飛信隊はどのような構成だったの?史実をもとに強さも考察


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

馬に乗って戦う飛信隊の信

 

キングダムにおいて、主人公 信と一心同体で動き、幾多の戦場で手柄を立ててきたのが、飛信隊です。その飛信隊も信の成長と共に、規模を大きくしていき、今では8000人という大勢にまで成長しました。そこで、はじさんでは、飛信隊の歴史から、現在の状況までをザックリと分りやすく解説します。


飛信隊を造ったのは、あの王騎将軍・・

王騎 キングダム

 

飛信隊は、発足当初から独立遊撃隊という存在です。つまり、どの将軍にも所属せずに独自の動きを許される部隊でした。それには理由があり、元々飛信隊は、王騎(おうき)将軍により臨時に編成された100名あまりの百姓部隊だったからです。


飛信隊は、趙将 馮忌を斬る大手柄を挙げる

 

王騎将軍の策は、100名余りの飛信隊を毒矢に見立てて、趙の大軍の隙間をかいくぐり、趙軍の奥深くで戦略を練る、将軍馮忌(ふうき)を斬るという事でした。大軍が動く戦場だからこそ、わずか100人の飛信隊は目立たず、毒矢の役割を果たすという考えです。

 

もちろん、失敗すれば死は免れませんし、生き残って戻っても味方による死刑が待っている厳しい任務です。しかし、信は大将軍になるという自分の夢の最短コースが、この任務をやり遂げる事だと直感し、100名の部隊が半分に減ってしまうという大損害を受けながら、趙将、馮忌を斬り、秦軍を初戦で勝利させる大手柄を挙げるのです。これにより飛信隊は、そのまま存続し、味方には頼りになる存在、そして敵には恐怖の的として名を中華に轟かせる事になります。


飛信隊の組織図

 

飛信隊は、8000名を数える組織ですから、それぞれで役割を分担しないと思うように動く事は出来ません。それで、隊が存続していく間に、次第に組織化が進みました。ここでは、飛信隊の組織を見ていきましょう。

 

・隊長 信(しん)・・言わずとしれた飛信隊の核です。元気で疲れ知らず、また歴戦を潜り抜けた事で、武神 龐煖(ほうけん)と斬り合いを演じられる程の武力もありますが、作戦などの立案は苦手です。一時期、副隊長の羌瘣(きょうかい)が仇討ちの為に抜けた時には、飛信隊は連戦連敗し、上層部では、飛信隊解散の話さえありました。平たく言えば、信は腕力バカなのです。

 

・副隊長1 羌瘣・・信を補佐する副隊長が羌瘣です。伝説の暗殺者一族の出身で、一人で万人を相手にする剣技を使える上、頭もよく、一人で軍師と将軍の働きをします。飛信隊では、8000名の内の3000名が羌瘣の直属です。

 

・副隊長2 渕(えん)・・信が王騎将軍の試練で崖から突き落とされ弱小部族を戦争で勝たせるという特訓を受けた時、巻き添えで落とされたのが渕です。それ以来、創設された飛信隊でも副官になりました。あまり武力はないですが、代わりに頭脳は・・と言うほどのものでもなくただ、長年、壮絶な死闘をくぐった土壇場の度胸と、信を信じ抜く精神力の強さは、誰にもひけをとらないモノがあります。

 

・副隊長3 楚水(そすい)・・

 

飛信隊が千人隊に昇格した際に配属された副隊長です。元々郭備(かくび)という、信と同じように下僕から千人将に昇格した人物に仕えていましたが、郭備は敵将、廉頗(れんぱ)の配下の輪虎(りんこ)に暗殺されました。その後を受けて、楚水は飛信隊に入りましたが、郭備から、信の事を色々聞いていたようで、最初から好意的です。かなり有能な副隊長で、皆から一目置かれています。

 

・軍師 河了貂(かりょうてん)・・河了貂は、黒卑村という、山岳民族の村にいた少女でした。祖父が死んでからは、身よりがなく、生きるために、秦からの亡命者や逃亡者の情報を売ったりして生計を立てていましたが、お金目当てで、秦王政(せい)や信に関わったのが運のツキ、、逃亡者同然の政からは、金は貰えないわ、敵対者から狙われ何度も生命の危機に瀕するわで散々の目に遭います。

 

ただ、どんな逆境でも挫けず、未来を切り開く信や同じ女性でありながら、無類の強さを誇る羌瘣の姿を見ている間に、自分に出来る事は何だろうと考えるようになり、羌瘣のツテで軍師学校に入り、軍師になります。

 

関連記事:キングダムの羌瘣(きょうかい)は実在したの?飛信隊の美女にはモデルが存在した!

関連記事:秦国の六虎将軍・李信の妻となるのは誰かを大胆予想!羌瘣?それとも河了貂か?

関連記事:麃公(ひょうこう)は実在したの?龐煖と李牧に挑んだ秦の将軍


副隊長以下の百人将、伍長、什長

 

百人将、伍長や什長とは、副隊長以下の、それぞれの伍や什を統率する下級将校です。百人将は100名のリーダー、伍長は5人のリーダー、什長は十人のリーダーです。

 

・尾平(びへい)・・信の幼馴染み、信と同じ位、単細胞で口ばっかりだが、いざという時にはド根性を発揮する底力のある男。体は痩せていて特徴がある出っ歯、什長。

 

・尾到(びとう)・・尾平の弟だが角刈りでデカイ、兄とは正反対で寡黙で頼りがいのある人物、戦死した、伍長。

 

・澤圭(たくけい)・・元信の上司だった伍長、地味だが手堅い戦術で、味方の伍を失った事がない事が自慢。

 

沛浪(はいろう)・・経験豊富な武闘派、常に危険な前線に立ち、困難な任務を受ける事が多い。現在百人将。

 

田有(でんゆう)・・巨漢の歩兵、沛浪と共に、前線に立つ事が多い、その甲斐あって、現在百人将。

 

竜川(りゅうせん)・・田有を上回る巨漢の歩兵で、力は田有の3倍(本人談)とも言われる。飛信隊の初陣である趙軍との戦いでは、馮忌を守るべく張り巡らされた趙軍の防御陣をはじき飛ばして、突破口を開いた。最近、子供が生まれ、その事を思って戦意が鈍るシーンもある。

 

・魯延(ろえん)飛信隊で最年長の歩兵、老人だが戦場の経験は豊富で、初期は、信にアドバイスする場面がいくつかある、現在は什長。

 

・石(せき)山の民の一族である青石族の青年、常人離れした聴力を持つ他、山の知識が豊富で、斥候として多大な貢献をする、伍長。

 

・昴(こう)・・一兵卒、初期からの飛信隊のメンバーだが、体も小さく、泣いてばかりで、あまり役に立っていなかった。しかし、出世して苦労している母親に楽をさせたいという一念で成長しつつあり、羌瘣から習った関節技を自分なりに極めたり、戦闘に勝てなくなった飛信隊の原因を、「羌瘣が抜けたから・・」と指摘するなど、かなり賢い面も出てきている。

 

関連記事:【キングダム】秦の旧六大将軍と新六大将軍を大胆予想!

関連記事:漫画潰す気か!原作者ブチ切れ必至のキングダムの最後をネタバレ予想!!

関連記事:【キングダムネタバレ】ちょ~先読み!桓騎(かんき)李牧(りぼく)に負ける!宜安の戦いを徹底解説!

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 戦国昭王、大激怒で白起に死を命ずる
  2. 王翦
  3. 敗北する桓騎
  4. 章邯(しょうかん)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP