キングダム
英雄の墓特集




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

人材を使いこなす事で天下を取った劉邦

担がれる劉邦




劉邦おんぶ 優秀な人材

 

歴史シュミレーションとしてもお馴染みの「三国志」は、平たく言えば

有能な武将をいかに集めるかがゲームクリアの鍵になっています。

 

特に魏・呉・蜀の三国には、豪傑、知将、凡将、奸将、様々な個性を持った

武将達が登場し、何度プレイしても飽きない魅力に満ちています。




劉備劉邦、共に有能な人材を配下に控えていた

劉邦と劉備

 

三国志の蜀の建国者、劉備の祖先でもある、漢帝国の建国者劉邦にも、

三傑と呼ばれる有能な人材が配下に控えていました。

 

この三傑がいたからこそ、劉邦は圧倒的に強い項羽を打ち負かし、

天下を取れたというのが、歴史家の共通した認識です。




劉邦の優秀な配下、三傑の紹介! 䔥何、韓信張良

陳平 劉邦

 

その三傑とは、䔥何(しょうか)韓信(かんしん)張良(ちょうりょう)の3名の事で、䔥何は内政の天才、

韓信は軍事の天才、張良軍師として謀略の天才でした。

 

䔥何と劉邦は幼なじみ

劉邦と簫何

 

䔥何は、劉邦とは幼馴染で、地元、沛の小役人をしていました、

劉邦は、若い頃は怠け者の大酒飲みでホラ吹きでしたが、

䔥何は、劉邦のどんな人材も飲みこむ器の大きさを見抜き、

これを陰に陽に支援して劉邦の女房役として仕えました。

 

劉邦

 

項羽との楚漢の戦いでは、何度も項羽に負けて逃げ回る

劉邦に対して、䔥何は関中を抑えて補給物資と兵力を送り続け、

とうとう、最期には項羽を打ち破る事に成功しました。

 

 

色々の献策を提案する韓信

韓信 将軍

 

韓信は、元は貧農の出で、最初は項羽に仕えて、色々の献策をします。

しかし、自分の才能のみを頼む項羽は韓信の献策を使わず、

仕事も郎中(ろうちゅう)という剣の腕を買われただけの用心棒扱いでした。

 

 

野心の強い韓信は、項羽に愛想を尽かし、今度は劉邦の陣営に参加します。

䔥何は、韓信と会話するや、これは非常な天才と見抜いて

劉邦に、これを大将軍にするように推挙します。

 

ところが、劉邦は韓信の風采を見て、侮り適当な将軍にしたままで、

放置しておきました。

 

韓信満足できず劉邦の陣営を離れると決意する

韓信 項羽

 

韓信は、ヒラの将軍の地位に満足できず、劉邦の陣営も離れようとします。

それを知った䔥何は、慌てて自分も陣を離れて韓信を追い説得しました。

この時に、劉邦に䔥何が脱走したと誤報を流すものがいて劉邦は悲しみ、

かつ怒っていましたが、程なく䔥何が帰ってきたので安堵します。

 

 

䔥何が韓信を連れ戻す為に陣を出た事を知ると、劉邦は

「将軍なら、これまで幾らでも逃げたがお前は追わなかったではないか?

どうして韓信にだけは、そこまでこだわるのだ」と聴きます。

 

 

すると䔥何は反論して言いました。

 

「ほかの将軍なら何百人逃げようが代わりは幾らでもいます

しかし、韓信はたった一人の大将軍、国士無双で替わりはいません」

 

ここで初めて劉邦は韓信の価値に気が付き、これに漢軍の総大将

の地位を与えました。

 

 

韓信は、この扱いに大いに満足し、劉邦とは別個に各地を転戦、

30万人という大軍を創り上げて戻り、項羽を撃破するのに

多大な貢献をして三傑の一人に名を連ねます。

 

秦に滅ぼされた韓の貴族出身、復讐に燃えている張良

張良㈮ 暗殺編04

 

張良は、元は秦に滅ぼされた韓の貴族で、始皇帝への復讐に燃え

暗殺計画を立てますが失敗し、指名手配を受けて各地を転々とします。

その最中に兵法を学び、軍師としての才能を開花させました。

 

 

劉邦とは、劉邦がまだ、沛の支配者として小勢力だった頃に出会いますが、

器が大きく、献策をどんどん入れて採用する劉邦の魅力に惹かれ

劉邦軍の軍師として、活躍するようになります。

 

張良と劉邦

 

張良は同僚の陳平と共に、劉邦に計略を次々と献策していきます。

 

紀元前203年に、漢と楚が一度和睦して天下を二分する事で

講和が成立して、両軍が一度引きあげた事がありました。

この時に張良は和睦を破る事に躊躇する劉邦に対して

 

「今こそ楚軍を滅ぼすチャンス直ぐに項羽を追撃して下さい」と強く進言し、

油断して浮足立っていた楚軍を完全に撃破する事に成功します。

 

 

項羽は僅かな手勢で垓下城に入り50万人の漢軍の包囲を一度は突破しますが、

雲霞のような敵軍を前に命運が尽きた事を悟り悲劇の最期を遂げるのです。

 

このように劉邦は、三人の英傑を上手く使う事で、項羽を滅ぼし

天下を手中に収める事に成功したのです。

 

 

軍師諸葛孔明と軍師張良の違い

孔明バージョン 三国志 軍師

 

三国志の軍師諸葛孔明は、この張良に匹敵すると言われていますが、

張良が劉邦のワガママを制して上手く操縦したのに対して、

孔明は、例えば関羽の仇討ちと称して呉の孫権に宣戦布告した

劉備を止められない等、性格的に甘い所が見えます。

 

 

これが、劉邦が天下を取れ、劉備が天下を取れなかった

一つの理由になっているかも知れませんね。

 

関連記事:滅びゆく秦、そして中国に二人の巨星が現れる

関連記事:劉備と劉邦

関連記事:項羽はなぜ天下を取れなかったか?

 




この記事を書いた人:

kawauso

 

HN:

kawauso

自己紹介:

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 【三国志平話】まるで水滸伝!山賊になった劉備
  2. キングダムのラスボスは昌平君でも李牧でもなくあの人だ!
  3. 孔明 三国志 Three kingdomsの諸葛亮がイケメンすぎる!
  4. 劉禅と孔明 【シミルボン】孔明も騙した?蜀に似合わないテキトー人間 何祇の人…
  5. 空を飛ぶスーパーマン袁術 理屈は確かにそうだけど・・中2病的な袁術の皇帝即位の理由とは?
  6. 成蟜(せいきょう)ってどんな人?史実の通り策士な政(始皇帝)の弟…
  7. 魏の初代皇帝・曹丕はいったいどんな仕事をしていたの?
  8. 古代エジプトのグライダー 「古代エジプトのグライダー」ニセモノ説は冤罪だった【HMR流◯転…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 西遊記
  2. 豊臣秀吉 戦国時代2
  3. 孔明VS曹操
  4. 曹操
  5. 鎌倉時代 服装 男女
  6. 曹操VSかく
  7. 大喬と小喬

おすすめ記事

  1. 【三国志の民話】世論に逆らうな!曹操の民心掌握術
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【12/4〜12/10】
  3. 面白いのに何故かアクセスが少ない記事まとめ【2016年総集編】
  4. 長友佑都の「アモーレ」発言!後漢の時代でも普通に使われていた?後漢にやってきたローマ使節
  5. 桂小五郎と高杉晋作最強コンビの本当の関係は?? 桂小五郎(木戸孝允)
  6. 太平道だけじゃない!後漢末はどんな宗教が流行ったの? 唐周(とうしゅう)

三國志雑学

  1. 馬謖に地理を伝える諸葛亮孔明
  2. 徐晃と夏侯淵
  3. 黄忠
  4. 劉備 呂布 裏切り
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 曹操に仕えることを検討する荀彧
  2. 曹仁
  3. はじめての三国志からのお知らせ バナー
  4. 織田信長

おすすめ記事

黒田官兵衛 黒田官兵衛は本当に息子の活躍を苦々しく思っていたの? はじめての三国志からのお知らせ バナー 「月刊はじめての三国志3月号」2月25日(月)に出版決定 【三国ブレイズ 攻略1】シンプルで超絶面白い三国志ゲーム 【ファン必見】2016年スーパーエリート袁術君の活躍まとめ26選 担がれる劉邦 人材を使いこなす事で天下を取った劉邦 姜維の墓は存在するの?中国の三国志観光スポット旅行 【項羽との恋愛で起こった悲しい運命】虞美人と虞美人草の悲しいお話 始皇帝の法治国家を助けた韓非と李斯って何でいがみ合ったの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP