広告募集
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての変

中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

この記事の所要時間: 344

政

 

漫画キングダムでもお馴染みの春秋戦国時代。

500年以上も続いた戦乱を勝ち取り、中華を初めて統一した秦王・政は、その偉業をもって史上初めて自身のことを皇帝と名乗りました。

 

さて、中華を統一した始皇帝ですが、彼は休むことなく統一事業に取り掛かりました。

その理由は、長い戦国時代の中で戦国6国はそれぞれに発展を遂げて、各文化を取り入れ乱れている状況だったからです。

 

そこで始皇帝は秦以後の歴代中国王朝の基礎になった、中央集権制を作り上げることにしました。

キングダム 政

 

もし彼が、この統一改革を行わなければ今の中国は、

東南アジアやヨーロッパのようにバラバラになっていただろうと言われています。

 

さて、そんな彼が行った統一事業を今回は紹介してみよう。

 

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき! 

 

この記事の目次

思想の統一

始皇帝

 

中華統一後に、政治体制を封建制に戻そうと始皇帝に訴える人物がいました。

 

封建制(ほうけんせい)とは、古代周王朝の政治制度のことです。

 

周王が一族や功臣、地方の有力な土豪を諸侯とし、

一定の土地と人民の支配権を与え統治したシステムのことを言い、

中央集権制とは真逆の政治です。

 

これを古代に理想を求める儒家の誤った考えだと、

始皇帝の側近・李斯(りし)は儒家の弾圧を進言しました。

始皇帝にとって、自らの政治を効果的に行うために封建制に戻すことは不都合だったのです。

 

始皇帝は政策を批判する意見を抹殺するため、

儒教の経典や書物を燃やし、咸陽の方士や儒者460人余りを生き埋めにし虐殺しました。

 

この出来事を焚書・坑儒(ふんしょ・こうじゅ)と呼びます。

 

関連記事:老荘思想の創設者|老子と荘子の二人を分かりやすく解説してみた

関連記事:キングダム時代に活躍した法家 商鞅と韓非はどんな人?

 

車輪の統一

逃げる劉備追う曹操

 

秦が統一する前は6カ国とも幅の違う車輪の車を利用していました。

当時の道には、車輪による深い溝ができており、車はその溝に沿って走るため、

他国の車は簡単に侵入することが出来ません。

 

そこで始皇帝は、このレールの幅が中華全土の交通網を妨げになると考え、

車輪の幅を統一することにしました。

 

特に始皇帝は咸陽を中心に道幅約70mの高速道路(馳道)を造らせました。

この高速道(馳道)は普段一般人の立ち入りができない皇帝専用の道路ですが、

緊急事態が起きた場合は戦車も走れる軍用道路です。

 

特に6国(楚・斉・燕・趙・魏・韓)の首都へ通じる道には、

中央に9mもの始皇帝専用の道路が敷かれていました。

 

道路の表層は金属製の鎚でたたいて固めてあったと言われており、

2200年前に作られた道には今でも樹木が生えない場所があります。

 

関連記事:「斉」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介

関連記事:「燕」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介

 

【次のページに続きます】

ページ:

1

2

関連記事

  1. 曹丕、それはちょっとやり過ぎじゃね?孟達への溺愛っぷりがヤバイ!…
  2. 現代ビジネスマンの必携の書?兵法書『孫子』とその作者について
  3. 三国時代の音楽ってどんな感じだったの?
  4. 三国志の人々の精神に影響を与えた論語(ろんご)って何?
  5. もし趙雲が魏に仕えていたらどうなっていた?【ろひもと理穂if考察…
  6. 陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家…
  7. たった26年の生涯を駆け抜けた小覇王・孫策
  8. えぇぇ~!?あの孔明が劉備に対して怒りの仮病!?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 刎頚の交わりを結んだのに・・・張耳と陳余の数奇な運命
  2. 【戦国四君の食客の名言】人間関係を達観した馮驩の名言
  3. 【管鮑の交わりとは何?】管仲と鮑叔の友情を描いた故事
  4. 三国志の時代に実際にあった計略について徹底紹介
  5. 【曹操死す】卞皇后の一番辛くて長い日々
  6. 95話:馬超と張飛の一騎打ち

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

時空を超える関羽、琉球の民話に登場 字で考える三国志 「字(あざな)」について詳しく解説 三国時代では数学が出来ないと下級役人にもなれない?算籌を徹底紹介! 【if三国志】赤壁の戦い前に呉が魏に降伏していたらどうなったの? 【姜維の北伐】実は「絹の道」シルクロードを奪って西域との貿易を考えていた 董卓は何で李儒や賈詡がいたのに賈詡を重用しなかったの? 徐璆(じょきゅう)とはどんな人?曹操より丞相を譲ろうとされた男 屁理屈から論理的に導く名家ってどんな人達?

おすすめ記事

  1. 遊侠の人・郭解の悲しい最後、慕う人が多すぎて無残な最後を迎える
  2. もし司馬懿が赤壁の戦いに参加していたら魏はどうなった?
  3. 毛利家に敗北して浪人となった山中鹿之助の修行
  4. 劉備より先に五斗米道の教祖・張魯が漢中王になった可能性が浮上
  5. 【第8回 幻想少女】難攻不落の第十章攻略が面白い!はまってきました♪
  6. 白眼視の元になった竹林の七賢の阮籍、三国時代の故事成語
  7. 三国志の有名武将のように私も歴史に名前を残したい!どうしたらいい?
  8. 何で曹操はあれだけ関羽を愛していたのに配下から逃がしたの?

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP