ログイン | 無料ユーザー登録


夜のひとときながら三国志
ぐっすり眠れるながら三国志


はじめての三国志

menu

はじめての変

曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part4

趙姫

13人の妻達(曹操)

曹操の13人の妻を一挙公開! その4です。

 

以下にご紹介する女性たちは、

本来、「〇〇という子供を生みました!」

としか書けない女性たちなのですが、それだけでは味気ない。

 

そんなわけで、彼女たちについては、

かなりのフィクションです。ほぼ創作しています。

みなさまからも、

「私もこんな女性だったと思うよ」

「いやいや違う!」

など、様々なご意見をうかがえましたら幸いです。

 

 

妻No.10 周姫

周姫

 

・フリガナ:しゅうき

・子供:長男、曹均(そうきん)219年没

 

息子の曹均は、曹操の弟である曹彬(そうひん)の養子となって

樊安公となり、

曹操配下の中では最強武将のひとりといえる張繍の娘と結婚しました。

 

歴戦の猛者張繍が、数ある曹操の息子たちの中から

「わが娘を嫁がせましょう!」と認めたことから、

曹均は武力に優れた立派な息子であったと思われます。

母親の周姫も、さぞ鼻が高かったことでしょう。

 

しかしながら、夫曹操よりも先に、息子の曹均は病で亡くなってしまいます。

それでもすでに、孫息子3人に恵まれており、

家系が途絶えるという憂き目には遭いませんでした。

 

また、孫のうちの一人は、尹夫人の生んだ曹矩(子なし若死に)の

跡継ぎとして迎え入れられたので、

周姫は、尹夫人と良好な関係を築き、王宮の中でも

安定した暮らしをしていたと考えられます。

 

 

妻No.11 劉姫

劉姫

・フリガナ:りゅうき

・子供:長男、曹棘(そうきょく)若死に

 

「劉」姓と聞くと、この当時はみんな、

「我こそは漢王室の子孫なり!」ととりあえず言ってみるような

イメージがあるのは、劉備玄徳のせいでしょうか。

 

晩年になって権力に執着を見せ始めた曹操が、

そんな自称劉家から一人のうら若い女性を後宮に入れていたとしても

不思議はありません。

 

劉姫は曹操の息子を生むという幸運に恵まれますが、

その子は早世してしまいます。

養子をつけて家を存続させることもなく、与えられた領地は没収。

劉姫も、悲しみのあまりに若くして亡くなってしまったのかもしれません。

 

 

妻No.12 宋姫

宋姫

 

・フリガナ:そうき

・子供:長男、曹徽(そうき)242年没

 

息子の曹徽は曹操の弟の曹玉(そうぎょく)の跡を継ぎ、

さらに孫の曹翕(そうきゅう)は晋王朝にも仕え、医学の道に進んだといいます。

 

曹操の息子を生んだことで、安定した生活が送れた女性なのではないでしょうか。

 

 

妻No.13 趙姫

趙姫

 

・フリガナ:ちょうき

・子供:長男、曹茂(そうぼう)わりと長生き

 

息子の曹茂は、曹操の晩年に生まれた子供でありながら、

曹操から愛されることはありませんでした。

 

おそらく曹操とは親子ほども離れた歳の趙姫は、

「この色ボケじじいが!」

と心中怒りでいっぱいだったのではないでしょうか。

 

そんな趙姫に育てられた曹茂が、性格がまっすぐであるはずがありません。

頑固で傲慢に過ぎる性格をしていたため、

曹丕から疎まれ、

生存する曹操の息子の中では唯一、王位が与えられませんでした。

 

それでも、曹丕から抹殺されずに放っておかれたことを見ると、

取るに足りないと判断された、残念な子だったのでしょう……。

 

曹茂は、曹叡の代になってようやく王位を与えられますが、

年をとって性格が丸くなったのか、

それとも趙姫と曹茂がそろって

「王位をちょうだいよ!」

曹叡に迫ったためなのか、想像するのも楽しいですね。

 

 

よく読まれている記事

環夫人

 

よく読まれている記事:曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part1

 

劉姫

 

よく読まれている記事:曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part2

 

孫姫

 

よく読まれている記事:曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part3

 

 

この記事を書いた人:東方明珠

東方明珠 三国志

■HN:

東方明珠(とうほうめいしゅ)

■自己紹介:

はじめての三国志

通称「はじさん」のはじっこライター東方明珠です。

普段は恋愛系のノベルやシナリオを書いています。

関連記事

  1. 梁興と馬騰 【驚愕の事実】三国志ではなく五国志だった!士燮(ししょう)勢力の…
  2. 怒る陳宮 陳宮の珍エピソード?実は主君・呂布が大嫌いだった?
  3. 【故郷を愛した英雄】曹操は故郷が大好きで仕方がなかった
  4. オカルト小説を書いている曹丕 【列異伝】なんと!曹丕は中国初オカルト小説の作者だった?
  5. 三国志に出てくる海賊達 張伯路 中世ヨーロッパ版 三国志『ヴィンランド・サガ』が10倍面白くなる…
  6. 劉備 結婚 三国志の時代の結婚事情とはどんなもの?古代中国の不思議な恋愛観・…
  7. オカルト小説を書いている曹丕 もしも曹丕が早死にしなかったら?イフ設定で三国時代がどう変わるか…
  8. え?そうだったの!?西遊記の目的はお経を取る事では無かった?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 京劇の格好をした関羽
  2. 夏侯惇
  3. 劉備の黒歴史
  4. 韓綜
  5. kawauso編集長
  6. 関羽 3つの条件
  7. 孔融と曹操

おすすめ記事

  1. 姜維も食べた剣門豆腐の由来と中華豆腐レシピを紹介 蜀の姜維
  2. 遷都とは?中国の皇帝はイメチェン好き!遷都のメリット・デメリットも解説 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)
  3. 【3分で分かる】卑弥呼の重臣・難升米(なしめ)とは何者なの? 難斗米(なしめ)
  4. キングダム 524話 ネタバレ予想:朱海決戦はどのように推移する?
  5. 【伊達宗城と宇和島藩】10万石の小藩が持ちえた熱意と行動力とは?
  6. 邴原(へいげん)とはどんな人?曹操・荀彧から尊敬を受けたマイナー文官

三國志雑学

  1. 曹植は軟弱ではなかった
  2. 献帝(はてな)
  3. 三国志に出てくる海賊達と甘寧


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “読者の声" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"
“はじめての三国志読者の声"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 曹操は関羽をGET
  2. 孫武(ゆるキャラ)
  3. 曹操 五胡十六国
  4. 劉備の黒歴史
  5. 後継者を決めずにダラダラする袁紹
“夜のひとときながら三国志ver3"

おすすめ記事

皇帝になることを決意する孫権 【正史三国志】呉書を参考に孫権が皇帝へ登るまでの歴史をご紹介 亡くなる袁紹 曹操の北伐~袁氏の滅亡~ 読者の声バナー(はじめての三国志) 読者の声『魏に行った徐庶の活躍を教えて!』(集計期間:2019年5月1日〜31日) 幕末 魏呉蜀 書物 科挙をカンニングで乗り切れ!あの手この手を紹介 古代ローマ人の末裔が中国のある村に住んでいる!? 鼻をほじりながら無関心な織田信長 若い頃の織田信長はどんな人物だったの?うつけ者が時代を駆け抜ける! 于禁を虐める曹丕 于禁は虞翻からも厳しいイジメを受けていた?その理由とは? チビってしまう司馬懿と孔明 司馬懿は大軍を率いていながら孔明にビビって逃走したってほんと?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “はじめての三国志企画特集" “つながるはじめての三国志" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
“歯痛の歴史"
“三国志読み放題サービス"
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論
ビジネス三国志
ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“つながるはじめての三国志

“はじめての三国志Youtubeチャンネル"

“ながら三国志音声コンテンツver2"
PAGE TOP