架空戦記
北伐

はじめての三国志

menu

春秋戦国時代

張儀(ちょうぎ)とはどんな人?合従策に対抗した外交策を立て歴史に名を残した遊説家 Part.3【完】

この記事の所要時間: 413




photo credit: Red and blue via photopin (license)

photo credit: Red and blue via photopin (license)

 

理解者・恵王の死

張儀(ちょうぎ)は燕が秦と盟を結ぶことを恵王(けいおう)に報告する為、

秦へ向かいます。

彼は秦の首都である咸陽(かんよう)に到着する寸前に一人の使者が張儀の前に

現れ「恵王様が亡くなられ、太子が王の位を継ぐ事になった。」と伝えます。

張儀はこの話を聞き、前王である恵王の死を大いに嘆き、悲しみます。

 

前回記事:張儀(ちょうぎ)とはどんな人?合従策に対抗した外交策を立て歴史に名を残した遊説家 Part.2




王から臣下まで皆が嫌い

 

恵王の後を継いだ武王(ぶおう)は太子時代から張儀の事が大っ嫌いでした。

家臣達も張儀の事が嫌いで、彼がいない事を良い事に武王へ彼の悪口を

言いまくります。

秦が張儀を重用していないと知った各国は、秦との盟を破棄して、

六か国同盟を形成して行きます。




命の危機がせまる

photo credit: Tangible via photopin (license)

photo credit: Tangible via photopin (license)

 

張儀は秦へ帰国すると、燕と秦の盟を締結してきたと武王に報告します。

この報告をした時、王と群臣達の雰囲気がいつもと違う事に気付きます。

張儀の報告を聞いた武王はただ頷き、彼を下がらせます。

この報告をしてから数か月が経ったある日、

斉から使者が来ます。

この使者は「張儀の身柄を引き渡さなければ、各国と連合軍を形成して、

秦へ攻め込む。」と斉王の言葉を武王へ伝えます。

張儀はこの斉の使者の口上を聞いており、自らの命に危険が迫っている事を感じます。

 

秦の官職を捨て、魏へ逃亡する

 

張儀は斉からの圧迫と武王から嫌われている事を知り、

自らの命の危機が迫っている事に気付きます。

彼はこの現状を打破する為、武王に策を献じます。

張儀は「王よ。私は斉の国が秦へ攻め入らないようにするため、

国を去りたいと思います。

私は魏へ向かいますので、魏と斉が争っている隙に、

韓を攻撃して洛陽周辺の土地を奪い取るのがよろしゅうございます。」と

進言します。

武王は張儀の最後の進言を取り入れる事にします。

張儀は秦を去って、魏の国へ向かいます。

 

斉王へ使者を送る

 

張儀は魏の国へ到着すると、魏の哀王(あいおう)は彼を快く受け入れ、

宰相の位に就任させます。

斉王は張儀が魏に逃げ込んだと知ると、すぐに大軍をもって魏へ攻め込みます。

哀王は魏の国土が魏へ奪われている状況を心配して、張儀へ相談します。

相談を受けた張儀は「王よ。心配する事はございません。

私が必ず斉王の攻撃を止めて見せます」と言い、

部下を楚に向かわせた後、斉王の元へ向かわせます。

このようにすることで、魏からの使者だと思わせずに済むため、

このような手段を取ります。

 

斉王との会談

 

張儀の部下は斉へ入ると斉王に会見を申し入れます。

斉王はイライラしながらも張儀の部下を受け入れます。

張儀の部下は斉王と会見すると「王様はなぜ張儀を助ける行動を取るのですか」と

尋ねます。

斉王はこの言葉を聞いて激怒し「私が張儀を助けているだと、ふざけたことを申すな。

私は奴が憎くて、魏を攻めているのだ。どうして奴を助けるであろうか。」と

怒りをぶつけます。

張儀の部下は斉王の怒りに動じず「果たして王様が言ったのは本当でしょうか。

彼は秦を出てくるとき、武王にこのように申したそうです。

「私は魏へ向かいます。私が魏へ入れば、斉は必ず魏に攻め込みますので、

王はその隙をついて、韓を攻撃して領土を拡大するべきです」と。

さて現在王は、張儀を殺す為魏へ攻め込んでいますが、

この状況を一番喜んでいるのは標的にされている張儀なはずです。

なぜなら自分が献策した策の通りになっており、

武王から信頼を得る事が出来たからです。

もし王が本当に張儀を憎んでいるのでしたら、すぐに魏へ攻撃する事を止め、

武王と張儀の信頼関係を打ち砕くことに注力するべきだと思います。」と提案。

斉王はこの言葉を聞くと「あなたの言う通りだ。魏への攻撃を止めよう。」と

伝え、斉軍をすぐに引き上げさせます。

こうして張儀の策の通りに事は進み、魏の哀王は彼を厚遇します。

しかし張儀は魏の危機を救った翌年波乱に満ちた生涯を閉じる事になるのです。

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

張儀は蘇秦と並んで、弁舌の身で戦国七雄(秦・韓・魏・趙・燕・斉・楚)と

言われた国々を動かした外交家です。

蘇秦は秦を除いた六国を同盟させて秦に対抗する外交策を各国に提案。

張儀は蘇秦とは反対に六か国を秦と同盟させる外交策である連衡(れんこう)

と言われる外交策を提案していきます。

この二人は各々の外交策を成功させた事で、中国史に名を刻み、後世まで伝えられる

事になります。

しかし史記を書いた司馬遷は「彼らは弁舌で国を左から右に動かした者で、

非常に油断のならない人物である」と評価しております。

私は司馬遷の評価も一理あると思いますが、武力を用いず歴史に名を残した事は

評価に値する実績であると思います。

「今回の春秋戦国時代のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまた初めての三国志でお会いしましょう。

それじゃまたにゃ~。」

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー



よく読まれている記事

キングダム 40巻

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

兵馬俑 kawauso

 

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

キングダム 政

 

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

 

兵馬俑

 

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

 

始皇帝

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

 

この記事を書いた人:黒田廉(くろだれん)

 

黒田廉

■自己紹介:

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

■歴史人物:

張遼孟嘗君、張作霖など

■何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【キングダム】呂不韋の子孫は前漢の皇后と三国志のあの人だった!
  2. 馬鹿の語源はキングダムの趙高の実験から生まれた?
  3. ネタバレ注意!政の配下となった李斯の最期が残念すぎる
  4. 【キングダムの主人公】飛信隊の信は悲惨な最期を遂げる?
  5. キングダム 522話 ネタバレ予想:まさか!紀彗軍が全滅の危機!…
  6. 【キングダム】転職によって人生を劇的に変えた李斯(りし)
  7. 【キングダム】信は大将軍の前に「李信」に改名するの?その理由に迫…
  8. 【キングダム】秦の六大将軍は史実でも存在するの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 曹操と孫権の合肥を巡る戦いが何度も行われていた Part1
  2. 郭淮(かくわい)ってどんな人?蜀軍との戦いに明け暮れた魏の重鎮の司令官
  3. もはや「意地」の領域?田豊・沮授の進言を却下し続ける袁紹が凄すぎる
  4. 満寵(まんちょう)ってどんな人?曹氏三代に仕え呉の天下統一を阻み続けた司令官
  5. 59話:文武両道、義侠心に厚い漢 徐庶(じょ しょ)は劉備と出逢う
  6. 英雄記から見た河北の覇者を決める公孫瓚VS袁紹

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

超短気な三国志の人物を集めてみました、あなたの友達とどっちが上? 姫様ってあだ名を付けられた戦国大名が存在した!? 72話:劉琦の恩返し、劉備江夏城へ入る 【袁術のちょっとイイ話】袁術(えんじゅつ)と蜜柑のお話 こっそりお教えします!NHK大河ドラマの通な見方。歴代大河ドラマも徹底紹介! はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 自己紹介編 【001】 【シミルボン】人間の発想怖過ぎる!血も凍る三国志時代の処刑方法 孟宗とはどんな人?孟宗竹(もうそうちく)の由来は呉の親孝行ものであるこの人から!

おすすめ記事

  1. 【権力を巡る兄弟の確執】曹丕&曹植 VS 後白河天皇&崇徳天皇
  2. 【桓騎 vs 慶舎】黒羊の戦いは史実にあるの?本当にあった戦いなの?
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース24記事【6/19〜6/25】
  4. 楽毅の猛攻に神対応!籠城の天才、斉の田単(でんたん)
  5. 郭淮(かくわい)ってどんな人?蜀軍との戦いに明け暮れた魏の重鎮の司令官
  6. もし曹植が魏の初代皇帝になったらどうなったの?【if三国志】
  7. 張飛の男気人生に痺れる!これぞ三国一!一騎当万の豪傑
  8. 【ネオ三国志】第7話:皇帝に就任した袁術と荀彧の秘策【蒼天航路】

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP