編集長日記
李傕祭り

はじめての三国志

menu

はじめての魏

鄭渾(ていこん)とはどんな人?民衆の利益を第一に考えた魏の行政官

この記事の所要時間: 46




photo credit: Blue horses via photopin (license)

photo credit: Blue horses via photopin (license)

 

魏は色々な政策を実施して、統治をおこなった行政官が数多く存在し、

はじめての三国志でも何人か紹介させて頂きました。

今回紹介する行政官は、民衆の利益を第一に考えて、

色々な政策を実施した行政官・鄭渾(ていこん)を紹介したいと思います




兄に誘われ、長安へ

photo credit: Daisy via photopin (license)

photo credit: Daisy via photopin (license)

 

鄭渾は河南郡(かなんぐん)開封の出身です。

彼の家は代々儒学者を多く輩出してきた家柄に生まれます。

彼の兄は長安で役職に就いており、兄に誘われて鄭渾は長安へ赴きます。




袁術の元に身を寄せる

袁術

 

鄭渾は長安で色々な物を見て、触れて、様々な人と出会い、

自らの見識を高めていきます。

そんな充実した毎日を送っていた鄭渾に事件が起きます。

兄鄭泰(ていたい)が荀攸や何顒(かぎょう)らと共に董卓暗殺事件を謀ります。

だがこの計画は未然にバレてしまい、兄達は逃亡。

鄭渾は兄の子供を連れ、長安から脱出。

淮南で勢力を張っている袁術の元へ身を寄せます。

袁術は鄭渾を迎え入れ、大いに厚遇します。

しかし鄭渾は、袁術はいずれ滅びると予見。

彼の元を早々に離れ、豫州刺史である華歆(かきん)の元に身を移します。

 

関連記事:理屈は確かにそうだけど・・中2病的な袁術の皇帝即位の理由とは?

関連記事:孫策を自分の息子にしたいと思っていた袁術

関連記事:とっても皇帝になりたかった袁術

関連記事:三国志一の策謀家、袁術の伝説

 

曹操に仕える

曹操 魏王

 

曹操(そうそう)は鄭渾の名声を聞き、彼を呼び卲陵(しょうりょう)の県令に任命します。

鄭渾は卲陵に赴くと県内は非常に荒れておりました。

民衆は田畑を耕さないため、生産が行われておりませんでした。

また民衆は貧困にあえいでいたため、子供を殺して食い扶持を減らしていました。

鄭渾はこの状況を見て、民衆に農耕と養蚕(ようさん)を行うよう厳命。

その後稲田を開墾させ、子供を捨てる罪を重罪と定めます。

民衆は始め鄭渾を恐れ、彼の命令に大人しくしたがっていましたが、

次第に土地が肥え、豊かになっていくと、民衆は多くの子供を育て始めます。

こうして豊かになった卲陵の人々は鄭渾を称え、

自らの子供の字に鄭の字を用いたと伝えられます。

 

関連記事:杜幾(とき)とはどんな人?魏の国内で素晴らしい統治をおこなった名行政官

関連記事:賈逵(かき)ってどんな人?地味で目立たないが、居ないと困る魏の将軍

関連記事:王昶(おうちょう)ってどんな人?治世に優れた優秀な政治家で、軍事面でも頼れる魏の武将

関連記事:王基(おうき)ってどんな人?軍事・政治で非凡な能力を見せた魏の武将

 

民衆を危機に陥れた反乱軍を討て(関中の豪族編)

馬超仲間入り

 

鄭渾は曹操から功績を認められ、左馮翊(ひょうよく)に任命されます。

彼が左馮翊に赴いた頃、関中で馬超・韓遂らが挙兵。

関中の豪族達は彼らに従い多くが叛旗を翻します。

曹操は関中の反乱勢力の討伐を決意し、軍を向かわせます。

関中で反乱を起こした豪族の一人である梁興(りょうこう)は

民衆を強制的に徴発し、関中の各県に攻撃を開始します。

諸県の役人は梁興を恐れ、鄭渾に「役所を放棄し、険阻な地に逃げたい」と訴えます。

しかし鄭渾は彼らの訴えを却下し諸県に「城郭を補修して、守りを固めよ」と通達します。

鄭渾は通達を出した後、兵士になった者に高額な恩賞を約束し、民衆を徴兵。

鄭渾はまとまった兵力を手に入れると梁興の軍勢を蹴散らします。

その後梁興は夏侯淵の軍勢に敗北し、梁興は捕斬されます。

【次のページに続きます】



 

ページ:

1

2

関連記事

  1. 梁鵠(りょうこく)とはどんな人?魏の宮殿を飾った全ての題字を書い…
  2. 徐宣(じょせん)とはどんな人?魏の三代に仕えて歴代の君主に褒めら…
  3. 游殷(ゆういん)が的中させた人物評価が凄かった!ズバリ言うわよ!…
  4. 幻の皇帝?曹操が最も愛した息子……曹沖について
  5. 郭嘉(かくか)ってどんな人?|曹操が最も愛した人物
  6. 周宣(しゅうせん)とはどんな人?夢を占わせれば、九割の精度を誇っ…
  7. 対蜀戦を任される前の曹真はどんな活躍していたの?
  8. 【魏のキラーの名を冠した将軍】城を守らせたら誰にも負けない文聘っ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【もう一つの三国志】司馬師暗殺計画の裏側
  2. 荀攸(じゅんゆう)ってどんな人?同族の荀彧の影に隠れた才能
  3. 王粲(おうさん)とはどんな人?建安の七子であるが容貌の貧弱さでは龐統や張松より上
  4. 劉焉(りゅうえん)は何でド田舎の益州を選んだの?ちゃっかり独立を企んでいた?
  5. 周瑜の死後、その一族はどうなったの?陸遜の下で活躍する周峻や息子たち
  6. 【三国志マナー】あなたは大丈夫?間違うと首が飛びかねない!?三国時代のマナーを紹介!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

三国志の時代にも裁判はあったの?実はかなりリーガルハイな感じだった はじめての三国志 4コマ劇場 「合肥の戦い」 劉備の観察眼をもってしても見破ることのできなかった人物Xとは? 鍾繇(しょうよう)とはどんな人?関中の守備を任され、西方の憂いを絶ち、曹操の勢力拡大に貢献した文官 魏や呉にもいた諸葛一族の話 【素朴な疑問】三国志の時代のお葬式とは、どんなものだった? 【センゴク】明智光秀へ「ありがとう」と感謝しなくてはならない大名達を紹介 郭修(かくしゅう)とはどんな人?費禕を暗殺したあんまり有名ではない魏の暗殺者

おすすめ記事

  1. 歴史上最も有名な義兄弟の誕生!桃園の誓い
  2. 100話:奮戦する張遼、孫権を二度も追い詰める
  3. 世界不思議発見!三国志の時代の日本、西洋、インドの秘密を探る
  4. 【水滸伝】なっとくできるか!本を捨てたくなるヒドイ結末
  5. 【袁紹と袁術の関係を正す】其の1・字からの考察
  6. え?劉備は意外にも経済に明るい人物だった?孔明の北伐が継続できたのは劉備のおかげ!?
  7. 【大三国志 攻略11】ついにLv6の城を攻略!Lv7の城はいけるのか!?
  8. 【初心者向け】kawausoの大三国志 ズボラ戦記

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP