曹操孟徳特集
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【関羽の北伐】麋芳、士仁はなぜ関羽に嫌われてたの?

この記事の所要時間: 244




劉備 関平

 

まったく活躍の場が見られない麋芳(びほう)ですが、兄はあの麋竺(びじく)です。

劉備の入蜀の際には諸葛亮孔明よりも席次が上だったという麋竺。

劉備の配下のなかでも重臣中の重臣といえます。

また、妹の麋夫人も劉備の夫人でした。

麋芳は、ある意味「コネ」によって破格の出世ができたともいえます。

劉備が入蜀した際には麋芳は荊州に残され、

南郡の太守を務め、荊州の総督である関羽の命令下にありました。




士仁(しじん)とは

劉備 危機一髪

 

幽州の出身である士仁は、かねてから劉備に仕えていた古参の将だと思われています。

活躍の場面はまったく描かれていません。

劉備が入蜀した際には荊州に残り、公安城の城代を務めています。




関羽との関係

陸遜 関羽

 

日ごろから関羽と麋芳・士仁の関係は良くなかったと云われています。

理由はよく伝わってはいません。

しかし関羽の性格を考えると想像ができます。

関羽はかなり頑強な現実主義者です。能力主義者でもあります。

力の有る者は大いに認め、敬いますが、

逆に官位が高くとも能力が低い者に対しては侮蔑することが多かったようです。

仮に麋芳がコネだけの人物であり、士仁が古参であるというだけで重く用いられているようでしたら

関羽はかなりシビアに彼らの言動を見つめていたことでしょう。

 

関連記事:関羽は味方に嫌われ孤立していた?その驚くべき理由とは?

関連記事:実は面倒くさい性格?関羽のクレーマー事案を紹介

 

嫌悪感は相手に伝わる

関羽

 

相手に対して好意をもっていればおのずとその気持ちは伝わります。

逆に相手に対して嫌悪感をもっていれば自然とその気持ちも相手に伝わるものです。

麋芳、士仁は関羽が自分たちを軽んじていると感じていたようです。

それが日ごろからの折り合いの悪さに繋がっていったものと考えられます。

 

関羽の北伐の際の不手際

馬超フルボッコ02 関羽

 

219年に関羽はいよいよ北上し、魏の樊城を攻めます。

このとき後方支援と呉への警戒を任されたのが南郡太守の麋芳と公安城に入っていた将軍の士仁です。

しかし関羽と彼らの連携は上手くいかず、麋芳や士仁らは兵糧の供給だけに専念し、援軍を出さずに関羽の怒りをかいます。

また麋芳は南郡で出火の不手際をおこしてしまいさらに精神的に追い込まれることになります。

事実、関羽は北伐の最中に麋芳、士仁らを戻り次第に処罰するとうそぶいていたそうです。

日ごろから相性の悪かった関羽と麋芳・士仁の関係は悪循環に陥っていくのです。

 

呉への降伏

関羽 死

 

同盟国である呉に裏切られなければ、関羽の快進撃は留まることはなかったでしょう。

実際に魏の名将である于禁龐徳を倒しています。

曹操も許都の遷都を本気で考えたと云われています。

この関羽の猛進に水を差したのが、味方である麋芳であり士仁でした。

呉の呂蒙の策略に見事にはまり、まず士仁が呉に降伏します。

続いて南郡の麋芳が降伏した士仁の姿を見て同意します。

兵站の道を断たれた関羽はやがて滅亡の道を辿っていくこととなります。

 

もし、関羽と麋芳・士仁の関係が良好だったら

関羽 関索

 

少なくとも麋芳の早期降伏は防げたはずです。

籠城を続けていれば、関羽からの援軍が間に合っていたかもしれませんし、

蜀からの援軍が到着できていたかもしれません。

しかし関羽に恨みを抱いていた麋芳と士仁はさして抵抗することもなく呉の軍門に降ります。

ここで粘って籠城して抵抗しても、

帰城してきた関羽に処罰されるのであれば抵抗するだけ無駄だと感じたのでしょう。

これは猛将関羽の唯一の落とし穴でした。

 

関連記事:歴史上最も有名な義兄弟の誕生!桃園の誓い

関連記事:蜀が好きな皆さんへ!五分で分かる桃園の三兄弟の逸話を紹介

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

ろひもと理穂

 

関羽が許都を突いていたら歴史はどう変わったのでしょうか。

益州、荊州を補給地として豫州や司隷に大きな勢力を築けていたのかもしれません。

そうなると曹操の独走を防げたのは間違いないと思います。

北伐の際の馬謖といい、このときの麋芳・士仁といい、蜀は人材不足を否めません。

関羽と部下の間に入ってクッションのような役割を果たせる人材がいればまた話は違ったのではないでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:蜀ファンに衝撃!実は関羽は劉備の部下ではなく群雄(同盟主)だった!?

関連記事:【特別企画】関羽の最強の噛ませ犬は誰か?最強決定戦!!

 




よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:ろひもと理穂

ろひもと理穂

■自己紹介:

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。

 

■好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

 

■何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 甘過ぎるおかん孔明!部下に厳しく出来ない事実が発覚!
  2. 【魏の忠臣】王基が司馬家兄弟に噛み付いたのは魏の国家のためだった…
  3. 陸遜(りくそん)は孫権配下の前は何をしていたの?
  4. 袁紹と今川義元は似たもの同士だったってホント!?
  5. 三国志の時代に流行した超クールなスポーツ撃壌
  6. キーワードは劉備の最期一文字に託された陳寿の思い
  7. 劉備も茶を求めた?中国茶の歴史
  8. 陸遜の妻は誰?妻はなんと大喬との間の子供だった?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 徳川家康との対決と信長包囲網構築へ
  2. 「アンゴルモア 元寇合戦記」という歴史漫画が超絶面白い!
  3. 劉瞱(りゅうよう)ってどんな人?王族出身の名門参謀でもあり魏の重臣
  4. 王郎(おうろう)とはどんな人?光武帝を苦しめた自称漢のプリンス
  5. 後漢の人材難極まる!火薬庫涼州の刺史がボンクラ揃い
  6. 僕陽の戦いで見る八健将(はちけんしょう)の実力に迫る!

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【春秋時代の覇者から学ぶ】桓公・勾践・呉起から学ぶ!明日から使えるリーダー力 もう!待ちきれない真三国無双8の発売日はいつ? 西施(せいし)とはどんな人?中国四大美女の一人であり復讐の道具として生きることになった美女 曹操が呟いた「鶏肋(けいろく)」って何?楊修とばっちり 【応仁の乱550年祭り】応仁の乱 重要人物ランキング カウント14 【曹操の妨害工作】呂布と袁術の同盟を曹操は恐れていた! どうして魏は最強なのに、天下を統一できなかったの? 三国志バトル3DRPG『異世界三国志』の予約Top10における事前予約受付をスタート

おすすめ記事

  1. 趙襄子(ちょうじょうし)とはどんな人?趙を建国し、春秋時代の幕を下ろした人物
  2. 武才だけではない!?先見の明を併せ持つ甘寧
  3. 土持政照とはどんな人?西郷どんの命の恩人に迫る
  4. 【正史と政治】張巡は歴史書で英雄に祀り上げられた
  5. 赤壁の戦いにモデルがあった?八陽湖の戦い
  6. あの張飛がデレデレ?張飛が愛した愛馬
  7. まだ漢王朝で消耗してるの?第2話:早すぎた改革者 袁術
  8. 高杉晋作の奇兵隊はどんな組織だった?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP