架空戦記
まだ漢王朝で消耗してるの?

はじめての三国志

menu

はじめての変

戦う思想家集団 墨家(ぼくか)とは何者?

この記事の所要時間: 355

諸子百家(しょしひゃっか)の時代の思想の中でも、

特に重要とされたのは儒家(儒教)の思想です。

 

実は諸子百家が活躍した時代、儒家と双璧をなすとされた思想集団が存在しました。

それが墨家です。

 

関連記事:諸子百家(しょしひゃっか)ってなに?|知るともっと三国志が理解できる?

 

 

 

儒家に抵抗した思想家・墨子

墨家を創始した墨子は戦国時代の人と言われています。

最初は儒家の思想を学びましたが、その教えを差別的と考え、以降独自の思想をつくりあげていきます。

 

墨子の思想はその出自からもわかるように、反儒学的な主張を主としています。

特にその中心的な教えとされているのは、『兼愛』と『非攻』という二つの考え方です。

 

関連記事:徳と礼儀で国を維持する 儒教(儒家)ってどんな思想?(1)(概要編)

関連記事:孔子・孟子・筍子?儒教(儒家)ってどんな思想?

 

墨家の思想・兼愛って何?

『兼愛』とは、あまねく全ての人々を公平に愛せよという、博愛主義の教えです。

儒家の唱える家族や目上の者に対する礼儀は偏った愛であるとし、これを激しく批判しました。

 

墨家の思想・非攻って何?

photo credit: Swamp Flight via photopin (license)

photo credit: Swamp Flight via photopin (license)

『非攻』とは他国への侵略を否定する教えです。

 

ただし、戦争のすべてを否定するわけではなく、防衛のための戦いは良しとしました。

『非攻』の教えが生まれた背景には、長く続く戦乱によって国家が疲弊し、日常的に殺戮が繰り返された悲惨な現実がありました。

 

他にも、身分の別なく賢者を登用することを是とする『尚賢』や、

為政者から一庶民までが同じ価値観を持って秩序を守ろうとする『尚同』など、身分を差別しない平等主義的な思想がその特徴とされています。

 

それらの基本思想は『墨家十論』と呼ばれました。

 

戦闘集団としての墨家

photo credit: Yogic via photopin (license)

photo credit: Yogic via photopin (license)

平等主義的と博愛主義という、同時代の諸子百家とは一線を画する思想を唱えた墨家ですが、

特に彼らを特徴づけたのは、単に思想を説くだけではなく自ら城を守る戦いに身を投じて『非攻』を実践したことです。

 

墨家はもともと庶民層の技術層(大工などの職人など)が連帯することによって生まれた思想とされ、墨子自身もまた、

仕事に墨を使う工匠であっという説もあります。

 

そのことから、彼らはただ思想を説くのではなく、自らその実践者として戦うことを使命としていたのです。

 

墨家の集団は鉅子(きょし)を中心に形成

墨家の集団は、鉅子(きょし)と呼ばれる指導者を中心に強力な集団を形成していました。

彼らは攻められている城があればそこに赴き、自ら武器を持って戦い、城を守りました。墨家の集団に守られた城は不落であると言われた程でした。

 

しかし、いかに墨家によって守られた城であっても、落城することもあります。

 

諸子百家の雑家としても知られる呂不韋が記した書物『呂氏春秋』には、

守備していた城が落城した際に指導者(鉅子)であった孟勝を始めとする

400名もの墨者がその責任を取るために集団自決したことが記載されています。

 

 

後世に継承されなかった墨家の思想

墨家は、創始者である墨子の後、4代に渡って隆盛を誇り、諸子百家の中にあって儒家と双璧をなす勢力を誇りました。

 

しかし、儒家が後の時代にも継承され、中国の中心的思想となっていったのに対し、

墨家の思想は秦による全土同一以降、衰退し滅んでしまいました。

 

何故、墨家は滅んだのか?

photo credit: On horseback via photopin (license)

photo credit: On horseback via photopin (license)

なぜ墨家は後世に継承されなかったのでしょうか?

『荘子』の一篇に、墨家が二派に分裂して互いに批判しあっていたことが記されています。

 

また『韓非子』には三派に分かれていたという記述があります。

 

内部分裂によってその勢力が衰退したことが、墨家の滅亡の大きな要因であったのはたしかでしょう。

ただ、それ以上に、墨家の思想が富国強兵を目指す国家にとっては邪魔な存在であったことが、滅亡の最大の原因であったように思えます。

他国を侵略し、自国を拡大しようとする国家にとって、墨家の『非攻』の教えは障害でしかありえません。

 

博愛と平等を重んじ、他国を攻めることを戒めた墨家の思想。

現代の我々にとっても、それは魅力的な理念であることは確かです。

 

関連記事:老荘思想(道家)ってどんな思想?|ありのままに?

 

—あなたの知的好奇心を刺激する諸子百家—

諸子百家 バナー

 

 

こちらの記事もよく読まれています

森 卵 s

 

よく読まれてる記事:諸子百家(しょしひゃっか)ってなに?|知るともっと三国志が理解できる?

 

 

よく読まれている記事:儒教(儒家)ってどんな思想?|知るともっとキングダムも理解できる?

 

photo credit: Ukok via photopin (license)

photo credit: Ukok via photopin (license)

 

よく読まれている記事:孔子・孟子・筍子?儒教(儒家)ってどんな思想?

 

 

この記事を書いた人:石川克世

石川克世 三国志

自己紹介:

小太郎さん(スキッパーキ オス 2歳)の下僕。

主食はスコッチウイスキーとコーヒーとセブンイレブンの野菜スティック。

朝風呂が生きがいの小原庄助的ダメ人間。ヲヤジ。

関連記事

  1. 【曹操孟徳の心に残る名言】姦邪朝に盈ち、善人壅塞せらる
  2. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.1
  3. 項羽はあれだけ最強だったのに何故、天下を取れなかったのか?
  4. 秦国の六虎将軍・李信の妻となるのは誰かを大胆予想!羌瘣?それとも…
  5. 司馬懿(しばい)ってどんな人?実は列伝が無い孔明のライバル
  6. これはビックリ!三国志の時代にも曲芸があった!当時の娯楽がじわじ…
  7. 三国志時代は拓本だらけでまるでスタンプラリー状態だった?石碑乱立…
  8. 激務をちょっと忘れられるホッと一息の「ユルめ記事」2016年総集…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 今川家のポンコツではなかった今川義元の前半生に迫る!
  2. 66話:曹操、孔明の実力を確認すべく劉備討伐の兵を挙げる
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース8記事【9/12〜9/18】
  4. 尼子晴久(あまごはるひさ)とはどんな人?毛利家最大の敵として立ちはだかった中国地方の戦国大名
  5. 三国志の時代の鎧は防弾チョッキ感覚だった?周、殷、キングダムまで鎧を徹底紹介!
  6. 【管鮑の交わりとは何?】管仲と鮑叔の友情を描いた故事

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【さんすま】三国大戦スマッシュ! 第5回 ついにあの武将が「覇王化」!! 【キングダム時代考証】漫画の描写は嘘?ホント?キングダムの史実による歴史考証 孫資(そんし)と劉放(りゅうほう)の綱渡り!曹叡の側近達による命懸けの戦い 簫何(しょうか)とはどんな人?内政なら私にお任せ!影で劉邦を支え続けた漢の三傑の一人 袁術が天下を統一するためにみんなで考えよう【第1回】 キングダムの時代に開花した法家の思想 【韓信の恩返し】受けた恩はしっかりと恩で返す器の大きい韓信 これはひどい・・関羽は深刻な方向音痴だった?迷走する関羽の千里行

おすすめ記事

  1. 王基(おうき)ってどんな人?軍事・政治で非凡な能力を見せた魏の武将
  2. キングダム ネタバレ予想536話「右翼で大戦争勃発」
  3. はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 三国志の魅力編 【003】
  4. 秦の昭襄王(しょうじょうおう)って戦神と言われるほど本当に強かったの?
  5. 『真・三國無双8』プロデューサー鈴木亮浩が絶賛する三国志×学園ラブコメ『劉備徳子は静かに暮らしたい(仲野えみこ/白泉社)』第2巻を販売開始。
  6. 桓範(かんはん)とはどんな人?同郷の後輩曹爽の危機を救う為、逆転の策を献じた謀臣
  7. 【魯粛・朱桓・周魴の息子達】三国志後半を彩った呉の二代目武将はかなりの名将ぞろいだったことが発覚!!
  8. はじめての三国志チャンネル 第2回目 – 赤兎馬を飲む 【001】

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP