キングダム
コメント機能リリース




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

武経七書(ぶけいしちしょ)って何? 兵家を代表する七つの書物

郭嘉の本




スーパー郭嘉

 

諸子百家の思想のひとつ、戦争における戦略と戦術を説いた兵家の思想

その中でも代表的な七つの兵法書があります。

 

これを『武経七書(ぶけいしちしょ)』と呼びます。

今回はこの『武経七書』を紹介していきましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:キングダムの時代に開花した法家の思想

関連記事:これぞ戦争の極意!!兵家の思想ってどんな思想?

 

 

孫子(そんし)

孫子の兵法 曹操

 

武経七書を代表する書物であり、現代でも読み継がれる古典中の古典です。

 

『孫子』の作者についてはかつて、春秋時代に呉に仕えた孫武(そんぶ)と、孫武の子孫とされ、

戦国時代の斉に仕えた孫臏、その二人のいずれかとされていましたが、

1972年に孫臏の著作(孫臏兵法)が別個のものとして発見されたことから、

現在では孫武の著作であることがほぼ確定的とされています。

 

戦争を国家の非常事態と捉え、軽々に兵を動かしてはいけないと

戒める非好戦的な思想と大局的な視点から戦争を論じる戦略的視点、

妖術や占術によらない、現実的、客観的な分析を行っており、

その視点は現在でも通じるものとして世界的に大きく評価されています。

 

現代読まれている『孫子』は、

三国時代に魏の曹操が整理し註釈をつけた『魏武注孫子』(ぎぶちゅうそんし)であるとされています。

 

関連記事:現代ビジネスマンの必携の書?兵法書『孫子』とその作者について

 

 

呉子(ごし)

 

『呉子』は戦国時代に成立した兵法書とされています。

 

戦国時代に活躍した軍人である呉起(ごき)の著作とされていますが、

これは形の上のことで、実際の著者については謎です。

歴史書には48篇からなる書物という記述が残されていますが、

現存するのは6篇だけです。

 

呉起は孫武や孫臏と並び称される兵法家であると言われ、

兵法のことを「孫呉の兵法」と呼ぶこともあります。

 

しかし、現代においても評価される孫子に比べて

『呉子』の影響力は現代においてはほとんど残っていません。

これは『孫子』が主に戦略的な観点から書かれていることで、

現代にも通用する普遍性はあるのに対し、

『呉子』は春秋戦国時代における戦術を論じている部分が多く、

その普遍性において劣るとされるためです。

 

孔子の愉快な弟子たち『はじめての孔門十哲』
孔門十哲

 

六韜(りくとう)

 

作者不明。

形の上では春秋戦国よりも前の時代、古代中国の王朝であった周に仕え、

後に斉の始祖となった呂尚(ろしょう、太公望とも)が

周の文王と武王に説いた兵法とされていますが、

実際は戦国時代頃に成立したものと考えられています。

 

『六韜』の“韜”という字は、武器を入れて保管する袋を意味し、

本編は「文韜」「武韜」「龍韜」「虎韜」「豹韜」「犬韜」の全6篇で構成されています。

(六つの韜だから『六韜』)

 

秘伝が書かれた極意書などのことを“虎の巻”と呼ぶことがありますが、

それはこの『六韜』の一篇「虎韜」から来ています。

 

三略(さんりゃく)

 

こちらも太公望呂尚が作者とされる兵法書ですが、

太公望の時代には成立していないはずの騎馬戦についての表記や、

まだその時代には使われていない“将軍”という言葉が使われているなど、時代考証的には問題があり、

後世の人間が太公望の名を借りて書いた偽書であるという説が一般的です。

 

同じ太公望の作とされることから『六韜』と並び称されることが多いです。

 

「上略」「中略」「下略」の3篇からなることから「三略」と呼ばれています。

日本語の成句“柔よく剛を制する”の出典元としても知られます。

 

関連記事:びっくりするような遅咲き!天下の賢者 太公望

 

尉繚子(うつりょうし)

 

古来から『孫子』『呉子』と並び称される兵法書として評価されていましたが、

一方では後世の偽作であるとする説が強く、

いつの時代に成立したかについては定説がありません。

 

1972年に前漢時代の墳墓から写本が発見されており、

戦国時代から秦の時代にかけての作という見方が現在では有力視されているようです。

 

そのタイトルから『尉繚子』は尉繚という人物の著作、

あるいはその弟子がまとめたものと推定されますが、

尉繚という人物がいつの時代の人間であったかも諸説あって定まっていません。

 

『孟子』や『韓非子』の影響を受けていることが特徴とされています。

 

関連記事:キングダム時代に活躍した法家 商鞅と韓非はどんな人?

関連記事:劉禅が読んだ韓非子ってどんな本?

 

李衛公問対(りえいこうもんたい)

 

 

三国時代以降、唐の時代に成立したとされる兵法書。

 

『問対』とは問答のこと。

唐の第二代皇帝太宗と、それに仕えた李靖(りせい、李衛公)が

歴代の著名な兵法家について討論するという形で書かれていることからこのタイトルで呼ばれます。

 

討論の対象とされている兵法家には曹操諸葛孔明なども含まれます。

また、李靖の説いた「六花の陣」という陣形については、

諸葛孔明の「八陣の法」を元にしているとされるなど、三国志との関連性もある書物です。

 

関連記事:曹仁が繰り出した高度な陣形 八門金鎖の陣を繰り出す。劉備軍はどうやって攻略したのか?

関連記事:肉まんから紙芝居まで? 諸葛孔明の発明伝説

関連記事:そういえば曹操の墓が見つかったけど本物なの?

 

司馬法(しばほう)

司馬懿

春秋時代の斉の国に仕えた将軍、司馬穰苴の著作とされる兵法書です。

 

司馬穰苴は本名を田穰苴といいます。

もともと「司馬」とは軍事を司る役職の名称でしたが、

後の時代に姓名とされるようになります。(司馬遷や司馬懿など)

本来は155篇からなる大著であったとされていますが、

現代にはそのうちの5篇のみが使わっています。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:誇りを失ってもなお……『史記』を書いた司馬遷の執念

関連記事:三国志の英雄たちの詩を調べたら司馬懿ヒドすぎワロタwww

 

最強の戦略教科書『はじめての孫子の兵法』
はじめての孫子の兵法

 

 




石川克世

石川克世

投稿者の記事一覧

三国志にハマったのは、高校時代に吉川英治の小説を読んだことがきっかけでした。最初のうちは蜀(特に関羽雲長)のファンでしたが、次第に曹操孟徳に入れ込むように。三国志ばかりではなく、春秋戦国時代に興味を持って海音寺潮五郎の小説『孫子』を読んだり、
兵法書(『孫子』や『六韜』)や諸子百家(老荘の思想)などにも無節操に手を出しました。

好きな歴史人物:

曹操孟徳
織田信長

何か一言:

温故知新。
過去を知ることは、個人や国家の別なく、
現在を知り、そして未来を知ることであると思います。

関連記事

  1. 荀彧の系図を調べてみるととんでもない○○が判明!?
  2. 文臣の最高官位に登る鍾繇(しょうよう) 潼関の戦いを勝利に導いた鍾繇その隠れた功績を紹介
  3. 蜀の劉琦 劉琦と劉琮の仲が悪くなったのは一体どうして!?
  4. 沙摩柯 沙摩柯(しゃまか)とはどんな人?武蛮族の王が甘寧を討ち取り呉を恐…
  5. 司馬懿の孫の司馬炎は何をした人なの?謎の占田法・課田法など解説
  6. ホウ徳(龐徳) ホウ徳の叩き上げ人生録!関羽に降伏せず忠義の人と讃えられた関中の…
  7. 曹操&袁紹花嫁泥棒 袁紹と曹操はホントは親友だった!?二人の関係を紹介
  8. 藏覇(臧覇)と曹操と袁紹 【衝撃の事実】鳥巣襲撃戦後にとった曹操の行動が結構エグかった

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 費禕
  2. 袁術をからかう呂布
  3. 井伊直政
  4. 鎌倉時代 服装 男女

おすすめ記事

  1. 周瑜の遺言が名文すぎて泣ける周瑜爆ageキャンペーン 周瑜、陸遜
  2. 曹操はなぜ悪役となったか?……三国志と朱子学の関係について 魔王曹操
  3. キングダムネタバレ予想 バジオウは本当に死んだのか?
  4. 桂小五郎と高杉晋作最強コンビの本当の関係は?? 桂小五郎(木戸孝允)
  5. 【三国志平話】三顧の礼の諸葛亮が仙人で居留守 豆から兵士を作り出す栽培マンな仙人孔明
  6. 【新サービス】はじめての三国志メモリーズを始めました

三國志雑学

  1. 劉備の黒歴史
  2. 赤兎馬にまたがる呂布
  3. 梁冀(りょうき)
  4. 劉禅を説得する張嶷


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 環夫人
  2. 曹植は軟弱ではなかった曹植
  3. 趙匡胤は北宋の初代皇帝
  4. 幕末 大砲発射
  5. 曹彰

おすすめ記事

劉備 髀肉の嘆 ゆるキャラ 【すこやか三国志】やばい!乗馬をやめてデブった董卓と劉備 法正 法正が生きていたら夷陵の戦いは敗北はなかった?軍師法正と夷陵の戦い はじめての三国志編集長kawauso はじめての三国志編集長の推薦状『8月の見どころ記事』Part.2 【徹底解析】天下統一するはずだったのは蜀だった? これは本物…?稀代の奇人変人・禰衡のやらかしエピソード集 またまた発見!劉備の黒歴史、なんと劉禅には生き別れの兄がいた? 明智光秀 麒麟がくる 明智光秀の生い立ちを辿ってみよう 魏の曹操孟徳 曹操は漢の忠臣?それとも奸臣?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP