李厳(りげん)とはどんな人?自分の出世の為に孔明の足を引っ張った蜀の将軍


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

姜維と孔明

 

諸葛孔明は様々な人材を試して、有能な能力であればすぐに引き立てて用いることで、国力の小さい国である蜀を盛り立てていきます。孔明が引き立てた人物は数多く、一度決裂した呉との同盟を再締結させた鄧芝(とうし)や孔明の愛弟子である姜維(きょうい)などを登用し、蜀の新たな人材として、活用していきます。

 

また益州から加わった人物も、高位の位に就任させて活用していきます。劉備が益州を領土としてから仲間に加わり、有能であった家臣の代表として、法正(ほうせい)や呉懿(ごい)などが孔明によって引き立てられ、蜀の重鎮として活躍していきます。

 

張松

 

今回は孔明から非常に高い評価を受けた蜀の重鎮・李厳(りげん)ついてご紹介してします。


曹操を嫌い、劉璋へ仕える

劉表 三国志 ゆるキャラ

 

李厳(りげん)は荊州の牧である劉表(りゅうひょう)に仕えておりました。彼は劉表から荊州と益州の国境沿いの守備を任され、秭帰(しき)と呼ばれる場所を治めておりました。しかし曹操が河北を統一し、荊州へ侵攻を開始。劉表の息子である劉琮(りゅうそう)は、曹操を恐れて一戦も交えずに降伏します。李厳は曹操を好んでいないことから、秭帰を捨てて益州へ逃亡。その後彼は益州の主であった劉璋へ仕えることになります。劉璋は彼を成都の県令に任命されることになります。彼は成都の県令の役職をもらうと、仕事の捌き方が的確かつ早いことから、他の臣下優秀な人物であるとの評価を下されます。


劉備に張魯討伐を仰ぐも…

張魯 お宝

 

劉璋は長年の宿敵である張魯(ちょうろ)討伐を劉備に依頼します。李厳や他の劉璋の配下達は「殿。劉備を益州へ向かい入れれば、必ず劉備は益州を乗っ取るため、攻撃を仕掛けてきましょう。」と劉備を益州へ入れることに大反対しますが、劉璋は彼らの反対意見を黙殺して劉備を益州へ向かい入れます。しかし李厳達の予想が当たってしまい、劉備は益州の各地の城を攻撃し始めます。劉璋は劉備が益州各地の城へ攻撃を開始した時に、彼の魂胆を知ることになり激怒します。彼はすぐさま将軍達を成都周辺にある要衝へ向かうように指示を出します。李厳も劉璋に命じられて、綿竹(めんちく)と呼ばれる成都防衛の要へ派遣される事になります。


劉備に降伏を願い出る

劉備

 

劉備はその後、バシバシ益州各地の城を陥落させて行き、飛ぶ鳥を落とす勢いでしたが、劉璋も黙ってやられているわけではありませんでした。劉璋軍の精鋭が守る雒城(らくじょう)攻城戦で、劉備軍の軍師である龐統(ほうとう)の命を奪う大戦果を挙げております。しかし龐統が討ち死にした事で、劉備軍はますます勢いづき、雒城は劉備軍の猛攻を受けて陥落してしまいます。劉備は雒城を陥落させると益州の州都である成都へ向けて、軍を進めていきます。李厳は劉備軍が綿竹へやってくる事を知ると副将である費観(ひかん)と図り、劉備軍へ降伏します。劉備は綿竹を放棄して自分の元へ降伏してきた二将軍を厚遇。その後劉備は劉璋を降伏させ益州を手に入れると、李厳は益州の南方にある都市の太守に任命されます。


反乱軍数万を5000の兵で撃退

陸遜 劉備

 

劉備は益州を攻略するとすぐに曹操の領土となってしまった、漢中を攻略するため出陣します。李厳はこの時漢中攻略戦に従軍せず南方が反乱を起こさないように、目を光らせておりました。しかし李厳が太守をしている都市から少し離れた所で、盗賊達が一斉に反乱を起こします。その数は数万に上る大規模な反乱でした。彼はこの反乱を鎮圧するため都市を守備している5000の兵を率いて出陣。そして難なく彼は反乱を起こした数万人の賊徒達の討伐に成功し、何食わぬ顔で戻ってきます。劉備と孔明はこの報告を聞き、李厳に軍略の才能がある事に気付く事になります。

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2 3>

関連記事

  1. 劉備 ゆるキャラ

    デザイン担当:よりぶりん

    83話:劉備は荊州四郡をゲット!怒涛の快進撃

    周瑜を曹仁にけしかけて、魏と呉が激闘してい…

  2. 張嶷
  3. 李福
  4. 星彩
  5. 蜀の魏延
  6. 孟節(南蛮討伐)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP