広告募集
ビジネス

はじめての三国志

menu

はじめての変

KOEI 三國志の産みの親!襟川陽一はココが凄い!シブサワ・コウの意外な側面6連発

この記事の所要時間: 653




シブサワ・コウ 引用

 

これまで、ほとんど馴染みが無かった中国春秋戦国時代に光を当てて、

空前の大ヒット漫画にした、原泰久先生。中年層の読み物と横山光輝三国志しか

無かった中国古典三国志をゲーム化して、老若男女すべての層に三国志を広く普及させた

シブサワ・コウこと、襟川陽一氏。

 

SWITCHインタビュー 達人達(たち)「原泰久×シブサワ・コウ」

 

新旧二人の歴史の達人が、5月28日(土)

Eテレ SWITCHインタビュー 達人達(たち)「原泰久×シブサワ・コウ」で

ついに対談します。

 

それぞれ一時代を築いてきた両者が、どんな事を語るのか楽しみですが、

はじさんでは、その予備知識として、二人がいかに凄いか、

その凄いポイントを分かりやすく紹介していこうと思います。

第二回の今回は、大ヒット歴史SLG 三國志を世に送り出した。

シブサワ・コウこと、襟川陽一さんの紹介です。

 

第1回記事:【徹底分析】キングダムを書いた原泰久はココが凄い!原先生の意外な側面10連発



凄1 子供の頃から歴史が大好きだった!

シブサワ・コウ 引用

 

襟川陽一さんは、1950年、10月26日、栃木県生まれです。

流石に歴史シュミレーションゲームを後年造るだけあり、

少年時代から歴史が好きで、日本の歴史小説家、山岡荘八や、

司馬遼太郎の本をよく読んでいたそうです。

 

どうして、襟川さんが歴史小説が好きなのか?というと、

小説を通して、本当にその時代の登場人物になったような気がして

わくわくするからとの事で、このわくわく感は、後に、

歴史SLG三國志を造った時に絶対表現したいと考えた要素でした。

三國志に没頭した時に感じる、あの武将達と共に時代を動かしている感は、

襟川氏のわくわく感を体現したものなのです。

 




凄2 なんと!元々はプログラマーじゃなかった?

信長の野望・創造 戦国立志伝

 

三國志や信長の野望などの歴史SLGで有名な襟川さんですが、

彼自身は、慶応大学の商学部出身の完全な文系の人で、

元々は、プログラマーでもなんでもありませんでした。

 

そして、襟川さんの実家は、コンピュータとは何の関係もない、

染料工業薬品の会社を営んでいたのです。

 

しかし、会社は安い東南アジアからの繊維の輸入で斜陽になり、

店は苦境に追い込まれ残務整理に追われるようになります。

 

凄3 運命を変えたマイコンとの出会い!!

コモドール64 wiki

(写真引用元:コモドール64 wikipedia

 

そんな父の会社を継いだ襟川氏ですが、仕事は振るわず、

今後の事を考えて悩み、本屋に行っては、松下幸之助や、

稲盛和夫のような経営者の本を読んでいた所、

偶然に目に入ったのがマイコンという雑誌でした。

 

まだパソコンですらないマイコンですが、これを使えば、

コンピュータソフトで社員教育が出来たり、会社のOA 化が出来るなど

夢のような話が沢山書いてあり、襟川さんは、「これだ!」と思ったそうです。

 

普通の人なら、「調子いい事書きやがって・・」とか疑いそうですが、

襟川さんは、本に書いてある事を信じちゃったんですね。

 

ところが当時のマイコンは贅沢品で、一揃い揃えるのに40万円です。

今の貨幣価値だと、120万円にはなります、軽自動車買えますね・・

 

会社が斜陽の襟川さんには、とても手が出ない金額でした。

ですが、その様子を見ていた奥さんが、御自身の貯金から

40万円出して襟川さんに、マイコンをプレゼントします。

 

襟川さんは、大喜びで、それから夢中でコンピュータ言語を覚え、

表計算ソフトやOAソフトを自作するようになります。

こうして、プログラムとは無縁だった襟川さんと、

コンピュータが結びつく事になるのです。

 

凄4 仕事の息抜きで造ったSLG「川中島の合戦」が大当たり!

昭和 f

 

当時は、現在と違い、ビジネスソフトが市販されている時代ではありません。

必要なソフトは、各自で自作していた時代だったのです。

しかし、当然、それはコンピュータ言語が分からないと造れないので、

自然、当時、小さなマイコンショップを経営し始めた襟川さんの所に、

会計やOA用の ビジネスソフトを造ってくれるように

企業から注文が舞い込むようになります。

 

傾いていた会社も、このビジネスソフトの制作で何とかやっていける

目途がついたのですが、忙しいビジネスソフト制作の合間に、

襟川さんは、自作の戦国シュミレーションゲームをプログラムして、

息抜きに遊んでいました。

プログラムの仕事の息抜きなら、パソコンから離れそうですが、

そうではなく、さらに自分がプログラムしたソフトで遊ぶというのが

凄いですが、、そこで襟川さんが遊んでいたのが、

自分でプログラムを組んだ、川中島の合戦でした。

 

これは、プレイヤーが武田信玄になって、ライバル上杉謙信と川中島で

戦うというゲームなんですが、襟川さんは、これが我ながら面白かったので

試しに、通信販売してみた所、注文が殺到して1万本も売れたそうです。

当時3500円のソフトが、1万本ですから、3500万円!の売り上げ、

 

本業のビジネスソフトより、遊びで造った川中島の合戦が売れたので、

襟川さんは、家業の染料工業薬品の仕事を畳んで、ゲームソフトの会社として

光栄マイコンシステムの屋号でスタートを切る事になります。

 

凄5 経営と戦術、二つの画面を切り替えて進む画期的な信長の野望

信長の野望 1983年 引用

 

1983年、光栄マイコンシステムが発売したのが、

現在もバージョン更新を繰り返しながら、進化している

「信長の野望」シリーズです。

 

当時は、HEX 画面での将棋のような戦術ゲームは存在しましたが、

信長の野望は、これに領国経営という要素をプラスしました。

そして、ゲームは、内政によって、石高、商業値、民の忠誠度を上げて、

兵力を増強し、国力がついたら、戦術画面で周辺国に攻め込んで

領地を広げるという、二つの要素の切り替えで進むようになっています。

 

当時としては、戦術ゲームに経営要素を組み込んだゲームはなく、

斬新なシステムとして飛ぶように売れます。

 

また、大名の能力に数値を使ったのも光栄が初めてで、

そのヒントは昔、ハマって遊んでいたボードゲームにあったとの事です。

確かに、ボードゲームは、マイキャラに数字でパラメータを書きこみ

サイコロの目で、様々なイベントの判定をしますが、

その経験が、信長の野望の大名のパラメーター数値になったんですね。

 

凄6 経営・戦術に人間ドラマを加えた金字塔 三國志

コーエー定番シリ-ズ 三國志

 

信長の野望は、最初、織田信長と武田信玄しか選べませんでしたが、

やがて、「故郷の大名で天下を統一したい」という声が寄せられ、

それに応える形で「信長の野望全国版」が制作され、北海道から、

鹿児島まで、ほぼ全県の大名で天下統一を目指せるようになります。

 

しかし、この頃には、まだ武将という概念はなく、

登場するのは、大名ばかりでした。

 

1985年、いよいよ、光栄から、三国志が制作されます。

 

このゲームの画期的な事は「武将」というシステムが登場した事です。

それはもちろん、曹操(そうそう)や劉備(りゅうび)、関羽(かんう)、

張飛(ちょうひ)周瑜(しゅうゆ)というような、

三国志の個性豊かな登場人物の事を意味しています。

 

それまでのSLG ゲームは、プレイヤーの分身であるキャラクターと、

敵との一対一の戦いでした。

 

しかし、光栄の三國志は、ここに、武力、知力、カリスマ、健康、

というような多彩なパラメーターを持った武将達を登場させたのです。

そして、戦争で敵武将を捕虜にして登用したり、計略で引き抜いたりし

より優秀な武将を多く獲得した方が、戦略も戦術も優位に立ち、

天下統一に近づくというシステムが出来上がります。

 

そればかりでなく、武将にはマスクデータとして義理堅さや、

裏切りやすさなどの様々な特性が加えられます。

そして、時代が進むと武将が寿命で死ぬなど、

人間の人生のような儚さまで表現される事になります。

これにより、それぞれの武将の個性が浮き立ち、

ただのコマではない血の通ったキャラクターになったのです。

 

この武将システムは、後に信長シリーズにも加えられ、

光栄のSLG の特徴になっていきます。

 

やがて、ファミコンが発売されると、光栄はファミコン市場にも進出。

信長の野望や三國志は、ファミコンでも大ヒットして、

歴史ファンは急速に拡大していく事になります。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 孫静(そんせい)とはどんな人?兄貴、孫堅とはゼッコーモン!ひたす…
  2. 【キングダム予想】公孫龍将軍が最大の壁になる?実は防戦のスペシャ…
  3. 安保法案ってなに?三国志で理解する安保法案【今さら聞けない】
  4. 三国志に出てくる鮮卑族ってどんな民族?
  5. 【真・三國無双8】新キャラ周倉(しゅうそう)とはどんなキャラ?実…
  6. 田横(でんおう)ってどんな人?不撓不屈の精神で正義を模索した王の…
  7. 【トラブル続発】後漢の時代の塾は色々面倒くさかった?
  8. 【後漢のラストエンペラー】献帝の妻・伏皇后が危険な橋を渡った理由…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 絶対ダメ!三国時代に流行していたドラッグ!?漢方薬を違法ドラッグにした何晏
  2. あの甘寧が? 天下二分の計を唱えた三国志一の海賊王
  3. スーパーマンも驚き!三国志時代の仙人はびゅんびゅん空を飛んでいた!【古代中国の仙人事情】
  4. 袁術は反董卓連合軍の解散後どこで何をしていたの?
  5. ええっ?蒙驁(もうごう)将軍は史実では秦の六大将軍に並ぶ超名将だった
  6. 始皇帝が中国統一後、わずか15年で秦が滅亡した理由|始皇帝がブサメンだったから?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

周瑜が長生きしていたら三国志はどうなったの?二国志になっていた可能性!? 【軍師連盟】諸葛孔明の北伐は司馬仲達がいなければ成功していたの? 【歴史嫌いな中高生必見】春秋戦国時代はいつ始まってどこで終えたの? 50話:捨てる神あれば、拾う神、劉備、趙雲と再会 袁術は実はベトナムに逃げ延びていた!?【歴史ミステリー】 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第8部 江東の豪族・陸遜は政治家としては優秀だったの? 3分で分かるアンティキティラ島の機械の技術力の高さ!

おすすめ記事

  1. 孫資(そんし)と劉放(りゅうほう)の綱渡り!曹叡の側近達による命懸けの戦い
  2. 鄭渾(ていこん)とはどんな人?民衆の利益を第一に考えた魏の行政官
  3. 蒋済(しょうさい)とはどんな人?曹魏四代に仕えた宿老の生涯
  4. 刑顒(けいぎょう)とはどんな人?三国志時代の曹植家に仕えていた執事
  5. 秀吉の下に天下を代表する軍師が揃うきっかけってなに?
  6. 【数奇な人生】三国志演義には登場しない臧洪(ぞうこう)と袁術の奇妙なニアミス!
  7. 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第二話「崖っぷちの姫」の見どころ
  8. 楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP