ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
三国志の死因


はじめての三国志

menu

はじめての変

曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part2

劉姫

13人の妻達(曹操)

曹操の13人の妻を一挙公開! その2です。

 

曹操は妻を政治に介入させなかったため、

正史における女性たちの記録は、

子供のことだけしか書いていない女性がほとんどです。

 

そのため、子供や周囲の状況から

「このような女性だったのでは?」という推測も交えてご紹介しています。

妻No.4 杜夫人

杜夫人

・フリガナ:とふじん

・子供:

長男、秦朗(しんろう)*父は秦宜禄

次男、曹林(そうりん)256年没

三男、曹袞(そうこん)235年没

長女、金郷公主(きんきょうこうしゅ)

 

もともと、呂布(りょふ)の武将秦宜禄(しんぎろく)の妻で、

男児(秦朗)もいましたが、

秦宜禄が袁術(えんじゅつ)のもとへ身を寄せた際、

秦宜禄と漢室の娘を結婚させようということになり、

離縁されました。

 

杜夫人は子供と共に捨てられ、親子二人、下邳城でひっそりと暮らします。

そんな杜夫人の美貌は、関羽(かんう)の目に留まりました。

 

呂布を破って、彼女を妻にしたいんですが……」

関羽から、そんなことを告げられた曹操

「なに!? そんなにカワイコちゃんなら見過ごせん!」と

興味を持ち、

関羽との約束をほごにして、自分の妻とします。

 

曹操は杜夫人の連れ子、秦朗も可愛がってくれたので、

杜夫人もそんな曹操に心を許し、

曹操との間に二男一女をもうけ、平穏に暮らしました。

 

息子たちは権力に欲がなく、素朴で素直に育ちました。

このことからも、杜夫人の穏やかな人柄がしのばれます。

 

 

妻No.5 秦夫人

秦夫人

 

・フリガナ:しんふじん

・子供:

長男、曹玹(そうげん)若死に

次男、曹峻(そうしゅん)259年没

 

夫人、子供共に歴史書に記載はありません。

 

目立った活躍はなかったものと思われますが、

それでも「夫人」と呼ばれ、きちんとした妻に数えられていること、

そして子供たちも、とりわけて曹操に寵愛されていたわけではないのに、

若死にしたあとで、きちんと養子を取らせて領地を継続させ、

死後に贈号されていること、

この二点から見て、秦夫人はそれなりの高い身分の出自だったと

想像ができます。

 

そうすると、浮かび上がってくるのが、秦邑(現在の河南省范県)に

由来のある、姫姓秦氏の女性である可能性があります。

姫姓秦氏とは、周建国の功臣、周公旦(しゅうこうたん)の血を引く

秦一族のことです。

 

曹操は216年に臣下から、魏王に位を進めますが、

その準備段階として、

形式上高い身分の女性を妻として迎え入れたのかもしれません。

 

 

妻No.6 尹夫人

尹夫人 曹操

・フリガナ:いんふじん

・子供:

長男、何晏(かあん)*父は何咸

次男、曹矩(そうく)若死に

 

尹夫人は最初、

後漢の霊帝の時代に、外戚として権力をふるっていた

何進(かしん)息子、何咸(かかん)に嫁ぎます。

 

権力者の息子に嫁ぐということは、尹夫人も洛陽では

それなりの家柄の娘だったと言えます。

尹夫人は何咸との間に男児をもうけました。

 

夫の何咸が、宦官との抗争に敗れて殺されてしまったため、

尹夫人は息子と共に路頭に迷います。

 

その後、どのような経緯か不明ですが、曹操の妻となり、

曹矩を生みます。

 

その3に続きます。

この記事を書いた人:東方明珠

東方明珠 三国志

■HN:

東方明珠(とうほうめいしゅ)

■自己紹介:

はじめての三国志

通称「はじさん」のはじっこライター東方明珠です。

普段は恋愛系のノベルやシナリオを書いています。

関連記事

  1. 華陀の治療を受けながら碁をうつ関羽 関羽は矢傷をどうして麻酔しないで治療したの?
  2. 蜀の魏延 魏延は名将・韓信と同じ天才的な戦術眼を持っていた??
  3. 軍事面でも才能を発揮する諸葛恪 諸葛恪vs妖怪世紀の対決の軍配は??
  4. 夏侯惇と呂布 夏侯惇は軍人としては優秀だったの?正史三国志から夏侯惇を分析
  5. 孔明 【三国志の誤植集】何平や喬国老や橋玄って誰?うっかりミスが大惨事…
  6. 三国志の英傑達は正月に何を食べていたの?呉の人々の正月料理がまる…
  7. ナポレオンと曹操 見た目で比較してもいいですか?曹操とナポレオン
  8. 魏延 魏延はどんな性格だったの?実はあの有名人のファンで純粋な漢だった…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 関興と張苞
  2. 夷陵の戦いで負ける劉備
  3. 邪馬台国と魏の兵士
  4. 酔っ払う関羽
  5. 張角と通じていた宦官
  6. 徳川慶喜(幕末)
  7. 曹嵩
  8. 黄蓋、赤壁の戦いでうっかり河ポチャ
  9. 降参する姜維

おすすめ記事

  1. 【不具合のお知らせ】コメント欄・不具合のお知らせ はじめての三国志からのお知らせ バナー
  2. 魏の2代目皇帝・曹叡(そうえい)はいったいどんな仕事をしていたの? 曹叡
  3. 劉備は二刀流の達人だったのか?劉備が双剣を所持していた理由 二刀流の劉備
  4. 糜竺とはどんな人?すべてを捨てて劉備に付き従った忠義者 糜竺
  5. 【後北条氏】早雲から5代続いた関東の戦国大名を紹介 北条早雲
  6. 【衝撃の事実】ドラゴンブレイドは虚構ではない!二千年前に遭遇していたローマ軍と漢軍

三國志雑学

  1. 嬴政(始皇帝)
  2. 土いじりをする劉備
  3. 曹操を暗殺しようとする董承
  4. 大喬・小喬侍らし酒を飲みたい曹操
  5. 荀彧と曹操


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 解煩督 呉
  2. 陳宮
  3. 車に乗る諸葛亮
  4. 関羽
  5. 2つの持論を展開する費禕
  6. yoriburin

おすすめ記事

はじめての三国志 画像準備中 孟宗とはどんな人?孟宗竹(もうそうちく)の由来は呉の親孝行ものであるこの人から! バナー はじめての三国志コミュニティ300×250 はじめての三国志コミュニティをリリースしました! 幕末 魏呉蜀 書物 『列子』はどんな本?永嘉の乱を生き残った奇書 楊修 楊修とはどんな人?頭が良すぎて曹操から死を賜った悲劇の秀才 曹操軍 【図説】三国志の戦争の基礎になる「隊」について徹底解説 盧綰(ろわん)とはどんな人?劉邦の親友でもあり辛苦を共にした男 明智光秀が剣を持って戦っているシーン 明智光秀は剣術の達人だった?鉄砲射撃術が得意な光秀の剣の腕に迫る 司馬懿と曹操 【軍師連盟】司馬懿は曹操の仕官の誘いを何で断わったの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP