呂布特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

はじめての変

テルマエ・ロマエのルシウスもびっくり!?後漢の甘英、ローマを目指す!




photo credit: Coliseum via photopin (license)

photo credit: Coliseum via photopin (license)

 

時期を同じくして、アジア大陸の東と西で発展していった漢とローマ

お互いの国交が開ける以前から、二つの国は、大陸の果てにどうやら

自国に匹敵する巨大な国があるらしいと知り得てはいました。

 

後漢時代に西域異民族を上手く懐柔した軍人班超(はんちょう)は西の果てに

あると言われた大秦国ローマを探しだし国交を結ぶように副官の甘英(かんえい)に言いつけます。

しかし、甘英は、今一歩の所でローマとの邂逅(かいこう)を断念してしまうのです。




西域を平定した名将、班超、大秦国(ローマ)との国交を求める

 

甘英(かんえい)は、匈奴(きょうど)や楼蘭(ろうらん)、ホータン、

カシュガル、大月氏(だいげっし)というような西域の諸民族と戦いつつも、

上手くコントロールし後漢の勢力を保った名将軍、班超の副官です。

 

班超は名将として名高い人物で、危険を背負わなければ利益も得られない

という意味の「虎穴に入らずんば虎児を得ず」で有名な人です。

 

そんな班超は、西域異民族の情報から、遥か西にある大国、大秦国(ローマ)の

噂を聞き、直接国交を結ぼうと考えていました。

 

軍人のイメージの班超ですが実は貧乏な歴史家の出で自らも歴史を学んでいました。

行けるなら班超自身が大秦国(ローマ)へ行きたかったのでしょうが、

当時の西域における漢の勢力は、班超の力で維持されていたようなものでしたので、

かわりに副官の甘英を派遣する事にします。

 

関連記事:三国志に出てくる鮮卑族ってどんな民族?

関連記事:羌・鮮卑・烏桓だけではない!南の異民族を徹底紹介

関連記事:三国志に出てくる羌族ってどんな民族?

関連記事:超や曹操と因縁が深い氐族(ていぞく)




甘英、直線距離9000キロのローマに出発、目指すは西の海

 

しかし、風聞でしか知らず、中国人が到達した事のない道のローマへの旅路は、

直線距離でも9000キロはあるという大冒険でした。

それ以前に記された地理書である山海経(せんがいきょう)にも

ローマの事は全く出てきておらず、甘英は、全くの手探りからの出発になります。

 

 

実際には、途上には砂漠もあり、山脈もあり、漢と友好的ではない国もある以上

実際の旅路は1万キロを超えるのは確実と言えるでしょう。

 

関連記事:山海経(せんがいきょう)って何?|中国古代の神話世界

 

歴史家でもあった班超は、甘英にレポートを残すように命ずる

 

西暦97年、ローマに出発するにあたり、班超は、旅の途中に見聞した事柄について

詳細なレポートを残すように、甘英に命じています。

現在、甘英が残したであろうレポートは失われ、後漢書の記述からの間接的な引用

しか出来ない状態ではありますが、それでも種々の興味深い記述があります。

 

甘英が集めたローマの情報

パンテオン wiki

 

大秦國一名廣鞬,以在海西,亦云海西國。地方數千里,有四百餘城。

小國役屬者數十。以石為城郭。列置郵亭,皆堊塈之。有松柏諸木百草

 

甘英がローマへの道の途中で拾い見聞きした事には上のような情報があります。

意味は大体、以下の通りになります。

 

「大秦は、別名を廣鞬(こうたつ)という、西の海にありまたは海西国と伝わる、

面積は数千里もあり、400以上の都市が存在し、周囲の数十の小国を従えている。

城郭を造るのに石を用い、駅伝の制が発達していて、松とイトスギが生えている」

 

テルマエロマエ

 

一部、分からない部分は訳していませんが、ローマがかなり大きい国である事、

そして中国と違い、石で城郭を造っている事や駅伝制の事、衛星国が存在する事や、

どんな樹木が生えているかまでを記録しています。

 

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 馬超の兜にフォーカス 馬超にも逸話はあるの?蜀の五虎大将軍・馬超孟起の逸話
  2. 曹操を逃す関羽 80話:曹操の命乞いで関羽が曹操を逃がす
  3. 【取り扱い注意!!】はじさんの中の人、kawausoがリアルに登…
  4. 曹仁 曹仁の最後と各国の名将達の最期がほとんど同時期な理由とは?
  5. イナゴに畑を荒らされ食料不足 蝗害とは?中国を悩ました災害があまりにも深刻。バッタを飲み込んだ…
  6. 城の前を掃除する孔明 諸葛亮の逸話ってなに?司馬懿も恐れた孔明の逸話を紹介
  7. 袁紹にお茶を渡す顔良 袁紹は凡将に非ず!袁紹の逸話から伝わってくる袁紹本初の評価
  8. 亡くなる劉備に遺言を聞く諸葛亮と趙雲 白帝城はどこにあるの?劉備が星になった場所を紹介

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 王異
  2. 茶を飲む張角(太平道)
  3. 三国志ライター黒田レン
  4. はじめての三国志 画像準備中
  5. 孔明
  6. 2つの持論を展開する費禕
  7. スーパーDr華佗
  8. 孔明による出師の表
  9. 空を飛ぶスーパーマン袁術

おすすめ記事

  1. 袁術が天下を統一するためにみんなで考えよう【第2回】 魯粛、周瑜、袁術
  2. 無理ゲーを打開する曹操が凄い!曹操を苦しめた歴代武将 袁紹と曹操
  3. 稀代の豪傑 魯粛(ろしゅく)|演義と正史では大違い? 魯粛
  4. キングダム最新604話ネタバレ予想「リミットは2日李牧は間に合うか?」 キングダム54巻amazon
  5. 寧宗とはどんな人?南宋4代目皇帝の波乱万丈の生涯 寧宗
  6. 【これはひどい】孫皓が天下統一できると勘違いした占いとは? 孫晧(孫皓)

三國志雑学

  1. 土いじりをする劉備
  2. 周瑜はナルシスト
  3. 孔明の罠
  4. 五斗米道(はじめての三国志)
  5. 呉の孫権
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. スピリチュアルにハマる光武帝
  2. 腐れ儒者気質な孔融
  3. 育てる三国志の華
  4. 三国志 歴史
  5. 始皇帝

おすすめ記事

魯粛 魯粛の子孫は父と同じように優秀な人なの?? 戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる! 燃える本能寺 本能寺の変に黒幕はいなかった!衝撃の明智光秀単独犯説 鍾会を説得する姜維 鍾会(しょうかい)は何で反乱を起こしたの?魏のイケメン武将の独立事情 劉備、孫権、魯粛 【if三国志】劉備がもし孫権と同盟しなかったら三国志はどうなったの? 胡昭(こしょう)とはどんな人?司馬懿の命の恩人で曹操の招きに応じながらすぐに辞職した男 大村益次郎 幕末 桂小五郎と大村益次郎の出会いが維新にシナジー効果を起こす 夏侯惇と呂布 夏侯惇は軍人としては優秀だったの?正史三国志から夏侯惇を分析

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集法正"
PAGE TOP