編集長日記
北伐

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

文化の違いを理解すれば三国志がより分かる!日本と中国では、こういう所が大違い?

この記事の所要時間: 650




孫権日本

 

海を隔てて、隣同士の日本と中国、顔つきもよく似ていて、同じ漢字の国で、

親近感を持つ人もいるようですが、実は、この二つの国の文化は大きく違います。

その違いは、それこそ多岐に渡りますが幾つかを紹介しましょう。




羊を盗んだ父を告発した子に対する、孔子の驚きの答え

孔子 儒教

 

中国における孝(こう)は、公(こう)を遥かに超える価値として存在します。

つまり、親孝行は、主君への忠義に勝るというのです。

それを端的に記す逸話を孔子(こうし)の話から拾ってみましょう。

 

ある県の長官が孔子が訪問した際に、こんな自慢話をします。

 

「私の県には、父親が羊を盗んだ事を告発した正直な息子がいます」

 

すると、孔子は、このように言い返しました。

 

「それは私の故郷の正直者とは違います、父は子の為に罪を隠し、

子は父の為に罪を隠す、これこそ正直さです」

 



公よりも孝を優先する中国人の思想

 

ここには、泥棒であれば、肉親でも告発するのが正しいという

日本的な倫理観に真っ向から対立する価値観があります。

もちろん、人間であれば、肉親を庇いたいという気持ちはあります。

でも、公共の安寧の為には、そんな私情は許されないでしょう。

ところが、儒教の価値観では、私情が優先され、親は子を庇い、

子は親を庇う事が美しいとされるのです。

 

中国は、今も昔も縁故採用の世界であり、賄賂と汚職が絶えませんが

そこには、身内と見做されたものはとことん庇うという、

儒教の価値観が反映されているように感じます。

 

退却が恥である日本、最期に勝てばいい中国

劉邦

 

戦争においても、中国と日本では、根本的な部分に違いがあります。

島国の日本では、まず、退却する事を恥と見做す文化があります。

それは、海に囲まれた島国の特性で、退却に限りがあるからでした。

 

一方の中国では、逃げる事を恥とする文化はありません。

漢の高祖、劉邦(りゅうほう)を始め、旗色が悪くなったら逃げるのは常套手段です

もちろん、大陸である中国では運が良ければ、どこまでも逃げられます。

 

必死に逃げ回りながら、謀略を駆使して、相手の力を削ぎ、

味方を増やして、いつの間にか逆転するというのが中国における名将で、

最期に勝ちさえすれば、恥も外聞もないのです。

 

この大陸的な戦争スタイルに、日本は苦しめられ、日露戦争でも、

支那事変でも、泥沼の消耗戦に引き込まれました。

 

関連記事:劉邦(りゅうほう)ってどんな人?百姓から頂点を極めた漢の建国者

関連記事:劉邦や劉備も手本にした人物 「重耳」 とは?

関連記事:人材を使いこなす事で天下を取った劉邦

関連記事:劉備と劉邦

 

美しい勝ちに拘(こだわ)る日本、勝つ事のみに拘る中国

孟達 司馬懿

 

日本の戦争は、習慣の近い、幾つかの民族同士の島国における戦争です。

そこでは、外来者という意識は薄く、同族同士の抗争が起きるので、

目を背けるような徹底した非戦闘員の虐殺というのは、あまり起きません。

 

同時にそこでは、美しく勝つという感覚が産まれ、卑怯、卑劣、

見苦しい戦い方は、激しく嫌われました。

 

もう、勝ち目がないのに、見苦しくあがくと、「往生際が悪い」

「武士にあるまじき振舞い」と批判され、勝利も敗北も美しく、

キレイに勝って、執着せずあっさり死ぬのが美徳とされました。

 

一方の中国は、多民族国家であり、しかも、その勢力圏が、

激しく入れ替わりました。

戦いの相手は、あかの他人であり、一切の情け容赦がなく、

女子供に至るまで、皆殺しは珍しくありません。

 

それこそが報復を免れる唯一の合理的方法だからです。

 

敗れても助命されないのですから、どんな卑劣な手を使っても

生き残ろう、勝ち残ろうとします。

当然、その戦争における被害者はケタ違いになり、憎しみは連鎖し

おびただしい血が流される血ぬられた乱世が続きます。

 

孝忠の国、中国、忠孝の国日本

日本 三国志

 

共に、儒教の大事な徳である、孝と忠、「孝」とは、

親に孝行を尽くすという美徳であり「忠」は主君に尽くすという美徳です。

海を隔てて、近い両国ですが、とりわけ忠と孝の順序については

全く、正反対になっているのです。

 

忠の為におのれの生命を投げだす、楠正成(くすのき・まさしげ)

日本 皇帝

 

日本においては、主君の為に、生命を捧げるのが美徳とされます。

 

後醍醐天皇の側近で、建武の新政の功労者、楠木正成は

天皇に一度は敗北して逃げた足利尊氏が、天皇の政治に不満を持つ武士を、

味方につけて再び強大になった事を危惧します。

 

そして、「尊氏と和睦して、武士の言い分も聴いて下さい」と

帝に諫言しますが、容れられず、手勢800騎を引きつれて、

尊氏の3万の大軍と戦い戦死しました。

 

本来ならば、融通の利かない主君は見限って敵に寝返っても、

非難されない乱世でありながら、敢えて最期まで天皇の忠臣として

戦い死んだ正成は、忠義に生きた武士の鑑とされました。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 衝撃の事実!赤兎馬の子孫が判明!?
  2. 曹彰(そうしょう)とはどんな人?勉強嫌いだが、武を磨いて将来を期…
  3. 62話:徐庶を手に入れたい曹操、程昱の鬼畜な計略を採用し劉備から…
  4. 中国四大美女のひとり貂蝉
  5. 公孫度(こうそんたく)とはどんな人?幸運に恵まれ、遼東の王になっ…
  6. 曹操と孫権の合肥を巡る戦いが何度も行われていた Part1
  7. 羌・鮮卑・烏桓だけではない!南の異民族を徹底紹介
  8. 五分でわかる蜀の名将達の現代にまで残る名言・逸話【三国志逸話列伝…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. インテリ朶思大王が蜀軍を苦しめる?ワシが南蛮一の軍師ダシ!
  2. 【はじめての君主論】第2話:愛されるより恐れられよ!董卓の恐怖政治とマキャヴェリズムの違い
  3. 蕭何はなんで仲が悪かった曹参を後継者に任命したの?
  4. 【水滸伝】可哀想すぎる強引な梁山泊のスカウトが悲劇を産む
  5. 袁術の前をガン無視で通り過ぎた漢達が予想以上に多かったのでまとめてみた
  6. 始皇帝が中国統一後、わずか15年で秦が滅亡した理由|始皇帝がブサメンだったから?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【三国志ミステリー】劉備はなぜ奥さんを何度も捨てて逃げたの? 【諸葛亮 vs 織田信長】戦争費用捻出法!あれやこれやの財源探し 陳羣(ちんぐん)ってどんな人?画期的な人材採用法を確立させた魏の政治家 三国時代やキングダムの時代にもお風呂はあったの? 【孫策との絆の強さは周喩以上】孫呉の将軍・太史慈は信義に厚かった? 【官渡決戦間近】曹操軍の陣中で慎重論と積極論を進言をしていた代表者達 【名将対決】雷神と恐れられた名将立花道雪VS呉の名将陸遜 Part.1 張邈(ちょうばく)とはどんな人?親友の曹操を裏切って反旗を翻した政治家

おすすめ記事

  1. 三国志の時代にダムがあった!蜀が豊かであったのはダムのおかげ
  2. 中原での戦いは苦手だけど異民族討伐戦なら強い董卓
  3. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十話「走れ竜宮小僧」の見どころ紹介
  4. はじめてのプロ野球(三国志風)日本球界が誇るレジェンド選手達
  5. 「垂沙の戦い」がきっかけで孟嘗君は天下に実力を認めさせた!
  6. サンクトペテルブルク以東最大と言われた大阪城を建築した秀吉の狙いとは?
  7. 【架空戦記】帝政ローマ軍と三国志軍が戦ったらどっちが勝つの?軍隊の編成や武器なども徹底解説
  8. 季布(きふ)とはどんな人?一度承諾した約束は絶対に破らない事で天下に名を轟かせた名将【後半】

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP