ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
ながら三国志音声コンテンツ


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【蜀漢建国の正統性を斬る】中華を戦慄させた革命家・孔明の後漢イデオロギー

馬謖に魏打倒を叩き込む諸葛亮孔明





孔明 矢

 

イデオロギー闘争と言えば、フランス革命や、ロシア革命、東西冷戦下の、

共産圏と自由主義陣営の思想戦などがありますが、それよりも遥かに昔、

中国では、諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)が後漢イデオロギーを唱えて、

中華を戦慄させていたという事実は余り知られていません。

そんなのありか?が満載の詭弁だらけの孔明の革命家としての側面を紹介します。




正規の手続きを踏んで行われた魏漢の政権交代

王莽

 

三国志の時代、王朝交代には、2つのパターンが存在した事は知られています。

一つは、武力で前政権を打ち倒す放伐(ほうばつ)、もう一つは、

平和的に前政権から、権力を譲り受ける禅譲(ぜんじょう)です。

 

もちろん、放伐が非難を浴び、禅譲の方が理想とされた事は間違いありません。

魏の曹操(そうそう)は、当然、天下の批判を浴びたくないので禅譲にこだわりました。

その為に、自身の地位を、魏公から魏王に引き上げて、禅譲の準備を整えます。

 

ただ、曹操は後漢の臣であった負い目から、自分の代では、

政権を奪わず、次代の曹丕(そうひ)に禅譲を託します。

 

曹丕

 

曹丕は、これを受けて後漢の最後の皇帝、献帝(けんてい)に禅譲を迫り、

後漢を滅ぼして即位し、魏王朝の建国を宣言します。

 

もちろん、それを悲しむ人はいたでしょうが、手続きとしては正当で

献帝も殺されず、降格はされたものの山陽公として貴族の位を維持します。

また、皇帝しか使えない朕(ちん)という一人称も、元皇帝として許されるなど

魏からも一定の厚遇を受けました。

 

曹丕皇帝

 

曹丕の禅譲は、事実上可能である理想的な王朝交代として、

後の時代の手本にされます、つまり、それだけスムーズに行われた

王朝交代という事だったのです。




後漢皇帝に連なるという劉備の血統が無効になる事態・・

劉備

 

さて、前漢の中山靖王、劉勝(りゅうしょう)の末裔という薄っすい大義名分で、

曹操の戦争を戦ってきた劉備(りゅうび)は、この文句のつけようがない、

王朝交代で、立つ瀬が無くなります。

 

劉備の大義名分は、あくまでも、曹操献帝を操り人形にしているので、

これを倒して後漢の権威を回復させる事なので、

後漢が滅んでしまうと、薄いとは言え、後漢皇帝に連なるという

血統の優位を発揮できる前提が崩れてしまうのです。

 

ここで、じゃあというので、一群雄として、天下をねらうという話になると

それは益州を支配する一群閥に劉備が格下げされるという事でしかなく、

魏の建国に従わない地方軍閥を征討するという大義名分を、

魏に与える事になってしまいます。

 

孔明の詭弁炸裂!後漢は滅んでないやい!(泣)

孔明

 

これは、蜀の宰相である孔明を大いに悩ませた事でしょう。

正直、孔明は、後漢がどうなろうと知った事ではなく、

主君の劉備が天下を争う立場であればいいのではありますが、

その劉備は、後漢に連なるという血統を金看板にしていたので、

それが無効になると、ただの一群雄という事になってしまい、

今後、魏に攻め込み中原を回復するという正当性が、

はなはだ不安定になります。

 

そこで、孔明は、悩みに悩んだ末に、

とんでもない詭弁(きべん)に満ちた、後漢イデオロギーを持ち出します。

 

孔明「後漢は滅んでいない!現実に、蜀には劉玄徳がいて、

後漢皇帝の血筋を継いでいるのだから、劉備の血統が絶えない限り

後漢は滅びはしないし、魏は偽物の王朝なのだー!」

 

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 天地を喰らうという漫画があまりにもカオス!裏三国志入門書 Par…
  2. 三国志の時代に傘ってあったの?始皇帝や光武帝、呂蒙も使っていた傘…
  3. 賈詡(賈ク) 何で賈詡は董卓残党を奮起させて王允の政府を破壊したの?
  4. 【シミルボン】これは意外!モノマネが大好きだった三国志の人々
  5. ネズミで人生を変えた李斯 成り上がり?ネズミが李斯の運命を変えた!
  6. 関羽を討ち取る陸遜 どうして呉は同盟国の蜀・関羽を裏切ったの?
  7. 曹操の詠った漢詩を分析してみよう。いつのことかわかるかな?
  8. 山頂に陣を敷いた馬謖 馬謖の能力を数値化してみたらこうなりました

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 朶思大王
  2. 三国志大学を目指す曹操
  3. 司馬昭
  4. 徽宗は北宋の第8代皇帝
  5. 曹操探検隊
  6. 徳川家を守った篤姫
  7. 張飛が使う蛇矛

おすすめ記事

  1. 曹丕も感動した煮豆の詩とはどんな詩? 枝豆と煮豆 曹丕と曹植
  2. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第3部
  3. キングダム607話ネタバレ予想「王翦と李牧が互いを褒め合う理由」 キングダム54巻amazon
  4. 【呂布の心に響いた名言】その肉を飽かしむべし。飽かざれば人を咬まんとす 呂布と劉備
  5. 関羽の一騎打ちの謎に迫る!実は一騎打ちは殆どなかった? 顔良を討ち取る関羽
  6. 左慈(さじ)の秒速デリバリー!三国志も鮮度が命 生姜を買ってくる左慈と曹操

三國志雑学

  1. 陸遜
  2. 曹操 孔明をチェック
  3. 敗北する馬岱
  4. 南蛮一の軍師・孟節(兵士を裏切る)
  5. 曹操に降伏する教祖・張魯


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 曹操軍の輸送車を襲う趙雲
  2. おんな城主 直虎
  3. 呉の孫堅
  4. 孔明もコペルニクスに似ていた
  5. 関羽の救援要請をシカトする劉封
  6. 肉を食べる曹操
  7. 担がれる劉邦

おすすめ記事

武田信玄と徳川家康 武田信玄のおびき寄せに乗った哀れな徳川家康 玉乗りをしている阿部正弘 福山藩主としての阿部正弘は領民には迷惑な君主だったの? 周瑜と孫策 孫策は周瑜と○○だったのか!? 甘寧と凌統と呂蒙 三国志の武将も勉強嫌いだったけど勉強したら進化を遂げた蒋欽と呂蒙に迫る!! 【歴史を変えた名言】この名言によって歴史は変わった「断じて行えば鬼神もこれを避く」 3000人の配下で孔明の庵を包囲する武闘派な劉備 2019年中秋節、あの三顧の礼も関係していたって本当? 徳川家を守った篤姫 篤姫の江戸城無血開城における役割とは? 水滸伝の包道乙 仙人 キングダム615話ネタバレ予想「李牧ワープの種明かし」

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツver3"
PAGE TOP