キングダム
はじめての漢王朝




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

まだまだあるよ!諸子百家シリーズ 陰陽家・農家・小説家




関羽と羅貫中

 

諸子百家』特集として、数々の思想を紹介してきましたが、

他にもまだまだ色々な思想家が存在しています。

ここでは、これまで紹介できなかった思想家についてお話しして参りましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:諸子百家(しょしひゃっか)ってなに?知るともっと三国志が理解できる?

関連記事:儒者っぽくない!?「四海皆兄弟」と言った孔子の弟子・子夏

 

 

陰陽家(いんようか)~陰陽五行説

陰陽家(いんようか)

 

陰陽家は「陰陽説」と「五行説」、2つの思想を軸として展開した思想家のことです。

代表的な思想家として騶衍(すうえん)の名が上げられます。

 

「陰陽説」とは、この世界を構成する事物が常に2つの対極的な存在

(例えば「男」と「女」、

「天」と「地」、

「昼」と「夜」など)=「陰」と「陽」に

分かれそれらが調和しあうことで成立しているとする説です。

 

陰陽説はそれを表す太極図でも有名ですね。

466px-Yin_yang.svg

(太極図)

 

五行説は、世界が「陰」と「陽」から生まれた5つの要素……

「木」「火」「土」「金」「水」から成立しているとする説です。

 

古代ギリシャからヨーロッパに至る広い地域で支持された

「四大元素」(土・水・空気・火)に似ていますが、

五行は単なる独立した要素(エレメント)ではなく、

互いに影響しあい変化していくとされることが特徴とされています。

 

日本では平安時代に安倍晴明を始めとした陰陽師によって、

この「陰陽五行説」が発展しました。

 

 

農家(のうか)~共産革命にも影響を与えた重農主義的思想

共産革命にも影響を与えた重農主義的思想

 

読んで字のごとく、農業を国の基本としてその思想と技術を説いた思想家のことです。

漢代の歴史書である『漢書』には、農家の思想書であるとされる

『神農』などの名前を見ることができますが、現代には伝わっていません。

『呂氏春秋』や『淮南子』といった雑家の思想書に無断引用されているとされます。

 

儒家の代表的思想家であった孟子は、

その著作の中で農家の思想家である許行(きょぎょう)に触れています。

孟子によれば、許行は農耕や炊事こそが国の中心であり、

王侯貴族であっても自身の手でそれをすることによって天下万民は平等となるとと説いたそうです。

 

孟子はこのような許行の思想を王侯が政治を行うことを否定するものだとして批判しています。

農家の社会改革を説く政治的要素は秦の全土統一以降衰退していきますが、

農業を重視する思想自体はその後も有力な思想として残り、

毛沢東の革命戦略につながったともされています。

 

関連記事:孔子・孟子・筍子?儒教(儒家)ってどんな思想?

関連記事:儒教(儒家)ってどんな思想?|知るともっとキングダムも理解できる?

 

小説家(しょうせつか)~民間伝承を記録する記録作家

 

羅貫中

 

現代において小説家と言えば、主にフィクションのストーリーを書く仕事のイメージですが、

諸子百家の時代における小説家は記録作家のことを指しました。

 

古来中国には稗官と呼ばれる風俗を管理・管轄する役職が存在し、

この役職から発展したのが小説家であると考えられています。

小説家は故事(世の中の出来事や説話)を収集、

整理して書物として形に残すことを、その仕事としていました。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:知らないと損をする!孔子に学ぶ健康法が参考になりすぎる!

関連記事:儒教が引き金?外戚と宦官の対立はなぜ起こったのか

 

最強の戦略教科書『はじめての孫子の兵法』
はじめての孫子の兵法

 




石川克世

石川克世

投稿者の記事一覧

三国志にハマったのは、高校時代に吉川英治の小説を読んだことがきっかけでした。最初のうちは蜀(特に関羽雲長)のファンでしたが、次第に曹操孟徳に入れ込むように。三国志ばかりではなく、春秋戦国時代に興味を持って海音寺潮五郎の小説『孫子』を読んだり、
兵法書(『孫子』や『六韜』)や諸子百家(老荘の思想)などにも無節操に手を出しました。

好きな歴史人物:

曹操孟徳
織田信長

何か一言:

温故知新。
過去を知ることは、個人や国家の別なく、
現在を知り、そして未来を知ることであると思います。

関連記事

  1. 関羽千里行 ゆるキャラ 関羽千里行って有名だけど何なの?
  2. 高順(こうじゅん)ってどんな人?張遼と双壁を為す呂布軍の名将
  3. 亡くなる劉備に遺言を聞く諸葛亮と趙雲 嘘じゃないの!劉備の国を取れ発言は本心だった
  4. 蜀漢のスーパー戦隊・五虎大将軍は後付け設定だった!?
  5. 隠れた劉備盛り満載!巧妙な正史三国志
  6. 【二人の歴史家】姜維の評価をした孫盛と裴松之が下した剣閣戦の評価…
  7. 曹操 詩 曹操の詩の世界を体験してみよう
  8. 三国志 武器 華麗なる中華世界を彩る三国志の武器

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹丕
  2. 楽進

おすすめ記事

  1. 関羽、曹操に取りあいをされた人妻 杜夫人 杜夫人
  2. 2分で分かる合肥の戦い その5 孫権には甘寧がいる 甘寧 裏切る ゆるキャラ
  3. 張嶷(ちょうぎょく)とはどんな人?異民族討伐のプロであり陳寿も認めた忠義と信義【後編】
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース12記事【4/3〜4/10】
  5. 曹操のハニートラップ作戦が義に生きた武人・関羽に通用するのか? 関羽に惚れる曹操
  6. 28話:天運を掴んだ曹操の食客に落ちぶれる劉備 劉備 食客

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 異民族に好かれる董卓
  2. 織田信長

おすすめ記事

桂小五郎(木戸孝允) 桂小五郎(木戸孝允)剣豪から革命家、政治家に転身したイケメン志士 武帝は前漢の第7代皇帝 武帝とはどんな人?漢王朝の絶頂期を築いた皇帝はバイオレンスだった? kawauso編集長のぼやきVol.22「今見たいテレビ」 【戊辰戦争を振り返る】明治新政府軍 vs 旧幕府軍 城銅雀台 高句麗は漢の属国だった?実際のところ両国の関係はどうだったの? 魏の曹操孟徳 【潼関の戦い】曹操が作成した甬道が合理的過ぎた 周處(しゅうしょ)とはどんな人?必ず負けると分かっていながらも、戦い抜いた闘将【晋の将軍列伝】 「魏」の旗を持った兵士 戦国策【魏策】人の心の裏表を把握せよの巻

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP