三国志や曹操を分かりやすく紹介|はじめての三国志

menu

はじめての変

【はじめての孫子】第8回:夫れ兵の形は水に象(かたど)る。

photo credit: Sunset Storm with Lightning over Seedskadee National Wildlife Refuge via photopin (license)
この記事の所要時間: 41

 

「はじめての孫子」8回目。今回は「虚実篇」
これまで語ってきた戦略、戦術の総論の締めとして、孫子はここで合戦に勝つための2つの重要なポイントを説明しています。

『兵(戦)の形は水のようなものである』

孫子のその言葉には、一体どのような意味があるのでしょうか?

 

前回記事:【はじめての孫子】第7回:凡そ戦いは、正を以て合い、奇を以て勝つ。

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき!

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

 

 

「虚実篇」の要点

孫子の兵法 曹操

 

●最も重要なことは戦いの主導権を取ることである。

●先手を取って、相手を意のままに動かすべし。

●兵力を集中すること。分散は愚策である。

●敵情を知り、その虚を突くべし。

■機先を制し、先手を打つことの重要性

 

前回まで、孫子は守ることの重要性を繰り返し主張してきましたが、彼の言う守勢とは消極性を表すものではありません。

むしろ孫子は、相手に先立って軍を動かし、敵に先んじて戦闘の主導権を握ることの重要性を説いています。

 

守備をするにしても、まず、自軍にとって守りに有利となる場所に布陣をすることが必要です。

そして、敵の先手を取ることは、単に守備することにとって有利となる以上のメリットを自軍にもたらします。

 

 

先手を取ることでどんなメリットが得られるか?

 

●先に布陣して待ち構えれば、自軍の兵士はその間休息を取ることができる。

しかし、後から駆けつけてきた敵軍は休む間もなく戦いを始めなければならず、最初から疲れた状態で戦闘しなければいけない。

 

●先んじて行動してみせることで、敵軍を陽動し、あたかも敵にとって有利に戦えると思える場所に誘い出すことができる。

逆に、自軍にとって不利な場所に敵が布陣しないよう、それが誤った判断と思い込ませることもできる。

 

●敵が布陣し守りを固めていても、行動の主導権を取れば、敵が守りを捨てて行軍して来ざるを得ないよう、要地を攻め立てることができる。

 

●先手を取って行軍すれば、その過程で敵に急襲される恐れはなくなる。

 

●敵に先行すれば、敵がまだ守備を固めていない要所を攻撃してやすやすと攻め落とすことができる。

 

常に先手先手を取って、相手に自分の意のままに行動する自由を与えないこと。これが重要であると孫子は説いています。

 

関連記事:武経七書(ぶけいしちしょ)って何? 兵家を代表する七つの書物

関連記事:これぞ戦争の極意!!兵家の思想ってどんな思想?

 

戦争は数だよ、兄貴!!

 

……と孫子が言ったわけではありませんが、多数が少数に勝つのは戦争のもっとも基本的な原理と言えます。

 

もちろん、前回紹介した合肥の戦いや、日本における桶狭間の戦いのような例外もありますが、

それらは基本的に敵がその数ほどの戦力を出し得ない状況にあったからこそ少数が多数に勝利しえた数少ない事例となったのです。

 

孫子はまず敵の機先を制して行動することの重要性を説き、

次にそうすることで、自分の手のうちを敵に見せることなく、相手を翻弄し、自軍の行動を隠すことができると言います。

 

敵と味方の兵力が1:1の場合、両軍がそのまま激突すれば自軍はそれと同様の戦力を持つ敵と戦うことになります。

数で同等の戦いですから、そこには例え勝てたとしても、少なからぬ損害を被ることは間違いありません。

 

しかし、敵の機先を制して、相手に悟らせないまま自軍の有利な地点で待ち構えることができればどうでしょう?

敵は自軍の行動が予想できなくなり、自軍が布陣している可能性のある地点に兵力を分散して向かわせざるを得ません。

 

敵が十箇所に分散してしまえば、自軍は十分の一の戦力と戦うことになり、これなら圧倒的有利に戦うことが可能です。

兵力の拡散は古今東西最も愚策とされており、孫子もまた、そのことをキツく戒めています。

 

ページ:

1

2

関連記事

  1. エドワード黒太子 wiki 【三国志で例えるよ】初心者でも『エドワード黒太子』が分かる。西洋…
  2. 趙雲 人気の理由 趙雲ってどんな人?|投票ランキング1位の理由
  3. 三国時代の兵器(魏軍合体ロボ) 曹操 三国志演義に登場する兵器
  4. 7月週刊まとめ 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【6/27〜7/3…
  5. 毛沢東 毛沢東(もうたくとう)とはどんな人?中国の赤い星の生涯
  6. 不老不死 始皇帝 始皇帝は不老不死を求めて何で水銀を飲んだの?
  7. 周瑜くやしい 呉 74話:孔明に嫉妬する周瑜
  8. 西郷隆盛 ゆるキャラ 劉備と西郷隆盛の共通点って何?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 劉備 関羽途方 ぶち切れ
  2. 朝まで三国志 呂布
  3. 五禽戯 華佗
  4. 荀攸
  5. 孔融と禰衡
  6. すっぱーーーーー 許褚 ゆるキャラ
  7. 曹仁
  8. 禰衡2
  9. 山里さん似 炎上
  10. 3fes2015_Main-Visual

おすすめ記事

  1. 胡烈(これつ)とはどんな人?姜維と鍾会の夢を打ち砕いた晋の将軍【晋の将軍列伝】 photo credit: Sunset Through Trees via photopin (license)
  2. 51話:武将を惹きつける人間磁石 劉備玄徳 劉備 関平
  3. 東方明珠のへなちょこ長江旅行記 その3 気球 三国志
  4. 小早川隆景(こばやかわ たかかげ)とはどんな人?毛利を支えた三本の矢 小早川隆景 wiki
  5. 潘璋(はんしょう)とはどんな人?素行や勤務態度は悪いけど呉の最強武将 潘璋
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース14記事【11/28〜12/4】 sangokushi_weekly_banner

三國志雑学

  1. 曹操
  2. 五斗米道 はじめての三国志
  3. photo credit: Everything you can imagine is real. via photopin (license)
  4. 曹丕
  5. 袁術 呂布

ピックアップ記事

  1. 08_tory_railtrack_ubt
  2. 空城も計 孔明
  3. 始皇帝
  4. 曹操 弱点 蟻
  5. 趙雲
  6. 曹操
  7. 文王 (周) wiki
  8. 三国志地図 州

おすすめ記事

孔明 司馬懿 名前はどこで 諸葛亮孔明、司馬懿仲達、名前はどこで区切るの? 蒼天航路 引用 【ネオ三国志】第6話:曹操美女にうつつを抜かして大敗北【蒼天航路】 韓信 【衝撃の事実】国士無双と言われた韓信に子孫がいた? 赤壁の戦い 曹操 曹操「赤壁で負けてなんていないんだからねっ」 劉備 これはキツイ!健康が回復するかで刑罰が決まる保辜(ほこ) 朝まで三国志 理屈は確かにそうだけど・・中2病的な袁術の皇帝即位の理由とは? 荀彧 曹操 荀彧は曹操の下でどんな仕事をしていたの?尚書令について超分かりやすく解説 孔明 出師 これだけ読めば丸わかり!孔明が身に着けている羽毛扇などのトレードマークの理由!

おすすめ記事

  1. 【3分で分かる】和歌(わか)って何?ルールとかあるの? 小野小町
  2. 秦国六大将軍、胡傷(こしょう)は王翦の師匠だった!? 王翦
  3. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第10部 朝まで三国志
  4. 実は孔明は墨者(ぼくしゃ)だった!?意外すぎる6つの理由 孔明  墨者
  5. はじめての三国志スタッフが選ぶ三国志おすすめゲーム3選 三国志 ゲーム
  6. なぜか気になる夢占い!曹操も劉備も初夢を占った?古代中国の夢占いと衰退した理由 表情 董卓05
  7. 【キングダム】桓騎の死に方を史実を元に3つネタバレ予想 桓騎に 敗北
  8. 将軍ハンニバルとはどんな人?韓信と同時代にローマを震撼させた漫画みたいなスゴイ奴 ハンニバル

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP