編集長日記
HMR

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

三国志の時代でも副業が流行っていた!サイドビジネスの種類を紹介!

この記事の所要時間: 33




劉備

 

日本では不景気が続き、なかなか賃金が上がらない状態が継続しています。

一方で物価は上昇するので、手っ取り早くサイドビジネスを開始し、

運と才能次第でウン万円、人によっては本業より稼いでいる人もいます。

しかし、このような事は、何も現代日本だけの現象ではありません。

1800年前の中国でもサイドビジネスは大流行していたのです。




重農主義ながら、金銭万能主義が通った漢の時代

孔子 儒教

 

漢の時代とは、儒学者が幅を利かせていたので、重農主義と商業抑制でした。

そこには、商売人は品物を右から左に移動させるだけで

儲けていて怪しからんという儒教的な考え方が存在します。

そこで、農業が根本とはされましたが、現実には農業は儲けが薄く、

商業は儲けが大きいので必然的にサイドビジネスが大流行しました。

後漢時代は、特にその傾向が顕著で皆、農業を捨てて商売ばかりすると

儒教官僚に嘆かれた程でした。

 

関連記事:儒教(儒家)ってどんな思想?|知るともっとキングダムも理解できる?

関連記事:孔子・孟子・筍子?儒教(儒家)ってどんな思想?

関連記事:儒教が引き金?外戚と宦官の対立はなぜ起こったのか




かなり多かったサイドビジネスの種類

陳平

 

当時の人々は、官僚や商人、農民、易者、職人、猟師、漁師というように

様々な階層に分かれていましたが、それのみを仕事にする人は少なく、

皆、空いている時間を利用してのサイドビジネスで銭を稼いでいました。

では、どんなサイドビジネスがあったのでしょうか?

 

・日雇いの畑仕事・・お金も学問も無い人は、お金持ちの畑仕事を手伝い

日雇いの銭を受け取るガテン系の方法がありました。

佐伝の申鮮虞(しんせんぐ)という人物は、崔氏の乱で魯に逃れ、

僕賃という日雇い労働をしていたと記録にあります。

 

・運送業・・・・ロバなどを調達して、運搬事業を請け負うという方法もあります。

これは後漢を建国した光武帝が太学の学費の捻出に困った挙句、

友達の韓君と割り勘で驢馬を購入して運送業を開始したという記述があります。

こちらは、恐らくスピード命で、出来高払いだった可能性が高いです。

・写本バイト・・文字が書ける人には、写本のバイトがおススメです。

都市の太学の周辺には本を扱う市が立ち、学生用に写本を造るバイトがあったようです。

根気のいる大変ですが、写本しながら本を読めるメリットもあり、

後漢の王充(おうじゅう)などは、このサイドビジネスの達人だったようです。

 

・水夫・・・・江南などの水が多い土地出身の泳げる人向きのサイドビジネスです。

当時は陸上運搬より水上運搬が安かったので盛んに利用されました。

 

 

・馬車のバイト・・元手は要りますが、馬車を購入し荷物運送と

人の運送で稼ぐ事が出来ます。

漢の時代は、庶民でもお金さえ払えば、馬車を利用できました。

塩鉄論では、五羖(ごこ)という人物が民間の馬車を

賃車(チャーター)して秦に入ったという記述があります。

 

・フリーマーケット・・公的な市場ではありませんが、

坐賈(ざこ)という座りながら行うフリマのようなビジネスが存在しました。

里(り)のような市場から遠い小規模な村でも出来たので手軽です。

野菜、祭祀の道具、肉、農具など色々な物を売る事が出来ました。

 

・流通業・・材木や穀物、調味料などを大量に購入し高値がつきそうな

地域で売りさばきます、成功すれば、3倍、5倍、10倍の大儲けが出来ますが

失敗すれば原価割れを起こす、極めてリスキーなサイドビジネスです。

 

関連記事:洛陽の最速王は誰だ!意外に速い!三国時代の馬車ってどんなの?

関連記事:【実録】三国志の時代のショッピングは命がけだった?

関連記事:【素朴な疑問】三国志の時代にも居酒屋ってあったの?

 

下級役人にも多かったサイドビジネス利用者

陳平

 

一見すると社会の勝ち組のような役人にも、

実はサイドビジネスの利用者がかなりの数存在していました。

役人は丞相が月給6万銭という高額の給与を貰うのに対し、

下っ端の下級役人の佐史は僅か数百銭と落差が激しかったのです。

当然、これでは喰えないので肉体労働をしたりしてお金を稼いでいました。

 

一見すると青白いインテリが多そうな、知識人階級でも、

中級以下は、バイトで忙しく、日に焼けていたのかも知れません。

 

三国志ライターKAWAUSOの独り言

kawauso 三国志

 

こうして考えるとサイドビジネスは、日本だけではなく、

遥か昔から、中国では当たり前だった事が分ります。

拝金主義で金儲けが上手いと言われる中国人ですが、

そのルーツは、こんな所にもあるのかも知れません。

 

本日も三国志の話題をご馳走様・・

 

関連記事

  1. 賊徒から三国志の英雄に出世した武将がこんなにいる!
  2. 蒙恬(もうてん)はどんな性格なの?真面目さの照れ隠しの軽い性格
  3. 【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵…
  4. 歴史の影に女あり!絶世の美女たち
  5. 【はじめての孫子】第11回:兵は多きを益ありとするに非ざるなり。…
  6. 【キングダム ネタバレ注意】史上最悪の宦官 趙高(ちょうこう)誕…
  7. 【軍師連盟】司馬懿は電光石火の行軍が得意だった?
  8. たかぎ七彦困惑?アンゴルモア元寇合戦記をガチネタバレ予想!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どちらが優れていたのか。PART3
  2. 武田信玄のおびき寄せに乗った哀れな徳川家康
  3. 三国志の時代を彩った烈女たちの生涯を紹介!
  4. 曹操の曽祖父 曹萌(そうぼう)は元祖、萌えキャラだった?
  5. 楊戯(ようぎ)とはどんな人?季漢輔臣賛を記して蜀の臣下を褒め称えた政治家
  6. 三国志時代の離婚や再婚問題はどうなっていたの?曹文叔の妻を紹介

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【シミルボン】三国志と彗星達の不思議な関係 【シミルボン】こいつを捕まえたら1万銭!三国志の時代にもあったWanted 三国志の覇者・呆れるくらいの人材マニアの曹操 真田昌幸にとっての領土拡張戦略と沼田城の重要性 文欽・毌丘倹の反乱を鎮圧することができたのは傅嘏の進言があったからこそ? 【新事実】三国志演義の孔明!実は絶大な人気を誇った天才軍師をモデルとしていた!? 信長ジェラる?高松城水攻めからの甲州征伐の流れが完璧すぎる 42話:袁紹には悪夢、顔良、文醜が関羽に斬られる

おすすめ記事

  1. 三国志の二次小説が江戸時代に書かれていた
  2. 陳羣(ちんぐん)ってどんな人?画期的な人材採用法を確立させた魏の政治家
  3. 荀粲(じゅんさん)とはどんな人?秀才ぞろいの荀彧の七男で、一人の女性を全身全霊で愛した愛妻家
  4. 三国志の時代の鎧は防弾チョッキ感覚だった?周、殷、キングダムまで鎧を徹底紹介!
  5. 吉川元春(きっかわもとはる)がスゴイ!敵と味方から恐れられた戦の達人
  6. これが久秀の碁!熊野山に立て籠もる湯浅氏を退却させた、曲者部隊のデコボコアタック!
  7. 第六天魔王・織田信長は本当に天下統一がしたかったの?
  8. 劉馥(りゅうふく)ってどんな人?魏の地方行政官なのに無人の合肥を鉄壁の城に作り上げた功臣

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP