編集長日記
李傕祭り

はじめての三国志

menu

はじめての変

屁理屈から論理的に導く名家ってどんな人達?

この記事の所要時間: 349
photo credit: orchid bloom via photopin (license)

photo credit: orchid bloom via photopin (license)

 

諸子百家(しょしひゃっか)の多くの思想家たちは、縦横家に代表されるように弁舌のたつ人物でした。

 

他人に対して説得力のある意見を説くには、

なにより合理的で論理的な弁論の技が必要となります。

それには論理を組み立てる論理学が有効です。

 

しかし、論理学にこだわりすぎると、それはしばしば本質を欠いた、

論争のための理屈=詭弁に陥ってしまいます。

 

諸子百家にはそんな論理学を説いた“名家”と呼ばれる学派が存在しました。

 

 

古代中国を離れて古代ギリシャに目を向けてみましょう

ギリシャ s

 

一旦、古代中国を離れ、ギリシアに目を向けてみましょう。

古代ギリシアの時代、ゼノンという自然哲学者がいました。

 

ゼノンは『ゼノンのパラドックス』という考え方で知られる人物です。

 

『パラドックス』というのは、一見正しいように思える前提条件と、妥当な推論を進めたはずなのに、

何故か受け入れられない結論が出てしまうような状況を意味する言葉です。

日本語では逆説とか背理と呼ばれますね。

 

ゼノンのパラドックスで有名な話『飛んでいる矢は止まっている』

 

ゼノンのパラドックスで有名な話として『飛んでいる矢は止まっている』というものがあります。

 

飛んでいる矢を想像してください。

そしてその矢が飛んでいる一瞬を抜き出します。

 

その瞬間、矢は空間のある位置に固定され、前に進んではいません。

時間の流れはこの一瞬の連続であるわけですから、飛んでいる矢は常に静止しているのです。

 

……というのが『飛んでいる矢は止まっている』というパラドックスです。

 

古代中国には「飛んでいる鳥の影は動かない」

photo credit: Cóndor via photopin (license)

photo credit: Cóndor via photopin (license)

 

感覚的には明らかに間違っているのですが、理屈で反論すると難しいですよね。

実はこの『飛んでいる矢は止まっている』というパラドックスによく似た話が、古代中国に存在しています。

それは『飛んでいる鳥の影は動かない』というもの。

 

このパラドックスを唱えたのが、名家の思想家たちでした。

 

白馬は馬にあらず

三国志 白馬

 

名家は相手を論破するための理屈を生み出す論理学を説いた諸子百家のひとつです。

諸子百家の時代は、縦横家に代表されるような弁舌の徒が活躍した時代でした。

 

いかに素晴らしい理念やアイデアであっても、それを相手に理解させ共感させる論理性が必要となります。

名家はこの論理の重要性に気づき、相手を論破し自身の意見に賛同させるための弁論術=論理学を重視した人たちでした。

 

名家を代表する人物として公孫竜の名を上げることができます。

公孫竜の名前を有名にした話として『白馬非馬説』が知られています。

 

『白馬の“白”とは色の概念であり、“馬”とは動物の概念だ。

つまりその二つの概念が合わさった“白馬”は馬ではない』

 

というのが『白馬非馬説』。

 

明らかに、これは詭弁と呼ばれる類の理屈ですね。

実際、公孫竜は詭弁家と批判され、それまで彼を重用していた君主に見捨てられて、

最後には悶死してしまいます。

 

結局、議論のための屁理屈に留まった名家の思想

photo credit: Iris via photopin (license)

photo credit: Iris via photopin (license)

 

ゼノンのパラドックスは、それ自体は名家同様、詭弁と類される理屈に過ぎません。

しかし、その理屈には物の存在と本質を分離して考えるという性質も含まれていました。

 

やがてそれは事物の本質を論じるイデア論につながり、

ギリシア哲学の発展をうながすことにもつながっていきました。

 

対して、古代中国の名家はそのような発達を見せることなく、

弁論術の訓練としての詭弁の域を出ることがありませんでした。

 

これは諸子百家があくまで己の理念を実現するための手段としての弁論を用いたためで、

弁論そのものの技術自体を発展させようという意識が生まれてこなかったからと考えられます。

 

諸子百家にとって、理屈はあくまで道具に過ぎませんでした。

 

名家の詭弁が発達していれば、どのような哲学が生み出されていたのでしょうか?

それを見られなかったことは、残念に思えます。

 

関連記事:老荘思想の創設者|老子と荘子の二人を分かりやすく解説してみた

関連記事:キングダムの時代に開花した法家の思想

 

—あなたの知的好奇心を刺激する諸子百家—

諸子百家 バナー

 

 

こちらの記事もよく読まれています

森 卵 s

 

よく読まれてる記事:諸子百家(しょしひゃっか)ってなに?|知るともっと三国志が理解できる?

 

 

関連記事:史上最強の交渉術を備えた縦横家ってどんな人?

 

photo credit: P6290038.sm via photopin (license)

photo credit: P6290038.sm via photopin (license)

 

関連記事:呂不韋は始皇帝の父だった?諸子百家のいいとこ取りの雑家

 

 

この記事を書いた人:石川克世

石川克世 三国志

自己紹介:

小太郎さん(スキッパーキ オス 2歳)の下僕。

主食はスコッチウイスキーとコーヒーとセブンイレブンの野菜スティック。

朝風呂が生きがいの小原庄助的ダメ人間。ヲヤジ。

関連記事

  1. 荀彧と曹植はオシャレ男子だった?三国時代の男子は化粧をしていた
  2. 曹操の詠った漢詩を分析してみよう。いつのことかわかるかな?
  3. 知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せない…
  4. キミとボクの三国志とはどんなアプリゲーム?
  5. 【ネコ派必見】猫にまつわる中国史の逸話!古代漢民族は無類の猫好き…
  6. これなら誰でも騙される!越王句践の凄まじいゴマすりを紹介。
  7. 呂蒙(りょもう)ってどんな人?男子三日会わざれば刮目して見よ
  8. 誰かに話したくなる!自由すぎ、フリースタイルな三国志の武将達8選…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第四話「女子にこそあれ次郎法師」の見どころ
  2. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.4
  3. 漫画「センゴク」から見る小牧・長久手の戦い前哨戦
  4. 賈逵(かき)ってどんな人?地味で目立たないが、居ないと困る魏の将軍
  5. 趙雲の妻、孫夫人がお茶目すぎる!ほんのいたずらが夫を殺す羽目に!
  6. 三国志の結末(最後)ってどうなるの?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

ギャップに驚き!禰衡だけでは無かった!Mr.天然、曹植の裸踊り 【春秋戦国時代】秦が15年で滅んだ6つの理由を分かりやすく解説! 邪馬台国ってどんな国だったの?まさに神っていた邪馬台国 【これはひどい】孫皓が天下統一できると勘違いした占いとは? おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家 どもっていても秀逸な政策と卓抜な戦術を提案した鄧艾に迫る 今と変わらない?三国志の時代の勤務評価表を紹介 楽毅の猛攻に神対応!籠城の天才、斉の田単(でんたん)

おすすめ記事

  1. 桓範(かんはん)とはどんな人?同郷の後輩曹爽の危機を救う為、逆転の策を献じた謀臣
  2. 何晏(かあん)とはどんな人?三国志一のナルシストで歴史に名を残した男
  3. 東方明珠のへなちょこ黄河旅行記 その2
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース43記事【3/13〜3/19】
  5. 文化の違いを理解すれば三国志がより分かる!日本と中国では、こういう所が大違い?
  6. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第33話「嫌われ政次の一生」の見どころをご紹介
  7. 82話:呉の提督、周瑜は荊州争奪戦に散る
  8. 大富豪と国獲り要素を併せ持つ新感覚iPhone向けアプリ『三国大富豪大戦』をAppStoreにて配信をスタート

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP