広告募集
HMR

はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

楽毅の猛攻に神対応!籠城の天才、斉の田単(でんたん)

この記事の所要時間: 850




 

紀元前284年、秦と並ぶ東の強国だった斉は、突如出現した

燕を中心とする楽毅(がくき)の五カ国連合軍の前に砕け散りました。

そして、七十以上の城が落され、即墨(そくぼく)と莒(きょ)のみが

斉に残されるという絶対絶命の窮地に落ちます。

しかし、ここで最強の籠城戦の腕前を見せて、斉を復活させた

奇跡の名将が登場します、それが楽毅のライバル、田単(でんたん)です。

 

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき!

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

関連記事:漢の400年は、たった8年の激しい戦いから生まれた?三国志の前哨戦、楚漢戦争!




無名の市場の役人、田単、安平(あんぺい)を脱出時の神対応

 

田単は、斉の王族、田氏の傍流ですが、当時、全くの無名でした。

 

紀元前284年、臨菑(りんし)という市場の役人をしていた彼に

燕の楽毅率いる五カ国連合軍が、怒涛の勢いで斉軍を粉砕して、

斉の都、臨菑に迫っているという情報がもたらされます。

 

すでに斉の王は、都を逃げて、莒に逃亡していました。

それを聴いた、臨菑の人々はパニックに陥り、

皆、家財道具を馬車に積んで、我先に城門から逃げ出しました。

 

田単の一族も逃亡していた安平から急いで

脱出しようとしますが、それを田単は押しとどめます。

 

田単「待ちなさい、狭い城門を大勢の馬車が通ると、

接触して、壊れる馬車が続出するだろう!

今の内に、車輪に鉄を打ちつけて補強するのだ!」




城門に殺到した馬車が壊れる中、田単の一族の馬車は難を逃れる

photo credit: :) via photopin (license)

photo credit: 🙂 via photopin (license)

 

田単の見通し通り、安平の4つの城門は、

馬車が殺到、接触して、大破する馬車が続出しました。

しかし、前もって鉄で補強した田単の馬車は、

衝撃にも負けず、無傷で城を脱出する事に成功するのです。

 

田単の優れた神対応が炸裂した瞬間でした。

 

関連記事:「斉」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介

関連記事:魏の五都の人口は?魏は斉になっていた?斉・呉・蜀の三国志

関連記事:【5分で分かるビジネス三国志】三言で田嬰(でんえい)を動かした男

 

湣王(びんおう)暗殺され、即墨の指揮官は戦死する

 

臨菑を脱出した田単の一族は、まだ落ちていなかった

即墨という城に逃げ込みます。しかし、そこで田単に最悪の知らせが届きました。

先に莒に逃げた、斉王湣は、宰相の淖齒(とうし)に殺害されたのです。

 

それを怒った、莒の人民は淖齒を殺し、王の息子の法章(ほうしょう)を立てて、

襄(じょう)王としましたが、すでに、斉に残された城は莒と即墨の二つだけでした。

 

さらに悪い事に、即墨の司令官は、楽毅の包囲軍に立ち向かい戦死、

即墨には司令官がいない状態になります。

 

田単、神対応が評価され、即墨の司令官になる

photo credit: .... via photopin (license)

photo credit: …. via photopin (license)

 

楽毅は、莒が斉の襄王を中心に団結して落せない事から、

矛先を田単が籠る即墨に向けていました。

司令官の戦死は、その矢先の出来事だったのです。

 

このままでは、命令系統が機能せず、即墨は落ちてしまう。

そう考えた即墨の人々は、安平で馬車の車輪を補強して、

危機を切り抜けた田単を司令官に推します。

 

燕の昭王死去、、楽毅に弱点が発生する

photo credit: Clover Flower via photopin (license)

photo credit: Clover Flower via photopin (license)

 

田単は司令官に押されてより、即墨をしっかりと守りました。

楽毅は、力攻めを避けて、ひたすら包囲作戦をとり、

それは5年間にも及ぶ長いものになります。

 

外部から補給の出来ない即墨は、食糧不足が深刻になり、

追い詰められます。

しかし、この時に、田単に思わぬ朗報がもたらされるのです。

 

それは、楽毅を信じて、すべてを任せた名君、燕の昭(しょう)王の死でした。

おまけに、新しい王には、楽毅とは仲が悪い恵(けい)王が即位したのです。

 

田単、流言を流し、楽毅を更迭させる

 

これを知った、田単は、反間(はんかん)の計を発動させます。

 

反間の計とは、敵のスパイを利用して自軍に都合のいい偽情報を

流して、戦局を有利に進める方法です。

 

「楽毅は、本当は、即墨も莒もあっと言う間に落せるのだ、、

しかし、燕の王は、楽毅と仲が悪い恵王であり、楽毅は手柄を立てても、

誅殺されるのではないか?と内心では恐れている。

そこで、楽毅は、ゆっくり包囲して、斉の人民を手懐けて

斉の王になろうとしているのだ。

実際に、即墨の民は、楽毅に心服していて、

楽毅以外の将軍が来たら大変だと噂をしている」

 

田単は、このような噂を意図的に流させました。

即墨に入り込んでいる斉のスパイは、これを燕まで伝えます。

 

ただでさえ、楽毅と仲が悪い、恵王は偽情報をうのみにして

騎劫(ききょう)という将軍を遣わし楽毅を更迭しました。

 

誅殺を恐れた楽毅は、趙に亡命してしまいます。

田単の反間の計は、見事に成功したのです。

 

田単の神対応、神のお告げを利用して士気を高める

 

恵王の対応で、楽毅を信じていた燕の兵士の士気は低下します。

田単は、これを逆襲のチャンスと考えて、5年の籠城戦で弱っている

即墨の住民の士気を高めようと考えます。

 

田単「即墨の住民よ、今後は、食事をする時に、

必ず庭に出て先祖に供物を祀るようにしなさい」

 

即墨の住民は、司令官の言う事だからと、庭に出て、

祈りをささげていると、供物を目当てに鳥が大勢飛んできました。

人々は、「これは天変地異の前触れでは?」と驚き怪しみます。

 

田単「住民の諸君、これは吉兆である、間もなく、

即墨を斉から解放する神人が降りてこられるぞ」

 

田単は、その様子を見て、不思議なお触れを出しました。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. キングダムでついに韓非子の名が!韓非子ってなに?
  2. 三国志の時代に傘ってあったの?始皇帝や光武帝、呂蒙も使っていた傘…
  3. 75話:周瑜の計略で曹操の水軍が弱体化
  4. 曹操のお屋敷はガラスでキラキラだった?西域趣味の曹操が金髪美女と…
  5. ひでえ!!孫権を騙して魏と戦わせた魯粛と周瑜が腹黒過ぎる
  6. 102話:成長した張飛、計略で張郃を撃ち破る
  7. 【五胡十六国】ねぇ?三国志の後ってどうなるの?アフター三国志を紹…
  8. 【シミルボン】趙雲の記述は盛られていた!イケメン趙雲を生み出した…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 曹操と孫権の合肥を巡る戦いが何度も行われていた Part1
  2. 112話:怒れる劉備は70万の大軍で呉を攻める
  3. 義兄弟・張苞と関興はどこまでが三国志演義の創作なの?
  4. 【架空戦記】時空を超えた対決!韓信VS 諸葛亮孔明の一本勝負
  5. 賊徒から三国志の英雄に出世した武将がこんなにいる!
  6. 何皇后はなぜ宦官の味方をしたのか?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【キングダム名物】将軍同士の一騎打ち、印象に残る名勝負は? 【秦の宰相】一介の商人である呂不韋はどうやって秦の宰相まで出世出来たの? 【シミルボン】おのれ曹丕!縁談をぶち壊され大騒動を起こした丁儀 三国志は2つある!正史と演義二つの三国志の違いとは? 十面埋伏の計とはどんな作戦?倉亭の戦いで程昱が発案した最強の伏兵 趙直(ちょうちょく)とはどんな人?夢占いで人の運命を占った蜀の天才占い師 えっ?三蔵法師にも、猪八戒にも沙悟浄にも前世があった!? 石奮(せきふん)とはどんな人?真面目で頑固者な性格が愛されて富貴を手にした万石君

おすすめ記事

  1. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.5
  2. 【シミルボン】元祖、褒めて伸ばす!曹操のヨイショ作戦が止まらない
  3. はじめての三国志開設2周年のご挨拶
  4. 韓嵩(かんすう)が気の毒すぎる!劉表に命じられて曹操の元へ偵察に行って帰ってきたら殺されそうになる
  5. 根拠のない夢を信じないリアリスト曹操
  6. 【はじさん書評倶楽部】堀江貴文「多動力」を読む
  7. 王粲(おうさん)とはどんな人?建安の七子であるが容貌の貧弱さでは龐統や張松より上
  8. 涙なしには語れない桃園の結義

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP