13人を紹介!

 

尹夫人 曹操 2

よく読まれてる記事:後漢王朝の華だった尹夫人の波乱万丈の生涯Part.1

 

杜夫人

 

よく読まれてる記事:関羽、曹操に取りあいをされた人妻 杜夫人

 

 

はじめての三国志 アンケートのお願い

曹操 ゆるキャラ

 

サイトが見づらい、この武将をもっと取り扱ってほしいなど要望がありましたらこちら

 

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■HN:

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。
もちろん、食べるのはサーモンです。

■好きな三国志の人物:

袁術 自分に正直だから、、嘘ゴメン、やっぱ劉備

■幸せを感じる瞬間:

三度のご飯を頂いている時。

■宝くじが当たったら?

自宅を古本屋に改装して嫌な客は追い出す頑固親父になる。

■世界最後の日、あなたは何をしていますか?

明日の朝ごはんの事を考えています。

■出没場所

電脳空間

■何か一言:

実は、kawausoはホログラフで存在しません(嘘)

 

 

この記事のデザインを担当した人:よりぶりん

よりぶりん 三国志

■HN:
よりぶりん

■自己紹介:
イラスト担当のよりぶりんです、ご存じの方もそうでない方も名前だけでも覚えて帰って下さいね。

三国志初心者の新米イラストレーターでございます。

なにとぞ温かい目で見てやってください。宜しくお願い致します

■口癖:
「すいません」 とにかく謝ったら勝ちと思っている腰ぬけです

■集めている物:
漫画本「ワンピース・龍狼伝・浦安鉄筋家族」etc

■幸せを感じる瞬間:
麻雀の牌を触っている時!お風呂に入った時!

■尊敬する人:
麻雀を日本に伝えた人(誰かわからないですが・・・)

■どうしてもこれだけは譲れないもの:
コーヒーが飲めない環境!コーヒーが無いと凶暴になります。

■何か一言:

イラストのリクエスト御座いましたらお気軽どうぞ!
メッセージサイトに頂ければ全力で落書きさせて頂きます(笑)
よりぶりんでした。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

はじめての三国志

「ゆるく、たのしく、わかりやすく」をコンセプトにした 歴史エンタメメディアです。
(®登録商標:第5800679号)

-デザイン担当:よりぶりん, はじめての変, 三国志の雑学, 執筆者:kawauso
-, , , , , , , , ,