黄巾賊




はじめての三国志

menu

はじめての変

中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

この記事の所要時間: 344

政

 

漫画キングダムでもお馴染みの春秋戦国時代。

500年以上も続いた戦乱を勝ち取り、中華を初めて統一した秦王・政は、その偉業をもって史上初めて自身のことを皇帝と名乗りました。

 

さて、中華を統一した始皇帝ですが、彼は休むことなく統一事業に取り掛かりました。

その理由は、長い戦国時代の中で戦国6国はそれぞれに発展を遂げて、各文化を取り入れ乱れている状況だったからです。

 

そこで始皇帝は秦以後の歴代中国王朝の基礎になった、中央集権制を作り上げることにしました。

キングダム 政

 

もし彼が、この統一改革を行わなければ今の中国は、

東南アジアやヨーロッパのようにバラバラになっていただろうと言われています。

 

さて、そんな彼が行った統一事業を今回は紹介してみよう。

 

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき! 

 

この記事の目次

思想の統一

始皇帝

 

中華統一後に、政治体制を封建制に戻そうと始皇帝に訴える人物がいました。

 

封建制(ほうけんせい)とは、古代周王朝の政治制度のことです。

 

周王が一族や功臣、地方の有力な土豪を諸侯とし、

一定の土地と人民の支配権を与え統治したシステムのことを言い、

中央集権制とは真逆の政治です。

 

これを古代に理想を求める儒家の誤った考えだと、

始皇帝の側近・李斯(りし)は儒家の弾圧を進言しました。

始皇帝にとって、自らの政治を効果的に行うために封建制に戻すことは不都合だったのです。

 

始皇帝は政策を批判する意見を抹殺するため、

儒教の経典や書物を燃やし、咸陽の方士や儒者460人余りを生き埋めにし虐殺しました。

 

この出来事を焚書・坑儒(ふんしょ・こうじゅ)と呼びます。

 

関連記事:老荘思想の創設者|老子と荘子の二人を分かりやすく解説してみた

関連記事:キングダム時代に活躍した法家 商鞅と韓非はどんな人?

 

車輪の統一

逃げる劉備追う曹操

 

秦が統一する前は6カ国とも幅の違う車輪の車を利用していました。

当時の道には、車輪による深い溝ができており、車はその溝に沿って走るため、

他国の車は簡単に侵入することが出来ません。

 

そこで始皇帝は、このレールの幅が中華全土の交通網を妨げになると考え、

車輪の幅を統一することにしました。

 

特に始皇帝は咸陽を中心に道幅約70mの高速道路(馳道)を造らせました。

この高速道(馳道)は普段一般人の立ち入りができない皇帝専用の道路ですが、

緊急事態が起きた場合は戦車も走れる軍用道路です。

 

特に6国(楚・斉・燕・趙・魏・韓)の首都へ通じる道には、

中央に9mもの始皇帝専用の道路が敷かれていました。

 

道路の表層は金属製の鎚でたたいて固めてあったと言われており、

2200年前に作られた道には今でも樹木が生えない場所があります。

 

関連記事:「斉」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介

関連記事:「燕」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介

 

【次のページに続きます】

ページ:

1

2

関連記事

  1. 【取り扱い注意!!】はじさんの中の人、kawausoがリアルに登…
  2. 官渡の戦いを終戦に導いた許攸(きょゆう)は偉大なの!?
  3. 孫権が帝を称した時なぜ蜀で孫呉との同盟破棄の言論が巻き起こったの…
  4. 【シミルボン】カルトの手法は変わらない太平道の信者獲得法
  5. 実在しません!でもめちゃ有名な貂蝉に隠された不滅の人気の秘密は…
  6. 91話:張飛の大手柄 蜀将の厳顔を味方にする
  7. 正史三国志と三国志注に出てくる趙雲はビックリするくらい全然違う!…
  8. 【シミルボン】異議ありまくり!三国志の時代の裁判風景

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【鬼は溺死!】容赦ない三国志の節分臘日(ろうじつ)
  2. 正史三国志と三国志注に出てくる趙雲はビックリするくらい全然違う!
  3. 【不仲説】三国志で一番不仲武将をランキング形式で紹介!
  4. 冒頓単于(ぼくとつぜんう)とはどんな人?漢帝国の宿敵で匈奴の名君Part.1
  5. 意外!?金持ちの息子の曹操は貧乏症だった?
  6. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第12部

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【キングダムに描かれない】秦の時代の貧困のリアルを追ってみる フビライ・ハンとは何者?モンゴル帝国のラスボスに迫る! 何で日本人は三国志が好きなの? 【水滸伝】こいつらが憎っくき悪役達だ!! 仏門教師・太原雪斎とはどんな人?今川義元の幼少期・青年期を支えた坊主軍師 なんか意地悪なイメージがあるけど、曹丕って実際どんな人だったの? 范蠡(はんれい)とはどんな人?越王勾践を助けた謎の天才軍略家 【三国志の原点】董卓を超えた暴虐者・梁冀と宦官の争いが後漢末の群雄割拠の原因だった?

おすすめ記事

  1. 【曹操死す】卞皇后の一番辛くて長い日々
  2. 【三國志曹操伝 ONLINE プレイ攻略4】君も今日から曹操!?はじめての三国志演義曹操編の序盤の攻略ポイント
  3. 【中華二千年の戦い】皇帝の友達宦官vs母方の血族外戚
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース37記事【4/17〜4/23】
  5. 蜀に入れば生き返る!?桃源郷とよみがえりの話
  6. 【はじめての孫子】第11回:兵は多きを益ありとするに非ざるなり。
  7. どうして張飛は士大夫に卑屈なの?
  8. ゴールデンカムイネタバレ予想 130話 誘導灯

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP