広告募集
HMR

はじめての三国志

menu

三国志の基礎知識

125話:何で孔明や姜維の北伐は街亭や祁山にこだわったの?

この記事の所要時間: 325




オマケ

 

三国志の北伐の物語を読んでいると、孔明(こうめい)にしろ、

姜維(きょうい)にしろ、祁山や街亭というポイントに、

やたらに、こだわっているように見えます。

しかし、いずれの地点も、別に肥沃な土地でもないし大都市でもありません。

では、どうして、彼等はこだわったのでしょうか?

そこには、平地に慣れている日本人には想像できない、

漢中(かんちゅう)から長安に抜ける土地の険しさがあったのです。

 

前回記事:124話:曹休、憤死!!石亭の戦いと孫権の即位




山脈の間に道があるという益州周辺の状況

祁山、街亭01

 

現在の中国の地図を開いてみますと、大陸の東側と西側で、

かなり、道路の密度が違うという事に気が付きます。

東側は平地で開けていて、道路も緊密に走っていますが、

目線を西、長安から西に向けてみると状況は一変します。

 

そこには、山脈の淵をなぞるような形で大きな道路が、

延びているだけで、東側のような網の目の道路網とは

比較にならない寂しい単線の道路があるだけです。

 

普通なら画像をアップすればするだけ、

細かい道路が放射状に延びるというのが普通ですが、

そういう事もないのです。




想像を絶する険しさだった蜀の桟道

祁山、街亭02

 

 

かつて、秦の帝都だった咸陽(かんよう)より西は、

秦嶺山脈という2000m級の山脈がそびえる土地で、

山岳民族の住む所でした。

 

ただ、秦嶺山脈を突き抜けた先に肥沃な巴蜀の盆地があり、

そこを開く為に、秦は険しい断崖を削り、杭を打ち込み、

その上に板を渡す形で蜀の桟道という細い通路を造ったのです。

 

劉邦

 

その苛酷さは、想像を絶し、項羽(こうう)によって漢中王に任じられた、

劉邦(りゅうほう)が、この巴蜀の桟道を通りましたが、

100名から2~3人は転落死するという険しさでした。

 

それでも、その桟道を通るのが一番安全な蜀への道だったのです。

この一点だけでも、この辺りで戦闘が起きる事の困難を物語ります。

 

祁山にしろ、街亭にしろ、そこしか通れなかった。

孔明

 

現在でも、山脈を削った何本かの道路しかない秦嶺山脈から蜀へ至る道です。

1800年前は、それ以上にルートの選択肢が無かったでしょう。

例えば祁山は、天水のような北方異民族と連携する為に不可欠な地点なので

取られないように魏は要塞化してしまいました。

 

本来なら通過したくないのですが、必ず通らないといけないので、

一々、戦争の度に、孔明も姜維も祁山を落すしかなかったのです。

 

逆に、こういうポイントを例えば、夜陰に乗じて通過するように
飛ばしてしまうと挟み撃ちに遭うリスクが高まってしまいますし、

挟まれても逃げ道もありません。

非常に窮屈で地味な戦いが北伐という闘いだったのだと思います。

 

孔明の目的からも祁山は絶対に必要だった

祁山、街亭04 孔明

 

また、孔明の北伐には、涼州を分断して魏から切り離し

蜀の陣営に引き込むという戦略が常にありました。

涼州は人口42万人、10万戸と大した人口ではありませんが、

戸籍には表れない、騎馬に熟達した羌族のような異民族兵が多く

実際に馬超が、それらをまとめて曹操を追い詰めた

潼関(どうかん)の戦いのようなケースもあります。

 

馬超の父の馬騰(ばとう)も、李傕(りかく)と恩賞で揉めて、

騎兵を率いて、長安を攻めた事もありますから、

涼州の騎兵を手にするのは、一州を手にする以上の価値があると

孔明は考えたのだろうと推測します。

 

まあ、いずれにしても、涼州を魏から奪い取るには、街亭、

そして祁山を手中に収めて、堅く守り、魏の奪還軍をはねかえす

必要があったのです。

 

関連記事:孔明の北伐はノープランだった!?北伐の意図は何だったの?

関連記事:孔明の北伐の目標はどこだったの?

関連記事:孔明とは違うのだよ!天才姜維の斜め上北伐とは?両者の徹底比較

 

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

では、北伐は守る側と攻める側のどっちが有利だったのでしょうか?

ちょっと考えると、守る魏が有利にみえますが、そうでもありません。

少なくとも、蜀から秦嶺山脈を抜けるルートは5つあり、

そのどこから、蜀軍が出てくるのか、魏はギリギリまで分からず、

薄く、浅く守らないといけなくなったからです。

 

実際に孔明も、初期は関山(かんざん)道という迂回道を使いますが、

最期の北伐では、険しい褒斜(ほうしゃ)道を行くなど魏の裏をかいています。

 

ここにはギリギリの神経戦があり、相手がどうでるかを
絶えず調べないといけないという大変な戦いがあった事でしょう。

 

次回記事:126話:孔明第二次北伐の開始、陳倉攻略戦

関連記事:これだけ読めば丸わかり!孔明が身に着けている羽毛扇などのトレードマークの理由!

関連記事:【悲報】孔明の発明品で戦死した人物が実在した。鎧を過信した南朝宋の軍人・殷孝祖

関連記事:孟獲(もうかく)はインテリ男子?南蛮征伐は孔明と孟獲のヤラセだった件




よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. キングダム 517話 ネタバレ予想:最近、河了貂がポンコツになっ…
  2. 悪女か?恩義に生きた美女か貂蝉の生涯とは?
  3. 人々の鑑になった良い宦官達
  4. 【三国志の素朴な疑問】蜀が北伐を止められなかった理由とは?
  5. 111話:関羽と張飛の死に劉備は仇討ちの決意を固める
  6. 舛添都知事「五千万問題」三国志の時代だと、どんな罪?
  7. 【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵…
  8. 【諸葛亮孔明に学ぶ学習方法】夏休みの宿題にも応用できる?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 中原での戦いは苦手だけど異民族討伐戦なら強い董卓
  2. 平原君(へいげんくん)ってどんな人?欠点多いけど結果オーライ!人間臭い趙の英傑
  3. 文化の違いを理解すれば三国志がより分かる!日本と中国では、こういう所が大違い?
  4. ええっ?蒙驁(もうごう)将軍は史実では秦の六大将軍に並ぶ超名将だった
  5. 【諸葛孔明の兵法】魏を苦戦させた知られざる孔明のアメーバ戦術
  6. 【お知らせ】はじめての三国志を常時SSL化しました。

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

馬鹿の語源はキングダムの趙高の実験から生まれた? 蜀漢の外戚・呉懿(ごい)は有能なのに地味で実は孔明に敬遠されていた? 張儀(ちょうぎ)とはどんな人?合従策に対抗した外交策を立て歴史に名を残した遊説家 Part.3【完】 【センゴク】三方ヶ原の戦いがきっかけで将軍義昭が挙兵した? はじめての三国志チャンネル 第2回目 – あなたの心の中にも袁術が住んでいる 【完003】 三国志の時代のお祭りは、どんな様子だったの? 【はじめての孫子】第11回:兵は多きを益ありとするに非ざるなり。 【緊急】今ならプライム会員10%オフ!歴史小説が熱い【はじさん書評倶楽部】

おすすめ記事

  1. とっても地味な孫権の息子達7名を一挙紹介
  2. 王連(おうれん)とはどんな人?蜀の経済を支え、国庫の充溢を果たした名官僚
  3. 東方明珠のへなちょこ長江旅行記 その3
  4. 【結構苦労が多いんです】三国志時代の転職事情が想像以上に複雑だった
  5. 三国志を否定するのは呉の張昭?三国間の不毛な争いを終わらせようとした政治家
  6. 悪女か?恩義に生きた美女か貂蝉の生涯とは?
  7. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース34記事【2/6〜2/12】
  8. 漢中征伐は一人の漆黒の天才軍師・法正の進言によって行われた

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP