関羽の死因、実は劉備の手によるものだった!?


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

関羽

 

三国志さんごくしの、そして三国志さんごくし演義ではより、その武勇の高さに目を見張る武将、関羽かんう。しかし蜀びいきと言われる三国志さんごくし演義でも、関羽かんうのプライドの高さは端々から覗くことができます。

 

関羽に無視される孫権

良く言われているように、関羽かんうはその気位の高さによって周囲、特に同僚や部下と確執を起こし、その果てにその生涯を閉じることとなりました。

 

関羽、劉備、張飛の桃園三兄弟

 

 

じゃあ関羽かんうの死因は自分自身によって生じたものか……という所に「劉備りゅうび」という一点を添えて見たのが、今回のポイントとなります。ぜひ最後までお付き合い下さい。

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【レポート・論文で引用する場合の留意事項】 はじめての三国志レポート引用について



関羽の荊州単身赴任は劉備の策略か……?

はじめてのプロ野球 関羽

 

まず不審に思うのが荊州けいしゅう守護。主力、それも張飛ちょうひ趙雲ちょううんという古参メンバーも益州えきしゅうに向かう中、一人荊州けいしゅうを守らされる関羽かんう。もちろん大事な場所だからこそ、関羽かんうに任せた、と考えるのが普通です。

 

関羽と仲がよくない糜芳(麋芳)

 

しかしこの時点で、既に関羽かんうは同僚の糜芳びほう士仁しじんらと不仲になっていました。それは関羽かんうの性格を察していたならば分かること……では劉備りゅうびは、なぜこの時点で関羽かんうの性格を慮り、どうにかしておかなかったのでしょうか?

 

こちらもCHECK

関羽にネチネチ怒られる糜芳(麋芳)
関羽と糜芳、両者の関係は如何なものだったのか?

続きを見る

 

 



劉備の関羽に対する判断

馬謖を信用していない劉備

 

ですがこの劉備りゅうびの判断は、まだフォローが可能。なぜなら益州えきしゅう奪取はこの時点で劉備りゅうびにとって最も優先するべき事態。かといって益州えきしゅうを放置することもできない。

 

大きすぎる関羽像

 

となれば、信頼がおける、そして武勇に、統治にと優れている関羽かんうに任せたとしてもおかしくはありません。寧ろ関羽かんうだからこそ劉備りゅうびは任せることにした、そう考えた方が自然です。

 

こちらもCHECK

五虎大将軍の趙雲
荊州を守っていたのがもし関羽ではなく趙雲だったら蜀は有利になっていた?

続きを見る

 

 

孫権との不和、劉備は知らぬ存ぜぬだったのか?

孫権に激怒する関羽

 

ここで持ち上がってきたと蜀の不和の種が、孫権そんけんの息子と関羽かんうの娘の婚姻話。この婚姻話に関しては信ぴょう性が疑われている、との意見もありますが、この婚姻話があったとして、そしてそれを関羽かんうが独断で断ってしまったとして。

 

 

関羽

 

 

確かに孫権そんけんに対する無礼だと思いますが、こういった話を関羽かんうが独断で断るというのは劉備りゅうびに対する無礼ともならないでしょうか?本来なら主君に一言相談してから判断するべきことを、現場の、関羽かんう一人の判断で断ったとするなら、それは劉備りゅうびとしても面白い話ではありません。

 

こちらもCHECK

呉蜀と魏に二股をかけている孫権
関羽のワガママ死は孫権の無節操が原因だった?

続きを見る

 

 

 

実は孫権と関羽の不和ではなく、劉備と関羽の不和の可能性?

三国志の武器 木慢 関羽

 

荊州けいしゅうを任せたけど、孫権そんけんとのやり取りまで任せた覚えはないぞ!」

 

「しかも勝手に断ったって……との関係に罅を入れる気か!?」

 

「……いや、本当に断ったのか?実はそういう話にしただけでは……?」

 

もしや劉備りゅうびの中で、そんな関羽かんうへの疑心が生まれていた可能性はないでしょうか?

 

そしてこの小さな疑心は徐々に膨れ上がっていき、それが関羽かんう荊州けいしゅうに留め置き、更にフォローをしないという状態にしてしまったのでは……?

 

こちらもCHECK

関羽に無視される孫権
孫権はどうして同盟者・関羽を攻撃したの?

続きを見る

 

樊城の戦い特集

 

 

関羽の大活躍も疑心を膨らませる結果に……?

青龍偃月刀を持つ関羽

 

その後、関羽かんうが始めた樊城はんじょう攻め。正に軍神と呼ばれてもおかしくないほどの大活躍に次ぐ大活躍。見事な攻め手と包囲、援軍の対処、これらは曹操そうそうすらも怯えて遷都を考えるほど。

 

 

関羽が大好きすぎる曹操 ver2

 

曹操そうそうすら怯えたのです。孫権そんけんもまた恐ろしかったでしょう。では、その関羽かんうを配下にしていた劉備りゅうびは?関羽かんうは強い、間違いなく天下無双の豪傑にして武人である。今は味方でいる関羽かんうの、今後は?

 

こちらもCHECK

海上での戦いの孫権
樊城の戦いで関羽を破った孫権、この戦いは失策だったのか?

続きを見る

 

曹操孟徳

 

 

関羽と劉備と、そして劉封の関係

劉封

 

ここで思い出して頂きたいのが、劉封りゅうほうの存在。

 

関羽の救援要請をシカトする劉封

 

劉備りゅうびは、劉封りゅうほう孟達もうたつに奔らせたこと、関羽かんうを救わなかったことを責め、更に諸葛亮しょかつりょう劉封りゅうほうは次世代において扱いづらい存在になることを進言し、処刑しました。この劉封りゅうほうと同じ考えを、劉備りゅうびは少しでも関羽かんうに巡らせることはなかったでしょうか。

 

張飛と劉備

 

張飛ちょうひはまだいい、張飛ちょうひは娘を劉禅りゅうぜんに嫁がせていて縁戚関係になっています。しかし関羽かんうは。そんな考えが劉備りゅうびの思考を鈍らせ、関羽かんうのフォローをさせず、そして結果として関羽かんうを救えなかったとしたら。

 

こちらもCHECK

手紙を読んでブチ切れる劉封
孟達と関羽がいなくても劉封は劉備に処刑される運命だった?

続きを見る

 

関羽

 

 

関羽の最期と死因

父・関羽とともに亡くなる関平

 

関羽かんうの死因は、そのプライドの高さとも言われます。との関係、味方であった糜芳びほう士仁しじんとの関係、味方の軽視が関羽かんうを死へと追いやりました。その一端に、もしも劉備りゅうびがほんの少しでも関わっていたとするならば。

 

関羽の青銅像

 

関羽かんうを失った後だからこそ、劉備りゅうびはそれを否定したかったのかもしれません。だから関羽かんうを救わなかった劉封りゅうほうに憤り、怒りのままに夷陵いりょうの戦いを起こした。

 

ブチギレる劉備

 

あの無茶苦茶な戦いは、もしかしたら自分自身への怒りもあったのでは。ほんの少しだけ抱いてしまった、関羽かんうへの憤りに、怒っていたのでは。なんて、考えてみた筆者でした。

 

こちらもCHECK

キレる劉備になだめる黄権
夷陵の戦いを「蜀」の側から見て考える

続きを見る

 

夷陵の戦い

 

 

三国志ライター センのひとりごと

三国志ライター セン

 

関羽かんうの死因は関羽かんうが引き起こしたこと。同じように、張飛ちょうひの死因もまた、張飛ちょうひが引き起こしたことと言えます。ですが劉備りゅうびはかねてから張飛ちょうひの振る舞いを諫めていたと言われていますが、関羽かんうについては何かしら行動をした様子は見受けられない。

 

人形劇三国志を視聴する桃園三兄弟 劉備、関羽、張飛

 

それは劉備りゅうび関羽かんうへの信頼だったのか、それとも。そんな少し穿った目線で、考えてみた次第であります。どぼん。

 

参考:蜀書関羽伝 呉書呂蒙伝 陸遜伝

 

こちらもCHECK

敗れる関羽雲長
関羽の死因は捕虜となり斬首….味方たちの心が離れていった軍神の最期

続きを見る

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セン

セン

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、 そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。 中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。 神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。 好きな歴史人物: 張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん 何か一言: 歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

-関羽
-,