ログイン | 無料ユーザー登録


麒麟がきた
歯痛の中国史


はじめての三国志

menu

はじめての変

【ネタバレあり】映画ドラゴンブレイドを三国志ライターkawausoが徹底的に斬る!!




kawauso

 

はじめての三国志スタッフでは、人ふんライターとして有名なkawauso。

そんな彼は、昨年11月から、今度はドラゴンブレイド人気にあやかろうと、

「古代ローマ対漢」のような架空戦記、そして、史実からドラゴンブレイドを斬る

「2000年前に遭遇していたローマと漢」というような記事を執筆していました。

しかし、記事としてはポテンヒットに終わり、残尿感が半端ありません。

怒ったkawausoは、ドラゴンブレイドを視聴して、ボロクソ書いてやろうと、

映画館に向かっていったのです。

 

kawausoが前回執筆したドラゴンブレイド特集

【ドラゴンブレイド番外】古代ローマ版曹操?カエサルの生涯が凄すぎる

【衝撃の事実】ドラゴンブレイドは虚構ではない!二千年前に遭遇していたローマ軍と漢軍

テルマエ・ロマエのルシウスもびっくり!?後漢の甘英、ローマを目指す!

 




俺が悪いんじゃない、ドラブレの宣伝不足!!

ドラゴンブレイド 引用

(写真引用元:映画『ドラゴン・ブレイド』公式サイト)

 

11月から、コツコツと仕込んだ、ドラゴンブレイドネタ、

それが、ポテンヒットに終わり、私は、消化不良だった。

通常、こういう大作は、日本上陸の前に大々的に宣伝されるもんだが、

新年に入っても、一向に持ち上げられない。

 

70億も金を掛けているのに、何故宣伝費をケチるのか?

お陰で、折角仕込んだドラゴンブレイドネタがポテンヒットで終わったではないか!

そこで、私は、せめて映画を見てボロクソ言ってやろうと近所の映画館に向かった。




ドラゴンブレイドの簡単なあらすじ

ドラゴンブレイド 引用

(写真引用元:映画.com

 

映画を観る前に、ドラゴンブレイドの簡単なあらすじを説明しよう。

 

紀元前50年、中央アジア、この時代、漢の統制力は弱まり、

周辺に住む三十六の民族は、果てしない抗争に明け暮れていた。

西域の警備隊長の霍安(フォ・アン:かくあん)は、

西域民族の融和と共存を唱え、抗争が起きそうになる度に、

戦場に現れ体を張って抗争を止めていた。

 

霍安は元はフン族(匈奴)の生まれだが、戦争で父母を殺されて

孤児になり霍将軍に育てられた、だから誰よりも戦争を憎んでいたのだ。

 

同じ頃、大陸の西のローマでは、執政官を勤めるクラッスス家で政変が発生。

正当なクラッスス家の後継者、プブリウスと彼の守役のルシウス将軍は、

謀略でクラッスス家を継いだ、ティベリウスの魔の手を逃れ、

直属のローマ兵を率いて、シルクロードを東へ逃れる。

 

クラッスス家を継いだティベリウスは、

漢の西域長官と手を組み、シルクロードの支配権を、

ローマに組み込もうと陰謀を巡らしていた。

 

西域長官は、諸民族を対等に扱うという霍安を煙たく思い、

これに冤罪(えんざい)を被せて警備隊長の地位を奪い罪人に落し、

仲間と共に国境の城、雁門関(がんもんかん)に飛ばす。

 

霍安は、ここで城壁修復の重労働をしながら、喧嘩ばかりする、

西域諸民族を協力させようと奮闘するが、そこに、ローマから逃げてきた

ルシウスとプブリウス、そして疲れ果てたローマ軍団がやってきた。

敵同士として出会う二人、これからどうなるのか?

 

結論から言うと、ドラゴンブレイド面白い!

 

時間にして103分と、歴史巨編としては短い映画だったけど

総合的な評価としては、かなり面白い!!

その面白い点については、以後に書いていくけど、

ジャッキー映画を何本か観た人、皆が思っているであろう・・

 

「カンフーアクションと古代歴史を融合させただけで、

中身は、一分で説明できるような単純明快アクション巨編」

 

という、ジャッキーの映画につきまとう、お決まり感は、

無いとは言わないけど、かなり薄くなっていて、

それ以上に、ジャッキーの「戦争は空しい、平和が一番」という

メッセージが前面に出ている映画になっている。

 

重厚感を持ちつつ、コミカルさが残っている

ドラゴンブレイド

(写真引用元:映画『ドラゴン・ブレイド』公式サイト)

 

この映画は、史実を脚色した話で、そのベースには反戦の思想がある。

だから、ジャッキー映画ではお約束の味方はまず死なないという

前提は通用せず、びっくりする程にどんどん死んでゆく。

 

でも、だからって、悲壮なだけの映画にもならないように、

映画の序盤には、お決まりのちょっとHなシーンが入る。

 

映画の冒頭、南匈奴(みなみきょうど)の右賢王(うけんおう)、

冷月(れいげつ)という美女武将が、霍安に抗争を止めるように言われて

激情して襲いかかるシーンがあるけど、この小競り合いの途中、

不可抗力で、霍安の両手が冷月のおっぱいを揉んでしまう。

 

それも、かなり長い時間、ガッツリ揉んでいる。

 

そこで、ジャッキー映画お決まりの冷月のビンタが炸裂。

 

霍安「ゴメン、わざとじゃない」

 

さらに逆上した冷月、霍安に襲いかかるも、

今度は顔のヴェールを不可抗力で剥ぎ取られてしまう。

実は、南匈奴では、妻の顔のヴェールを取っていいのは

夫だけという習慣があり、冷月は霍安に惚れてしまった。

 

ドラゴンブレイドのムフフシーン

ドラゴンブレイド

(写真引用元:映画『ドラゴン・ブレイド』公式サイト)

 

霍安は、後で彼女のテントまでヴェールを返しにゆくが、

冷月は自分に求婚しにきたと思いこんで、

いきなり、大胆にも霍安の前で全裸になってしまう。

 

その時、口に酒を含んでいた霍安、冷月の裸を見た瞬間に、

びっくりして、酒を吹き出してしまい、近くの灯りに

引火して、火柱が噴き上がる。

 

そして、目線をそらしながら、ヴェールを返し、

「何も見てない、何も見てない」といいながら、

逃げるようにテントから出て行く。

 

冷月は、その後も、雁門関を抜けだして援軍を求めに、

自分の家に戻った、霍安の前に弓を持って現れる。

霍安は結婚していて、秀清(しゅうせい)という美人な奥さんがいるが、

 

「どなた?」と冷月に声を掛ける秀清に、

冷月は「霍安の妻だ」と言ってのける。

 

秀清は、霍安を疑いの目で見ると、霍安は、

「違うよぉ!」と困った顔で言うのである。

 

この場面、結構緊迫したシーンなんだけど、

往年のジャッキー映画によくある、二人の美女に挟まれて、

誤解が誤解を産んでいくドタバタ劇が残っていて、

ジャッキーファンはニヤニヤしてしまうと思う。

 

諸民族が力を合わせて城壁を修復する感動シーン

ドラゴンブレイド

(写真引用元:映画『ドラゴン・ブレイド』公式サイト)

 

霍安が送られた、雁門関は、西域の漢の領土の国境の小さい城だ。

そこは、元々、霍(ファン:かく)将軍が「敵を味方と為せ」を合言葉に、

西域諸民族をまとめて、平和共存を実現させた場所だった。

 

でも、霍将軍の死後は、それは受け継がれず、漢族の指揮官の

頭雁(とうがん)は、力で諸民族を抑えつける。

石積みは大変な重労働で、事故は続出、諸民族はお互いに、

いがみあい喧嘩が絶えないという状態。

 

霍将軍の廟も遺品の鎧も蜘蛛の巣が張り、

誰も掃除する人間もいないという有様だった。

 

しかし、そこに、ローマを逃れてきたルシウスの軍団が、

やってくる事で奇跡が起きる。

当時、世界最新の土木技術を有していたローマ兵は、

普通にやると半年かかるという、城壁の修復を

僅か15日でやってのけると言う。

 

こうして、人力の歯車クレーンや、鉄枠の中に小石を詰めて

岩の代わりに城壁に載せるという画期的な築城を行い、

霍安や警備隊、西域諸民族と力を合わせて、本当に15日間で、

城壁を修復してしまうのである。

 

この間に、敵対していた諸民族は、すっかり融和的になり、

共に肩を組んで歌を謳うなど、かつて、霍将軍が目指した

平和と融和が、実現したかのような雰囲気になった。

 

この部分は、映画の終盤に繋がる大事なシーンになる。

今まで、反目していた諸民族が、異文化も異文化の民、

ローマ兵の流入で、団結して城壁の修復をやり遂げるというのは

映画の中で何度も唱えられる、敵を味方と為せを象徴するシーンだ。

【次のページに続きます】



ページ:

1

2

関連記事

  1. 燃える本能寺 【本能寺の変の真相】明智光秀の子孫が漫画で明かす
  2. 曹叡 【占いで見る三国志】曹魏が倒れることが曹叡の時代に予言されていた…
  3. 矢を集める諸葛亮孔明 76話:孔明による材料も手間もなく矢を造る方法
  4. 玉乗りをしている阿部正弘 阿部正弘とはどんな人?絶対倒れないヤジロベー政治家に迫る
  5. 呉お正月企画、お酒にまつわる逸話07 孫権 玉に瑕(きず)!アルハラ暴君・孫権
  6. 陸遜 あっちもこっちも将軍、将軍、将軍だらけ!三国志の将軍の位がわかる…
  7. 馬に乗って単身荊州へ赴く劉表 三国志の時代の情報伝達はどうなっていたの?最小情報伝達所烽侯を解…
  8. 韓非 三国志の時代、一番本を持っていた武将は誰だったの?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

google検索フォーム

過去記事を検索できます


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “読者の声" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"
“はじめての三国志読者の声"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応
“夜のひとときながら三国志ver3"

おすすめ記事

周瑜 周郎 周瑜は絶対音感を持つミュージシャンだった!? 虎形棺座 虎形棺座とは何で作られたの?上坊1号墓から出土した虎形棺座を解説 君主論18 kawausoさん キングダム「面倒臭い龐煖の落とし所4選」 冒頓単于と劉邦 冒頓単于(ぼくとつぜんう)とはどんな人?漢帝国の宿敵で匈奴の名君Part.2【完】 千利休 明智光秀は千利休として生き延びた? 羌族 三国志に出てくる羌族ってどんな民族? 織田信長 織田信長は非常に騙されやすいお人好しだった。 悩む司馬炎 司馬炎の息子は一体何人いたの??

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “はじめての三国志企画特集" “つながるはじめての三国志" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
“歯痛の歴史"
“三国志読み放題サービス"
まだ漢王朝で消耗してるの?
君主論
ビジネス三国志
ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“つながるはじめての三国志

“はじめての三国志Youtubeチャンネル"

“ながら三国志音声コンテンツver2"
PAGE TOP