朝まで三国志軍師
李傕祭り




はじめての三国志

menu

はじめての変

曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part3

この記事の所要時間: 241

13人の妻達(曹操)

曹操の13人の妻を一挙公開! その3です。

以下にご紹介する女性たちは、
ほぼ、子供のことだけしか記録が残っていません。

 

そこで、子供や周囲の状況から
「このような女性だったのでは?」という推測に基づき、
説明を膨らませていますので、ご了承ください。

 

 

妻No.7 王昭儀

王昭儀
・フリガナ:おうしょうぎ
・子供:養子、曹幹(そうかん)216年~261年

曹操は晩年になり、陳姫(ちんき)という女性を寵愛しました。
陳姫はすぐにみごもり、216年に曹幹を生みます。
それはちょうど、曹操が魏王に即位したお祝いムードのさなかでした。

 

曹操はたいへん喜び、陳姫と曹幹を溺愛しますが、
曹幹3歳のときに、陳姫は病を得て亡くなってしまいます。
自らも足腰が弱ってきていた曹操は、大打撃を受けました。

そこへ、「わたくしが曹幹の母となりましょうぞ!」と声を上げたのが
王昭儀でした。
「昭儀」というのは、皇后に次ぐ後宮の女性の身分です。
曹操が魏王になったことで、曹操の妻たちはそういった称号を得たわけですが、
実を言うと、後漢時代に昭儀という位は廃止されていました。

 

ここでわざわざ昭儀という位を曹操が復活させたのは、
溺愛する曹幹の育ての親としてふさわしい身分を彼女に与えるために
あとから付与した、という経緯があったのではないでしょうか。

 

そんなわけで、昭儀という高い位を手に入れた王昭儀は、
非常に世渡り上手で、時勢を読む力に優れていました。

子供を生まずに、あとから現れて、卞皇后に次ぐ位を手に入れたのです。
古くから曹操に連れ添う夫人たちは、面白くないに決まっています。
しかし王昭儀は、曹丕につくことで、
自らの地位を盤石化させました。

 

それから4年後、曹操は亡くなり、曹丕の時代がやってきました。
曹丕は、兄弟たちの中で、王昭儀の養子である曹幹を最も厚遇しました。
王昭儀も何不自由ない暮らしができたはずです。

 

 

妻No.8 孫姫

孫姫
・フリガナ:そんき
・子供:
長男、曹彪(そうひょう)195年~251年
次男、曹上(そうじょう)若死に
三男、曹勤(そうきん)若死に

長男曹彪が195年に生まれていることから、
卞皇后や環夫人とほぼ同時期に曹操の妻になったと考えられます。

しかし、三人もの男児を生んだのにも関わらず、
「夫人」と呼ばれることがなかったことから、
身分の低い女性であったことは間違いありません。

 

しかしながら、卞皇后の出自も決してよいとはいえませんが
正妻となり、最後は皇后位まで上り詰めました。
それに比べて、なぜ孫姫は夫人に昇格できなかったのでしょうか。
おそらく、性格が嫉妬深く、自己顕示欲が強かったため、
曹操にその辺りをうるさがられたのでしょう。

 

それでも、
卞夫人や環夫人の子供たちよりもあとに次男、三男が生まれた
ことを見ると、曹操の寵愛は薄れたわけではないようです。

孫姫は、性格に難があるものの、
年をとっても若々しく美しい女性だったと考えられます。

 

長男の曹彪は57歳のときに、司馬懿に対するクーデターに
巻き込まれて自殺に追い込まれます。

いい歳をして、「俺も皇帝になれるかもっ」と浮かれたところに、
母親孫姫の強気で浅はかな性格を垣間見ることができます。

 

 

妻No.9 李姫

李姫
・フリガナ:りき
・子供:
長男、曹乗(そうじょう)若死に
次男、曹整(そうせい)218年没(若死に)
三男、曹京(そうけい)若死に

三人もの男児に恵まれながらも、全員若死にしてしまいました。

次男の曹整が、203年に袁譚の娘と結婚したという記録があります。
おそらくこの時点で、長男の曹乗は亡くなっていたのでしょう。

 

当時の曹操は、袁一族を滅亡させるべく戦っている最中だったので、
当然ながら曹整と袁家の婚姻は謀略の一部であり、
翌年には離縁させられます。

曹整は若死にしたとされるため、このときの結婚は、
まだ幼い年齢のときのことだったと思われます。

 

長男を失った直後に、さらに幼い次男を政治の道具として扱われた
李姫の心中はいかばかりか、涙なしには語れません。

 

それでも、曹操との間に三男曹京を授かっていますから、
李姫はおとなしく、夫に従順で、体の弱い女性だったのではないかと考えられます。

 

早世した子供たち三人がすべて、養子をつけて領地を存続させるといった
配慮がなく、家系が途絶えてしまったことから、
母親である孫姫自身も、短命であった可能性があります。

その4に続きます。

 

 

 

この記事を書いた人:東方明珠

東方明珠 三国志

■HN:

東方明珠(とうほうめいしゅ)

■自己紹介:

はじめての三国志、

通称「はじさん」のはじっこライター東方明珠です。

普段は恋愛系のノベルやシナリオを書いています。

関連記事

  1. 三國無双のイケメン武将・魏の鍾会にまつわるエピソードがすごい
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【10/17〜10…
  3. 【三国志演義】孔明が残した錦嚢策(きんのうのさく)って一体なに?…
  4. 「後漢の州人口」から読み解く群雄の力!曹操が袁紹の本拠地を欲しが…
  5. 【シミルボン】首絞め、兜取り、不意打ち何でもありの三国志時代の一…
  6. 天才軍師・諸葛亮孔明抜きの劉備はどこまで健闘できるの?
  7. 孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を持…
  8. 【荀彧の心に残る名言】誠にその才あれば、弱と雖も必ず強し

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 嫪毐(ろうあい)ってどんな人?男のウェポンで天下に名をとどろかせる
  2. 善悪関係なし!6人の君主を渡り天寿を全うした軍師賈詡の生涯!
  3. 董允(とういん)ってどんな人?蜀の黄門様、劉禅の甘えを許さず!
  4. 27話:良い事が無かった曹操に勝機が訪れる!青州兵誕生秘話
  5. 「楚」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介
  6. 【呂布の心に響いた名言】その肉を飽かしむべし。飽かざれば人を咬まんとす

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

どうすれば蜀の二代目過保護な劉禅をしっかり教育できたの? 呉範(ごはん)とはどんな人?当たる占いをご所望なら私にお任せください!風占いの達人 松本清張も注目!邪馬台国(やまたいこく)はどこにあったの? 劉巴(りゅうは)とはどんな人?天下に名声を轟かせた名士であるが、性格に難あり 三国志の英雄で上司にするなら誰にしたい!? もし曹丕が夷陵の戦いの後に蜀に攻め込んでいたら蜀はどうなった? 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに3名の猛将を追加しました 李意其(りいき)とはどんな人?「劉備は夷陵の戦いに敗れて亡くなる」と予言していた仙人

おすすめ記事

  1. 太平道の教祖、張角死後の黄巾軍はどうなったの?青州黄巾軍って何?
  2. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.2
  3. 法正(ほうせい)ってどんな人?蜀を支えた天才軍師
  4. 59話:文武両道、義侠心に厚い漢 徐庶(じょ しょ)は劉備と出逢う
  5. 【お知らせ】新企画第1弾「はじめての三国志メモリーズ」をリリースします
  6. 子産(しさん)とはどんな人?超弱国を強国にした春秋時代の名宰相
  7. 【シミルボン】カルトの手法は変わらない太平道の信者獲得法
  8. 三国志怪奇談「曹丕、受禅台の怪」

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP