架空戦記
項羽vs呂布

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

三国志の時代でも副業が流行っていた!サイドビジネスの種類を紹介!

この記事の所要時間: 33




劉備

 

日本では不景気が続き、なかなか賃金が上がらない状態が継続しています。

一方で物価は上昇するので、手っ取り早くサイドビジネスを開始し、

運と才能次第でウン万円、人によっては本業より稼いでいる人もいます。

しかし、このような事は、何も現代日本だけの現象ではありません。

1800年前の中国でもサイドビジネスは大流行していたのです。




重農主義ながら、金銭万能主義が通った漢の時代

孔子 儒教

 

漢の時代とは、儒学者が幅を利かせていたので、重農主義と商業抑制でした。

そこには、商売人は品物を右から左に移動させるだけで

儲けていて怪しからんという儒教的な考え方が存在します。

そこで、農業が根本とはされましたが、現実には農業は儲けが薄く、

商業は儲けが大きいので必然的にサイドビジネスが大流行しました。

後漢時代は、特にその傾向が顕著で皆、農業を捨てて商売ばかりすると

儒教官僚に嘆かれた程でした。

 

関連記事:儒教(儒家)ってどんな思想?|知るともっとキングダムも理解できる?

関連記事:孔子・孟子・筍子?儒教(儒家)ってどんな思想?

関連記事:儒教が引き金?外戚と宦官の対立はなぜ起こったのか




かなり多かったサイドビジネスの種類

陳平

 

当時の人々は、官僚や商人、農民、易者、職人、猟師、漁師というように

様々な階層に分かれていましたが、それのみを仕事にする人は少なく、

皆、空いている時間を利用してのサイドビジネスで銭を稼いでいました。

では、どんなサイドビジネスがあったのでしょうか?

 

・日雇いの畑仕事・・お金も学問も無い人は、お金持ちの畑仕事を手伝い

日雇いの銭を受け取るガテン系の方法がありました。

佐伝の申鮮虞(しんせんぐ)という人物は、崔氏の乱で魯に逃れ、

僕賃という日雇い労働をしていたと記録にあります。

 

・運送業・・・・ロバなどを調達して、運搬事業を請け負うという方法もあります。

これは後漢を建国した光武帝が太学の学費の捻出に困った挙句、

友達の韓君と割り勘で驢馬を購入して運送業を開始したという記述があります。

こちらは、恐らくスピード命で、出来高払いだった可能性が高いです。

・写本バイト・・文字が書ける人には、写本のバイトがおススメです。

都市の太学の周辺には本を扱う市が立ち、学生用に写本を造るバイトがあったようです。

根気のいる大変ですが、写本しながら本を読めるメリットもあり、

後漢の王充(おうじゅう)などは、このサイドビジネスの達人だったようです。

 

・水夫・・・・江南などの水が多い土地出身の泳げる人向きのサイドビジネスです。

当時は陸上運搬より水上運搬が安かったので盛んに利用されました。

 

 

・馬車のバイト・・元手は要りますが、馬車を購入し荷物運送と

人の運送で稼ぐ事が出来ます。

漢の時代は、庶民でもお金さえ払えば、馬車を利用できました。

塩鉄論では、五羖(ごこ)という人物が民間の馬車を

賃車(チャーター)して秦に入ったという記述があります。

 

・フリーマーケット・・公的な市場ではありませんが、

坐賈(ざこ)という座りながら行うフリマのようなビジネスが存在しました。

里(り)のような市場から遠い小規模な村でも出来たので手軽です。

野菜、祭祀の道具、肉、農具など色々な物を売る事が出来ました。

 

・流通業・・材木や穀物、調味料などを大量に購入し高値がつきそうな

地域で売りさばきます、成功すれば、3倍、5倍、10倍の大儲けが出来ますが

失敗すれば原価割れを起こす、極めてリスキーなサイドビジネスです。

 

関連記事:洛陽の最速王は誰だ!意外に速い!三国時代の馬車ってどんなの?

関連記事:【実録】三国志の時代のショッピングは命がけだった?

関連記事:【素朴な疑問】三国志の時代にも居酒屋ってあったの?

 

下級役人にも多かったサイドビジネス利用者

陳平

 

一見すると社会の勝ち組のような役人にも、

実はサイドビジネスの利用者がかなりの数存在していました。

役人は丞相が月給6万銭という高額の給与を貰うのに対し、

下っ端の下級役人の佐史は僅か数百銭と落差が激しかったのです。

当然、これでは喰えないので肉体労働をしたりしてお金を稼いでいました。

 

一見すると青白いインテリが多そうな、知識人階級でも、

中級以下は、バイトで忙しく、日に焼けていたのかも知れません。

 

三国志ライターKAWAUSOの独り言

kawauso 三国志

 

こうして考えるとサイドビジネスは、日本だけではなく、

遥か昔から、中国では当たり前だった事が分ります。

拝金主義で金儲けが上手いと言われる中国人ですが、

そのルーツは、こんな所にもあるのかも知れません。

 

本日も三国志の話題をご馳走様・・

 

関連記事

  1. 夏候夫人|張飛の妻は、夏候淵の姪だった?
  2. 十常侍ってなんぞや?
  3. 戦国四君 元祖男気ジャンケン、魏の信陵君
  4. 曹操のハニートラップ作戦が義に生きた武人・関羽に通用するのか?
  5. キングダムの羌瘣(きょうかい)は実在したの?飛信隊の美女にはモデ…
  6. 孔明の最期の晩餐は一体何を食べていたの?
  7. 孔明の罠初登場(笑)新野で曹操軍を翻弄
  8. え?劉備は意外にも経済に明るい人物だった?孔明の北伐が継続できた…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 玉(ぎょく)が大好きな中国人
  2. 劉備暗殺計画|甘露寺の婚儀と錦嚢の計 その2
  3. 【初代親衛隊長】呂布軍を打ち破るきっかけを作った典韋(てんい)
  4. 藏洪(ぞうこう)とはどんな人?袁紹が可哀想になるくらい逆恨み男の人生
  5. 【水滸伝】こいつらが憎っくき悪役達だ!!
  6. 信ってどんな人?キングダムの主人公は史実が少ない謎多き人物

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

賈詡は一流の政治家でもあった!?降伏の進言をして名軍師と呼ばれた天才の生涯 「耳で聞いて覚える三国志」をはじめました 【はじさん記念】無事1周年を迎えることができました。。 【キングダムに描かれない】秦の時代の貧困のリアルを追ってみる 【シミルボン】本当は凄い!黄巾賊を滅ぼし後漢を支えた三将軍とは? 呉の太子四友とはどんな人?権力闘争に敗れ失脚していくエリート 同じくらいの力量の武将や軍師を三国間でトレードしたらどうなる? 【田疇の進言】烏桓討伐戦で曹操に助言したのは郭嘉だけではなかった!

おすすめ記事

  1. 儒教が引き金?外戚と宦官の対立はなぜ起こったのか
  2. 秦の為に戦い秦人に恨まれた名将 章邯(しょうかん)
  3. 大戦乱!!三国志バトル(株式会社gloops)にはじ三が突撃じゃ!
  4. 呉のマスオさん朱然、養子で入って呉に尽くした小さな大都督の人生
  5. 董卓は何で李儒や賈詡がいたのに賈詡を重用しなかったの?
  6. 【呂布の心に響いた名言】その肉を飽かしむべし。飽かざれば人を咬まんとす
  7. 曹操に仕える前の龐徳って何してたの?地方の役人として後漢王朝に仕えていた男の人生
  8. 衝撃の新事実・・・諸葛孔明は実は二人いた!?

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP