法正特集
if三国志




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

三国志の時代、一番本を持っていた武将は誰だったの?




劉備 曹操

 

電子書籍が一般化しても、やはり分厚い紙の本の存在感は高いです。

スマホがなくても読めますし、電気も要らず、どこへでも持ち運べます。

そして、何より、いつまで放置しておいても腐りません。

では、三国志の時代、このような本を大量に持っていたのは、

どこの誰だったのでしょうか?




紙の発明が、本を普及させた

三国志大学 劉備

 

現在のような紙が発明される前、中国では木簡が利用されていました。

木簡は、長さ23センチ、幅2センチの長方形の形で、

幾つかの木簡を紐で繋いで、一章の話にしていました。

 

今でも本を制作、改訂、修正する作業を編集というように、

編という漢字にいとへんが入るのは、この木簡を紐で綴る

という事に由来しています。




木簡の欠点、かさばる・・

ビル・ゲイツ

 

木簡には、字を失敗しても削れば済むという利点があり、

大体、一章ごとに竹簡はまとめられているので、紙の本のように

膨大なページ数から必要な一文を探すのも難しくありません。

 

ですが、木簡の最大の欠点は、重くかさ張るという事でした。

紙の本に比べて、収納スペースは500倍も必要になります。

これでは、個人の家では、沢山の本を収蔵するのは難しく、

実際に紙が発明される前までは、最大の蔵書家は国家でした。

 

関連記事:【意外と知らない?】孫子の兵法を読んだ偉人達!曹操やビルゲイツも愛読、人生や経営に役立つ名言が詰まった兵法書

関連記事:曹操が発明した酒、剣、兵書の数々が凄い!孔明も思わず嫉妬?

関連記事:【悲報】孔明の発明品で戦死した人物が実在した。鎧を過信した南朝宋の軍人・殷孝祖

 

紙が普及すると、各地で蔵書家が出現する

三国志大学 公孫瓚

 

紙の発明は、2000年前には遡りますが、当初は文字を書ける程は

なめらかではなく、包装紙のような扱いでした。

しかし、蔡倫(さいりん)など、紙の改良に尽力した人々の手で、

文字を書ける現在の紙に近いものが出来上がるようになります。

 

前漢時代の末には、班ゆうと呼ばれる人が蔵書家だったようです。

 

余り関連性がはっきりしませんが、漢書を書いた歴史家・班固(はんこ)と

同姓であるので、恐らく、そのつながりでの蔵書家だったのでしょう。

学者として名高い揚雄(ようゆう)や桓譚(かんたん)が

珍本や希本を見に訪れた程だそうです。

 

具体的に何冊という記述はありませんが、紙と木簡を合わせて、

数千冊という位が妥当かも知れません。

 

関連記事:諸葛孔明の発明|伝説肉まんから紙芝居まで?

関連記事:許劭(きょしょう)とはどんな人?三国志時代のインフルエンサー

関連記事:呉の大都督、周瑜の魅力がありあまり過ぎて困る7つの理由

 

三国志の時代には、あの人が一番の蔵書家

韓非

 

時代は下って、後漢の末期になると、あの董卓(とうたく)でさえ

一目置いた、学者の蔡邑(さいゆう)が最大の蔵書家と言われました。

彼の家には一万巻の書物があったようです。

その書物の大半は、国からもらったもののようですが、

ここでようやく万巻の書を保有する知識人が登場する事になります。

 

この頃には、一般の役人でも中級クラスでは、百巻の書を持つ人も

珍しくなくなりますが、史記や漢書が100巻超えである事を考えると

種類は限られていて、多種多様な本を持っているという程までは

普及していなかったようです。

 

関連記事:董卓は実は名将軍であるという根拠

関連記事:董卓はどうしてデブになったの?真面目に考察してみた

関連記事:呂布だけじゃない!こんなにいる董卓の優秀な側近4選

 

晋の時代の蔵書家、張華の蔵書は何と・・

不仲ランク02 楊儀

 

その後も書物は増え続けてゆきます。

晋の時代の有名な宰相である張華(ちょうか:232~300年)は

当時の最大の蔵書家で、なんと個人の蔵書が車30両分もあったようです。

すべてが紙の本だとすると、一人で何万冊と本を持っていた事になります。

この頃になると、地方でも蔵書家が増えて、すでに数千冊程度では、

話題にもならない位にありきたりでした。

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

本の量は、その国の文明の尺度を測る上で重要な指標になります。

個人ではありませんが、後漢を建国した光武帝が都を長安から、

洛陽に遷都した時、政府関係の蔵書は2000両の車で

連なって運ばれたと言われています。

 

そこには、中華文明の粋が収められていたことでしょう。

それにしても、班ゆう、蔡邑、張華と、歴史上の蔵書家には、

優れた人物が多いようですね。

 

やはり本を読むのは大事な事なんだなと思いました。

本日も三国志の話題をご馳走様・・

 

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—




よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 【故郷を愛した英雄】曹操は故郷が大好きで仕方がなかった
  2. 蜀の劉備 中国雑技団の前身!?三国時代の大道芸
  3. 張飛益徳参上 策士・張飛 (ちょうひ)が繰り出す瞞天過海の計&暗渡陳倉計ってど…
  4. 司馬師 衝撃!高平陵の変の黒幕は司馬師だった!
  5. 陳平(ちんぺい)とはどんな人?詐欺師か、天才軍師か?謀略の達人
  6. 降参する姜維 姜維は北伐の失敗で衛将軍に降格したのに何で大将軍に復帰出来たの?…
  7. 劉備にアドバイスをする法正 献帝死亡説を利用した?劉備が漢中王に即位したのは孔明と法正の入れ…
  8. 劉邦 【将苑】諸葛亮も認める立派な将軍になろう!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 袁術と孫策
  2. 孔明君のジャングル探検
  3. 魯粛
  4. はじめての三国志からのお知らせ バナー
  5. 三国志の地図
  6. 藏覇(臧覇)
  7. 何晏
  8. 郤正

おすすめ記事

  1. 【PR】一味違った「三国志」をどうぞ 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  2. 【列子】信念があればなんでもできる?火に飛び込んでも無傷な人の話 程普
  3. 明智光秀は長篠の戦いの功労者だった!光秀の戦術眼と功績を紹介 長篠の戦いWikipedia
  4. 名探偵郭嘉TOP画面
  5. 鍾会(しょうかい)は何で反乱を起こしたの?魏のイケメン武将の独立事情 鍾会を説得する姜維
  6. はじ三の生き字引!kawausoが読者の疑問に答えます

三國志雑学

  1. 魔王曹操
  2. 幕末 魏呉蜀 書物
  3. 劉備
  4. 朝まで三国志201 観客2 モブでブーイング
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. カイ良、カイ越、蔡瑁に初めて会う劉表
  2. 呂布に暗殺される董卓
  3. 曹休
  4. 曹操の使者を斬り捨てる武闘派の孔明
  5. 読者の声バナー(はじめての三国志)

おすすめ記事

薩長同盟が結ばれるシーン 坂本龍馬と西郷隆盛と桂小五郎 坂本龍馬の評価は高すぎ?実際の業績を検証 野望が膨らむ鍾会 鍾会の蜀討伐案と羊祜の呉討伐案の違いってなに? 岳飛(南宋の軍人) 【岳飛】現存している出師の表の執筆者は諸葛亮ではなく岳飛だった 董卓を倒す呂布 呂布はどうして義父の董卓を裏切ったの? 曹操と機密保持 【孟徳新書】曹操の兵法書は敵の手に渡らなかったの? 陸抗 陸抗(りくこう)ってどんな人?父の無念を晴らした孫呉最後の名将 蜀漢(季漢)後期の歴史をザックリと解説!蜀漢を支えた蒋琬、費禕、姜維が活躍した時代 卑弥呼 女王・卑弥呼はどこから来たの?邪馬台国のミステリーに迫る!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP