キングダム
はじめての三国志コミュニティ




はじめての三国志

menu

三国志の基礎知識

125話:何で孔明や姜維の北伐は街亭や祁山にこだわったの?

この記事の所要時間: 325




オマケ

 

三国志の北伐の物語を読んでいると、孔明(こうめい)にしろ、

姜維(きょうい)にしろ、祁山や街亭というポイントに、

やたらに、こだわっているように見えます。

しかし、いずれの地点も、別に肥沃な土地でもないし大都市でもありません。

では、どうして、彼等はこだわったのでしょうか?

そこには、平地に慣れている日本人には想像できない、

漢中(かんちゅう)から長安に抜ける土地の険しさがあったのです。

 

前回記事:124話:曹休、憤死!!石亭の戦いと孫権の即位




山脈の間に道があるという益州周辺の状況

祁山、街亭01

 

現在の中国の地図を開いてみますと、大陸の東側と西側で、

かなり、道路の密度が違うという事に気が付きます。

東側は平地で開けていて、道路も緊密に走っていますが、

目線を西、長安から西に向けてみると状況は一変します。

 

そこには、山脈の淵をなぞるような形で大きな道路が、

延びているだけで、東側のような網の目の道路網とは

比較にならない寂しい単線の道路があるだけです。

 

普通なら画像をアップすればするだけ、

細かい道路が放射状に延びるというのが普通ですが、

そういう事もないのです。




想像を絶する険しさだった蜀の桟道

祁山、街亭02

 

 

かつて、秦の帝都だった咸陽(かんよう)より西は、

秦嶺山脈という2000m級の山脈がそびえる土地で、

山岳民族の住む所でした。

 

ただ、秦嶺山脈を突き抜けた先に肥沃な巴蜀の盆地があり、

そこを開く為に、秦は険しい断崖を削り、杭を打ち込み、

その上に板を渡す形で蜀の桟道という細い通路を造ったのです。

 

劉邦

 

その苛酷さは、想像を絶し、項羽(こうう)によって漢中王に任じられた、

劉邦(りゅうほう)が、この巴蜀の桟道を通りましたが、

100名から2~3人は転落死するという険しさでした。

 

それでも、その桟道を通るのが一番安全な蜀への道だったのです。

この一点だけでも、この辺りで戦闘が起きる事の困難を物語ります。

 

祁山にしろ、街亭にしろ、そこしか通れなかった。

孔明

 

現在でも、山脈を削った何本かの道路しかない秦嶺山脈から蜀へ至る道です。

1800年前は、それ以上にルートの選択肢が無かったでしょう。

例えば祁山は、天水のような北方異民族と連携する為に不可欠な地点なので

取られないように魏は要塞化してしまいました。

 

本来なら通過したくないのですが、必ず通らないといけないので、

一々、戦争の度に、孔明も姜維も祁山を落すしかなかったのです。

 

逆に、こういうポイントを例えば、夜陰に乗じて通過するように
飛ばしてしまうと挟み撃ちに遭うリスクが高まってしまいますし、

挟まれても逃げ道もありません。

非常に窮屈で地味な戦いが北伐という闘いだったのだと思います。

 

孔明の目的からも祁山は絶対に必要だった

祁山、街亭04 孔明

 

また、孔明の北伐には、涼州を分断して魏から切り離し

蜀の陣営に引き込むという戦略が常にありました。

涼州は人口42万人、10万戸と大した人口ではありませんが、

戸籍には表れない、騎馬に熟達した羌族のような異民族兵が多く

実際に馬超が、それらをまとめて曹操を追い詰めた

潼関(どうかん)の戦いのようなケースもあります。

 

馬超の父の馬騰(ばとう)も、李傕(りかく)と恩賞で揉めて、

騎兵を率いて、長安を攻めた事もありますから、

涼州の騎兵を手にするのは、一州を手にする以上の価値があると

孔明は考えたのだろうと推測します。

 

まあ、いずれにしても、涼州を魏から奪い取るには、街亭、

そして祁山を手中に収めて、堅く守り、魏の奪還軍をはねかえす

必要があったのです。

 

関連記事:孔明の北伐はノープランだった!?北伐の意図は何だったの?

関連記事:孔明の北伐の目標はどこだったの?

関連記事:孔明とは違うのだよ!天才姜維の斜め上北伐とは?両者の徹底比較

 

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

では、北伐は守る側と攻める側のどっちが有利だったのでしょうか?

ちょっと考えると、守る魏が有利にみえますが、そうでもありません。

少なくとも、蜀から秦嶺山脈を抜けるルートは5つあり、

そのどこから、蜀軍が出てくるのか、魏はギリギリまで分からず、

薄く、浅く守らないといけなくなったからです。

 

実際に孔明も、初期は関山(かんざん)道という迂回道を使いますが、

最期の北伐では、険しい褒斜(ほうしゃ)道を行くなど魏の裏をかいています。

 

ここにはギリギリの神経戦があり、相手がどうでるかを
絶えず調べないといけないという大変な戦いがあった事でしょう。

 

次回記事:126話:孔明第二次北伐の開始、陳倉攻略戦

関連記事:これだけ読めば丸わかり!孔明が身に着けている羽毛扇などのトレードマークの理由!

関連記事:【悲報】孔明の発明品で戦死した人物が実在した。鎧を過信した南朝宋の軍人・殷孝祖

関連記事:孟獲(もうかく)はインテリ男子?南蛮征伐は孔明と孟獲のヤラセだった件




よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 【素朴な疑問】中国にも梅雨はあるの?霉雨になると関羽の古傷も傷ん…
  2. 晩年の馬超が精神的にも燃え尽きていた事実が判明
  3. 50話:捨てる神あれば、拾う神、劉備、趙雲と再会
  4. 【シミルボン】三国志を産みだしたのは魯粛だった!クレイジーと言わ…
  5. 賈詡はどうして李傕・郭汜に長安を襲わせたの?
  6. 【三国志マナー】あなたは大丈夫?間違うと首が飛びかねない!?三国…
  7. 3分で分かるアンティキティラ島の機械の技術力の高さ!
  8. 張飛に怒鳴られて落馬して死んだ武将、曹丕の粋な計らい等、三国志を…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【能力高すぎワロタ】仕事のできる蜀の三代目トップ費禕(ひい)エピソードも紹介!
  2. 何で曹操はあれだけ関羽を愛していたのに配下から逃がしたの?
  3. 【三國志曹操伝 ONLINE プレイ攻略1】ついに超名作ゲームがみんなの手に蘇る!!
  4. 【二世対決】呉の名将陸遜の息子・陸抗VS雷神の養嗣子・立花宗茂
  5. 三国志に出てくる鮮卑族ってどんな民族?
  6. 関帝廟ガイド~知っておきたい、正しい「基本」の参拝方法

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

幾島が大奥から日本の歴史を大変化させた!? 平安京・平城京の原点は三国志の魏の都とされた鄴都だった!? 102話:成長した張飛、計略で張郃を撃ち破る キングダムに乗り遅れた人必見!!戦国時代をざっくりと紹介しちゃいます! 2分で分かる合肥の戦い その2 孫権の度胸の良さとは!? 【おんな城主・井伊直虎ネタバレ感想】第42話「長篠に立てる柵」 【第2回 幻霊物語~爆裂三国バトル~】あの袁●が仲間に!攻略が進む! 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.1

おすすめ記事

  1. キングダム578話最新ネタバレ予想vol2朱海平原の戦いはフェイクだった
  2. 三国志バトル3DRPG『異世界三国志』の予約Top10における事前予約受付をスタート
  3. 93話:名将 張任、遂に堕ちる
  4. 漢の400年は、たった8年の激しい戦いから生まれた?三国志の前哨戦、楚漢戦争!
  5. こんなの嫌!古代中国の牢獄生活が色々キツすぎる…
  6. 【シミルボン】こいつを捕まえたら1万銭!三国志の時代にもあったWanted
  7. 曹操のテストを見事クリアした王族・劉曄(りゅうよう)の逸話
  8. 袁術が天下を統一するためにみんなで考えよう【第2回】

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP