キングダム
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

白起(はくき)ってどんな人?キングダムでお馴染みの六大将軍

この記事の所要時間: 354




 

白起(はくき)は、漫画キングダムで秦の六大将軍として、

秦の昭王に仕えた、めちゃ強い将軍として伝説化しています。

 

彼は実在の人物であり、伝説化されるに足りる大戦果を挙げ、

そして多くの敵兵を殺戮した人物でもあります。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:【キングダム雑学】戦国七国はどんなお金を使っていたの?




白起、デビュー戦から大殺戮

 

白起は、紀元前294年に左庶長に任じられて韓の新城を攻め、

左更に進んで韓と魏を攻めて、伊闕の戦いで勝利し

24万人の首を斬ったとあるのがデビュー戦になります。

 

これは史記の白起・王翦(おうせん)伝の記述ですが、

とても複雑な戦歴なので、以下に箇条書きにしておきます。

 

・紀元前292年、魏を攻めて大小61城を落す。

 

・紀元前278年、楚を攻めて鄢郢(えんてい)の戦いで楚の首都郢(てい)を落す。

 

・紀元前273年、魏の華陽を攻め、華陽の戦いで

韓・魏・趙の将軍を捕え、兵卒13万人を斬った。

 

・紀元前273年、趙将賈偃(かえん)と戦いその士卒2万を黄河に沈めた。

 

・紀元前264年、韓の陘(けい)城を攻め、陘城の戦いで5城を落とし5万を斬首した。

 

・紀元前260年、長平の戦いで趙括(ちょうかつ)率いる趙軍を

兵糧攻めに追い込み大勝、この時、兵糧が不足した為に、

少年兵240名を除く敵兵40万を生き埋めにした。




白起が殺した敵兵の数を総合してみた

 

白起が斬首したり生き埋めにしたり、溺れ死にさせた敵兵の

トータル数は84万人という規模です。

 

殺しも殺したり白起という感じですが、ちょっとついて行けません。

そして、余りにも殺し過ぎて、手柄を立てすぎたという事が、

この天才的な将軍の運命に悲劇を呼び込みます。

 

宰相、范雎(はんしょ)が白起の手柄を邪魔しはじめる

 

白起は戦えば必ず勝つ無敗の将軍として、秦では軍神として崇められます。

ですが、あまりにも勝ち過ぎる事に、強い危機感を持った男がいました。

それが、当時の昭王の側近である宰相、范雎です。

 

「白起は勝ち過ぎる、このままではワシの地位が危ない」

 

范雎は、趙を破り、都の邯鄲を攻め滅ぼそうとする白起を必死で止めます。

そして、滅亡寸前の趙とは僅かなお金で和睦してしまったのです。

 

白起からすれば、「何を勝手な事を」という気分でした。

趙を滅ぼすのは今がチャンスなのに、范雎が邪魔をしたのです。

 

白起は、范雎に激しい不信感を持ちますが、よもや、范雎が自分を警戒し

排除しようとしているとは夢にも思いませんでした。

 

 

秦、趙を攻めあぐみ、再び白起を使おうとするが・・

 

紀元前259年、秦の昭王は、部下の王陵(おうりょう)を

派遣して趙の都邯鄲を包囲します。

しかし、邯鄲は落ちず、さらに増派をして王齕(おうこつ)と

司令官を変えてもそれでも邯鄲は落ちません。

 

※この王齕は王騎と同一人物とする説もあり

 

関連記事:王騎将軍は二人いた!キングダムのカリスマの真実

 

そうこうしている間に、趙の危機に対して秦に反目する魏の信陵(しんりょう)君

そして楚の春申(しゅんしん)君という戦国四君の二名が到着して秦を破ります。

 

困った昭王は、いよいよ、白起を使おうとします。

 

ところが、白起は長平の戦い以後、干されている事を根に持ち、

病気と称して現れませんでした。

この辺りは、白起は感情を露わにする子供のように見えますね。

 

昭王、大激怒、白起に死を命ずる

 

これは、范雎の思うつぼでした、ここぞとばかりに范雎は白起を讒言し

その評判を落とします、昭王は大いに怒り、白起に対して死を命じました。

自分に死が命じられた白起は、激しく動揺します。

 

「戦争に負けたならまだしも、自分は無敗ではないか?

どうして、私が死なないといけないのか?」

 

しかし、思いあぐねても、死の時間は刻一刻と迫っています。

 

逆らった所で、今度は罪人として薄暗い汚い牢獄で首を斬られるだけです。

 

白起が行き着いた自分が死なないといけない理由

 

考えあぐねた結果、白起は思いました。

 

「私は、長平で投降した敵兵40万人を生き埋めにして一夜で殺した

この一点だけでも、私が生きていられる道理があろうか?」

 

こうして紀元前257年白起は自害して果てました。

 

秦の人々は白起を哀れんで、各地に廟を造り祀ったそうです。

 

三国志ライター kawausoの独り言

kawauso 三国志

 

白起という人物を見ていると、50年程後に登場する天才将軍、

韓信を思い起さずにはいられません。

 

韓信も白起も敵の心理を読み切り、縦横無尽に計略を張り巡らす事は

神の如くですが、身内に自分が脅威を与えているという事には、

少しも考えが及ばないというアンバランスな思考を持っています。

 

白起の同僚の王翦は、この失敗から学び、神経質な程に、

始皇帝の心理を読んで、天寿を全うしていますしね。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:始皇帝が求めた不老不死は現代科学ではどれだけ進展したの?権力者が追い求めたアンチエイジングに迫る!

関連記事:【キングダム】信は大将軍の前に「李信」に改名するの?その理由に迫る!

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. よく皖城で共闘できたね?三国志史上最凶に仲が悪かった甘寧と凌統
  2. 張儀(ちょうぎ)とはどんな人?合従策に対抗した外交策を立て歴史に…
  3. キングダムに乗り遅れた人必見!!戦国時代をざっくりと紹介しちゃい…
  4. 5話:頓挫する王莽の新と、後漢王朝の復活
  5. 27話:良い事が無かった曹操に勝機が訪れる!青州兵誕生秘話
  6. 【特別企画】kawausoがあなたの夢を叶えます!三国志にタイム…
  7. これはみみっちい・・実は手紙をガン見していた曹操の逸話
  8. 三国志の時代のお祭りは、どんな様子だったの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【春秋戦国時代】時代の主人公であった魏の文侯の厳選エピソード
  2. 袁盎(えんおう)とはどんな人?国家の為にあえて諫言を発し続けた政治家 Part.1
  3. 始皇帝の偉大な業績!漢字を統一し意思疎通を容易にした中国の産みの親
  4. 騰(とう)は実在したの?史記に全く記されてない謎の天才将軍
  5. 【荀彧の日記念】荀彧の妻は宦官の娘?曹操とのシンクロが半端ない
  6. 【三国志事件簿】名探偵コナンもお手上げ?二宮の変とは一体どんな事件?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

屈原(くつげん)とはどんな人?楚のために命を尽くす有能な政治家 占領する城を増やし領土を広げる国盗りボードゲーム『三国志ダイス』の事前登録を8月22日からスタート 【初めての戦国史】尼子氏再興作戦決行!!しかし・・・・ 董卓の墓は存在するの?三国志観光旅行 関羽、曹操に取りあいをされた人妻 杜夫人 「わしの樊噲じゃ」盗賊達を震え上がらせ、曹操の命を救った許褚の武勇とは? 曹家の文才「三曹七子」って何? 劉邦や劉備も手本にした人物 「重耳」 とは?

おすすめ記事

  1. 【男の嫉妬は怖すぎる】スーパーエリート袁術 VS スター劉繇(りゅうよう)
  2. 姜維は忠臣なのか、それとも愚将か?
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース12記事【10/23〜10/29】
  4. 橋本左内とはどんな人?西郷どんが生涯尊敬した越前の天才
  5. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第37話「武田が来たりて火を放つ」の見どころ紹介
  6. 三國志戦記とはどんなアプリゲーム?
  7. 【獄卒の偉さを思い知った宰相】漢の功臣・周勃の名言とは?
  8. 楚の英雄・項羽と三国志一の強さを誇った呂布には共通点が盛りだくさん

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP