編集長日記
北伐

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【蜀漢建国の正統性を斬る】中華を戦慄させた革命家・孔明の後漢イデオロギー

この記事の所要時間: 456





孔明 矢

 

イデオロギー闘争と言えば、フランス革命や、ロシア革命、東西冷戦下の、

共産圏と自由主義陣営の思想戦などがありますが、それよりも遥かに昔、

中国では、諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)が後漢イデオロギーを唱えて、

中華を戦慄させていたという事実は余り知られていません。

そんなのありか?が満載の詭弁だらけの孔明の革命家としての側面を紹介します。




正規の手続きを踏んで行われた魏漢の政権交代

王莽

 

三国志の時代、王朝交代には、2つのパターンが存在した事は知られています。

一つは、武力で前政権を打ち倒す放伐(ほうばつ)、もう一つは、

平和的に前政権から、権力を譲り受ける禅譲(ぜんじょう)です。

 

もちろん、放伐が非難を浴び、禅譲の方が理想とされた事は間違いありません。

魏の曹操(そうそう)は、当然、天下の批判を浴びたくないので禅譲にこだわりました。

その為に、自身の地位を、魏公から魏王に引き上げて、禅譲の準備を整えます。

 

ただ、曹操は後漢の臣であった負い目から、自分の代では、

政権を奪わず、次代の曹丕(そうひ)に禅譲を託します。

 

曹丕

 

曹丕は、これを受けて後漢の最後の皇帝、献帝(けんてい)に禅譲を迫り、

後漢を滅ぼして即位し、魏王朝の建国を宣言します。

 

もちろん、それを悲しむ人はいたでしょうが、手続きとしては正当で

献帝も殺されず、降格はされたものの山陽公として貴族の位を維持します。

また、皇帝しか使えない朕(ちん)という一人称も、元皇帝として許されるなど

魏からも一定の厚遇を受けました。

 

曹丕皇帝

 

曹丕の禅譲は、事実上可能である理想的な王朝交代として、

後の時代の手本にされます、つまり、それだけスムーズに行われた

王朝交代という事だったのです。




後漢皇帝に連なるという劉備の血統が無効になる事態・・

劉備

 

さて、前漢の中山靖王、劉勝(りゅうしょう)の末裔という薄っすい大義名分で、

反曹操の戦争を戦ってきた劉備(りゅうび)は、この文句のつけようがない、

王朝交代で、立つ瀬が無くなります。

 

劉備の大義名分は、あくまでも、曹操が献帝を操り人形にしているので、

これを倒して後漢の権威を回復させる事なので、

後漢が滅んでしまうと、薄いとは言え、後漢皇帝に連なるという

血統の優位を発揮できる前提が崩れてしまうのです。

 

ここで、じゃあというので、一群雄として、天下をねらうという話になると

それは益州を支配する一群閥に劉備が格下げされるという事でしかなく、

魏の建国に従わない地方軍閥を征討するという大義名分を、

魏に与える事になってしまいます。

 

孔明の詭弁炸裂!後漢は滅んでないやい!(泣)

孔明

 

これは、蜀の宰相である孔明を大いに悩ませた事でしょう。

正直、孔明は、後漢がどうなろうと知った事ではなく、

主君の劉備が天下を争う立場であればいいのではありますが、

その劉備は、後漢に連なるという血統を金看板にしていたので、

それが無効になると、ただの一群雄という事になってしまい、

今後、魏に攻め込み中原を回復するという正当性が、

はなはだ不安定になります。

 

そこで、孔明は、悩みに悩んだ末に、

とんでもない詭弁(きべん)に満ちた、後漢イデオロギーを持ち出します。

 

孔明「後漢は滅んでいない!現実に、蜀には劉玄徳がいて、

後漢皇帝の血筋を継いでいるのだから、劉備の血統が絶えない限り

後漢は滅びはしないし、魏は偽物の王朝なのだー!」

 

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 【水滸伝】こいつらが憎っくき悪役達だ!!
  2. 三国志でも有名な異母兄弟喧嘩・袁紹と袁術の遠交近攻の計
  3. 何で陸遜は呉書の単独伝で記述されているのに蜀書の孔明の単独伝より…
  4. 日中交渉は卑弥呼と魏だけではない!?
  5. 諸葛孔明が目指した軍師・管仲は、結構性格が悪い
  6. キングダムでお馴染みの秦の函谷関ってホントに難攻不落だった?函谷…
  7. 【シミルボン】進化する名将?張飛は決して脳筋ではなかった!
  8. 戦国四君 元祖男気ジャンケン、魏の信陵君

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 曹操「赤壁で負けてなんていないんだからねっ」
  2. 66話:曹操、孔明の実力を確認すべく劉備討伐の兵を挙げる
  3. キングダム 510話 ネタバレ予想:李牧が王翦に仕掛けた罠とは何なの?
  4. 【三国志ライター黒田廉が行く】始皇帝と大兵馬俑から始皇帝がおこなった政策を覗いてみたよ
  5. 【真田丸特集】徳川三傑・本多忠勝と蜀の五虎将軍・張飛を対比してみた
  6. 三国志時代のペット事情が興味深い!陸遜の孫も犬を可愛がっていた!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

兵法三十六計(借屍還魂)の古今東西 三国志時代の兵士はどうやったら憧れの騎馬兵になれたの?当時の馬事情を徹底紹介! 【5分で丸わかり】西郷隆盛とはどんな人?2018年の大河ドラマ「西郷どん」の生涯 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十五話「おんな城主対おんな大名」の見どころ紹介 【歴代名馬史上最強戦】赤兎馬と騅ではどっちが凄い? 卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.1 ギョッ!これも薬?華佗も利用した、ちょいグロな漢方薬の話 三国志で言えば荀彧や賈詡の助言『人気ブロガ―のブログで人生改善』

おすすめ記事

  1. 三国時代のお酒は発泡酒レベルだった?
  2. 真紅の衝撃!山県、馬場、内藤、武田騎馬軍団、長篠に散る
  3. 【キングダム】イケメンな始皇帝の意外な最期を大胆に考えてみよう!
  4. kawausoって、何者?
  5. なんで三国志の時代には封禅の儀式が行われなかったの?
  6. 死刑か肉刑か?魏の宮廷を二分した刑罰論争
  7. 関羽千里行って有名だけど何なの?
  8. 【シミルボン】皆、戦争は嫌だった!三国志の時代の徴兵逃れ

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP