英雄の死因
英雄の墓特集




はじめての三国志

menu

はじめての魏

鄭渾(ていこん)とはどんな人?民衆の利益を第一に考えた魏の行政官




鄭渾(ていこん)

 

魏は色々な政策を実施して、統治をおこなった行政官が数多く存在し、

はじめての三国志でも何人か紹介させて頂きました。

今回紹介する行政官は、民衆の利益を第一に考えて、

色々な政策を実施した行政官・鄭渾(ていこん)を紹介したいと思います

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志の柔らか経済学】劉備の大チョンボを救った劉巴の神策略

関連記事:規制緩和は正しいの?2100年前の中国で起きた経済論争

 

 

兄に誘われ、長安

 

鄭渾は河南郡(かなんぐん)開封の出身です。

彼の家は代々儒学者を多く輩出してきた家柄に生まれます。

彼の兄は長安で役職に就いており、兄に誘われて鄭渾は長安へ赴きます。

 

 

袁術の元に身を寄せる

袁術

 

鄭渾は長安で色々な物を見て、触れて、様々な人と出会い、

自らの見識を高めていきます。

そんな充実した毎日を送っていた鄭渾に事件が起きます。

兄鄭泰(ていたい)が荀攸何顒(かぎょう)らと共に董卓暗殺事件を謀ります。

だがこの計画は未然にバレてしまい、兄達は逃亡。

鄭渾は兄の子供を連れ、長安から脱出。

淮南で勢力を張っている袁術の元へ身を寄せます。

袁術は鄭渾を迎え入れ、大いに厚遇します。

しかし鄭渾は、袁術はいずれ滅びると予見。

彼の元を早々に離れ、豫州刺史である華歆(かきん)の元に身を移します。

 

関連記事:理屈は確かにそうだけど・・中2病的な袁術の皇帝即位の理由とは?

関連記事:孫策を自分の息子にしたいと思っていた袁術

関連記事:とっても皇帝になりたかった袁術

関連記事:三国志一の策謀家、袁術の伝説

 

曹操に仕える

曹操 魏王

 

曹操(そうそう)は鄭渾の名声を聞き、彼を呼び卲陵(しょうりょう)の県令に任命します。

鄭渾は卲陵に赴くと県内は非常に荒れておりました。

民衆は田畑を耕さないため、生産が行われておりませんでした。

また民衆は貧困にあえいでいたため、子供を殺して食い扶持を減らしていました。

鄭渾はこの状況を見て、民衆に農耕と養蚕(ようさん)を行うよう厳命。

その後稲田を開墾させ、子供を捨てる罪を重罪と定めます。

民衆は始め鄭渾を恐れ、彼の命令に大人しくしたがっていましたが、

次第に土地が肥え、豊かになっていくと、民衆は多くの子供を育て始めます。

こうして豊かになった卲陵の人々は鄭渾を称え、

自らの子供の字に鄭の字を用いたと伝えられます。

 

関連記事:杜幾(とき)とはどんな人?魏の国内で素晴らしい統治をおこなった名行政官

関連記事:賈逵(かき)ってどんな人?地味で目立たないが、居ないと困る魏の将軍

関連記事:王昶(おうちょう)ってどんな人?治世に優れた優秀な政治家で、軍事面でも頼れる魏の武将

関連記事:王基(おうき)ってどんな人?軍事・政治で非凡な能力を見せた魏の武将

 

民衆を危機に陥れた反乱軍を討て(関中の豪族編)

馬超仲間入り

 

鄭渾は曹操から功績を認められ、左馮翊(ひょうよく)に任命されます。

彼が左馮翊に赴いた頃、関中で馬超韓遂らが挙兵。

関中の豪族達は彼らに従い多くが叛旗を翻します。

曹操は関中の反乱勢力の討伐を決意し、軍を向かわせます。

関中で反乱を起こした豪族の一人である梁興(りょうこう)は

民衆を強制的に徴発し、関中の各県に攻撃を開始します。

諸県の役人は梁興を恐れ、鄭渾に「役所を放棄し、険阻な地に逃げたい」と訴えます。

しかし鄭渾は彼らの訴えを却下し諸県に「城郭を補修して、守りを固めよ」と通達します。

鄭渾は通達を出した後、兵士になった者に高額な恩賞を約束し、民衆を徴兵。

鄭渾はまとまった兵力を手に入れると梁興の軍勢を蹴散らします。

その後梁興は夏侯淵の軍勢に敗北し、梁興は捕斬されます。

 

【赤壁を超える!魏呉の直接対決特集】
濡須口の戦い特集バナー

 

民衆を危機に陥れた賊を討て(山賊編)

 

梁興を討った後、山賊が夏陽(かよう)の県長や卲陵の県令を脅迫し、

民衆を連れて山にこもります。

鄭渾は山賊を直ちに追撃し、討ち果たします。

また趙青龍(ちょうせいりゅう)と名乗る賊が反乱を起こすと、

鄭渾はすぐに軍を派遣し、彼を討ち取ります。

こうして彼が治める地域には山賊はいなくなり、

民衆達は安心して仕事に復帰します。

 

長安一帯を管理する

張魯 お宝

 

曹操は関中の反乱を鎮圧すると、漢中の張魯討伐に赴きます。

鄭渾は長安一帯を統治する行政官・京兆尹(けいちょういん)に就任。

彼は長安一帯に住む人々が新たに集まった人達であると知ると、

世帯持ちと単身者を組み合わせます。

また信義・温情を持つ者と老人を組ませて農事を奨励し、

禁令を明らかにすることで悪事を働いた者を摘発して行きます。

こうして長安一帯から盗賊の類は消え、民衆は農事に励んでいきます。

 

曹丕の時代になっても民衆の利益を第一に

曹丕 残忍

 

曹操が亡くなり、曹丕が皇帝の位を継ぐと陽平・沛郡の太守に任命されます。

彼は任地へ赴くと低湿な土地であるがゆえに、水害と飢饉が発生しておりました。

鄭渾はこの状況を打開する為、率先して堤防工事に従事します。

この状況を見た民衆は大いに感激し、鄭渾と共に堤防づくりを行います。

こうして堤防は一冬で完成。

この堤防が出来た後、田畑の面積と収穫量が毎年増加し、

国の税収も増加していきます。

民衆は鄭渾に感謝の意を示す為、堤防近くに石碑を建て鄭渾が行った治績の

功績を刻み、民衆はこの堤防を「鄭陂(ていは)」と呼びます。

 

関連記事:曹丕(そうひ)ってどんな人?魏書には正当性を表す記述ばかり!?

関連記事:曹丕が建国した魏ってどんな王朝でどうやって滅びたの?

関連記事:実は冷血を演じたツンデレ曹丕、その理由とは?

関連記事:曹丕(そうひ)得意の詩で蜀の調理法を斬る

 

何処に行っても民衆の利益を考えて政策を行う

曹丕

 

山陽・魏郡の太守となった時も民衆の安定を第一に考えて、政策を行っていきます。

民衆は材木の伐採しすぎで、木材が不足で困っておりました。

そこで鄭渾は成長が容易である楡(にれ)を植えて垣根とし、

果樹を植えるようにと命令を出します。

数年後楡は大いに成長し、果樹もまた楡の周りに身をつけます。

鄭渾は民衆に果樹を自由にとれるように取り計らいます。

こうして木材不足を解消し、民衆は豊かな生活を送る事になります。

その後曹叡(そうえい)から今までの実績が認められ、将作大匠(しょうさくだいしょう)

に任命されます。

しかし将作大匠に任命されてから数年後、各地の太守を歴任した名行政官は

ひっそりと亡くなります。

 

関連記事:曹叡(そうえい)とはどんな人?曹丕の息子で二代目魏の皇帝

関連記事:【三国志歴史ミステリー】魏の二代目皇帝・曹叡(そうえい)は誰の息子か分からない!?

関連記事:裴潜(はいせん)とはどんな人?鳥丸の反乱を抑え、様々な政策を生み出した裴松之の先祖

関連記事:【保存版】三国志に登場する兄弟をドーンと紹介!!【三國志兄弟物語】

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

鄭渾は民をどうすれば富ます事が出来るのかという事を念頭に、

仕事をしておりました。

彼は仕事に一途であったため、家庭を顧みませんでした。

そのため彼の家には蓄財など一切なく、妻と子供は寒さに苦しんでいたそうです。

このような民の事に目を向ける様な政治家が今の世の中に現れてくれれば、

日本の国内はかなり良くなると思います。

「今回の三国志のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃまたにゃ~。」

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:呪い!?赤壁の戦いで魏軍を襲った疫病の正体とは?

関連記事:敵役だけど、やっぱり曹魏がナンバーワン!

 

 

【魏のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 曹叡 曹叡(そうえい)とはどんな人?曹丕の息子で二代目魏の皇帝
  2. 何晏 何晏(かあん)とはどんな人?三国志一のナルシストで歴史に名を残し…
  3. 笑う曹操 実は笑い上戸のちっこいオッサン? 『曹瞞伝』に見る曹操像
  4. 曹操が行った大改革って何?|パイを奪うより自分で焼け!
  5. 夏侯玄(かこうげん)とはどんな人?夏候家の逸材として称えられた名…
  6. 郭嘉(かくか)ってどんな人?|曹操が最も愛した人物
  7. 熱血曹操 若かりし曹操は熱血漢
  8. 曹丕が建国した魏ってどんな王朝でどうやって滅びたの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 司馬懿と曹爽
  2. 辮髪(べんぱつ)
  3. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  4. 幕末 洋式軍隊の行進
  5. 曹操は褒め上手
  6. 魏の移民政策のプロ、田豫(でんよ)
  7. 関羽の一騎当千

おすすめ記事

  1. 于禁は蒼天航路と正史三国志では全然違う?
  2. キングダム595話休載スペシャル「羌瘣の巫舞の元ネタは何?」 羌瘣
  3. 三国時代のトレンドファッションは? 大喬と小喬
  4. 【シミルボン】こいつを捕まえたら1万銭!三国志の時代にもあったWanted
  5. 鉄壁の合肥城を作り上げた劉馥の一族にとんでもない奴がいた!? 合肥の戦いの満寵
  6. 三国志の魏、呉、蜀で頭の良い軍師は誰だ?ランキング化するよ!

三國志雑学

  1. シリア 関羽
  2. 劉封
  3. 袁紹にお茶を渡す顔良
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 鼻をほじりながら無関心な織田信長
  2. 二刀流の劉備
  3. 織田信長

おすすめ記事

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第6部 趙雲 趙雲の墓は存在するの?中国の三国志観光スポット旅行 岩瀬忠震 【岩瀬忠震の外交交渉】ハリスと日米修好通商条約の交渉人 許靖(きょせい)とはどんな人?天才軍師・法正が認めた蜀の名士 孔子と儒教 【子供は親のコピー】劉備の阿斗投げを容認する儒教の驚きの論理 勝負下着の参考に!三国時代の下着ってどんなのだったの? 「魏」の旗を持った兵士 「魏」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介 五虎大将軍の趙雲 三国志演義の趙雲の見どころを一挙ご紹介!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP