よかミカンの三国志入門
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

楚漢戦争

季布(きふ)とはどんな人?一度承諾した約束は絶対に破らない事で天下に名を轟かせた名将【後半】




季布(きふ)

 

項羽軍の将軍として劉邦や漢の諸将の軍を幾度も危機に陥れた季布(きふ)。

漢が天下を統一すると、様々な協力者により、彼は漢に仕える事になります。

彼は漢に仕えてからも持ち前の剛毅さで、誰に対してもおもねる事無く、

はっきりと直言を行い続け、漢の重臣にまで出世する事になります。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

前回記事:季布(きふ)とはどんな人?一度承諾した約束は絶対に破らない事で天下に名を轟かせた名将【前半】

劉邦に陳謝し、漢に仕える

劉邦

 

季布は洛陽へ着くと早速宮殿へ向かいます。

宮殿に入ると、漢の重臣である夏侯嬰を始め、陳平樊噲(はんかい)盧綰などの

功臣達が居並んでおりました。

彼はその中をまっすぐに進み、劉邦(りゅうほう)の元に着くと跪き、今までの行いを陳謝。

居並ぶ重臣達は漢軍を大いに苦しめ、剛毅と謳われた季布が陳謝している姿を見て

立派な人物であると大いに褒め称えます。

劉邦は彼の陳謝を受け入れ、漢の侍従に取りたてます。

こうして季布は漢に仕える事になります。

匈奴単于の暴言

匈奴単于の暴言

 

劉邦の死後、彼の嫡男である劉盈(りゅうえい)が皇帝の位を継ぎます。

劉盈が皇帝の位を継ぐのですが、漢の実権は劉邦の妻であった呂雉(りょち)が

握り、権勢をほしいままにします。

そんな中、異民族である匈奴の単于(ぜんう)が呂雉に手紙を送ります。

その手紙は呂雉をバカにし、漢を挑発した内容でした。

この手紙を見た呂雉は激怒し、諸将を招集して匈奴対策の会議を開きます。

上将軍である樊噲(はんかい)は呂雉に「私に十万の軍勢を頂ければ

匈奴を討ち果たしてきましょう。」と進言。

樊噲の進言に諸将は賛同しますが、この時侍従武官長(じじゅうぶかんちょう)

となっていた季布が立ち上がります。

 

おもねらず堂々と反対意見を述べる

おもねらず堂々と反対意見を述べる季布

 

季布は立ち上がるとスッと背を伸ばし、樊噲の方を向いて

「高祖は四十万の大軍をもってしても匈奴を討伐する事は出来ず、返り討ちにあっている。

上将軍が十万の軍勢を率いて行っても敗北するだけです。

また秦が倒れた原因は匈奴を討伐しようと国力を浪費したのが原因で、

各地で反乱が起き、秦は滅亡したのです。

秦と同じ失敗を起こさないためにもここは慎重に事を起こすべき。」

と反論します。

この季布の発言に諸将は驚き、呂雉の反応を伺います。

しかし彼女は会議を打ち切り、その場を去ります。

この会議の後、呂雉は匈奴の話題を出さなくなります。

 

皇帝から呼び出しを受けるも…

 

季布は漢の朝廷に実力を認められ、河東の長官に任命されます。

漢の五代目皇帝である文帝は、側近から「季布長官は立派な人物です。

是非彼を召し出し、重職に就かせるべきです」と進言。

文帝は側近の言葉を受け入れ、季布を副丞相に任命する為、

洛陽へ来るように使者を発します。

季布は文帝の使者から伝言を聞き、洛陽へ向かいます。

文帝は季布が来るのを心待ちにしておりましたが、

別の側近から「季布は酒癖が悪く、重職には不向きでしょう。」と諫言。

文帝はこの言葉を受け入れ、季布が洛陽に到着しても招聘しませんでした。

 

誰に対しても恐れず、直言を行う

 

季布は洛陽に到着するも文帝から何の知らせもありませんでした。

一か月後文帝の使者がやってきて「副丞相任命の件は沙汰やみとなった。」と

伝えられます。

季布は「さようですか」と返事をし、使者を見送った後、宮殿に赴き文帝に拝謁。

彼は文帝に拝謁すると持ち前の剛毅さを表し「私には功績が無いにも関わらず、

河東の長官を拝命し、職務に従事している者です。

陛下が私を上洛させたのは、側近の誰かに私の良い噂を聞いたからだと思います。

そして私は上洛し何の沙汰もなく立ち去るのは陛下の側近が、

私の悪口をいったからでしょう。

一人の賛辞で私を召し出し、一人の悪口によって私を返したとしたら、

天下の知識層が陛下の悪口を言い、漢の威信に傷がつくのではないかと

心配しております。」と恐れず直言します。

季布の直言を聞き、文帝は押し黙ってしまいますが、

その後「河東は都に近く、私の大事な都市である。

しっかりと頼む」と伝えます。

季布は文帝の言葉を聞いた後、別れの言葉を文帝に贈り、任地である河東へ

帰っていきます。

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

季布は漢をほしいままに操った劉邦の妻である呂雉や重臣である樊噲、

ついには皇帝に対してもおもねる事無く、はっきりと物を言う人物でした。

また漢の重臣となってからも彼が応じた約束は絶対に違える事が無かったそうです。

誰に対しても恐れず直言する性格と応じた約束を違えない人物であることから、

関中で季布の名を知らない者はいないとさえ言われていたそうです。

「今回の楚漢戦争時代のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまた初めての三国志でお会いしましょう。

それじゃまたにゃ~。」

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:意外と知らない楚漢戦争時代の戦い!命からがら逃げれた滎陽城篭城戦

関連記事:【楚漢戦争】劉邦をイジメ、苦しめた、いじめっ子雍歯(ようし)

 

【劉邦 vs 項羽】
楚漢戦争

 

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 彭越(ほうえつ)とはどんな人?漁師から王の位にまで上り詰めた梟雄…
  2. 中二病韓信 ヤクザ劉邦を大説得、神分析に漢軍大フィーバー
  3. 范増(はんぞう)とはどんな人?項羽軍の頭脳として活躍した老軍師
  4. 【獄卒の偉さを思い知った宰相】漢の功臣・周勃の名言とは?
  5. 項羽に勝ったのはこれだ!項羽に勝つことができた劉邦自らの自己評価…
  6. 田横(でんおう)ってどんな人?不撓不屈の精神で正義を模索した王の…
  7. 李陵(りりょう)とはどんな人?キングダムの李信を先祖に持つ悲運の…
  8. 季布(きふ)とはどんな人?一度承諾した約束は絶対に破らない事で天…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 残忍な曹丕

おすすめ記事

  1. 蓋勲(がいくん)とはどんな人?霊帝に信頼され董卓が恐れた硬骨漢
  2. 孟獲(もうかく)はインテリ男子?南蛮征伐は孔明と孟獲のヤラセだった件
  3. 『まだ漢王朝で消耗してるの?』の電子書籍出版のお知らせ
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【8/22〜8/28】
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース34記事【1/9〜1/15】
  6. 篤姫の本当の魅力って?後世にも評価される生き方を考えよう!

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 袁家をイジメる董卓
  2. はじめての三国志編集長 kawauso
  3. 鍾会を説得する姜維

おすすめ記事

魏の夏侯惇・許褚・龐徳の息子達は優秀だった?気になる将軍たちの息子事情 【三国時代】英雄の地位はどの位? 【真田丸】真田信繁も背水の陣を敷いた?国士無双と謳われた天才武将・韓信との共通点 張魯 劉備より先に五斗米道の教祖・張魯が漢中王になった可能性が浮上 お由羅騒動とは何?かんたんに分かりやすく解説 【二人の歴史家】姜維の評価をした孫盛と裴松之が下した剣閣戦の評価 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第九話「桶狭間に死す」の見どころ紹介 島津斉彬の遺言に学ぶ相続トラブルを回避する方法

おすすめ記事

  1. 井伊直弼の墓がある豪徳寺は猫萌えのお寺だった?
  2. 月刊はじめての三国志2018年2月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました
  3. 【素朴な疑問】呉には何で五虎将軍や五大将軍がいないの?
  4. 九州制覇へ向けて驀進するぜ!島津家棟梁・島津義久の九州制覇戦
  5. キングダムネタバレ予想、史上最も可哀想なボスキャラロゾを追悼
  6. 司馬懿の遺言はどのような内容だったの?司馬懿は曹丕が大好きだった?
  7. 誰が読んでも間違いなく面白い戦国時代小説!夏の読書感想文もこれでバッチリ! 三国志ライター黒田レン
  8. 郭嘉と賈詡どっちが秀でた軍師だったのか【今夜比べてみました】

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP