衛青(えいせい)とはどんな人?前漢時代最強を誇っていた匈奴を打ち破って漢の領土を回復させた武人




劉邦

 

劉邦(りゅうほう)が中華を統一した時代を前漢時代といいます。

この時代、中華にとって最大の敵は北方の異民族である匈奴でした。

匈奴は北方に割拠していた他の異民族を降し、漢に圧力をかけてきます。

劉邦も匈奴を討伐するべく兵を向けますが、敗北してしまいます。

その後歴代の漢の皇帝は匈奴と仲良くしていく方針を打ち出します。

しかし前漢の武帝は匈奴を中華から追い出すことを国の方針にします。

武帝は一人の軍人を見出したことで匈奴を長城以北に追い返すことに成功。

この時匈奴の軍勢を打ち破った将軍・衛青(えいせい)

今回紹介していきたいと思います。




奴隷の扱いを受ける

 

 

鄭季(ていき)は平陽侯の役人として仕えていました。

彼は一つの罪を犯します。

その罪とは平陽侯の側室と密通し、子供を産ませてしまうのです。

その子供こそ後の大将軍である衛青です。

衛青(えいせい)は幼い頃、羊飼いをさせられ、さらに周りの大人や同じ年の子供から

奴隷のような扱いを受け続けていました。

青年期を迎えても周りの大人からの扱いは変わりませんでしたが、

ある事がきっかけで彼の運命は大転換を迎える事になります。




姉の衛子夫が武帝に嫁ぐ

photo credit: Dreaming of a Better World via photopin (license)

 

漢の皇帝である武帝は、衛青の姉である衛子夫に一目惚れし、

彼女を後宮へ向かい入れます。

彼女は武帝の寵愛を受ける事ができ、彼の子供を身ごもります。

衛青は衛子夫のおかげで奴隷のような扱いから解放され、宮殿に赴き、

武帝に仕える幸運を掴みます。

 

陳氏に監禁され、殺されそうになる

photo credit: Bukit Lawang – Darkness Falls via photopin (license)

 

陳氏は武帝の寵愛を受けていた衛子夫に嫉妬し、衛青を拉致して監禁。

陳氏は監禁した衛青の殺害をもくろみます。

衛青の友人である公孫敖(こうそんごう)は、彼が監禁された事を知ると、

監禁されている場所を突き止め救出。

衛青は公孫敖のおかげで、死を免れる事になります。

武帝は衛子夫が子を身ごもった事を知ると、衛青を宮中顧問官に引き上げ、

自らに仕えさせます。

 

匈奴を討伐せよ

photo credit: Amour de Minuit Dark Romantic Red Rose Detail via photopin (license)

 

武帝は匈奴が中華に侵入している事が気に食わず、

いつか必ず匈奴を長城以北に追い返してやろうと思っておりました。

この思いを抱き続けて数年後、匈奴を討伐する軍を起こします。

武帝は衛青を車騎将軍に任命した後、彼を私室に呼び寄せます。

武帝は「衛青よ。お前を匈奴討伐の軍勢に加えてやる。

この討伐を成功させよ。」と命令されます。

衛青は「承りました。」と一言頷き、武帝の元を去ります。

 

初めての匈奴戦

photo credit: road of the righteous via photopin (license)

 

衛青は一万騎を与えられ、上谷から匈奴の領地である河南地方へ出撃します。

彼は迎撃に出て来た匈奴軍を次々に打ち破り、数百名の捕虜得て帰還。

この時出撃した他の将軍達は誰も戦功を挙げる事が出来ませんでした。

その為、衛青が長安へ凱旋した時、群臣達は大いに喜び、衛青を称えます。

武帝も衛青が戦果を挙げて戻って来た時、大いに喜びます。

 

第二回匈奴戦討伐戦

photo credit: Sunset on the San Gabriels via photopin (license)

 

衛青は初戦果を挙げた翌年、武帝から再び匈奴を討伐せよと命令を受け、

雲中(うんちゅう)から出撃するよう命じられます。

この戦いで衛青は、匈奴の二人の王を河南地方から追い出すことに成功し

河南一帯を奪い返す大戦果を挙げます。

武帝は衛青の戦果を大いに喜び、彼を長平侯に任命し、広大な領地を与えます。

 

第三回匈奴討伐戦

photo credit: Clear Night Skies via photopin (license)

 

衛青は名実ともに、将軍として群臣から認められ、武帝からの信頼を一身に集めます。

衛青は再度武帝から匈奴討伐を任命されると、右賢王の軍勢を撃破し、

匈奴が有していた家畜を大量に捕えます。

また右賢王の側近である王族を多数捕えます。

三回の匈奴討伐戦を終えた衛青は、

将軍としての力量を群臣や他の将軍に見せつけます。

 

大将軍に出世

photo credit: DSC_2103-31 via photopin (license)

 

衛青は第三回匈奴討伐戦の戦功が武帝に認められ、大将軍へ昇進。

さらに領地を加増され、彼の息子達も侯の位を与えられます。

衛青は武帝に対して「私が匈奴の軍勢に勝利したのではなく、

陛下の御威光と他の将軍達の奮戦があったからこそ、勝利を得る事が出来たのです。

この勝利のおかげで私は陛下から領地の加増を頂くことが出来ました。

しかしわが息子達は何の戦果も挙げていないのに褒美を受ける訳にはいきません。」

と息子達が褒美を受ける事に頷きませんでした。

しかし武帝は衛青の反対意見を無視して、彼の息子達に領地を与えます。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2 3

関連記事

  1. 織田信長
  2. おんな城主 直虎
  3. ヤンキー
  4. 顔良を討ち取る関羽
  5. はじめての三国志 画像準備中

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“カレンダーの世界史"

“鉄と日本の二千年史"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP