広告募集
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての変

【あるはずのない超技術】兵馬俑から発掘されたクロムメッキ剣はオーパーツなのか?現代科学でも説明困難な古代のロストテクノロジー(HMR)

この記事の所要時間: 42




 

1974年、中国で秦の始皇帝の墓所である始皇帝陵(しこうていりょう)が発見された際、

その陵を囲むように作られた兵馬俑坑(へいばようこう)も同時に発見されました。

兵馬俑坑には、陶器製の実物大の兵士や馬の像(俑)が収められていました。

その数はなんと8000体にも及びます。

 

兵馬俑 クロムメッキ

 

兵士の俑は青銅の剣を腰に帯びていました。

この剣はクロムメッキが施され、発見された際、まったく錆びていなかったといいます。

 

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき!

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる




近代のメッキ技術

photo credit: Lost & Found via photopin (license)

photo credit: Lost & Found via photopin (license)

 

クロムメッキの技術は一般には1937年にドイツで発明されたものとして知られており、

2000年以上前に造られた兵馬俑からなぜクロムメッキを施された剣が出土したのか謎とされました。

 

今回、『はじさんミステリー調査班(HMR)』では、オーパーツ(その時代にありえない技術で作られたとされる遺物)とも言われる、このクロムメッキ剣の謎に迫ってみました。




秦の時代、メッキ技術はすでに存在していた

ニネヴェから出土した馬銜 wiki

 

金属にメッキを施す技術それ自体は、秦よりも更に1300年ほど前、スズを使ったメッキがメソポタミアのアッシリアで行われていたことが知られています。

メッキ技術を世界に広めたのは、スキタイの騎馬民族であると考えられています。

 

スキタイ wiki

 

彼らは金属製の馬具に装飾を施し、それに金メッキをしていました。

彼らがユーラシア大陸一帯移動することで、金メッキの技術も広まっていったわけです。

(写真はニネヴェから出土した馬銜)

 

中国でメッキ技術が用いられた時代

photo credit: liquid gold via photopin (license)

photo credit: liquid gold via photopin (license)

 

中国でメッキ技術が用いられるようになったのは、春秋戦国時代の後期でした。

それはスキタイの金メッキ技術の影響を受けたもので、後漢時代に中国で仏教が広まると金メッキをした仏像が作られるようになります。

 

この頃の金メッキは、金と水銀を混ぜて粘土状にしたアマルガムというものを仏像に塗って炭火で加熱、

水銀を蒸発させて金だけを残すという方法で行われていました。

 

奈良の大仏はもともと金ピカだった

 

日本でも、奈良の大仏に同じ方法で金メッキが施されたことが知られています。

大仏はもともと、金メッキを施された黄金の仏像だったわけです。

しかし、あの巨大な大仏に金メッキを施すとなると、大量の水銀が必要でした。

その大量の水銀を蒸発させたのだから、周囲に影響がでないはずがありません。

 

大仏を作っていた頃、その周囲では疫病が蔓延し、大仏が完成するとそれが治まったので、人々は大仏の功徳であると喜んだそうですが、実はその大仏こそが疫病の原因だった可能性が高いとは、なんとも皮肉な話です。

 

なぜ、兵馬俑の剣にクロムメッキが施されたのか

photo credit: Warrior via photopin (license)

photo credit: Warrior via photopin (license)

 

つまり、メッキ技術そのものは、秦の時代にはすでにごく普通の技術として中国でも普及していたことになります。

ただ、基本的にこの頃用いられていたのは金を使ったメッキで、その用途は主に装飾品であったと考えられます。

 

クロムという金属は近代になってから工業用途で用いられるようになりましたが、古代にはその存在自体がほとんど知られていませんでした。

メッキ自体は普通に行われていたものだとしても、なぜ、当時その存在が知られていなかったはずのクロムを用いたメッキが、兵馬俑に収められた剣に施されていたのでしょうか?

 

そのヒントは、メッキに用いられるもうひとつの金属……水銀にあると思われます。

 

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 呉の諸葛恪が目指した政治は孔明のパクリだった!?
  2. 呆れた!油断も隙もない!孔明にもつばをつけていた曹操?
  3. 曹操の誕生日に孫権から贈られてきたとっても嬉しくない贈り物って何…
  4. 劉備入蜀の立役者、龐統の全戦歴
  5. 【秦の宰相】呂不韋の人生をかけた計画に危機が訪れる
  6. 【月間まとめ】2016年2月の注目ニュース10選!
  7. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【8/8〜8/14…
  8. 公孫淵(こうそんえん)とはどんな人?遼東の王として君臨するも自ら…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 文鴦(ぶんおう)ってどんな人?趙雲に匹敵した勇将
  2. 馬援(ばえん)とはどんな人?趙の三大天の一人趙奢を先祖に持ち子孫に馬超
  3. 【呉が好きな人は見ないで下さい】魏や蜀に負けるものか!俺達は呉の十二神将
  4. 銅雀台(どうじゃくだい)ってなに?どんな建物で何をするところだったの?
  5. 献帝(けんてい)とはどんな人?後漢のラストエンペラーの成人期
  6. 周瑜の名言から知る三国志の世界「人生れれば死あり。修短は命なり」

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース37記事【4/17〜4/23】 後漢王朝の華だった尹夫人の波乱万丈の生涯Part.2 【三国志if】もしも劉備が諸葛亮孔明にフラれていたら!? 法正は名軍師だったの?性格が最悪な徳性なき蜀の天才参謀 【歴史嫌いな中高生必見】春秋戦国時代はいつ始まってどこで終えたの? キングダム 513話 ネタバレ予想:王翦は落ちない鄴をどう落すのか? 【光武帝の伝説の戦い】劉秀の評判がこんなにも高い秘密はここにあった! 34話:女好きの英雄曹操、危機一髪の大失敗

おすすめ記事

  1. これぞジパングの国!武田信玄の金山採掘法と採掘された金の使いみちが気になる!
  2. 【はじめての孫子】第10回:九変の利に通ずる者は、兵を用うることを知る
  3. 109話:曹丕が献帝を廃し魏を建国
  4. 吉川元春(きっかわもとはる)がスゴイ!敵と味方から恐れられた戦の達人
  5. 王騎の矛はどういう武器なの?矛と槍との違いも徹底解説!
  6. 集まれ曹操の25人の息子たち・その2
  7. 三国志バトル3DRPG『異世界三国志』の予約Top10における事前予約受付をスタート
  8. 【角栄ブームを斬る】田中角栄の裏の顔!原発利権で国土を汚したダーティーな男

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP