広告募集
HMR

はじめての三国志

menu

楚漢戦争

李陵(りりょう)とはどんな人?キングダムの李信を先祖に持つ悲運の将軍【後半】

この記事の所要時間: 921




photo credit: Wonderwall via photopin (license)

photo credit: Wonderwall via photopin (license)

 

李陵(りりょう)はこうして幾度も匈奴軍を蹴散らして、勝利を得ながら漢の国を目指します。

しかし匈奴軍の追撃は緩まることなく、繰り返し追撃を行ってきます。

李陵軍は漢と匈奴の国境100里地点(40キロほど)にある山地に入り、

小休止を取ります。

しかし李陵が小休止を取ったこの山を匈奴軍が包囲。

そのため李陵は死を決し、攻め寄せる匈奴軍を迎撃し、何とか勝利を得ます。

だがこの戦いで弓は尽き、刀は折れ、武器がほとんどなくなってしまいます。

 

前回記事:李陵(りりょう)とはどんな人?キングダムの李信を先祖に持つ悲運の将軍【前半】




矢尽き・刀折れ、匈奴に降る

信 キングダム

 

李陵はこうした危機的状況を正直に兵士たちに伝え、

残っている食糧を兵士達に分配。

兵士達に感謝の言葉をかけながら、山を下りるように伝えます。

こうして兵達に兵糧を配り終えた李陵は、兵士達をバラバラに下山させ、

側近と共に自らも逃走を図ります。

このとき彼に付き従ったのはたったの数十人でした。

匈奴の単于は李陵の部隊を捕捉し、激しい攻撃を仕掛けてきます。

李陵は力の続く限り戦いますが、側近の武将は討たれ、

数十人の兵士達は皆討たれてしまいます。

李陵は奮闘むなしく、ついに匈奴へ降伏することになります。




李陵の降伏に激怒

 

武帝は李陵が降伏したことを知って激怒し、

李陵の処罰をどのようなものにするか、会議を開きます。

群臣は武帝の怒りを恐れ、「李陵を罰するべきである」と武帝に進言します。

しかし一人の臣下が群臣の意見に真っ向から反対します。

その臣は会議の内容を記録する係として参加していた司馬遷です。

 

たった一人で李陵を弁護

photo credit: Purple Tongue via photopin (license)

photo credit: Purple Tongue via photopin (license)

 

武帝は何となく司馬遷(しばせん)に「意見があるなら言え」と

進言を促します。

彼は末席から「李陵は武勇に優れており、衛青大将軍亡き後、

漢軍を率いるにふさわしい器量を持っていると思います。

その証左として、5千の兵士で数万の匈奴軍に何度も勝利を得ております。

最後の一兵士になるまで戦い抜き、

どうにもならなったため、降伏したとの報告がございます。

そのため、一度彼の戦いぶりをしっかりと調査した後で、

罰しても遅くはないと思います。」と毅然とした態度で武帝に進言。

武帝は彼の意見を聞き、表情に怒りを表します。

「黙れ。朕(ちん)はお前にそのような意見を求めていない。」と言い放ちます。

そして武帝は群臣を解散させ、奥へ下がります。

 

男の大事なところがきられる

photo credit: Honey Agaric via photopin (license)

photo credit: Honey Agaric via photopin (license)

 

司馬遷は武帝からキレられ、宮殿から下がります。

その数日後、家に役人が訪れてきます。

その役人は司馬遷に「腐刑に処す」と伝えてきます。

腐刑とは男の証である大事なところをぶった切る刑です。

役人は司馬遷に「大金を払えばこの刑を逃れることができる。」とも伝えます。

すると司馬遷は「そんな大金は家にありません。刑を受けます。」と

言い、腐刑を受けます。

想像するだけで痛さを感じることができると思います。

司馬遷は大事なところをちょん切られ、生死の境を彷徨うこと数日、

何とか命を繋ぎ留めます。

 

奥さんをはじめ一族すべてが殺される

 

李陵は匈奴に降ってから数年後、単于に呼ばれます。

単于は李陵が来ると、

沈痛な面持ちで「李陵。お前に知らせなければならないことがある。」と言います。

李陵は「何でしょうか」と単于の表情を伺いながら尋ねます。

単于は「お前の一族が漢の皇帝に殺された」と悲しい表情をしながら伝えます。

李陵は何を言われたのか分からなかったが、数分の沈黙後、

単于からの言葉を理解し、単于に何も伝えぬまま出ていきます。

 

一族が全員殺される

photo credit: Purple haze via photopin (license)

photo credit: Purple haze via photopin (license)

 

李陵の一族が殺された原因は漢の将軍である公孫敖(こうそんごう)が、

誤った情報を武帝に伝えたことが原因です。

彼は匈奴に遠征した際、匈奴の兵士を捕虜にします。

この捕虜に李陵の様子を聞きます。

すると捕虜は「李陵将軍が匈奴軍に戦術を教えてくれて言います。」と

述べます。

公孫敖は捕虜の言葉をそのまま武帝に伝えます。

すると武帝は激怒し、李陵の一族すべてを殺害します。

しかしこの情報は間違っていたのです。

 

誤報が伝わった原因

 

なぜ間違った情報が武帝に伝わってしまったのでしょうか。

原因として考えられるのは、

捕虜となった匈奴軍の言葉を翻訳した人が間違えて、翻訳したことが考えられます。

漢語と匈奴の言葉は違い、匈奴の言葉がわかる翻訳者が必要です。

匈奴の兵士は翻訳者に李諸と伝えます。

しかし翻訳者が李諸(りしょ)と李陵を聞き間違えて、公孫敖に伝達。

公孫敖はこの間違えた情報を武帝に伝えた事が原因で、

李陵の一族が全員殺されてしまうことになります。

 

怒りと悲しみに打ち震える

 

李陵は単于の元から去ると、怒りと悲しみにより、

あたりかまわず八つ当たりします。

単于は彼が荒れていることを知りますが、黙認。

そして自分と同じ姓を持った李諸を憎み、彼を殺害します。

 

単于に命を救われる

 

李陵に殺害された李諸は単于の母と親密な関係にありました。

そのため単于の母は李諸を殺した李陵を憎み、単于に彼を罰するよう懇願します。

単于は母の懇願を一度はやり過ごします。

だが彼女は単于が李陵を罰しないことに怒りを覚え、

李陵の殺害をもくろみます。

単于は母が李陵の殺害を試みていることを知り、

彼の命を助けるため、寒さの厳しい北方へ行くよう命じます。

こうして李陵は単于に命を救われ、母が亡くなると、

すぐに李陵を呼び戻し、従来通りの暮らしをさせます。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 張良(ちょうりょう)とはどんな人?高祖劉邦の右腕として活躍した天…
  2. 中二病韓信 ヤクザ劉邦を大説得、神分析に漢軍大フィーバー
  3. 中国三大悪女に名を連ねた劉邦の妻・呂雉(りょち)とはどんな人?と…
  4. 季布(きふ)とはどんな人?一度承諾した約束は絶対に破らない事で天…
  5. 【獄卒の偉さを思い知った宰相】漢の功臣・周勃の名言とは?
  6. 【天下分け目の最終戦】広武山の戦いで勝ったほうが天下の覇者になる…
  7. 漢の400年は、たった8年の激しい戦いから生まれた?三国志の前哨…
  8. 曹参(そうしん)ってどんな人?漢の高祖劉邦に仕え軍事にそつなく政…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 伍子胥(ごししょ)とはどんな人?復讐の鬼となり、楚を滅亡寸前まで追い詰めた呉の名将【悲劇編】
  2. 図解でよくわかる夷陵の戦いと趙雲の重要性
  3. 【架空戦記】時空を超えた対決!韓信VS 諸葛亮孔明の一本勝負
  4. 三国志と日本史の『名城対決』真田丸と陳倉城が激アツすぎる!
  5. 仰天!三国志の時代にはナビゲーション技術があった!?
  6. 楊沛(ようはい)とはどんな人?魏の諸将を恐れさせた行政官

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【センゴク】織田信長と伊勢・長島の一向一揆衆の戦いを解説するよ キングダムと三国志の豪傑を対比|王騎と言えば誰? 【キングダム】趙の慶舎(けいしゃ)は実在したの?史実を元に真実の姿を解説 【これだけ読めば大体わかる】山崎賢人主演!キングダム実写化の内容を大胆予想! はじめての三国志 アンケートのお願い 東方明珠のへなちょこ洛陽旅行記 その1 諸葛孔明の弟、諸葛均ってどんな人だったの? 鍾毓(しょういく)とはどんな人?風格のある人柄で秀才の誉れ高い魏の臣

おすすめ記事

  1. 曹操の迅速な機動力VS劉備の逃げ足の速さ
  2. 50話:捨てる神あれば、拾う神、劉備、趙雲と再会
  3. 【龐煖の死】対趙攻略戦を地図で解説&大胆キングダム予想!
  4. 蘇秦(そしん)とはどんな人?秦の圧力を跳ね返す為、六国を結び付けた合従論者 Part.1
  5. これぞ日本版・四面楚歌!織田信長はトップに立った時から敵ばかりだった!
  6. 三国志の時代のライター陽燧(ようすい)が中々便利!
  7. 中国四大美女のひとり貂蝉
  8. 【はじさん運営報告】イベント・企画・アクセス数

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP