曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part2

13人の妻達(曹操)

曹操の13人の妻を一挙公開! その2です。

 

曹操は妻を政治に介入させなかったため、

正史における女性たちの記録は、

子供のことだけしか書いていない女性がほとんどです。

 

そのため、子供や周囲の状況から

「このような女性だったのでは?」という推測も交えてご紹介しています。
[adsense]

妻No.4 杜夫人

杜夫人

・フリガナ:とふじん

・子供:

長男、秦朗(しんろう)*父は秦宜禄

次男、曹林(そうりん)256年没

三男、曹袞(そうこん)235年没

長女、金郷公主(きんきょうこうしゅ)

 

もともと、呂布(りょふ)の武将秦宜禄(しんぎろく)の妻で、

男児(秦朗)もいましたが、

秦宜禄が袁術(えんじゅつ)のもとへ身を寄せた際、

秦宜禄と漢室の娘を結婚させようということになり、

離縁されました。

 

杜夫人は子供と共に捨てられ、親子二人、下邳城でひっそりと暮らします。

そんな杜夫人の美貌は、関羽(かんう)の目に留まりました。

 

「呂布を破って、彼女を妻にしたいんですが……」

関羽から、そんなことを告げられた曹操は

「なに!? そんなにカワイコちゃんなら見過ごせん!」と

興味を持ち、

関羽との約束をほごにして、自分の妻とします。

 

曹操は杜夫人の連れ子、秦朗も可愛がってくれたので、

杜夫人もそんな曹操に心を許し、

曹操との間に二男一女をもうけ、平穏に暮らしました。

 

息子たちは権力に欲がなく、素朴で素直に育ちました。

このことからも、杜夫人の穏やかな人柄がしのばれます。

 

 

妻No.5 秦夫人

秦夫人

 

・フリガナ:しんふじん

・子供:

長男、曹玹(そうげん)若死に

次男、曹峻(そうしゅん)259年没

 

夫人、子供共に歴史書に記載はありません。

 

目立った活躍はなかったものと思われますが、

それでも「夫人」と呼ばれ、きちんとした妻に数えられていること、

そして子供たちも、とりわけて曹操に寵愛されていたわけではないのに、

若死にしたあとで、きちんと養子を取らせて領地を継続させ、

死後に贈号されていること、

この二点から見て、秦夫人はそれなりの高い身分の出自だったと

想像ができます。

 

そうすると、浮かび上がってくるのが、秦邑(現在の河南省范県)に

由来のある、姫姓秦氏の女性である可能性があります。

姫姓秦氏とは、周建国の功臣、周公旦(しゅうこうたん)の血を引く

秦一族のことです。

 

曹操は216年に臣下から、魏王に位を進めますが、

その準備段階として、

形式上高い身分の女性を妻として迎え入れたのかもしれません。

 

 

妻No.6 尹夫人

尹夫人 曹操

・フリガナ:いんふじん

・子供:

長男、何晏(かあん)*父は何咸

次男、曹矩(そうく)若死に

 

尹夫人は最初、

後漢の霊帝の時代に、外戚として権力をふるっていた

何進(かしん)息子、何咸(かかん)に嫁ぎます。

 

権力者の息子に嫁ぐということは、尹夫人も洛陽では

それなりの家柄の娘だったと言えます。

尹夫人は何咸との間に男児をもうけました。

 

夫の何咸が、宦官との抗争に敗れて殺されてしまったため、

尹夫人は息子と共に路頭に迷います。

 

その後、どのような経緯か不明ですが、曹操の妻となり、

曹矩を生みます。

 

その3に続きます。
[adsense]

[adsense]

この記事を書いた人:東方明珠

東方明珠 三国志

■HN:

東方明珠(とうほうめいしゅ)

■自己紹介:

はじめての三国志、

通称「はじさん」のはじっこライター東方明珠です。

普段は恋愛系のノベルやシナリオを書いています。

関連記事

  1. 三国志に出てくる海賊達と甘寧
  2. 胡亥
  3. 周倉とホウ徳
  4. 真田丸
  5. 法正と劉備
  6. 郝萌(かくぼう)と曹性をボコボコにする高順

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“三国志データベース"

“三国志人物事典

3冊同時発売




PAGE TOP