編集長日記
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての変

郭嘉が断言した曹操が袁紹に勝つ10の理由

この記事の所要時間: 219

組織 s

 

三国志の時代も現在も、人間は組織として動いています。

 

それは、組織を纏める要諦を持つ人が勝ち残り、ただ散漫に組織を運営する人が

敗れるという一つの真理を示しているのです。

 

見た目には大きな組織が、突然、倒産してしまう、或いは、急激に、

業績を落してしまうのは、この組織を纏める要諦を失っている事が、

大きな要因になっています。

 

 

 

曹操は袁紹と対決することを決意

曹操VS袁紹ありゾウ

 

曹操(そうそう)は、呂布(りょふ)と袁術(えんじゅつ)を滅ぼした後、

北方で勢力を伸ばす袁紹(えんしょう)との対決を決意します。

 

関連記事:複雑な官渡の戦いを時系列で紹介

 

しかし、袁紹は強大で隣接する敵も少なく、一方で曹操は、

敵対者が多く、兵力も遥かに劣りました。

 

不安になった、曹操は、軍師である郭嘉(かくか)に、

曹操:「自分は袁紹を打ち破る事が出来るだろうか?」と質問します。

 

 

袁紹の十敗、曹操の十勝

袁紹の十敗、曹操の十勝

 

郭嘉は、小さくうなずき、そして、曹操には袁紹に勝つ10の理由があると

断言して、述べ始めたのです。

 

1 袁紹は面倒な儀礼を重んじるが曹操は自然のままでいる事。

 

2 袁紹は天子に逆らっているが曹操は天子に従っている事。

 

3 袁紹はただ、心が広いだけだが曹操は厳しさを持ってルールを守る事。

 

4 袁紹は疑り深く親戚ばかりを用いるが曹操は親戚を特別扱いしない事。

 

5 袁紹は色々策謀を使うが決断力がない、しかし曹操は臨機応変で決断が素早い事。

 

6 袁紹は先祖の功績を元に親の七光と謙虚さで人を集めた。

 

だから、配下には、地位に惹かれ議論好きで上辺を飾っただけの者が集まるが、

曹操は、真心と誠意を持って人に当り功績には惜しみなく恩賞を与える事。

 

7 袁紹は目で見て困っている人には哀れみを持って対処するが、

目に触れない問題には考えが及ばない、曹操は目で見える小さな問題を無視する事が

あるが、大きな問題を無視する事なく、どこまでも解決策を講じる事。

 

8 袁紹の部下は派閥争いがひどくお互いを中傷しているが、曹操の陣営では

ルールが守られ、一致団結して組織が運営されている事。

 

9 袁紹の判断は、時によってブレて一定しないが曹操は、

一貫していて、ブレる事がないという事。

 

10 袁紹は勢いを頼んで威張るが、軍事の要点を知らない、

曹操は、少なきを持って多きに勝ち部下はそれを信じ、敵はそれを恐れる事。

 

 

郭嘉の10の勝因を分析してみた

会社 s

 

郭嘉の10の勝因は、そのまま勝てる組織のモデルと見て間違いありません。

 

 

心が広いが部下を叱れない

袁術 皇帝

 

3などは、心が広い「だけ」で部下のミスを適切に叱れない駄目上司に

当てはまりますし4は、創業者一族がワンマン経営をする企業には多々見られます。

 

 

 

親の七光で人材収集

3ce3b3e43694ce615ef3cdb0e63f1aa7_m

 

6は大手会社と呼ばれる企業の悪弊でしょう、

○社は安定しているからと高学歴の求人が来るのでそればかりを採用すると

 

彼等はプレゼンは立派でも新鮮味もないし実行力もない。

元が安定志向で、会社を持ちあげようという意欲がないのですね。

 

 

目に見える出来事を心配ばかり

少帝と弟の劉協を保護した董卓

 

7は、目先の社員の不満を解消しようとして給料を上げたりし、

モチベーションを上げたつもりでも、新分野開拓や、組織の機能性向上や

人事の刷新は棚上げしている間に、会社そのものが斜陽になるという典型例です。

 

 

無用な派閥争いが起こっている

炎 s

 

8は派閥争いが酷い会社には全て当てはまります。

内側で争うなら、外との競争には勝てませんし、そもそも、

派閥争い自体がウチは安泰という慢心から出るのです。

 

 

一貫性のない理念

空 s

 

9は、毎年会社のスローガンが変わる会社の典型です。

今年を深く総括しないで、新しいスローガンを建てても無意味です。

 

このように三国志は、1800年前の物語とは思えない程に、

生々しく、人間組織というものの本質を言い当てているのです。

 

今日も三国志の話題をご馳走様でした。

 

 

 

こちらの記事もよく読まれています

花 コスモス p

 

よく読まれてる記事:郭嘉(かくか)ってどんな人?|曹操が最も愛した人物

 

 

曹操軍

 

 

よく読まれてる記事:三国志の覇者・呆れるくらいの人材マニアの曹操

 

劉邦おんぶ 優秀な人材

 

よく読まれてる記事:人材を使いこなす事で天下を取った劉邦

 

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■HN:

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。
もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 【袁家ファン必見】袁家はどうやって名門になったの?汝南袁氏の基礎…
  2. 狂気!我が子を後継者にしなかった夫への報復!袁紹の愛人5人を切…
  3. 三国志ライターkawausoが魏を斬る!蜀が中華統一をする方法
  4. 五人で国を創るとしたら誰を選ぶ?三国志この五人でしょコーナー
  5. これはひどい・・関羽は深刻な方向音痴だった?迷走する関羽の千里行…
  6. 【月間まとめ】2016年5月の注目ニュース21選!
  7. コーエー三國志の李儒は何であんなにパラメーターが高いの?
  8. 漢の時代の役人はこんなに大変!貧乏になると首って本当だったの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【大三国志 攻略8】今回は激戦中のあの巨大同盟が登場!天下乱舞にも波乱の予感
  2. もうやめて…!劉備の黒歴史がまた発見される!?三国志の主人公の消された過去
  3. 三国志の時代の数学を体験してみよう!なんと円周率はおよそ3ではなかった!?
  4. 【マニアック向け三国志】捕まったことで運命の君主と出会った王朗(おうろう)
  5. 張松(ちょうしょう)の裏切りがなければ劉備の蜀制圧は不可能だった?
  6. 毌丘倹(かんきゅうけん)とはどんな人?朝鮮半島に進出し倭も吸収合併を目論んでいた?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

世説新語(せせつしんご)ってなに?初心者にこそ読んでほしい小説集 儒教(儒家)ってどんな思想?|知るともっとキングダムも理解できる? 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第25話「材木を抱いて飛べ」の見どころ紹介 犬も食わない夫婦喧嘩が皇帝に持ち込まれた?司馬炎、感涙の名裁きとは? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【3/27〜4/3】 115話:蜀キラー陸遜、火攻めで劉備を打ち破る!夷陵の戦い完結編 三国同盟の終わりと武田信玄の危機 孫香(そんこう)とはどんな人?そんな人いたんだ!最期まで袁術に尽くした孫家の将

おすすめ記事

  1. 三国志の時代でも副業が流行っていた!サイドビジネスの種類を紹介!
  2. 【第10回 幻想少女】天敵・趙雲攻略が見えた。エース貂蝉の活躍(ネタばれ注意!)
  3. 【こんなに共通点】戦国一の智謀の持ち主・真田昌幸と魏の謀臣・司馬懿
  4. 張儀(ちょうぎ)とはどんな人?合従策に対抗した外交策を立て歴史に名を残した遊説家 Part.3【完】
  5. 【遊侠列伝】さすが親分!!遊侠人のリーダー郭解が人に慕われた理由ってなに?
  6. 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第四話「女子にこそあれ次郎法師」の見どころ
  7. 漢の飛将軍・李広の逸話「信念をもって行えばやれないことはない」
  8. 【曹操の妨害工作】呂布と袁術の同盟を曹操は恐れていた!

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP