編集長日記
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての変

曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part4

この記事の所要時間: 231

13人の妻達(曹操)

曹操の13人の妻を一挙公開! その4です。

 

以下にご紹介する女性たちは、

本来、「〇〇という子供を生みました!」

としか書けない女性たちなのですが、それだけでは味気ない。

 

そんなわけで、彼女たちについては、

かなりのフィクションです。ほぼ創作しています。

みなさまからも、

「私もこんな女性だったと思うよ」

「いやいや違う!」

など、様々なご意見をうかがえましたら幸いです。

 

 

妻No.10 周姫

周姫

 

・フリガナ:しゅうき

・子供:長男、曹均(そうきん)219年没

 

息子の曹均は、曹操の弟である曹彬(そうひん)の養子となって

樊安公となり、

曹操配下の中では最強武将のひとりといえる張繍の娘と結婚しました。

 

歴戦の猛者張繍が、数ある曹操の息子たちの中から

「わが娘を嫁がせましょう!」と認めたことから、

曹均は武力に優れた立派な息子であったと思われます。

母親の周姫も、さぞ鼻が高かったことでしょう。

 

しかしながら、夫曹操よりも先に、息子の曹均は病で亡くなってしまいます。

それでもすでに、孫息子3人に恵まれており、

家系が途絶えるという憂き目には遭いませんでした。

 

また、孫のうちの一人は、尹夫人の生んだ曹矩(子なし若死に)の

跡継ぎとして迎え入れられたので、

周姫は、尹夫人と良好な関係を築き、王宮の中でも

安定した暮らしをしていたと考えられます。

 

 

妻No.11 劉姫

劉姫

・フリガナ:りゅうき

・子供:長男、曹棘(そうきょく)若死に

 

「劉」姓と聞くと、この当時はみんな、

「我こそは漢王室の子孫なり!」ととりあえず言ってみるような

イメージがあるのは、劉備玄徳のせいでしょうか。

 

晩年になって権力に執着を見せ始めた曹操が、

そんな自称劉家から一人のうら若い女性を後宮に入れていたとしても

不思議はありません。

 

劉姫は曹操の息子を生むという幸運に恵まれますが、

その子は早世してしまいます。

養子をつけて家を存続させることもなく、与えられた領地は没収。

劉姫も、悲しみのあまりに若くして亡くなってしまったのかもしれません。

 

 

妻No.12 宋姫

宋姫

 

・フリガナ:そうき

・子供:長男、曹徽(そうき)242年没

 

息子の曹徽は曹操の弟の曹玉(そうぎょく)の跡を継ぎ、

さらに孫の曹翕(そうきゅう)は晋王朝にも仕え、医学の道に進んだといいます。

 

曹操の息子を生んだことで、安定した生活が送れた女性なのではないでしょうか。

 

 

妻No.13 趙姫

趙姫

 

・フリガナ:ちょうき

・子供:長男、曹茂(そうぼう)わりと長生き

 

息子の曹茂は、曹操の晩年に生まれた子供でありながら、

曹操から愛されることはありませんでした。

 

おそらく曹操とは親子ほども離れた歳の趙姫は、

「この色ボケじじいが!」

と心中怒りでいっぱいだったのではないでしょうか。

 

そんな趙姫に育てられた曹茂が、性格がまっすぐであるはずがありません。

頑固で傲慢に過ぎる性格をしていたため、

曹丕から疎まれ、

生存する曹操の息子の中では唯一、王位が与えられませんでした。

 

それでも、曹丕から抹殺されずに放っておかれたことを見ると、

取るに足りないと判断された、残念な子だったのでしょう……。

 

曹茂は、曹叡の代になってようやく王位を与えられますが、

年をとって性格が丸くなったのか、

それとも趙姫と曹茂がそろって

「王位をちょうだいよ!」

と曹叡に迫ったためなのか、想像するのも楽しいですね。

 

 

よく読まれている記事

環夫人

 

よく読まれている記事:曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part1

 

劉姫

 

よく読まれている記事:曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part2

 

孫姫

 

よく読まれている記事:曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part3

 

 

この記事を書いた人:東方明珠

東方明珠 三国志

■HN:

東方明珠(とうほうめいしゅ)

■自己紹介:

はじめての三国志、

通称「はじさん」のはじっこライター東方明珠です。

普段は恋愛系のノベルやシナリオを書いています。

関連記事

  1. 狼中年劉備、もっともらしい事を言って孫権を欺く
  2. もし関羽が曹操の元に留まり劉備の元に戻らなかったらどうなっていた…
  3. 趙雲と姜維の一騎打ち!姜維の武勇は本当に凄かったの?
  4. 【保存版】西遊記に登場する武器を一挙公開!!
  5. 【架空戦記】時空を超えた最強対決!人中の鬼人・呂布VS楚の覇王・…
  6. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.5
  7. 三国志の主人公の劉備の魅力について、これでもかというほど語るよ
  8. 誰かに話したくなる!三国志にまつわる都市伝説『後漢・魏・呉・晋の…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【もう一つの三国志】司馬師暗殺計画の裏側
  2. 【後漢のラストエンペラー】献帝の妻・伏皇后が危険な橋を渡った理由!
  3. 【シミルボン】残念、五虎将軍になった時にはピークを過ぎていた馬超
  4. 【陳祇】蜀滅亡の原因は黄皓だけのせいではなかった?
  5. 【さんすま】三国大戦スマッシュ! 第1回 初体験のひっぱりゲーム攻略に挑戦です!
  6. 秦の始皇帝ってどんな人だったの?青年期編

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

荀攸(じゅんゆう)とはどんな人?地味だけど的確な献策を行った軍師 【劉邦暗殺計画】劉邦の態度のでかさに激怒した家臣達 韓馥(かんふく)とはどんな人?三国志一被害妄想が激しく袁紹に怯え自殺してしまった武将 合体!曹&袁コンビ!董卓軍をフルボッコに撃破する方法!! 孫家二代目は孫策ではない?もう一人の後継者が存在した! 関羽は本当に忠義の士だったの?三国志のタブーに挑む! 【故郷を愛した英雄】曹操は故郷が大好きで仕方がなかった 諸葛亮孔明が残した兵法書はどれなの?便宜十六策の中身を一部紹介

おすすめ記事

  1. 【曹操が慕った偉大な王様】天下の三分の二を所有するも王へ登らなかった周の文王ってどんな人?
  2. 【軍師連盟】諸葛孔明の北伐は司馬仲達がいなければ成功していたの?
  3. あの光武帝がダジャレ大好き!?初陣で早くもギャグをかます劉秀に萌え
  4. 【呂布の心に響いた名言】その肉を飽かしむべし。飽かざれば人を咬まんとす
  5. 諸子百家(しょしひゃっか)ってなに?|知るともっと三国志が理解できる?
  6. 顧雍(こよう)とはどんな人?孫権から絶大な信頼を得ていた呉の二代目丞相へ抜擢された政治家
  7. 83話:劉備は荊州四郡をゲット!怒涛の快進撃
  8. 1万7000人、秀吉軍のフルマラソン(中国大返し)街道でお茶とおにぎり食い放題、5日間で70キロ走破

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP