朝まで三国志軍師
広告




はじめての三国志

menu

はじめての変

【あるはずのない超技術】兵馬俑から発掘されたクロムメッキ剣はオーパーツなのか?現代科学でも説明困難な古代のロストテクノロジー(HMR)

この記事の所要時間: 42




 

1974年、中国で秦の始皇帝の墓所である始皇帝陵(しこうていりょう)が発見された際、

その陵を囲むように作られた兵馬俑坑(へいばようこう)も同時に発見されました。

兵馬俑坑には、陶器製の実物大の兵士や馬の像(俑)が収められていました。

その数はなんと8000体にも及びます。

 

兵馬俑 クロムメッキ

 

兵士の俑は青銅の剣を腰に帯びていました。

この剣はクロムメッキが施され、発見された際、まったく錆びていなかったといいます。

 

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき!

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる




近代のメッキ技術

photo credit: Lost & Found via photopin (license)

photo credit: Lost & Found via photopin (license)

 

クロムメッキの技術は一般には1937年にドイツで発明されたものとして知られており、

2000年以上前に造られた兵馬俑からなぜクロムメッキを施された剣が出土したのか謎とされました。

 

今回、『はじさんミステリー調査班(HMR)』では、オーパーツ(その時代にありえない技術で作られたとされる遺物)とも言われる、このクロムメッキ剣の謎に迫ってみました。




秦の時代、メッキ技術はすでに存在していた

ニネヴェから出土した馬銜 wiki

 

金属にメッキを施す技術それ自体は、秦よりも更に1300年ほど前、スズを使ったメッキがメソポタミアのアッシリアで行われていたことが知られています。

メッキ技術を世界に広めたのは、スキタイの騎馬民族であると考えられています。

 

スキタイ wiki

 

彼らは金属製の馬具に装飾を施し、それに金メッキをしていました。

彼らがユーラシア大陸一帯移動することで、金メッキの技術も広まっていったわけです。

(写真はニネヴェから出土した馬銜)

 

中国でメッキ技術が用いられた時代

photo credit: liquid gold via photopin (license)

photo credit: liquid gold via photopin (license)

 

中国でメッキ技術が用いられるようになったのは、春秋戦国時代の後期でした。

それはスキタイの金メッキ技術の影響を受けたもので、後漢時代に中国で仏教が広まると金メッキをした仏像が作られるようになります。

 

この頃の金メッキは、金と水銀を混ぜて粘土状にしたアマルガムというものを仏像に塗って炭火で加熱、

水銀を蒸発させて金だけを残すという方法で行われていました。

 

奈良の大仏はもともと金ピカだった

 

日本でも、奈良の大仏に同じ方法で金メッキが施されたことが知られています。

大仏はもともと、金メッキを施された黄金の仏像だったわけです。

しかし、あの巨大な大仏に金メッキを施すとなると、大量の水銀が必要でした。

その大量の水銀を蒸発させたのだから、周囲に影響がでないはずがありません。

 

大仏を作っていた頃、その周囲では疫病が蔓延し、大仏が完成するとそれが治まったので、人々は大仏の功徳であると喜んだそうですが、実はその大仏こそが疫病の原因だった可能性が高いとは、なんとも皮肉な話です。

 

なぜ、兵馬俑の剣にクロムメッキが施されたのか

photo credit: Warrior via photopin (license)

photo credit: Warrior via photopin (license)

 

つまり、メッキ技術そのものは、秦の時代にはすでにごく普通の技術として中国でも普及していたことになります。

ただ、基本的にこの頃用いられていたのは金を使ったメッキで、その用途は主に装飾品であったと考えられます。

 

クロムという金属は近代になってから工業用途で用いられるようになりましたが、古代にはその存在自体がほとんど知られていませんでした。

メッキ自体は普通に行われていたものだとしても、なぜ、当時その存在が知られていなかったはずのクロムを用いたメッキが、兵馬俑に収められた剣に施されていたのでしょうか?

 

そのヒントは、メッキに用いられるもうひとつの金属……水銀にあると思われます。

 

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 献帝(けんてい)とはどんな人?後漢のラストエンペラーの成人期
  2. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.4
  3. 三国志時代の兵士の給料と戦死した場合、遺族はどうなってたの?
  4. 【名将対決】雷神と恐れられた名将立花道雪VS呉の名将陸遜 Par…
  5. 【キングダム考察】王翦が自ら戦わない理由は史実にあった!
  6. まったく安心できない三国志の全裸男、禰衡(でいこう)
  7. 架空戦記の走り? 『反三国志演義』を知っていますか?
  8. 許褚はどんな顔をしていたの?三国志のそもそも論

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【驚愕の事実】三国志ではなく五国志だった!士燮(ししょう)勢力の台頭
  2. 孔明と曹操は相性が抜群?もし孔明が魏に仕えていたら歴史はどうなった?
  3. 丞相、校尉、都督……? 三国時代の役職(官職)が分かりづらい!
  4. 【三国志事件簿】名探偵コナンもお手上げ?二宮の変とは一体どんな事件?
  5. 【龐煖の死】対趙攻略戦を地図で解説&大胆キングダム予想!
  6. 悪女か?恩義に生きた美女か貂蝉の生涯とは?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

蓋勲(がいくん)とはどんな人?霊帝に信頼され董卓が恐れた硬骨漢 戦う思想家集団 墨家(ぼくか)とは何者? まったく安心できない三国志の全裸男、禰衡(でいこう) 小早川秀秋は関ヶ原の戦いでなんで西軍を裏切ったのか? 【管鮑の交わりとは何?】管仲と鮑叔の友情を描いた故事 あの甘寧が? 天下二分の計を唱えた三国志一の海賊王 孔融(こうゆう)とはどんな人?孔子の子孫だが、曹操を批判して身を亡ぼした学者 曹操の詩の世界を体験してみよう

おすすめ記事

  1. 鬼畜なのは桓騎だけではない!残虐性を兼ね備えた歴史上の人物3選
  2. 【水滸伝】こいつらが憎っくき悪役達だ!!
  3. 三国志の時代を彩った烈女たちの生涯を紹介!
  4. キングダム 532話 ネタバレ予想:信が麻紘軍を率いて李牧と激突?
  5. 65話:絶望する劉備に孔明が授けた天下三分の計
  6. 「後漢の州人口」から読み解く群雄の力!曹操が袁紹の本拠地を欲しがった理由も分かる!
  7. 藤崎竜先生の過去作品や絵柄・天才的な画力を紹介!
  8. 梁習(りょうしゅう)とはどんな人?曹操も惚れた不安定な幷州を安定させた名官僚

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP