法正特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

春秋戦国時代

張儀(ちょうぎ)とはどんな人?合従策に対抗した外交策を立て歴史に名を残した遊説家 Part.3【完】




 

理解者・恵王の死

張儀(ちょうぎ)は燕が秦と盟を結ぶことを恵王(けいおう)に報告する為、

秦へ向かいます。

彼は秦の首都である咸陽(かんよう)に到着する寸前に一人の使者が張儀の前に

現れ「恵王様が亡くなられ、太子が王の位を継ぐ事になった。」と伝えます。

張儀はこの話を聞き、前王である恵王の死を大いに嘆き、悲しみます。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

前回記事:張儀(ちょうぎ)とはどんな人?合従策に対抗した外交策を立て歴史に名を残した遊説家 Part.2

 

 

王から臣下まで皆が嫌い

 

恵王の後を継いだ武王(ぶおう)は太子時代から張儀の事が大っ嫌いでした。

家臣達も張儀の事が嫌いで、彼がいない事を良い事に武王へ彼の悪口を

言いまくります。

秦が張儀を重用していないと知った各国は、秦との盟を破棄して、

六か国同盟を形成して行きます。

 

 

命の危機がせまる

 

張儀は秦へ帰国すると、燕と秦の盟を締結してきたと武王に報告します。

この報告をした時、王と群臣達の雰囲気がいつもと違う事に気付きます。

張儀の報告を聞いた武王はただ頷き、彼を下がらせます。

この報告をしてから数か月が経ったある日、

斉から使者が来ます。

この使者は「張儀の身柄を引き渡さなければ、各国と連合軍を形成して、

秦へ攻め込む。」と斉王の言葉を武王へ伝えます。

張儀はこの斉の使者の口上を聞いており、自らの命に危険が迫っている事を感じます。

 

秦の官職を捨て、魏へ逃亡する

 

張儀は斉からの圧迫と武王から嫌われている事を知り、

自らの命の危機が迫っている事に気付きます。

彼はこの現状を打破する為、武王に策を献じます。

張儀は「王よ。私は斉の国が秦へ攻め入らないようにするため、

国を去りたいと思います。

私は魏へ向かいますので、魏と斉が争っている隙に、

韓を攻撃して洛陽周辺の土地を奪い取るのがよろしゅうございます。」と

進言します。

武王は張儀の最後の進言を取り入れる事にします。

張儀は秦を去って、魏の国へ向かいます。

 

斉王へ使者を送る

 

張儀は魏の国へ到着すると、魏の哀王(あいおう)は彼を快く受け入れ、

宰相の位に就任させます。

斉王は張儀が魏に逃げ込んだと知ると、すぐに大軍をもって魏へ攻め込みます。

哀王は魏の国土が魏へ奪われている状況を心配して、張儀へ相談します。

相談を受けた張儀は「王よ。心配する事はございません。

私が必ず斉王の攻撃を止めて見せます」と言い、

部下を楚に向かわせた後、斉王の元へ向かわせます。

このようにすることで、魏からの使者だと思わせずに済むため、

このような手段を取ります。

 

斉王との会談

 

張儀の部下は斉へ入ると斉王に会見を申し入れます。

斉王はイライラしながらも張儀の部下を受け入れます。

張儀の部下は斉王と会見すると「王様はなぜ張儀を助ける行動を取るのですか」と

尋ねます。

斉王はこの言葉を聞いて激怒し「私が張儀を助けているだと、ふざけたことを申すな。

私は奴が憎くて、魏を攻めているのだ。どうして奴を助けるであろうか。」と

怒りをぶつけます。

張儀の部下は斉王の怒りに動じず「果たして王様が言ったのは本当でしょうか。

彼は秦を出てくるとき、武王にこのように申したそうです。

「私は魏へ向かいます。私が魏へ入れば、斉は必ず魏に攻め込みますので、

王はその隙をついて、韓を攻撃して領土を拡大するべきです」と。

さて現在王は、張儀を殺す為魏へ攻め込んでいますが、

この状況を一番喜んでいるのは標的にされている張儀なはずです。

なぜなら自分が献策した策の通りになっており、

武王から信頼を得る事が出来たからです。

もし王が本当に張儀を憎んでいるのでしたら、すぐに魏へ攻撃する事を止め、

武王と張儀の信頼関係を打ち砕くことに注力するべきだと思います。」と提案。

斉王はこの言葉を聞くと「あなたの言う通りだ。魏への攻撃を止めよう。」と

伝え、斉軍をすぐに引き上げさせます。

こうして張儀の策の通りに事は進み、魏の哀王は彼を厚遇します。

しかし張儀は魏の危機を救った翌年波乱に満ちた生涯を閉じる事になるのです。

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

張儀は蘇秦と並んで、弁舌の身で戦国七雄(秦・韓・魏・趙・燕・斉・楚)と

言われた国々を動かした外交家です。

蘇秦は秦を除いた六国を同盟させて秦に対抗する外交策を各国に提案。

張儀は蘇秦とは反対に六か国を秦と同盟させる外交策である連衡(れんこう)

と言われる外交策を提案していきます。

この二人は各々の外交策を成功させた事で、中国史に名を刻み、後世まで伝えられる

事になります。

しかし史記を書いた司馬遷は「彼らは弁舌で国を左から右に動かした者で、

非常に油断のならない人物である」と評価しております。

私は司馬遷の評価も一理あると思いますが、武力を用いず歴史に名を残した事は

評価に値する実績であると思います。

「今回の春秋戦国時代のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまた初めての三国志でお会いしましょう。

それじゃまたにゃ~。」

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代

 

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 「燕」の旗を持った兵士 「燕」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介
  2. これなら誰でも騙される!越王句践の凄まじいゴマすりを紹介。
  3. 孫武(ゆるキャラ) 馬陵の戦い(ばりょうのたたかい)ってどんな戦い?孫臏を有名にさせ…
  4. キングダム 3巻 【キングダム】楊端和(ようたんわ)は実在した女将軍?史実を元に徹…
  5. 冒頓単于と劉邦 冒頓単于(ぼくとつぜんう)とはどんな人?漢帝国の宿敵で匈奴の名君…
  6. 王賁 【キングダムに登場した子孫達】王賁の子孫は三国時代で大活躍
  7. 孟嘗君 【戦国四君・孟嘗君の逸話】五月五日の子に生まれた子は捨てよ!!父…
  8. 【キングダム羌瘣】超絶かわいい暗殺者の新たな夢ってなに?羌瘣の魅…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 小帝の妃
  2. 「燕」の旗を持った兵士
  3. キングダム
  4. 曹操VSかく
  5. 代筆屋 商売
  6. 爽やかな荀彧
  7. 孫権に諫言する陸瑁

おすすめ記事

  1. 【99%オフ】三国志など「マンガで読破」シリーズが11円で販売中 三国志 まんがで読破
  2. 【キングダム】秦の六大将軍は史実でも存在するの?
  3. 狐偃(こえん)とはどんな人?晋の文公を覇者の地位までのし上げた宿臣 はじめての三国志 画像準備中
  4. 呂布VS袁術、東西嘘合戦、勝利するのはどっちだ! 騙し合う呂布と袁術
  5. 宋とはどんな国?簡単にざっくりと歴史を解説するよ! 岳飛(南宋の軍人)
  6. 曹操の字はうそつき小僧?複雑な氏+名+字の成りたちを深く広く解説! 劉備と曹操

三國志雑学

  1. 甘寧 裏切る ゆるキャラ
  2. 君たちはどう生きるか?劉禅
  3. 孫策、陸遜、顧邵、他
  4. 于吉と張角
  5. 王莽
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. すっぱーーーーー 許褚 ゆるキャラ
  2. 劉備の黒歴史
  3. 張飛と劉備
  4. 呂布のラストウォー 呂布
  5. 五虎大将軍の馬超
  6. 次第に巨大化していく黒山賊と張燕3

おすすめ記事

典論を掘る曹丕 【魏皇帝】曹丕は有能なのに「イマイチ」だと扱い始めたのは誰? 甄氏(しんし) 一体なぜ?顔も性格も美しすぎる甄氏が壮絶な死を遂げたわけ 陸遜 陸遜の考察は三国志ライターろひもと視点ではこんな感じ 第4話:袁術くん、時間の使い方を上手くなるため「タイムマネジメント」を学ぶ 三国夢幻演義バナー 龍の少年 【PR】三国志の新たな世界を覗いてみよう 徳川家康 徳川家が豊臣を滅ぼすきっかけとなったのはどんな理由だったの? 丸木舟(弥生時代) 古墳時代の海外交易「船が陸を渡る」壮大な航海を解説 真田丸 神回『犬伏の別れ』の裏側、真田丸と韓信には深い関係性があった

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP