朝まで三国志悪
北伐




はじめての三国志

menu

はじめての変

【はじめての孫子】第9回:其の疾きことは風の如く、其の徐なることは林の如く

この記事の所要時間: 411
photo credit: _DSC2990 via photopin (license)

photo credit: _DSC2990 via photopin (license)

 

さて、「はじめての孫子」第9回は「軍争篇」。

孫子が軍隊の行軍について解説しています。

あの、日本人なら誰もが知っているフレーズも登場!!

 

それでは、早速始めてまいりましょう。

 

前回記事:【はじめての孫子】第8回:夫れ兵の形は水に象(かたど)る。

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき!

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

 

 

「軍争」の要点

photo credit: GALLECS via photopin (license)

photo credit: GALLECS via photopin (license)

 

◯兵を疲弊させる長距離遠征は危険

 

◯敵に自軍の行動を悟らせないよう、臨機応変に行動すべし

 

◯敵を疲弊させてから攻撃するのが上策

 

 

長距離遠征はとっても危険

 

よく鍛えられた兵士でも、つまるところは人間です。

長距離を歩けば疲れもするし、腹も減ります。まして、重い甲冑やカブトを身につけ武器を携行しているのですから、その負担は並大抵のものではありません。

 

遠くの戦場へ早く移動しようとする程、兵隊は疲れ、それだけ戦いに不利になります。

まあ、当然のことですよね。敵より有利な地点に陣を敷こうと焦って、遠いところへ何日も昼夜分かたず進軍……

なんてことになれば、いざ実戦というときに兵士は疲労困憊、戦うどころではなくなってしまいます。

 

さらにここで問題になってくるのが輜重部隊です。

輜重部隊とは要するに輸送部隊のこと。ロボットではないのですから、飲まず食わずで戦うわけにはいきません。

だから当然、軍隊は食糧を持って行軍することになります。

 

食糧や他に必要となる資材などを輸送することを受け持つのが輜重部隊です。

ただでさえ重い甲冑や武器を身につけた兵士たちが大量の物資を運ぶのですから、当然、その移動速度は遅くなります。

 

もし、敵に先んじて戦場へ到着しようと、無理に急いで行軍すれば、重い荷物を運搬する輜重部隊はそれについて行くことができず、脱落してしまうかもしれません。

 

そんなことになれば、兵士は食べるものもない状態で戦わなければならなくなり、これは大変に危険な状態です。

 

行軍のリスクとなるのは距離や速度だけではありません。

行軍するその道筋が、いつも平坦な道とは限りません。時には険しい山や前進をはばむ鬱蒼とした森、橋のかかっていない川がその行く手を阻むこともあるでしょう。

 

そういう状況に出くわす度に、いちいち回避するのではただでさえ長距離遠征のリスクを負っているところに、更に無駄な距離を移動する羽目になってしまいます。

孫子は地形を把握し、土地の地形に詳しい案内役をちゃんと使って、そういうことにならないよう、注意を促しています。

 

八甲田山の悲劇が教えてくれる教訓

 

1902年1月、青森県で雪中行軍隊が猛吹雪に巻き込まれて遭難、行軍訓練に参加していた210名のうち、199名が死ぬという痛ましい事件が起こりました。

この遭難事件の顛末を作家の新田次郎が『八甲田山死の彷徨』というタイトルで小説化、1977年には映画化されたことでも知られています。

 

この雪中行軍隊がなぜ遭難したかについてはいくつかの要因が考えられていますが、そのうちのひとつに情報不足が挙げられています。

実際に行軍を指揮した神成文吉(かんなりぶんきち)大尉が前任の指揮官に変わって部隊長になったのは行軍実施のわずか3週間前で、十分な予行演習も行うこともできませんでした。

 

神成大尉自身、将校として雪中行軍を指揮したことはそれまでなく、部隊の半数が雪国の出身者ではなかったなど、とにかく今回行われる雪中行軍に関する情報に乏しかったことが、部隊を混乱させた大きな要因であると考えられています。

 

いかにして、敵を不利な状況に陥れるか?

 

このように、孫子は無謀な長距離遠征を厳にいましめていますが、それは裏返せば敵をそういう状況に追い込むことで自軍が有利になるということです。

 

しかし、それを実行するために必要不可欠な条件があります。

それは敵に自軍の動きを知られ、行動を予測されてはいけないということです。

敵を罠にかけようとしても、敵に察知されてしまったら元も子もありません。

 

だから孫子は、軍を動かすに際しては、あるときは迅速に進み、またある時は静かに待機して、敵に自軍の行動を悟らせないよう工夫する必要があると説いています。

 

その様子を、孫子はこう描写しています。

 

其疾如風

其徐如林

侵掠如火

不動如山

難知如陰

動如雷震

掠郷分衆

廓地分利

懸権而動

 

疾風のようにすばやく進撃し

林の木々のように静かに待機し

火が燃え広がるように一気に進行し、

山のようにどっしり構えて居座り、

暗闇に潜むようにその姿を隠し

雷鳴のように突然動き、

部隊をわけて敵を陽動し

占領した要地は手分けして守備し、

権謀術数をつくして機動する。

 

【次のページに続きます】

 

ページ:

1

2

関連記事

  1. 【袁紹と袁術の関係を正す】其の1・字からの考察
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【8/22〜8/2…
  3. 3分で分かるアンティキティラ島の機械の技術力の高さ!
  4. 屁理屈から論理的に導く名家ってどんな人達?
  5. 孫権の部下に三君有り!孫呉三君とはいったい誰を指すの?
  6. 黄忠や厳顔のような老兵は実際に戦争では最前線に立っていたの?
  7. 古代中国のコペルニクスは孔明だった?彼はなぜ天文学を学んだの?
  8. 2分で分かる合肥の戦い その5 孫権には甘寧がいる

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 偽撃転殺の計VS虚誘掩殺の計
  2. 【軍師連盟】司馬懿は電光石火の行軍が得意だった?
  3. 取次制度って何?違った角度から戦国時代を見てみよう!
  4. 【第四回 放置少女】伏龍参戦の新イベントと公孫瓚に挑んでくるぜ!!
  5. 【異説三国志】三顧の礼はホントはなかったかもしれない!
  6. 三国志:前半戦のまとめその1(董卓登場まで)

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

夏候惇と言えば独眼竜? 呉にもラストサムライが存在した!孫呉の最後を飾った張悌に迫る! 【三国志の民話】情けない顔で帰ってくる周瑜に小喬ブチ切れ! 鄒忌(すうき)とはどんな人?ある楽器の腕前で宰相まで成り上がった斉のナルシスト宰相 趙娥(ちょうが)とはどんな人?復讐者兼暗殺者であった烈女・龐蛾親(ほうがしん) 范雎(はんしょ)とはどんな人?平民から秦の宰相まで上り詰め、恩と復讐を忘れなかった苦労人 33話:度重なる幸運にハングリーさを失う曹操 【戦国四君の食客の名言】人間関係を達観した馮驩の名言

おすすめ記事

  1. 馬陵の戦い(ばりょうのたたかい)ってどんな戦い?孫臏を有名にさせた戦
  2. 【政界の怪物】田中角栄が日本に残した功績って何?
  3. 三国志演義と正史・汴水の戦いを比較
  4. 何で劉備と司馬懿は無能な人間のふりをしたの?分かりやすく解説してみるよ
  5. 【ネコ派必見】猫にまつわる中国史の逸話!古代漢民族は無類の猫好きだった?
  6. 曹丕、それはちょっとやり過ぎじゃね?孟達への溺愛っぷりがヤバイ!
  7. 【リアルチート】光武帝・劉秀(りゅうしゅう)ってどんな人?優れた政策と逸話 Part.3
  8. 3連休に三国志の美少女たちを放置プレイしない?三国志系ゲーム『放置少女』

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP