ログイン | 無料ユーザー登録


法正特集
徐庶


はじめての三国志

menu

春秋戦国時代

趙奢(ちょうしゃ)とはどんな人?趙の三大天最後の一人で政治・軍事両方に秀でた名将【後半】




趙奢

 

趙奢(ちょうしゃ)は平原君に敢然と立ち向かった事で己の人生を激変させます。

趙奢は平原君によって推挙されて、内政官として実力を積みます。

その後軍を率いる将軍として軍事の道を歩んでいきます。

はじめて将軍として戦場に出たはずの趙奢でありましたが、

戦術に優れ、勝利を収めます。

その後彼は将軍として趙国内で重んじられる事になり、

ある戦いを機にその名を他国にまで響き渡らせる事になります。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

前回記事:趙奢(ちょうしゃ)とはどんな人?趙の三大天最後の一人で政治・軍事両方に秀でた名将【前半】

 

 

趙奢の厳命

 

趙奢は趙軍を率いる総大将として閼与へ軍を進めます。

趙奢は趙の首都である邯鄲を出ると諸将に「今回の戦の事について、諫言をした者は

死罪とする。分かったな。」と諸将に厳しく命令を下します。

その後彼は塁を築き、そこに兵を駐屯させます。

 

 

秦の密偵に偽情報を掴ませる

 

さて秦の将軍である胡傷は軍を分けて、

別働隊は趙の都市である武安へ侵攻させます。

趙奢の配下は「総大将。武安へ救援を差し向けなくてよいのですか。」と

強く進言します。

しかし進言した者は趙奢の厳命によって斬り捨てられます。

また趙奢は自陣に秦の密偵が紛れていると考え、

会議を開いた際「我らの目標は閼与救援ではなく、

邯鄲防衛に軸を置いて布陣している。」と諸将に伝えます。

諸将は趙奢のこの発言を不思議に思いますが、

進言するなと言われているため、何も言わずただただ頷くのみでした。

秦の密偵はすぐに自陣に戻り、総大将である胡傷に報告。

胡傷は密偵の情報を信じ、閼与へ軍を退けます。

 

閼与の狭隘な地を突破

 

胡傷は密偵の報告を聞くと安心し、閼与まで兵を下げます。

趙奢は秦軍が閼与の地まで退いたことを知ると、軽騎兵を先行。

こうして彼は廉頗や楽乗が「閼与の狭隘な地は進軍が難しい」と唱えていた地を

易々と通過します。

その後彼は全軍を移動させ、閼与の地に近い場所に陣を構築し、秦軍の出方を

伺います。

決戦・閼与の戦い

秦の将軍胡傷は、趙軍の軍勢を見るとすぐに全軍を出撃させ、趙軍に攻撃を仕掛けます。

趙奢は秦の軍勢が出撃してくると陣から打って出て迎撃します。

この時趙奢の食客である許歴(きょれき)という者が趙奢に

「敵は全軍で趙軍に攻撃を仕掛けてきています。

我らは兵を割いて北山(ほくざん)を取るべきです。」と進言。

趙奢はあれほど軍の進退について進言を行うなと厳命しておりましたが、

許歴の進言に頷き、配下に兵を与え、北山攻略に向かわせます。

その後北山を取った兵は秦軍に対して山を駆け下り、逆落としをかけます。

北山の逆落としの攻撃と趙奢軍本隊の攻撃により、

秦軍は壊滅的な損害を出し撤退していきます。

こうして閼与の戦いは趙奢率いる趙軍の勝利で終わり、

各国から恐れられる将軍として中華全土に名を馳せます。

 

趙の三大天

 

趙奢は秦軍を破って戦後処理を終えると邯鄲に凱旋します。

恵文王は大いに彼を褒め称え、馬服君に封じます。

こうして廉頗藺相如と共に肩を並べる地位に昇格。

後世、趙の三大天として後世に語り継がれる事になります。

また秦はこの三人が健在している時は趙への侵攻を控えます。

 

息子趙括に危惧を抱く

 

趙奢の息子である趙括(ちょうかつ)は、幼い時から兵法をしっかりと学び、

父・趙奢と兵法について議論を行うと父を論破するほどでした。

しかし趙奢は趙括の事を評価しませんでした。

趙奢の妻は「なぜ括を評価しないのですか」と夫である趙奢に問います。

すると趙奢は「括の兵法は机上で論じた兵法だ。実戦とは人の生き死がかかっている。

あいつは実戦を知り尽くしていないのに、

あたかも実践を知り尽くしているかのように論じている事を評価しないのだ。

括が趙の将軍として戦場に立てば趙軍は全滅するであろう。」と理由を述べます。

妻は夫の言葉に頷き、それ以後趙括の評価を夫に聞くことはありませんでした。

【次のページに続きます】

ページ:

1

2

関連記事

  1. 馬謖に地理を伝える諸葛亮孔明 孔明や安倍晋三も真似た『国家百年の計』って一体誰の言葉?現在でも…
  2. 【春秋戦国時代の偉人】武霊王はなぜ胡服騎射を導入したの?
  3. 鼎(かなえ) 戦国策【西周】強国の利害を利用して競わせるの巻
  4. はじめての三国志 画像準備中 【5分で読める】ビジネスマン必見!崩壊寸前の組織を建て直すなら司…
  5. 斉王になる司馬攸 趙、韓、魏を産んだ超大国、晋(しん)とはどんな国?キングダム戦国…
  6. キングダム52巻 楊端和は実在するの?本当に山の民?キングダムで大人気の楊端和の素…
  7. 楚の旗と兵士 戦国策【楚策】女心を利用して窮地を切り抜けるの巻
  8. 楊貴妃 【キングダム】始皇帝に皇后がいない?その理由について考えてみた

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 徐璆
  2. 劉備孔明と出会う?
  3. 武器・農業器具を制作する張裔
  4. 趙雲
  5. 金栗四三 いだてん
  6. 始皇帝(キングダム)
  7. 茶を飲む張角(太平道)

おすすめ記事

  1. 織田信長のお墓は一体どこにある?高野山「奥の院」と京都「阿弥陀寺」を紹介 馬に乗って戦う若き織田信長
  2. 衝撃の真実!なんと韓遂は、劉備に降ろうとしていた
  3. 架空戦記って何?いつから存在してどこでIF戦記ブームは過ぎ去ったの? 何晏
  4. 孫策は嫉妬深く陰険な人物だった? キレる孫策
  5. 辛憲英(しんけんえい)はどんな人?鍾会の滅亡を予言し自らの子供に注意を与えたママ 羊コと会話で盛り上がる辛憲英 羊祜
  6. 燕青ってどんな人?徽宗がモチーフとなった水滸伝の豪傑!? 燕青(水滸伝)

三國志雑学

  1. 孫権 劉備 対立
  2. 剣を持って戦う徐庶
  3. 劉備


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 荀彧
  2. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  3. 徳川慶喜(幕末)
  4. 三国志の地図
  5. 呂布と董卓の最強タッグ
  6. 酔っ払う関羽

おすすめ記事

ヤンキー曹操 治世の能臣乱世の奸雄:曹操に人気がない理由は? 【余裕をみせすぎて大失態】やっちゃった感が否めない曹操のやらかしエピソード 濮陽の戦い編 合肥の戦いの満寵 五丈原の戦いの裏側で活躍した魏の満寵とは?後編 孔明 【三国志星座占い】諸葛亮は双子座? 閻行 閻行(えんこう)とはどんな人?韓遂の部下だが曹操の人質アタックに敗れる 天皇の先生になった小泉信三、象徴天皇とは何か「はじ三ヒストリア」 孔明 劉備の剣とハンコ 【知ってた?】三国志の軍隊を動かす為に絶対必要な2つのアイテム 岳飛(南宋の軍人) 岳飛の性格は最悪だった?実はあまりよくなかった英雄の性格

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"
PAGE TOP