架空戦記
項羽vs呂布

はじめての三国志

menu

はじめての変

【あるはずのない超技術】兵馬俑から発掘されたクロムメッキ剣はオーパーツなのか?現代科学でも説明困難な古代のロストテクノロジー(HMR)

この記事の所要時間: 44




 

1974年、中国で秦の始皇帝の墓所である始皇帝陵(しこうていりょう)が発見された際、

その陵を囲むように作られた兵馬俑坑(へいばようこう)も同時に発見されました。

兵馬俑坑には、陶器製の実物大の兵士や馬の像(俑)が収められていました。

その数はなんと8000体にも及びます。

 

兵馬俑 クロムメッキ

 

兵士の俑は青銅の剣を腰に帯びていました。

この剣はクロムメッキが施され、発見された際、まったく錆びていなかったといいます。

 

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき!

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる




近代のメッキ技術

photo credit: Lost & Found via photopin (license)

photo credit: Lost & Found via photopin (license)

 

クロムメッキの技術は一般には1937年にドイツで発明されたものとして知られており、

2000年以上前に造られた兵馬俑からなぜクロムメッキを施された剣が出土したのか謎とされました。

 

今回、『はじさんミステリー調査班(HMR)』では、オーパーツ(その時代にありえない技術で作られたとされる遺物)とも言われる、このクロムメッキ剣の謎に迫ってみました。




秦の時代、メッキ技術はすでに存在していた

ニネヴェから出土した馬銜 wiki

 

金属にメッキを施す技術それ自体は、秦よりも更に1300年ほど前、スズを使ったメッキがメソポタミアのアッシリアで行われていたことが知られています。

メッキ技術を世界に広めたのは、スキタイの騎馬民族であると考えられています。

 

スキタイ wiki

 

彼らは金属製の馬具に装飾を施し、それに金メッキをしていました。

彼らがユーラシア大陸一帯移動することで、金メッキの技術も広まっていったわけです。

(写真はニネヴェから出土した馬銜)

 

中国でメッキ技術が用いられた時代

photo credit: liquid gold via photopin (license)

photo credit: liquid gold via photopin (license)

 

中国でメッキ技術が用いられるようになったのは、春秋戦国時代の後期でした。

それはスキタイの金メッキ技術の影響を受けたもので、後漢時代に中国で仏教が広まると金メッキをした仏像が作られるようになります。

 

この頃の金メッキは、金と水銀を混ぜて粘土状にしたアマルガムというものを仏像に塗って炭火で加熱、

水銀を蒸発させて金だけを残すという方法で行われていました。

 

奈良の大仏はもともと金ピカだった

 

日本でも、奈良の大仏に同じ方法で金メッキが施されたことが知られています。

大仏はもともと、金メッキを施された黄金の仏像だったわけです。

しかし、あの巨大な大仏に金メッキを施すとなると、大量の水銀が必要でした。

その大量の水銀を蒸発させたのだから、周囲に影響がでないはずがありません。

 

大仏を作っていた頃、その周囲では疫病が蔓延し、大仏が完成するとそれが治まったので、人々は大仏の功徳であると喜んだそうですが、実はその大仏こそが疫病の原因だった可能性が高いとは、なんとも皮肉な話です。

 

なぜ、兵馬俑の剣にクロムメッキが施されたのか

photo credit: Warrior via photopin (license)

photo credit: Warrior via photopin (license)

 

つまり、メッキ技術そのものは、秦の時代にはすでにごく普通の技術として中国でも普及していたことになります。

ただ、基本的にこの頃用いられていたのは金を使ったメッキで、その用途は主に装飾品であったと考えられます。

 

クロムという金属は近代になってから工業用途で用いられるようになりましたが、古代にはその存在自体がほとんど知られていませんでした。

メッキ自体は普通に行われていたものだとしても、なぜ、当時その存在が知られていなかったはずのクロムを用いたメッキが、兵馬俑に収められた剣に施されていたのでしょうか?

 

そのヒントは、メッキに用いられるもうひとつの金属……水銀にあると思われます。

 

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 【キングダムネタバレ】ちょ~先読み!桓騎(かんき)李牧(りぼく)…
  2. 楽進(がくしん)ってどんな人?演義では地味だが正史では大活躍しち…
  3. 項翼(こうよく)は実在した?彼は項羽の父なのか?【キングダム考察…
  4. 劉備の蜀攻略戦で活躍したのは武将ばかりではなく、みんな知っている…
  5. 【シミルボン】真面目そうな夏侯惇がやってしまったロックな行動の理…
  6. 【キングダム】昌文君が李斯を土下座説得!何で昌文君は李斯があんな…
  7. 卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.1
  8. 【シミルボン】意外に現代っ子?飽きっぽく思いつき行動が多い曹操

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. これぞ重箱の隅!三国志の時代の調理具・食器特集!
  2. 大阪冬の陣では後藤又兵衛はどんな活躍をしたの?
  3. 関羽は味方に嫌われ孤立していた?その驚くべき理由とは?
  4. 漢帝国樹立に尽くした名軍師・張良は仙人になるために◯◯を取り入れていた!
  5. 太平道だけじゃない!後漢末はどんな宗教が流行ったの?
  6. 【真田丸特集】徳川三傑・本多忠勝と蜀の五虎将軍・張飛を対比してみた

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

前漢の外交官・張騫(ちょうけん)は大月氏と同盟を結ぶために西の国へ 現代医学からみた劉備玄徳の死因…驚愕の真実が発覚!! 【三国志作家】伴野朗のとんだ災難、事実は小説より奇なり? 三国志に出てくる羌族ってどんな民族? 秦の昭襄王(しょうじょうおう)って戦神と言われるほど本当に強かったの? 韓遂(かんすい)とはどんな人?生涯の大半を反乱にささげた不屈の反骨心【後半】 関銀屏(かんぎんぺい)とはどんな人?まさに三国志界のジェダイの騎士 遼来遼来!! 泣く子も黙る張遼の合肥伝説

おすすめ記事

  1. 田豫(でんよ)とはどんな人?魏の国境付近の平和を勝ち取っていた異民族政策のプロ
  2. 【保存版】三国志に登場する兄弟をドーンと紹介!!【三國志兄弟物語】
  3. 三国志の猛将に絡まれちゃった!!貴方ならどうする?身を守る究極の方法を伝授します!
  4. 盧綰(ろわん)とはどんな人?劉邦の親友でもあり辛苦を共にした男
  5. 媧燐(かりん)は実在した?ベトナムの女桀と呉の陸胤の戦いの意外な決着
  6. コーエー三國志の李儒は何であんなにパラメーターが高いの?
  7. 【マイナー武将列伝】賈詡は有名だけどご主人の張繍って誰?
  8. 【1周年記念】厨二病中年、石川克世とはどんな人物か?

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP